タグ:アメリカ ( 205 ) タグの人気記事

 

日米首脳会談:共同会見空振り、米メディアも反応冷ややか

2009年2月25日15時36分 毎日新聞

 【ワシントン及川正也、川上克己】オバマ米大統領と麻生太郎首相との24日の首脳会談は予定を約20分超過して約1時間20分に及び、「世界経済危機などで突っ込んだ意見交換」(ギブス大統領報道官)の場となった。だが共同記者会見や昼食会は行われず、日米関係の親密さや重要性を世界に発信するにはアピール不足だった。

 会談の冒頭、オバマ大統領は日本を「偉大なパートナー」と持ち上げ、初の賓客に日本を招いた意義を強調した。だがCNNテレビが「1時間の会談のために1万1000キロの長旅」と皮肉るなど、米メディアの反応は冷ややか。関心は同夜のオバマ大統領の初の議会演説に注がれ、首脳会談はかき消された。

 外務省関係者によると、日本側は会談後に両首脳による共同記者会見を打診。麻生首相の政権浮揚につながるとの思惑などからだが、空振りに終わった。大統領との昼食会も議会演説を控えた「繁忙なスケジュール」(米側)に押され、かなわなかった。

 07年4月に大統領別荘に招かれた安倍晋三元首相の訪米では共同記者会見と昼食会が開催された。07年11月に福田康夫前首相がホワイトハウスを訪問した際は、質疑なしの共同声明発表だったが、昼食会は用意された。

 共同会見に代わって会談の冒頭部分が日米メディアに公開された。しかし麻生首相の英語が聞き取りにくかったのか、ホワイトハウスが公式に発表した発言録で「聴取不可」とされた個所もあった。

 首脳会談終了後には、カメラ記者に対応する時間が設けられた。しかし両首脳とも一言も発しないまま。カメラの前でオバマ大統領は麻生首相と肩を組むと、首相に小声で何事かささやいただけで、執務室を後にした。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-25 15:36 | 政治  

<オバマ大統領>米国再生に国民の団結を強調 議会演説で

2月25日11時25分配信 毎日新聞

 【ワシントン小松健一】オバマ米大統領は24日午後9時(日本時間25日午前11時)、連邦議会の上下両院合同会議で就任後初の議会向け演説を行った。大統領は経済危機に直面している米国の再生に向け、「持続的な繁栄の新しい礎を築くため、今こそ大胆かつ賢明に行動すべき時だ」と強調。理念や価値観の違いを乗り越えた国民の団結を呼びかけた。また、7870億ドルの景気対策法を巡り野党・共和党との対立が鮮明になったことを受け、「米国民は我々が共通の基盤を築くことを期待している」と超党派の協力を改めて要請した。

 今年1月に就任したオバマ大統領にとって今回の議会演説は、政治、外交、経済などの基本政策方針を説明する一般教書演説に代わるものだが、経済危機への取り組みが中心テーマとなった。

 オバマ大統領は、市場の健全性を犠牲にして短期的利益を優先させてきた米経済が今の危機を招いたとの認識を示し、「最後の審判の日が来た。我々は将来に責任を取らなければならない」と指摘。従来の議論にとらわれない発想が必要との考えを訴えた。

 大統領はその上で、雇用創出を行い、エネルギーや医療、教育への投資で競争力を再生させることが「新たな米国の世紀」をもたらす上で必要と指摘。景気対策法などの経済政策がこうした視点に立っていることを強調した。

 また、オバマ政権の経済政策を巡り政府の役割が過大になるとの批判が出て、国家観の対立も生まれている点について、オバマ大統領は「政府には繁栄の礎を築く役割はない、との見解は受け入れられない」と述べた。

