タグ:あるある大捏造 ( 30 ) タグの人気記事

 

関テレ完全復帰を決定=民放連

10月27日16時45分配信 時事通信

 民放連(会長・広瀬道貞テレビ朝日相談役)は27日の理事会で、昨年1月に「発掘!あるある大事典II」の捏造(ねつぞう)問題を起こした関西テレビ(大阪市)に対する会員活動停止措置について同日付で解除することを決めた。

 関テレはこの問題で昨年4月に民放連から除名処分を受けた。今年4月に再入会は認められたものの、会員活動は停止され、会合や行事には参加できなかった。民放連は今回の決定について「再発防止と社の再生に向けたさまざまな取り組みを評価した」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 16:45 | 社会  

ダイエットブーム、今度はバナナ テレビで特集、品薄に

2008年9月26日3時3分 朝日新聞

 「日本人が最も食べている果物」のバナナが、品不足になっている。朝にバナナを食べるダイエット法がワイドショーなどで取り上げられ、ブームの引き金になった。消費は世界的に伸びており、品薄が続く可能性がある。

 セブン&アイ・ホールディングスによると、傘下のイトーヨーカドーなどでは20日から売り上げが大きく伸び、一部では品切れも。「入荷を増やすよう求めているが、なかなか応じてもらえない」という。ライフコーポレーションでも売り上げが前年比約7割増の勢いだ。東京都内の食品スーパー担当者は「売り場に人だかりができ、遅い時間にはバナナが消える」と話す。

 きっかけは、朝食をバナナに変える「朝バナナダイエット」。昨年から書籍やインターネットで紹介されていたが、今年から度々テレビで取り上げられ、「その都度、売り上げがはね上がった」(伊藤忠商事)。19日にTBS系列で放送された特集番組では、歌手の森公美子さんが「7キロ減量した」とされ、ブームに火を付けたようだ。

 輸入量首位の米ドール日本法人の出荷量は6月以降、前年比25~27%の高い伸び。2位の住商フルーツは「予測の2~3倍の発注があり、すべてに応じられない」状況で、9月の出荷量は前年比約3割増になる見込みだ。

 バナナの消費は他の輸入市場の中東や豪州、アジアでも経済成長を背景に増えている。「ブームが続けば、他国分を日本に持ってくるしかないが、大量には難しい」(ドール)という。(斎藤徳彦)
[PR]

by deracine69 | 2008-09-26 03:03 | 社会  

BSE報道のMBC番組「PD手帳」が謝罪放送

8月13日9時53分配信 YONHAP NEWS

 【ソウル13日聯合】米国産牛肉の牛海綿状脳症(BSE)リスクを報じたMBCの情報番組「PD手帳」が、12日に謝罪放送を行った。同番組は検察の捜査の結果、内容の一部が事実と異なると判断され、放送通信委員会が「視聴者に対する謝罪」履行命令を出していた。

 MBCは12日午後10時39分ごろ、報道番組「ニュースデスク」終了後に2分間、謝罪文を告示した。謝罪放送は通常、該当番組の冒頭で行うが、この日は北京五輪特別番組のため「PD手帳」は放送を休んでおり、同じ時間帯での謝罪となった。

 謝罪放送文は、「PD手帳」が米動物保護団体ヒューメイン・ソサエティーの動物虐待映像とBSEが疑われる患者が死亡したと報じた部分で6か所の誤訳があったほか、司会者がへたり牛を「狂牛病にかかった牛」と断定する表現を使ったこと、韓国人は西洋人に比べヒトBSEに弱いとし「韓国人がヒトBSE発病確率が94%」と報じたこと、社会的争点や利害関係で対立する事案を扱いながらも、米国の食肉処理システム・処理場の実態・カナダ産牛輸入・飼料統制制作などについて一方的な見解だけを放送したことを事実と認めた。

 その上で、これらは放送審議による規定第9条(公正性)第2項及び第3項、第14条(客観性)、第17条(誤報訂正)に違反したもので、放送通信審議委員会の制裁措置決定に従い放送通信委員会から視聴者に対する謝罪の命令を受けたとし、「視聴者の皆さんに心から謝罪します」と結んだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-13 09:53 | アジア・大洋州  

大食いで皿の枚数ごまかし=日テレの報道番組「NEWSリアルタイム」

2008/08/11-13:36 時事通信

 日本テレビ系の夕方の報道番組「NEWSリアルタイム」内で1月23日放送された「大食い女王対決!」で、事実と異なる内容の放送があったことが11日までに分かった。同局は番組制作会社との契約を打ち切り、関係者を処分する方針。

 同局によると、問題があったのは、大食いタレントの三宅智子さんが中国料理の食べ放題に挑戦する企画で、39皿しか食べていないのに48皿食べたように放送した。同局が週刊誌の取材を受け事実関係を調査したところ、料理の一部を番組制作スタッフが「味見」と称して食べていたことが分かった。


