内閣支持率、10%切る=日テレ調査

2月15日22時31分配信 時事通信

 日本テレビが15日明らかにした世論調査結果によると、麻生内閣の支持率は9.7%に落ち込んだ。郵政民営化をめぐる麻生太郎首相の一連の発言もあり、支持率は低下傾向が続いているが、主要な報道機関の調査で10%台を切ったのは初めて。
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-15 22:31 | 政治  

下請けいじめ 理不尽な要求跳ね返す支えを

2月15日22時24分配信 産経新聞

 「在庫が余剰になってきた。生産をやめてくれ」

 年明け間もなく、大阪府内のプレス加工会社社長は大手の親会社からこう告げられ、途方に暮れた。工場で使うプレス機や金型は、受注済みの部品製造にあわせて改造しており、他の製品への転換は難しい。

 別の大阪市内の内装業者は商業施設を手がけている。こちらは昨年、発注元から値下げを通告された。発注元の言い分は「1年間で帳尻を合わせるから」。やむなく価格の安い仕事を請け負ううち、気づくと多額の借金を背負っていた。

 発注は一方的にファクスで送られてくる。親会社とのやり取りの余地はない。仕事を受けなければ、違約金が発生するという。発注元は「仕事を出している」の一点張り。「下請けいじめ」の意識はない。

 「ひどい目に遭ってる人は多い」。製造業を中心に中小企業約4500社が集まる東京都大田区内の板金加工業の60歳代の社長は、下請けいじめの実態についてつぶやく。

 実際、こうした例は枚挙にいとまがない。決算書の提出を求められたうえ、「借金の多い会社と取引できない」「まだ製品の値下げができる」と迫られた経営者もいる。これまで、金融機関以外の会社に決算書を提出したことなど一度もなかった。

 大手企業のリストラや赤字決算に伴い、コスト削減と取引先選別の手段は苛烈さを増している。

       ◇     ◇

 「大手企業の発展も下請け企業があればこそじゃないですか」

 2月上旬に開かれた、中小零細企業の経営相談に応じるNPO法人「中小事業者サポートセンター」理事会で、税理士である石田和子理事長は、下請けいじめの報告に憤りを隠さなかった。

 その矛先は政府や中央官庁にも向けられた。「現場の厳しさを知らない役人の中小零細企業政策に効果は期待できない」「現実に接する税理士、社会保険労務士の意見を盛り込んでほしい」

 サポートセンターの相談会は1回2時間、6000円。ただ、相談員はボランティアで、対応には限界がある。国が予算をつけるなど組織的に動けば「協力する専門家は多い」というのが、センター関係者の意見だ。

 石田さんはこう言った。「親会社の注文に沿う形で改造した機械を元に戻す資金援助などは、中小企業にとって必要な下支えだ。理不尽な圧迫はいずれ跳ね返ってくる」

       ◇     ◇

 下請けいじめを自分の力で“克服”した企業もなくはない。

 大阪市淀川区の精密機械メーカーは昨年夏以降、発注元の企業から単価の引き下げを要請された。経費削減で乗り切ろうとしたが、財務状況が悪化し、取引先の銀行から融資も止められた。

 危機に追い込まれたこのメーカーは、決算書や事業計画書を持って発注元の企業を訪ね、置かれている状況を直談判した。

 単価の引き上げはできなかったが、発注量を増やしてもらう妥協案を引き出すことに成功。当面の危機を乗り切った。

 中小企業の指導にあたる大阪商工会議所の岡安正夫特別経営指導員は話す。

 「発注元に『うちが倒れるとそちらへの影響は大きい』と思わせることは重要だ。その会社にしかできない製品や技術を持っていれば、下請けいじめを乗り切ることもできる」(粂博之、山田桂子)
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-15 22:24 | 経済・企業  

中川財務相 変調? G7会見でろれつ回らず

2月15日22時9分配信 毎日新聞

f0013182_5314696.jpg 【ローマ藤原章生】ローマで14日午後に閉幕した先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の記者会見の席上、中川昭一財務・金融担当相は、体調が優れないのか、時折ろれつの回らない口調がみられた。時差ぼけの影響か、疲労によるものか原因は不明だが、イタリア人の政府職員からは「彼はどうしたんだ」という声が聞かれた。

 中川氏は、白川方明日銀総裁らと会見に臨んだ。中川氏は終始眠そうにまばたきを続けていたかと思うと、白川総裁に対する記者の質問に「何、もう一度言って」と割り込んだり、いきなり語調を強め「どこだ」と質問した記者の位置を確認するなど、不自然な態度が目立った。

 また「アメリカの対策も……、一応……説明を、説明を……受けましたし」と、かなり遅い口調で語る場面もあった。


中川財務相、様子が変?=G7会見かみ合わず
2月16日0時58分配信 時事通信

 【ローマ15日時事】ローマで14日まで開かれていた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の閉幕後に記者会見した中川昭一財務・金融相の様子がおかしかった。終始ゆっくりとした口調で、言葉は途切れがち。時折ろれつが回らなかったり、眠そうに目を閉じたり。体調不良だったのか原因は分からないが、明らかに普通ではない様子に周囲の政府関係者も心配げだった。
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-15 22:09 | 政治  

