<   2008年 12月 ( 66 )   > この月の画像一覧

 

事故時の船内の模様を公表=03年のシャトル空中分解-NASA

2008/12/31-14:33 時事通信

 【ワシントン31日時事】2003年2月1日、米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「コロンビア」が宇宙での任務からの帰還中、テキサス州上空で空中分解を起こし、乗り組んでいた宇宙飛行士7人が死亡した事故で、NASAの調査チームは30日、新たな調査報告書を公表し、事故時の船内の模様を明らかにした。機体が制御不能に陥った後の40秒間、乗組員は生存していたものの、その後の急激な船内の気圧低下で意識を失い、死亡したことが分かった。

 「コロンビア乗組員生存調査」と題された報告書は400ページに上る。コロンビアが大気圏に突入し、機体が制御不能に陥った際、乗組員の1人はヘルメットを着用していなかったほか、3人は防護手袋をはめていなかった。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-31 14:33 | 北米・中南米  

香港当局、H9N2型鳥インフルエンザ感染を確認

2008年 12月 31日 12:28 ロイター

 [香港 30日 ロイター] 香港の衛生当局は30日、生後2カ月の女児が「H9N2型」の鳥インフルエンザウイルスに感染していることを確認した。女児の容体は安定しているという。

 香港では1999年以降、同型の鳥インフルエンザ感染者は5人目となる。

 世界各国では、毒性の強い「H5N1型」鳥インフルエンザの流行に対する備えが進んでいるとみられるが、ことし8月には専門家から「H9N2型」も人類にとって脅威となる可能性が指摘されている。

 鳥インフルエンザウイルスには多くの種類があるが、世界保健機関(WHO)によると、人への感染が確認されているのはH5N1型、H7N3型、H7N7型、H9N2型の4種類のみだという。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-31 12:28 | アジア・大洋州  

ジョブズ氏にまた健康不安説 アップルはコメントせず

2008年12月31日 10:11 USFL.COM

 ダウ・ジョーンズ通信は30日、CNBCテレビの報道として、電子機器大手アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)の健康状態が悪化しているとのうわさが米国のブログで取りざたされる一方、アップル側はコメントを控えていると伝えた。

 ダウ・ジョーンズによると、ジョブズ氏が来年1月にサンフランシスコで開かれる見本市への出席を見送ったのは、健康状態が急速に悪化したためだとの見方がブログで流れた。同氏は2004年に膵臓(すいぞう)がんを治療後、たびたび健康不安説が浮上している。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-12-31 10:11 | 北米・中南米  

デング熱患者、シンガポールで季節外れの増加

2008/12/30 (22:00) newsclip.be

 【シンガポール】シンガポール国家環境局は29日、通常7月ごろに患者数がピークを迎えるデング熱患者が今年は年末にかけて増加しているとして、注意を呼びかけた。聯合早報(電子版)が伝えた。

 27日現在でデング熱は190件の発症例が報告されており、ブンレイ地区に患者が集中している。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-30 22:00 | アジア・大洋州  

<イスラエル>ガザ空爆8割が支持 TV世論調査

12月30日21時15分配信 毎日新聞

 【エルサレム前田英司】イスラエルの民間テレビ・チャンネル10が実施した世論調査によると、イスラム原理主義組織ハマスが支配するパレスチナ自治区ガザ地区に対するイスラエル軍の空爆をイスラエル国民の8割強が支持している。一方、軍事作戦でガザからのロケット弾攻撃を阻止できると答えたのは1割に満たず、6割以上が事実上、不可能と考えている。

 28日実施の調査結果によると、空爆支持が81%に達し、不支持は12%だった。政党別支持率では、次期首相を狙うリブニ外相の中道右派カディマ、バラク国防相率いる中道左派・労働党の主要与党がともに支持率を回復しており、政府の対ハマス姿勢を「弱腰」と批判していた世論の不満が空爆実施で軽減された形だ。

 一方、ガザからのロケット弾攻撃を阻止できるかどうかについては「できる」との回答はわずか6%。「できない」が39%に上り、「一時的にしかできない」も24%あった。

 イスラエルは再三のロケット弾攻撃が今回のガザ攻撃を誘発したと説明している。

 イスラエル外務省幹部は「ハマスを弱体化して当面の『平穏』を実現することが作戦の最大の狙い」と話す。イスラエル紙ハーレツのアキバ・エルダー論説委員は「政府はハマスと自国民に断固たる『強さ』を示し、新たな停戦を模索する環境を整えようとしている」とイスラエル政府の思惑を解説する。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-30 21:15 | 中東  