日テレ大食い番組二十数皿を「48皿」
8月11日9時47分配信 日刊スポーツ

 日本テレビ系報道番組「NEWSリアルタイム」(月~木曜午後4時53分、金曜午後5時)で、今年1月に「やらせ」と受け取れる放送があったと、11日発売の「週刊現代」が報じている。

 同誌によると今年1月23日放送の「大食い女王対決!」の企画で、エステ三宅として知られる大食いタレントの三宅智子(24)が中華料理の食べ放題に挑戦。実際には二十数皿しか食べていないのに、48皿食べたように放送したという。

 日本テレビは「皿数と品数の表現が混在しており、数え方も明確ではなかった」などと説明。これを受けて、8日放送の同番組の中で「料理の数え方に正確性を欠き一部不適切な手法で制作されていたことが分かり、おわびします」などと謝罪した。

 関係者によると、この件で週刊現代が日本テレビを取材したのは先週半ばのこと。同局は同誌の取材を受けて、雑誌が発売される前の謝罪に踏み切ったとみられる。

 また、同誌の取材に番組を制作した制作会社のプロデューサーは「皿数ではなく品数でやった。1皿に春巻きが4本なら4品という計算。点心はふつう1人1個で注文する」などと弁明している。だが、同誌が同店で実際にギョーザを注文したところ、皿には6個のったギョーザが運ばれてきたという。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-11 13:36 | 社会  

<新報道プレミアA>話題の新番組は何につまずいたのか?

4月7日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 あの日、フジテレビの報道フロアはお通夜の雰囲気だったのではないか。今月1日、4月改編のトップバッターとして鳴り物入りでスタートした新番組「新報道プレミアA」の視聴率が8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、惨憺たるものだったのである。

「『新報道』は『EZ!TV』『スタ☆メン』に続いて始まった日曜夜の情報番組です。新番組は“顔”として“フジのニュースの女帝”安藤優子と、『ニュースJAPAN』のキャスターとしてオジサンに大人気の滝川クリステル、さらにコメンテーターにジャーナリストの桜井よしこを持ってきました。3人が顔を揃えることで、新番組は早くから話題になり、視聴率15%以上を記録するのは確実とみられていました」(放送ライター)

 ところが、フタを開けてみると視聴率は10%にも届かなかった。理由としてまず考えられるのは、企画がイマイチだったこと。“硬派”な安藤が独自ネタにこだわったのか、しょっぱなが〈スクープ!拉致新証言 北にいる生存者の影〉で、日曜夜のニュースとしてはこだわりが強すぎた。

 番組の中心を占拠していた安藤の責任論も浮上している。準備期間中、安藤は滝川に対抗心を燃やして「恋愛やスキャンダルには気を付けて」「衣装が派手すぎる」などとプレッシャーをかけていたという。それが新番組でモロに出てしまったというのだ。

 構成作家の山田美保子氏が言う。

「滝川さんは2人の先輩に気を使い過ぎて委縮しているように見えました。彼女の持ち味である冷静さと新鮮さが失われていましたね。また、安藤さんは肩に力が入りすぎて、空回りしている印象でした。平日ならまだしも、リラックスできる日曜の夜に、前のめりの安藤さんを見たい視聴者がどれだけいますか……」

 次回放送は都知事選挙の投開票日。新番組にとってはチャンスだ。一気に浮上となるか……?
[PR]

by deracine69 | 2007-04-07 10:00 | 社会  

<放送法改正案>番組ねつ造、再発防止策を強制

2月21日3時3分配信 毎日新聞

 関西テレビの「発掘!あるある大事典2」の番組ねつ造問題を受けて、総務省が検討している放送法改正案の概要が20日、明らかになった。「報道は事実をまげないですること」に違反した放送局に、総務相が再発防止計画の提出を求める規定を新設することが柱になる。計画提出を求める場合には、総務相が電波監理審議会に諮問する手続きを設けて恣意(しい)的な行政処分に歯止めをかける方向だ。だが、総務相が「事実」かどうかを基に放送内容に踏み込んで行政処分する規定を新設することは、憲法が保障する表現の自由に抵触する恐れもあり、論議を呼びそうだ。

 総務省が検討している放送法改正案では、これまで行政指導で任意で求めてきた不祥事の事実関係調査や、再発防止策について提出を強制するものとなる。対象は「事実でないことを事実であるかのように放送し、国民の生活や権利に悪影響を及ぼすおそれがある」場合に限定することで、ねつ造の再発を防ぐ考えだ。

 放送局が法令に反した場合、総務省はこれまで「警告」などの行政指導をしてきた。電波法に基づいて、一定期間の電波停止や放送免許を取り消す厳しい行政処分を行うことも可能だが、放送局の経営に影響が大きいことなどを理由に前例がない。このため、菅義偉総務相は、中間的な行政処分を導入する必要性を強調していた。【小島昇、臺宏士】