早川忠孝政務官は中川秀“唯一”の子分

2009/2/15 10:00 日刊ゲンダイ

 政務官辞意を表明しながら、わずか4時間で発言を撤回した早川忠孝・法務政務官(63)。政界再編や民主党との連携までブチ上げながら、舌の根も乾かないうちに「退任の環境が整っていない」と撤回だから締まらない。一体、どういう男なのか。

「私は改憲論者」「北方領土の日の朝日の報道はおかしい」――。過激な発言から“ウルトラ右翼”とも呼ばれる早川議員。長崎県佐世保市出身で、都立の名門、西高から東大法学部に進学。在学中に司法試験に合格した“受験エリート”だ。卒業後に自治省に入るが、4年ほどで辞めて弁護士に。東京弁護士会で筆頭副会長を務めたこともある。

 国会議員を目指したのは96年の総選挙。埼玉4区の自民党公認で出馬したが、新進党(当時)の上田清司・現埼玉県知事にボロ負け。03年の総選挙でようやく比例復活で初当選を果たした。

「早川議員は、数少ない中川秀直の子分です。町村派の派閥総会で中川秀直の“降格”が決まった時も、声を上げて抵抗していた。もともと、選挙に弱い早川議員は、『有権者にアピールできる』と政務官職に飛びついたが、ジリ貧内閣で効果ナシ。しかも、親分の中川秀直まで失脚寸前で党内の立場もおぼつかなくなった。政務官を続けていたら選挙運動ができないと焦り、辞意を口走ったようです」(国会関係者)

「1日4時間も座っている政務官はツライ」とボヤいていた早川議員。中川秀直は「党内に同調者は100人いる」なんて豪語していたが、同志がこんな男ばかりじゃどうしようもない。
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-15 10:00 | 政治  

羽田~アムステルダムに定期便-再拡張後3つ目の欧州路線

2009年2月10日12時45分 羽田経済新聞

 国土交通省は2月9日、日本とオランダの航空協議が合意し、再拡張事業が完了する2010年10月以降の羽田空港の国際線拡充枠において、羽田~アムステルダム間の旅客または貨物の定期直行便を運航可能にすると発表した。

 同空港の第4滑走路(D滑走路)供用開始後の深夜早朝時間帯(22時~翌7時)に、両国の航空会社がそれぞれ週7便まで運航できる。欧州路線ではパリとロンドンに続く3つ目。

 同空港は現在、新滑走路・新管制塔・新国際線旅客ターミナルビルなどの建設工事を進めており、同年同月に供用開始を予定する。同省はそれに伴い増大する発着枠の一部を国際線に割り当てる方針。既に各国との航空協議を進めておりこれまでに、昼間時間帯では韓国と、深夜早朝時間帯では韓国・マレーシア・シンガポール・フランス・イギリス・タイと合意している。

 オランダとの合意では、成田空港線においても両国の航空会社それぞれが週5便まで増便することを認めた。同空港の第2滑走路北伸工事が完了する2010年3月以降が条件。2008年冬期スケジュールでは、日本とオランダの間には両国の航空会社2社が旅客便と貨物便を週合計35便運航する。旅客の年間輸送実績は55万人(2007年度)。
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-10 12:45 | ヨーロッパ  

<大分キヤノン工事脱税疑惑>鹿島社員、裏金提供認める

2月9日15時0分配信 毎日新聞

 キヤノンの工事を巡るコンサルタント会社「大光」(大分市)の大賀規久社長(65)らによる脱税疑惑で、工事を受注した大手ゼネコン「鹿島」の担当社員が東京地検特捜部の調べに「大賀社長から裏金を要求され断り切れず渡した」と供述していることが鹿島関係者への取材で分かった。金融ブローカーが大賀社長側に架空の領収書を渡し脱税工作に協力していたことも判明。特捜部は近く大賀社長ら10人前後を法人税法違反容疑で取り調べる方針を固めた模様だ。

 鹿島関係者によると、裏金の提供を認めているのは、大分市のデジタルカメラ生産子会社「大分キヤノン」造成・建設工事(受注額約220億円)や隣接するプリンター関連生産子会社「大分キヤノンマテリアル」造成・建設工事(同約278億円)を担当した現地の工事担当者ら。

 担当者らは1月20日ごろから始まった任意の事情聴取に対し、「領収書のいらない金(裏金)を大賀社長に要求され断れなかった。工事を受注できたので成功報酬として事後的に渡した」などと総額約5億円に上る資金提供を認めているという。

 捜査関係者によると、新たに関与が判明したのは金融ブローカーら。金融ブローカーらは、大賀社長や大賀社長の腹心とされる大阪市のコンサルタント会社社長(61)の要求に応じ、金額を水増ししたり、架空の領収書を発行。大賀社長らはこの領収書を基に架空経費を計上、所得を大幅に圧縮して税務申告した疑いがあるという。

 大賀社長には、川崎市幸区のキヤノン矢向(やこう)事業所の電気関連工事を鹿島の下請けとして受注した電気設備工事大手「九電工」も約2億円の裏金を提供していた実態が既に判明。大光や建設関連会社「匠(たくみ)」(東京都千代田区)、同「ライトブラック」(大分市)の大光グループ計3社は、7億円超の裏金については税務申告しておらず、総額約30億円の申告漏れが分かっている。
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-09 15:00 | 経済・企業  