 ◆オバマ米大統領の議会演説骨子◆

・未来に対する責任を果たし、永続的繁栄の基礎を築く

・エネルギーや医療、教育分野への投資を拡大する

・石油への依存、高額の医療費、巨額債務などに対処する

・1期目で財政赤字を半減し、今後10年間で2兆ドルの歳出を削減する

・随意契約でのイラク関連の軍事費支出を撤廃し、防衛予算を改革する
[PR]

by deracine69 | 2009-02-25 11:25 | 北米・中南米  

「重層的同盟」構築確認=米大統領「日本は偉大なパートナー」-麻生首相と初会談

2月25日1時36分配信 時事通信

 【ワシントン24日時事】麻生太郎首相は24日午前(日本時間25日未明)、ホワイトハウスでオバマ米大統領と初めて会談した。両首脳は2国間にとどまらず、地球規模、地域的な課題にも協力する「重層的同盟関係」の構築を確認。世界的な経済危機に日米両国が協調して対処することで一致した。テロ撲滅に向けた対アフガニスタン支援や北朝鮮をめぐる問題でも緊密に連携していくことで合意したとみられる。

 1月に就任したオバマ大統領がホワイトハウスで外国の首脳と会うのは麻生首相が最初。会談の冒頭、大統領は「日米同盟は東アジアにおける安全保障の礎石で、わたしの政権が強化したいものだ。日本は気候変動からアフガニスタンの問題に至るまで、偉大なパートナーとなってきた」と表明。首相は「われわれは世界第1位、2位の経済大国だ。日米が手を携えて協力して(世界的な課題に)取り組まなければならない」と応じた。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-25 01:36 | 政治  

J・アップダイク氏死去=ウサギ4部作、世相巧みに描写-米

1月28日6時20分配信 時事通信

 【ニューヨーク27日時事】戦後米国の世相を巧みに作品に取り込み、ピュリツァー賞を2度受賞した米作家で詩人のジョン・アップダイク氏が27日、肺がんのため東部マサチューセッツ州ベバリーファームズのホスピスで死去した。76歳だった。同氏の作品の出版元が発表した。

 1932年ペンシルベニア州生まれ。ハーバード大卒業後、雑誌「ニューヨーカー」に書評などを寄稿。59年「プアハウス・フェア」で長編デビューし、60年に「走れウサギ」を発表して作家の地位を確立した。

 米中産階級の郊外生活と性衝動を主題にした作品で知られ、ある男性の生涯を時の風俗と重ねて描いた「走れウサギ」以降のウサギ4部作は高い評価を獲得。うち2作品がピュリツァー賞を受賞した。日本のファンも多く、84年の「イーストウィックの魔女たち」は映画化された。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-28 06:20 | 北米・中南米  

オバマ氏、就任直後の支持率68% ケネディに次ぐ高さ

2009年1月25日20時36分 朝日新聞

 【ワシントン=小村田義之】米民主党のオバマ大統領の就任直後の支持率が68%にのぼり、伝説的な人気を誇った民主党のジョン・F・ケネディ元大統領が就任時に記録した72%に次ぐ高支持となったことが、24日発表のギャラップ社の世論調査で明らかになった。

 調査は、大統領就任直後の21~23日、全米の1591人を対象に電話で実施。オバマ氏の支持率は68%で、不支持率は12%にとどまった。

 ただ、同じギャラップ社の今月9~11日の調査でオバマ氏が得た支持83%、不支持12%に比べると、支持率は下がっている。理由は明らかでないが、今回の調査では「どちらとも言えない」が21%にのぼっており、当面は政権運営の行方を見極めようとする姿勢がうかがえる。

 選挙で選ばれた大統領の就任直後の支持率としては、過去最高のケネディ氏には届かなかったものの、共和党のアイゼンハワー元大統領が記録した68%と同率で2位となった。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-25 20:36 | 北米・中南米  

ハマスを一方的に非難=市民の犠牲には「遺憾」-米大統領

2009/01/03-09:02 時事通信

 【ワシントン2日時事】ブッシュ米大統領は3日の週末ラジオ演説で、イスラム原理主義組織ハマスが実効支配するパレスチナ自治区ガザに対するイスラエル軍の空爆を取り上げ、「最近の暴力はハマスによって引き起こされた」とハマスを一方的に非難した。ホワイトハウスが2日、演説内容を公表した。今回の軍事行動をめぐって大統領が公の場で発言したのは初めて。