 ◇解説…「報道の自由」制約の懸念

 放送局に対する新たな行政処分として総務省が固めた放送法改正案は、報道や番組内容が事実でないと総務相が判断した場合、再発防止計画の提出を求めるものだ。公権力が放送の内容に関与し「報道の自由」を制約する懸念が強い。

 同計画の提出を求めるには報道(番組)が事実かどうかを認定する必要がある。だが、関西テレビの情報番組のように客観的にねつ造が確認できる例ばかりではない。

 例えば、旧日本軍の従軍慰安婦を取り上げたNHK特集番組の改変問題では、当時官房副長官だった安倍晋三首相ら政治家による「圧力」問題を報じた朝日新聞と、圧力を否定した政治家で見解が分かれた。このケースで報じたのがテレビ局であれば、総務相が直ちに「事実を曲げた」などと断定しかねない。

 また、再発防止計画では、報道の根拠となった情報源とのやりとりなどの検証が求められる可能性がある。それは取材源の秘匿という報道倫理の根幹に抵触する。

 改正案は電波監理審議会を介在させることで客観性を担保する考えだが、NHK命令放送問題で電監審は菅義偉総務相の諮問を追認。公権力乱用の歯止めとしての機能に疑問符が付いた。改正案は、憲法が保障する報道の自由を軽視するものと言わざるを得ない。【臺宏士】
[PR]

by deracine69 | 2007-02-21 03:03 | 社会  

<フジテレビ>「トリビアの泉」で犬の飼い主を「偽装」

2月14日0時25分配信 毎日新聞

 フジテレビのバラエティー番組「トリビアの泉」の企画コーナー「雑種犬の能力検証」で飼い主ではない動物プロダクションの社長を、飼い主であるかのように放送していたことが13日、分かった。NPO(非営利組織)「動物実験の廃止を求める会(JAVA)」(東京)の指摘に答えた。

 フジテレビなどによると、番組は05年9月14日に放送された。コーナーでは「飼い主が突然倒れ、苦しみ出したら犬はどうするか?」を、100匹の犬を対象に調査した。そのうち1匹は実際の女性の飼い主でなく、犬の所属する動物プロダクションの男性社長が出演した。また、倒れた男性社長の上に乗った犬をうまく撮影できなかったため、社長の衣服の中にドッグフードを入れて撮影したという。

 フジテレビ広報部は、「社長を『飼い主に準じる方』と判断した。『やらせ』『ねつ造』とはまったく違うものと考えている。しかし、反省すべき点は反省したい」とコメントしている。JAVAは「飼い主ではない社長を飼い主に仕立て上げたことなどは、『やらせ』以外の何ものでもない」と批判している。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-14 00:25 | ジャーナリズム  

志村けん「あるある」にコメントなし

2007年02月10日 日刊スポーツ

 志村けん(56)が9日、都内で、司会を務める関テレ「発掘!あるある大事典2」のねつ造発覚後、初めて公の場に姿を見せたが、同問題にはコメントしなかった。出演する「プチシルマ」のCM発表会見に研ナオコと出席したが、ねつ造問題には「どうも…」と口をつぐんだ。志村は自分のホームページでは「だまされた感じ」と怒りを記していた。一方、昨年、大動脈解離の手術を受け、16日仕事に復帰する加藤茶には「一緒に(仕事を)できるのが楽しみ」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-10 23:59 | ひと  

<番組ねつ造>総務相関西テレビ批判 「孫請けに責任転嫁」

2月9日15時5分配信 毎日新聞

 菅総務相は9日の閣議後会見で、関西テレビが総務省に提出した「発掘!あるある大事典2」の番組ねつ造問題に関する報告書について「(番組制作を請け負った)孫請け会社がすべてやったことにして、関西テレビのチェック体制や責任に触れていない」と批判し、2月末までに再報告を求める考えを示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-09 15:05 | 政治  

「責任触れてない」関西テレビ報告を総務相が批判

2月9日14時38分配信 読売新聞

 菅総務相は9日、閣議後の記者会見で、フジテレビ系の情報番組「発掘!あるある大事典2」の捏造(ねつぞう)問題で関西テレビが総務省に提出した報告書について、責任を孫請け会社に転嫁している内容を厳しく批判した。

 菅総務相は「経営全体の責任が全く書かれていない。孫請け会社が(捏造を)すべてやったことになっており、子会社や関西テレビ全体のチェック体制の責任に触れられていない」と述べた。

 さらに「事実をねじ曲げたか否かという、放送法上の観点からの検証が十分ではない。再発防止も具体的なものがなかった」と指摘したうえで、関西テレビに求める再報告の期限を月内とする方針を明らかにした。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-09 14:38 | ジャーナリズム