裁判官、準強制わいせつで逮捕=高速バスで女性触り現行犯-容疑を否認・宮崎県警

2月9日8時50分配信 時事通信

 福岡高裁宮崎支部の裁判官が高速バス車内で女性の体を触ったとして、宮崎県警都城署は8日夜、準強制わいせつ容疑で同支部判事一木泰造容疑者(52)=宮崎市別府町=を現行犯逮捕した。「触っていない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑では、一木容疑者は8日午後9時ごろ、福岡市から宮崎市に向かって走行中の高速バス車内で、隣の席で寝ていた女子短大生(19)の衣服の中に手を入れ、下半身を触った疑い。

 同署によると、一木容疑者は窓側の座席に座り、短大生は通路側の席にいた。短大生は体に違和感を覚えて触られているのに気付き、目を覚ますと同容疑者は手を離した。

 短大生は携帯電話で知人に連絡した上、運転手に「知らない男に触られた」と被害を訴えた。午後9時40分ごろ、高速バスが「都城北」バス停に停車した際、「警察に通報するので降りてください」と求めたが、一木容疑者は拒否。短大生が自ら110番し、駆け付けた同署員が停車中の車内で逮捕したという。一木容疑者は福岡市の自宅から単身赴任先の宮崎市へ向かう途中で、飲酒などはしていなかった。 
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-09 08:50 | 司法  

シー・シェパードに「音のビーム」 捕鯨船が初装備

2月7日19時58分配信 産経新聞

 南極海で過激な捕鯨妨害を続ける米環境保護団体シー・シェパード(SS)に対し、日本の調査捕鯨船団が、音波を大音量で浴びせる長距離音響発生装置(LRAD)を使用していたことが7日、わかった。ソマリア沖の海賊撃退にも使われているLRADが、捕鯨船団に装備されるのは初めて。SSは、LRADの放射を直接浴びやすい高速ゴムボートでの接近をあきらめ、抗議船そのもので捕鯨船へ体当たりする攻撃スタイルに切り替えており、南極海では依然、危険な状態が続いている。

 LRADは、人間に不快な周波数の音波を放射する直径80センチほどの円盤型の装置。相手を傷つけずに、攻撃意欲を失わせることを目的に開発され、耳をつんざくような“音のビーム”で相手の接近を阻止する。近年、民間船舶も装備し、ソマリア沖での海賊撃退にも成功例があるほか、米国などの治安部隊が暴徒を鎮圧する際にも使用している。

 日本の水産庁は「船団の安全を考え、詳細は言えない」としながらも、今回、船団に複数台のLRADを積んでいることを認めた。薬品入りの瓶を投擲(とうてき)しようと捕鯨船に接近するSSの高速ゴムボートに向け、2月から使用を開始。執拗(しつよう)な妨害を阻止することに成功しているという。

 SSは「軍用級の兵器で、民間人に用いるのは違法だ」と主張しているが、水産庁は警察庁などと事前に協議し、使用に際して国際法や国内法にも抵触しないことを確認した上で装備を決めており、「違法性はない」と反論している。

 SSのポール・ワトソン船長は6日、「この装置により、妨害活動に集中することが困難になったことを認めざるを得ない」との声明を出す一方、なおも捕鯨船団の近くで妨害の機会をうかがう方針を示している。(佐々木正明)
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-07 19:58 | 社会  

<JASRAC>新規参入を制限 公取委が排除命令の方針

2009年2月7日 11時41分 毎日新聞

 音楽著作権を管理する社団法人「日本音楽著作権協会」(JASRAC、本部・東京都渋谷区)が、テレビ・ラジオ番組で使う楽曲の使用料を巡り、同業他社の新規参入や事業展開を制限しているとして、公正取引委員会は独占禁止法違反(私的独占)で改善を求める排除措置命令を出す方針を固め、事前通知した。

 JASRACはテレビ・ラジオの放送局との間で「包括的利用許諾契約」を結んでいる。楽曲の利用回数とは無関係に、事業収入の1.5%を放送局側から徴収する。

 JASRACが同業他社を大きく上回る数の楽曲を管理しており、「使い放題」の包括契約は利用しやすいため、放送局側は同業他社と新たな契約を結ぶのを避ける傾向が強い。公取委はJASRACの手法が同業他社の排除につながっているとみて、改善を求める方針。

 著作権管理は従来、JASRACだけが行っていた。規制緩和で01年に著作権等管理事業法が施行され、新規参入が可能になった。しかしJASRACの独占的な状態は続き、現在も99%のシェアを占めている。【苅田伸宏】
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-07 11:41 | 社会  

<シー・シェパード>関係国に厳重抗議へ 石破農相方針

2月6日22時50分配信 毎日新聞

 反捕鯨団体「シー・シェパード」の抗議船が南極海で調査捕鯨中の第2勇新丸に衝突した問題で、石破茂農相は6日、東京都内で記者団に「不法行為であり犯罪だ。(取り締まり)権限がある国の当局は厳正な対応を取ってもらわなければならない」と述べ、関係国に厳重抗議する考えを明らかにした。山田修路水産庁長官が9日、抗議船の船籍国オランダと事実上の母港を提供しているオーストラリアの外交官を呼び、抗議する予定。【坂本昌信】
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-06 22:50 | 政治  