 ブッシュ大統領は、2007年6月にガザを制圧したハマスが恒常的に停戦を破り、イスラエル領内にロケット弾を撃ち込んでいたために、同国が軍事行動を起こしたと米国民に説明。「ハマスのテロリストたちは民間居住区に隠れ、無実の市民を危険にさらしている」と述べ、イスラエル擁護の立場を鮮明にした。ただ、空爆で市民に犠牲が出ていることには「遺憾」の意を表明した。

 その上で大統領は「米国は意味ある停戦の実現に向けた外交努力を主導している」とし、ハマスへの武器流入停止を監視するメカニズムを伴う停戦合意が必要だと強調した。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-03 09:02 | 中東  

「持続的停戦」へ努力=ハマスを非難-米国務長官

1月3日0時20分配信 時事通信

 【ワシントン2日時事】ライス米国務長官は2日、パレスチナ自治区ガザに対するイスラエルの軍事行動について、ブッシュ大統領に状況を説明した。その後、ライス長官は記者団に対し、米国は「長期的に持続可能な停戦」の実現へ努力していると述べ、アラブ、欧州の関係各国と精力的に協議していることを明らかにした。

 ライス長官はこの中で、イスラエルの軍事行動を容認する立場を重ねて表明。ガザを実効支配しているイスラム原理主義組織ハマスは「ガザをロケット弾の発射台に利用している」と述べ、ハマスの対イスラエル攻撃を非難した。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-03 00:20 | 中東  

事故時の船内の模様を公表=03年のシャトル空中分解-NASA

2008/12/31-14:33 時事通信

 【ワシントン31日時事】2003年2月1日、米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「コロンビア」が宇宙での任務からの帰還中、テキサス州上空で空中分解を起こし、乗り組んでいた宇宙飛行士7人が死亡した事故で、NASAの調査チームは30日、新たな調査報告書を公表し、事故時の船内の模様を明らかにした。機体が制御不能に陥った後の40秒間、乗組員は生存していたものの、その後の急激な船内の気圧低下で意識を失い、死亡したことが分かった。

 「コロンビア乗組員生存調査」と題された報告書は400ページに上る。コロンビアが大気圏に突入し、機体が制御不能に陥った際、乗組員の1人はヘルメットを着用していなかったほか、3人は防護手袋をはめていなかった。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-31 14:33 | 北米・中南米  

ジョブズ氏にまた健康不安説 アップルはコメントせず

2008年12月31日 10:11 USFL.COM

 ダウ・ジョーンズ通信は30日、CNBCテレビの報道として、電子機器大手アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)の健康状態が悪化しているとのうわさが米国のブログで取りざたされる一方、アップル側はコメントを控えていると伝えた。

 ダウ・ジョーンズによると、ジョブズ氏が来年1月にサンフランシスコで開かれる見本市への出席を見送ったのは、健康状態が急速に悪化したためだとの見方がブログで流れた。同氏は2004年に膵臓(すいぞう)がんを治療後、たびたび健康不安説が浮上している。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-12-31 10:11 | 北米・中南米  

イスラエル擁護の姿勢=ハマスに攻撃停止要求-米

12月30日8時4分配信 時事通信

 【ワシントン29日時事】ジョンドロー米国家安全保障会議(NSC)報道官(大統領副報道官)は29日、パレスチナ自治区ガザの情勢について、イスラム原理主義組織ハマスに攻撃停止と停戦受諾を求める一方、「イスラエルが自国を守る措置を取らなければならないのは理解している」と述べ、イスラエルを擁護する姿勢を示した。

 国務省当局者によると、ライス国務長官は欧州諸国や周辺のアラブ諸国などと活発な電話協議を行い、停戦実現のために影響力を行使するよう促している。しかし、イスラエル側に攻撃の自制を求めない立場を明確にしたことで、アラブ諸国の反発が一層高まりそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-30 08:04 | 中東