中東出身者ら300人、大使館前でガザ空爆に抗議

12月30日20時48分配信 読売新聞

 イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの空爆に抗議する集会が30日、東京都千代田区のイスラエル大使館前で開かれた。

 日本在住の中東出身者や人権団体のメンバーら約300人が、ロウソクに灯をともして340人を超える犠牲者を追悼した。

 集会を呼びかけたのは、アムネスティ・インターナショナル日本やパレスチナ支援団体など12団体。「いかなる状況でも民間人に対する軍事攻撃は容認されてはならない」として、攻撃の即時停止を求める要請文を大使館の新聞受けに入れた。

 参加者には中東出身者の子どもも多く、「子供を殺さないで」と書いた紙を掲げる姿も。友人3人と参加した川崎市宮前区、会社員阪朋実さん(22)は「平和を祈る思いが現地に届けば」とロウソクを手に黙とうをささげていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-30 20:48 | 中東  

キャンドルともし空爆犠牲者悼む=東京でイスラエル抗議集会

12月30日18時33分配信 時事通信

 多数の死傷者が出ているイスラエル軍のパレスチナ自治区ガザ空爆に抗議する集会が30日、都内のイスラエル大使館前で開かれた。市民や在日イスラム教徒ら約300人の参加者らは、パレスチナの犠牲者を悼み、キャンドルに火をともして1分間の黙とうをささげた。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-30 18:33 | 中東  

トヨタ、トップ維持も半減=年末の株式時価総額-東証

12月30日17時1分配信 時事通信

 東証は30日、2008年末の株価を基にした銘柄別時価総額を発表した。トヨタ自動車は10兆0164億円で、7年連続で首位を確保したものの、前年比54.1%と大幅減。世界的な景気後退に伴う販売不振や円高で株価が急落し、前年は10兆円以上引き離していた2位との差は、約2兆円まで縮められた。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-30 17:01 | 経済・企業  

「ガザ空爆は大虐殺」=救援物資を発送-イラン駐日大使

12月30日15時21分配信 時事通信

 イランのアラグチ駐日大使は30日、時事通信と単独会見し、イスラエルのガザ空爆について、「戦闘機で空爆を加えるなど過剰な武力行使で多数の民間人が犠牲になっており、大虐殺だ」と強く非難、国際社会が介入して軍事行動を止める必要があると訴えた。

 同大使はイスラム原理主義組織ハマスがロケット弾を発射している点に関しては、「ハマスは選挙(2006年1月の評議会選)で勝利したにもかかわらず、国際社会から制裁を科されて追い詰められた。ロケット弾は彼らが唯一手にする抵抗手段だ」と擁護。「ロケット弾に対して100トンと伝えられる爆弾投下は到底容認できない」と強調した。

 また、イスラエル指導部は来年2月の総選挙を前に国内的に強硬姿勢を示す必要があったほか、米政権移行期という政治空白を利用したと分析した。その上で、イスラエルは「軍事的にも道徳的にも敗北した」として軍事力は問題解決を導かないと批判した。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-30 15:21 | 中東  

イスラエルのガザ空爆、世界経済の新たなリスクに

12月30日10時28分配信 ロイター

 [ニューヨーク 29日 ロイター] イスラエル軍によるガザ空爆は、世界経済にとって新たなリスク要因となっている。年末の休暇シーズンで市場の商いは薄くガザ空爆に対する反応は限定的であるものの、原油や金の価格は上昇し、米国債も買われている。

 イスラエル軍は29日、パレスチナ自治区ガザへの空爆を拡大。ガザの医療関係者によると、パレスチナ側の死者数は335人、負傷者は800人。国連は、死者のうち少なくとも62人が民間人だったとしている。 

 市場関係者の間には、ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスとイスラエルの武力衝突により、中東の原油供給に悪影響が及び、世界経済の低迷を長期化させるとの懸念も出ている。

 コモディティー・ワランツ・オーストラリアのマネージングディレクター、ピーター・マクガイア氏は「ひどい状況。すべての市場にとって再び大きな懸念材料になりそうだ」と述べた。

 イスラエル軍によるガザ攻撃を受け、商品市場で金と原油の価格が上昇したほか、29日のニューヨーク外為市場では避難通貨としてスイスフランが買われた。

 ペトロマトリックスのオリバー・ジェイコブス氏は「地政学的問題は過去数カ月は原油相場から姿を消していたが、イスラエルのガザ空爆により、再び若干の価格上乗せ要因となるだろう」としている。

 米国産標準油種WTIの中心限月2月物は、29日未明の電子取引で、一時1バレル=42.20ドルまで買われた。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-12-30 10:28 | 経済・企業