<環境汚染>障害児の出生率が上昇、急速な経済発展の代償か―中国

2009-02-05 07:04:15 レコードチャイナ

2009年2月1日、中国では環境汚染を原因とする障害児の出生率が高まっていると報じられ、急速な経済発展の代償とも論じられている。英国営放送・BBCの中国語版サイトが中国政府系メディアの報道としてこれを伝えた。

報道によると、中国国家人口計画生育委員会の江帆(ジアン・ファン)副主任は「中国では30秒に1人のペースで障害児が誕生している」と発表し、迅速な対策を呼びかけた。都市部・農村部の両方において増加の傾向にあるという。研究では、成人による二酸化窒素、一酸化炭素あるいは空中に浮遊する汚染物質への恒常的な接触が、障害児出生の原因になっているとしている。

中国の英字紙・チャイナデーリーによると、障害児の出生率が最も高いのは、炭鉱の多い山西省。コークス工場も多く環境基準を満たさない違法な操業がおこなわれている可能性が高く、重篤な環境汚染の原因とされている。
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-05 04:15 | アジア・大洋州  

羽田~バンコク便就航へ-日本・タイ航空協議が合意

2009年2月4日12時35分 羽田経済新聞

 国土交通省は2月2日、日本とタイの航空協議の合意により、タイの航空会社による羽田~バンコク間の1日1便の運航を可能にすると発表した。

 運航は2010年10月に予定されている羽田第4滑走路の供用開始後の深夜早朝時間帯(22時~翌7時)で、日本企業についても同様の権益を確保した。両国の航空会社による2空港を結ぶ新路線が実現する。

 同合意では成田空港の週1便の増便も認めた。これによりタイの航空会社は同空港の第2滑走路北伸工事が完了する2010年3月以降に、旅客便を週合計22便まで成田路線に運航させることができる。

 2008年冬期スケジュールでは、日本とタイの間には両国の航空会社6社が旅客便を週合計90便運航する。年間輸送実績は235万人(2007年度)。

 羽田空港の新滑走路供用開始後の新国際線発着枠に向けた航空交渉はすでにマレーシア・韓国・シンガポール・フランス・イギリスと合意しており、同空港から各国の都市への直行便の運航が可能になっている。
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-04 12:35 | アジア・大洋州  

若麒麟に退職金…相撲協会の処分「甘すぎる」

2月2日15時33分配信 読売新聞

 協会が出した結論は「解雇」だった。

 大麻事件で逮捕された若麒麟真一(本名・鈴川真一)容疑者(25)に対し、日本相撲協会の理事会は2日、解雇処分を決めた。理事会決議としては最も重い処分だが、退職金を支給しない「除名」という選択肢は見送られたことで、識者からは「甘すぎる」との指摘も出ている。

 理事会が開かれた東京・両国国技館には、約50人の報道陣が詰めかけた。同日正午前から開かれた記者会見には、武蔵川理事長と協会広報部長の九重親方が出席。フラッシュがたかれる中、冒頭、武蔵川理事長が顔を紅潮させながら、「多くのファンに心配、ご迷惑をおかけし、心からおわびします」と謝罪し、深々と頭を下げた。九重親方は終始無言で、厳しい表情のままだった。

 武蔵川理事長によると、処分は「議論はあったが、満場一致の結論」。今後、協会改革を進めていくにあたっては、外部の意見を取り入れることや、薬物検査も回数を増やすなど、徹底する考えを示した。

 報道陣から、「(若麒麟容疑者を)除名にすべきという意見はなかったのか」と問われると、武蔵川理事長は「除名を求める声もあったが、若麒麟はまだ若く、第2の人生もある。除名はかわいそうだということで、解雇に決まった」と苦渋の表情を浮かべた。会見は5分ほどで終わった。

 また、元警視総監で、外部から監事に就任した吉野準氏は「出席者の半分くらいは除名という意見が出たが、最終的に全会一致で解雇とした」と説明した。

 会見に先立ち、理事会から退席した師匠の尾車親方は、待ちかまえていた報道陣に「処分は言われましたが、私からは言えないので、会見で」とだけ言い残して立ち去った。

 日本相撲協会の再発防止検討委員会委員を務める漫画家のやくみつるさんは「(退職金を払わなくていい)除名でないことに合点がいかない。ロシア人力士の時にも『何をやっているんだ』という声が上がっていたのに、なぜ同じ愚を繰り返すのか。除名に必要な手続きの手間を惜しんだとしか思えない」と解雇処分に疑問を呈した。その上で、「こうした犯罪行為だけでなく、品格の問題なども同時進行で律していかなくてはいけないのに、今回の問題で他の問題が棚に上げられてしまった感があり、残念だ」と話した。

 ノンフィクション作家の長田渚左さんは「当然の処分。ただ最近、不祥事が立て続けに起き、関係者を処分しているのに、全く次につながっていない。たがが緩みきっている。相撲界は根本的な改革を本気でやらないと、衰退の一途をたどってしまう」と指摘。さらに「一連の不祥事の根はすべて同じで、新弟子よりも親方の再教育が必要だ。相撲をしばらくやめて、内部で徹底的に話し合い、自分たちの根っこを見つめ直すべきだ」と語った。

 相撲ファンの反応も様々だ。国技館近くにいた三重県桑名市の主婦藤崎千鶴子さん(57)は「ロシア人力士の時も解雇処分だったので、今回だけ除名になると不公平。処分は納得出来るが、大好きな相撲でこういう不祥事が続くと、ファンとして悲しいので、個々の力士が『国技を担っている』という誇りを持ってほしい」。茨城県石岡市の男性会社員(62)は「我々サラリーマンが不祥事を起こした時は、退職金も出ずに首になる。それに比べると甘いのではないか」と憤っていた。
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-02 15:33 | 社会  

シーシェパード、また捕鯨妨害=染料入り瓶投げ込む

2月2日13時1分配信 時事通信

 水産庁に2日入った連絡によると、南極海で調査捕鯨をしている日本の捕鯨船団に対し、米環境保護団体のシー・シェパードが同日午前5時(日本時間)ごろから、染料入りの瓶を投げ込むなどの妨害活動を始めた。現時点では、船体や乗組員に被害は出ていないという。

 同庁によると、シー・シェパードは抗議船から2隻の大型ゴムボートを降ろして船団に接近。捕鯨船「勇新丸」に瓶を投げたり、「第3勇新丸」の進路にロープを流したりした。午前10時ごろには、ゴムボートの収容作業に入ったという。
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-02 13:01 | 社会  

浅間山が小規模噴火=噴煙2000メートル、関東南部にも灰-警戒継続・気象庁

2009/02/02-12:21 時事通信

 気象庁は2日、群馬・長野県境の浅間山(2568メートル)で同日午前1時51分ごろに小規模な噴火が発生し、同8時ごろまで火山灰の噴出が続いたと発表した。噴煙は火口から高度約2000メートルに達した後、南東方向に流れ、関東地方南部でも灰が降った。大きな噴石は火口の北側約1キロまで飛散した。

 同庁は1日に噴火警戒レベルを5段階で3の入山規制に引き上げており、引き続き警戒を呼び掛けている。

 浅間山の小規模噴火は昨年8月以来、約半年ぶり。灰が降ったのは長野県軽井沢町、群馬県富岡市、埼玉県熊谷市、東京都千代田区、横浜市、千葉県君津市など。千代田区で浅間山の降灰が確認されたのは、2004年9月17日以来。

 気象庁は機動調査班2人がヘリコプターで浅間山上空の調査を行った。噴火以降、山頂火口直下が震源とみられる火山性地震の回数は減少し、マグマの上昇を示すとみられる傾斜計の変化は鈍化した。噴煙は火口の縁から高度約100メートルで推移している。
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-02 12:21 | 社会  

鹿児島・桜島も噴火=入山規制に警戒強化-気象庁

2月2日10時44分配信 時事通信

 気象庁は2日午前、鹿児島・桜島の噴火警戒レベルを5段階で2の火口周辺規制から3の入山規制に引き上げたと発表した。対象は鹿児島市。桜島の昭和火口では1日から2日午前8時までに爆発的噴火が8回発生し、大きな噴石が5合目まで飛んだ。今後も噴火活動が活発化する恐れがあるという。

 昭和火口と南岳山頂火口から約2キロの範囲では、大きな噴石が弾道を描いて飛散したり、火砕流が起きたりする恐れがある。風下側では降灰と小さな噴石に注意が必要。雨が降ると、泥流や土石流が発生する可能性がある。
[PR]

# by deracine69 | 2009-02-02 10:44 | 社会  

<相撲協会>理事長、朝青龍を批判 ガッツポーズ問題で

1月29日2時36分配信 毎日新聞

f0013182_4472161.jpg 大相撲初場所千秋楽(25日)で優勝を決めた朝青龍が勝負後に「ガッツポーズ」をした問題で、日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)は28日、今後、同様の品格を問われる問題を起こした場合、理事会に諮り厳しい処分を下す意向を示した。師匠の高砂親方(元大関・朝潮)を29日の理事会前に呼び、注意する。【上鵜瀬浄】

 朝青龍は千秋楽の白鵬との優勝決定戦に勝利後、礼の後に土俵上で両拳を突き上げるガッツポーズを見せた。この所作については、千秋楽翌日の横綱審議委員会(横審)でも複数の委員から「品格を欠く」などの批判が出た。しかし、朝青龍は27日にモンゴルに向け離日した。武蔵川理事長はまず、「騒ぎに対し帰国前の朝青龍と報告、謝罪に来るべきだ」と、高砂親方の態度を非難。「悪いことが話題になったのだから、師匠が『私から厳しく注意しました』など、何らかの態度を示すのが筋。指導者として恥ずかしい。今度やったら(横綱の処分を)理事会にかけるぐらいのつもりで話す」と激しい言葉を連ねた。朝青龍は、2年前のサッカー騒動で2場所出場停止処分を受けており、再び理事会で処分を受ければ、さらに長期の出場停止や進退を含めた厳しいものになる。

 また、朝青龍本人についても、テレビインタビューで「日本が好きだ。日本の横綱ですから」と話したことを挙げ「ならば大相撲のルールやしきたりを勉強すべきだ」と話した。その後も「自覚が足りなすぎる。帰国前に(理事長室に)来て『勢いでやった』と謝罪すれば済む話なのに、呼ばれないと来ないなんて」と苦言を呈した。横綱の態度を理事長が批判するのは異例。

 初場所の朝青龍は、このほかにも、初日の稀勢の里戦での勝負のついた後のダメ押しや、7日目の嘉風戦で決着がついた後も土俵下でにらみ続けるなどの態度で、品位に欠けるとの指摘を受けていた。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-29 02:36 | スポーツ  

<中川財務相>「渦中」を「うずちゅう」と読み違え

1月29日1時1分配信 毎日新聞

 中川昭一財務相は28日、衆院本会議での財政演説で「金融危機の『渦中』」を「うずちゅう」と読み違えた。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-29 01:01 | 政治  

与謝野経財相 演説読み飛ばし 「麻生総理…」抜け落ちる

1月29日0時25分配信 毎日新聞

 与謝野馨経済財政担当相が28日、衆院本会議で行った経済演説で原稿の一部を読み飛ばした。与謝野氏は手元の原稿に目を落としながら演説したが、終盤に経済成長についての文脈で「経済財政諮問会議を通じて、麻生総理のリーダーシップの下、政府横断的に……」と読むところで「麻生総理のリーダーシップの下」がすっぽり抜け落ちた。他にも読まなかった文言があった。

 「ポスト麻生」の候補にも挙がる与謝野氏だけに、「単なる読み飛ばしなのか」との憶測も呼んでいる。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-29 00:25 | 政治  

<安倍元首相>イラク訪問 タラバニ大統領と会談

1月28日23時46分配信 毎日新聞

 安倍晋三元首相は28日、首相特使としてイラクのバグダッドを訪問した。タラバニ大統領と会談し、2国間関係の強化を内容とする麻生太郎首相の親書を手渡した。また、安倍氏の訪問に合わせ、両国のエネルギー分野での協力や日イラク経済合同委員会の設立などをうたった「パートナーシップ宣言」が署名された。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-28 23:46 | 政治  

J・アップダイク氏死去=ウサギ4部作、世相巧みに描写-米

1月28日6時20分配信 時事通信

 【ニューヨーク27日時事】戦後米国の世相を巧みに作品に取り込み、ピュリツァー賞を2度受賞した米作家で詩人のジョン・アップダイク氏が27日、肺がんのため東部マサチューセッツ州ベバリーファームズのホスピスで死去した。76歳だった。同氏の作品の出版元が発表した。

 1932年ペンシルベニア州生まれ。ハーバード大卒業後、雑誌「ニューヨーカー」に書評などを寄稿。59年「プアハウス・フェア」で長編デビューし、60年に「走れウサギ」を発表して作家の地位を確立した。

 米中産階級の郊外生活と性衝動を主題にした作品で知られ、ある男性の生涯を時の風俗と重ねて描いた「走れウサギ」以降のウサギ4部作は高い評価を獲得。うち2作品がピュリツァー賞を受賞した。日本のファンも多く、84年の「イーストウィックの魔女たち」は映画化された。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-28 06:20 | 北米・中南米  

「自衛隊がんじがらめ」 田母神前幕僚長、徳島市で講演

2009/1/26 10:23 徳島新聞

 政府見解と異なる歴史認識の論文を発表して更迭された前防衛省航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄さんの講演会「日本は侵略国家であったのか」(田母神論文を支援する徳島の会主催)が二十五日、徳島市内の徳島グランヴィリオホテルであり、約四百五十人が参加した。

 田母神さんは、日本の国防の在り方について「自衛隊にいたときに、日本は改憲できないし、集団的自衛権も行使できないことを疑問に思っていた。専守防衛は戦争の抑止にはならず、自衛隊は政府にがんじがらめにされている」と主張。背景として「東京裁判以降の誤った歴史観がある」などと持論を展開した。

 また、旧日本軍の中国や朝鮮半島への進軍について「旧満州の人口が増えたのは、日本軍によって治安が良くなり豊かになったから。侵略が行われる所に人が集まるはずがない」などと、日本を侵略国家とする主張にあらためて意義を唱えた。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-26 10:23 | 社会  

IWC議長、日本の沿岸捕鯨容認も=南極海での調査縮小条件-米紙

1月26日1時11分配信 時事通信

 【ワシントン25日時事】25日付の米紙ワシントン・ポストは、ホガース国際捕鯨委員会(IWC)議長(米国)が日本による南極海での調査捕鯨を縮小する代わりに日本沿岸での捕鯨を容認する試案を検討しており、合意の取りまとめに向けて水面下で協議中だと報じた。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-26 01:11 | 社会  

<内閣支持率低下>くすぶる党内政局 自民「とにかく我慢」

1月26日1時1分配信 毎日新聞

 毎日新聞が24、25日に実施した全国世論調査(電話)で、焦点の内閣支持率はさらに下がり、19%と2割を割り込んだ。このほかも麻生太郎首相と自民党にとって、下げ止まり感が見えない数字ばかり。11年度からの消費税率引き上げをめぐり自民党内を二分した消費税攻防をしのぎ、当面の政局は落ち着いたが、次期衆院選をにらんだ「麻生降ろし」はなおくすぶり続けている。【中村篤志、白戸圭一】

 「施政方針演説で首相の考えや政策を見てもらい、国民の理解が深まる。政策実行の環境は整いつつあり、今週から反転攻勢に出ていきたい」。自民党の細田博之幹事長は25日、毎日新聞の取材に対し、27日にも行われる首相の施政方針演説など政府4演説を通じ、政権浮揚を図る考えを強調した。

 消費税攻防は先週末でひとまず決着。09年度税制改正関連法案の採決時に大量の造反が出る可能性は小さくなり、現時点で党内政局は、なぎ状態になりつつある。自民党の笹川尭総務会長は「支持率は上がった方がいいが、少し下がったぐらいで一喜一憂してもしょうがない」と冷静に受け止めてみせたが、党内が「低支持率慣れ」をしていることの裏返しでもある。

 消費税攻防をしのいだ首相にとって支持率回復に向けた当面の戦略は、08年度第2次補正予算案と09年度予算案の早期成立を図り、経済対策の実績を重ねることだ。特に重視するのが2次補正に盛り込んだ総額2兆円規模の定額給付金。支給が始まる今春をにらみ、首相周辺からは「給付金が国民に行き渡るまで、とにかく我慢」との声が漏れる。

 ただ、給付金への評価は依然低い。毎日新聞調査では74%が「評価しない」と答えている。2次補正、09年度予算を成立させても景気回復につながるかは未知数。「給付金を受け取ったからといって政権の評価が変わるのか」との疑心暗鬼もくすぶっている。

 首相に近い閣僚経験者は、予算成立後の09年度補正予算案提出や内閣改造の可能性を政権浮揚策としてあげている。しかし、消費増税反対で動いた自民党中堅・若手の本音は、次期衆院選前の麻生降ろしにこそある。景気後退を受け、当面は予算成立を優先せざるをえないものの、「麻生さんではやはり戦えない」(若手)との声は切実さを増している。

 与党内からは「現内閣の支持率が下がるところまで下がれば、次の首相が光り輝いて見える。米国のブッシュ前大統領の後のオバマ大統領、森政権の後の小泉政権。麻生政権でぎりぎりまでいって『チェンジ』だ」との声も出ている。

 消費税攻防に続く党内政局の「第2幕」が開こうとしている。

 ◇政党支持、民主がリード拡大

 政党支持率や次期衆院選に関する質問への回答は、「自民党と民主党」「麻生首相と小沢一郎民主党代表」の差が広がり、民主党優位がさらに強まった。

 政党支持率は民主支持率が08年12月の前回調査比2ポイント増の26%、自民支持率が3ポイント減の20%など。両党の数字は08年10月の前々回調査から3回連続で民主が上回り、差は6ポイントに拡大した。ただ、「支持政党はない」が5ポイント増の42%で、自民からの離反層を民主が十分に吸収し切れていないこともうかがえる。

 「麻生首相と小沢代表のどちらが首相にふさわしいと思うか」という質問への回答は、麻生首相が3ポイント減の16%、小沢氏が4ポイント増の25%。両者は前回調査で初めて逆転し、小沢氏が今回リードを9ポイントに広げた。「どちらもふさわしくない」が1ポイント増の55%で、依然多数を占めた。

 「次の衆院選で自民と民主のどちらに勝ってほしいか」は、自民が2ポイント減の27%、民主が4ポイント増の50%で、やはり両党の差が拡大。「望ましい政権の形」を尋ねたところ、「今の自公連立政権」は4ポイント減の8%、「自民単独政権」は2ポイント減の6%だったのに対し、「自民と民主が協力する大連立」が4ポイント増の34%で最多となった。

 これらの質問への回答を詳しく見ると男女差が顕著。男性の方が女性よりも自民党に厳しい見方をしている傾向がうかがえた。

 政党支持率は、男性が自民20%、民主33%、女性が自民19%、民主18%で、「勝ってほしい政党」も男性は自民25%、民主57%、女性は自民30%、民主42%だった。「どちらが首相にふさわしいか」で、麻生首相を挙げたのは男女とも16%だったが、小沢氏を挙げたのは男性29%、女性20%だった。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-26 01:01 | 政治  

<中国>上海市の中心部で爆発、1人死亡

1月25日22時51分配信 毎日新聞

 【上海支局】中国最大の経済都市、上海市の中心部で25日、爆発があり、1人が死亡した。国営新華社通信が伝えた。

 現場は警察施設の門近くで、発生当時は周辺に数人がいただけだった。警察が身元確認を進めるとともに、爆発の原因を調べている。

 26日は旧正月(春節)で25日は「大みそか」にあたる。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-25 22:51 | アジア・大洋州  

首相、読み飛ばしちゃマズイのでは…大相撲の表彰式

1月25日22時34分配信 読売新聞

 麻生首相は25日、東京・横網の両国国技館で行われた大相撲初場所千秋楽の取組終了後、優勝した横綱朝青龍に内閣総理大臣杯を授与した。首相は「数々の試練を乗り越えての優勝。やっぱり横綱は強くなくっちゃ」と朝青龍の戦いぶりを称賛した。

 過去には、2001年夏場所で小泉首相(当時)が横綱貴乃花(同)を「感動した」とたたえて評判となった。麻生氏もこれを意識したと見られるが、表彰状の読み上げの際、「内閣総理大臣杯」の「杯」を読み飛ばし、「内閣総理大臣 朝青龍明徳殿」と述べる場面もあった。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-25 22:34 | 政治  

中国でコピー商品続々、変種ロゴ「NOKLA」「SUNY」

1月25日21時32分配信 読売新聞

 【香港=竹内誠一郎】携帯電話などの盗作版を意味する「山寨(さんさい)」という言葉が、中国で広まっている。海外から知的財産権保護の遅れを非難される中国当局は取り締まりに躍起だが、「山寨文化」という言葉まで生まれる社会現象にまで発展し、根絶は容易ではない。春節(旧正月)前夜の25日には、中央テレビの国民的番組「春節聯歓晩会」(春晩)の模倣版「山寨春晩」まで北京で行われた。

 「山寨」とは本来、中国の王朝に抵抗した盗賊が立てこもった山中の城塞(じょうさい)の意味。これが広東省を中心に、違法商品を製造する地下工場を指す用語となった。コピー商品は「山寨機」と呼ばれる。

 全国の「山寨機」の生産拠点、広東省深センの電器街では、米アップル社の「iPhone」の完全コピーや、「NOKIA」を「NOKLA」に、「SONY」を「SUNY」とロゴを変えた機種がずらりと並ぶ。機能は本物とほぼ変わらず、価格は5分の1。新商品の登場からわずか1~2か月でコピーを生み出すゲリラ的商法が、昔の盗賊の姿と重なり合ったとされる。

 香港誌「亜洲週刊」によると、「山寨機」は年間1億台以上が生産され、海外の大手携帯メーカーだけでなく、中国政府も付加価値税収入だけで178億元(2300億円)の損失を被ったとされる。当局はこの2年間、取り締まりを強化したが、大きな効果は上がっていないという。

 望遠レンズなど高機能を搭載した低価格商品というだけでなく、偽物が醸し出す反権威の雰囲気に大衆は喝采(かっさい)を送る。昨年から、「山寨」はパロディー的要素も加わった言葉として急速に広まり、ネットでは、人気歌手周傑倫(ジェイ・チョウ)さんの「山寨版(そっくりさん)」が登場。「ノーベル賞」にさえ、山寨版が出てきた。

 その中で、四川省出身の施孟奇さん(36)が提唱した企画が「山寨春晩」だ。さすがに、中央テレビの看板番組の模倣には批判が相次ぎ、「山寨春晩」組織委員会関係者によると、これまでテレビ各局の撤退、会場の使用許可取り消しなどが相次いだ。最終的には当初の計画を大幅に縮小して、マカオのテレビ局が放映を引き受けた。

 中国国内では「低俗。中国の恥」というコピー文化への批判もあるが、「山寨文化」は大衆社会の開き直りでもある。施さんは「山寨とは一言で言えば民間文化。コピーもあればパロディーもあり、中国が多様である証拠」と話している。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-25 21:32 | アジア・大洋州  

貴乃花親方、多くを語らず=大相撲初場所千秋楽

2009/01/25-21:05 時事通信

 貴乃花親方(元横綱)は、優勝回数で朝青龍に抜かれたことについて多くを語らなかった。朝青龍の評価には触れず、「わたしはひと言、若い力士に向けて」と前置き。声明を発表するような口調で「毎日こつこつ精進することが真の相撲道であることだけ、分かってもらいたい」。朝青龍のけいこ嫌いが伝えられているためか、後輩たちにけいこの大切さを訴えていた。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-25 21:05 | スポーツ  

オバマ氏、就任直後の支持率68% ケネディに次ぐ高さ

2009年1月25日20時36分 朝日新聞

 【ワシントン=小村田義之】米民主党のオバマ大統領の就任直後の支持率が68%にのぼり、伝説的な人気を誇った民主党のジョン・F・ケネディ元大統領が就任時に記録した72%に次ぐ高支持となったことが、24日発表のギャラップ社の世論調査で明らかになった。

 調査は、大統領就任直後の21~23日、全米の1591人を対象に電話で実施。オバマ氏の支持率は68%で、不支持率は12%にとどまった。

 ただ、同じギャラップ社の今月9~11日の調査でオバマ氏が得た支持83%、不支持12%に比べると、支持率は下がっている。理由は明らかでないが、今回の調査では「どちらとも言えない」が21%にのぼっており、当面は政権運営の行方を見極めようとする姿勢がうかがえる。

 選挙で選ばれた大統領の就任直後の支持率としては、過去最高のケネディ氏には届かなかったものの、共和党のアイゼンハワー元大統領が記録した68%と同率で2位となった。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-25 20:36 | 北米・中南米  

鳥インフル、今年6人目の感染=29歳男性が重体-中国

2009/01/25-17:30 時事通信

 【北京25日時事】中国衛生省は25日、貴州省貴陽市に住む男性(29)が、毒性の強い鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染し、重体となっていると発表した。中国での感染者は今年6人目で、うち4人が死亡した。

 男性は15日に発病して入院し、25日に確定診断が出た。発病前に市場で生きた家禽(かきん)類に触れたことがあるという。
[PR]

# by deracine69 | 2009-01-25 17:30 | アジア・大洋州