タグ:アルゼンチン ( 8 ) タグの人気記事

 

カストロ前議長の写真、2カ月ぶり公開

2009年1月24日22時46分 朝日新聞

f0013182_1391383.jpg 【ロサンゼルス=堀内隆】アルゼンチン大統領府は23日、キューバフィデル・カストロ国家評議会前議長(82)とアルゼンチンのフェルナンデス大統領が21日に会談した際の写真を公開した。カストロ氏の写真が出るのは、昨年11月の胡錦濤・中国国家主席との会談以来。

 写真でカストロ氏はフェルナンデス氏の腕につかまり、支えられるようにして立っている。キューバ政府は写真を公表していない。

 カストロ氏は22日、キューバのニュースサイトに掲載された論考で「私は元気だ」と書きながら「私が重篤になったり死んだりしても同志はおろおろしてはいけない」「オバマ米大統領の1期目が終わる4年後には、私は世の出来事について思索をめぐらすことはできなくなっているだろう」とした。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-24 22:46 | 北米・中南米  

アルゼンチン国債が急落、年金基金の国有化計画を懸念

10月23日9時41分配信 ロイター

 [ブエノスアイレス 22日 ロイター] アルゼンチンのフェルナンデス大統領が発表した民間年金基金の国有化計画を受け、22日の国内金融市場は混乱し、債務のデフォルトへの懸念が強まった。

 フェルナンデス大統領は21日、300億ドル規模の民間年金基金を国有化する法案を議会に提出する方針を明らかにした。

 大統領は同計画について、世界的な金融危機から年金を保護するものだと主張しているが、投資家の間では、来年に多額の債務返済を迫られる政府の苦し紛れの策との見方もある。

 法案は議会通過が見込まれ、国民の大半も歓迎するとみられている。

 大統領の計画発表後、同国のメルバル主要株価指数は18%近く下落し、国内の債券価格も平均10%下落した。

 政府が国有化を予定する10の投資ファンドは、同国最大規模の機関投資家。

 アルゼンチンのカントリー・リスクが高まるなか、米国とアルゼンチンのベンチマーク債の利回りスプレッドを表すJPモルガン・エマージング・マーケッツ・ボンド・インデックス(EMBI)は2000ベーシスポイント(bp)に急拡大した。

 年金基金の国有化は、来年調達が必要となる資金を政府に供給する一方、国債価格の急落は、同国経済の中長期的な健全性に対する市場の懐疑的な見方を反映している。

 あるアルゼンチンの銀行の最高財務責任者(CFO)は、年金基金の国有化は「2009年、および10年のデフォルト・リスクを引き下げるが、中長期的な見通しを立てるのは困難だ」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 09:41 | 経済・企業  

寒天で捨てられた生後直後の赤ちゃん、母イヌが温め命救う

2008.08.23 19:59 CNN

f0013182_22182095.jpg寒天の中、捨てられていた赤ちゃんを自分の子犬と共に温め、救った母イヌ(CNN) 南米アルゼンチンのラプラタ市郊外で寒天の中、捨てられていた赤ちゃんを子犬を産んだ母イヌが一緒に温めているのが見つかり、赤ちゃんを無事に保護したと、地元警察が22日報告した。

住民が20日夜、赤ちゃんの泣き声がすると警察に通報、発見し保護した。

診察した医師らによると、赤ちゃんは生後数時間と見られ、気温2.7℃の屋外では、母イヌが赤ちゃんを温めていなければ死んでいた可能性があるという。

母イヌは6匹の子犬と一緒に赤ちゃんの面倒を見ていた。警察によれば、赤ちゃんが捨てられていた場所から、母イヌが約50メートルほどの距離を口でくわえるなどして運んだとみられ、子犬と一緒に守っていたという。この母イヌが野良犬なのか飼われているのかは不明。

赤ちゃんには、すり傷とひっかき傷などがあったが、命に別状はない。赤ちゃんが保護された翌日、14歳の少女が母親と名乗り出たが、赤ちゃんを捨てた詳細などについては多くを語ろうとしていないという。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-23 19:59 | 社会  

<アルゼンチン氷河>異例、真冬の大崩落…温暖化が原因?

7月10日10時19分配信 毎日新聞

 【メキシコ市・庭田学】南米アルゼンチン南部にある世界遺産「氷河国立公園」のペリトモレノ氷河が9日、真冬にもかかわらず大崩落した。AP通信などが伝えた。この時期の氷河崩落のメカニズムは解明されておらず、地球温暖化が原因ではないかとの指摘も出ている。

 アーチ状になった高さ約60メートルの氷河が、湖の中に崩れ落ちた。今月4日、崩落の兆候が確認されていた。アーチ崩落は数年おきに夏の終わりごろ起き、最近では06年3月に確認された。明確な記録はないが、1917年と51年の冬にも同じ現象があったとされる。

 AP通信は、「崩落が早まったのではなく、遅れたのかもしれない」との専門家の見解を紹介。2週間前の降雨が影響した可能性も指摘した。

 氷河国立公園ではペリトモレノ氷河が最も有名。夏場には氷河の壁が豪快に崩落し、多くの観光客でにぎわう。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-10 10:19 | 社会  

チェ・ゲバラ最後の1年の日記に出版許可

2008年07月08日 18:50 AFPBB News

 【7月8日 AFP】ボリビア政府は7日、国内に保管されていたアルゼンチン生まれの革命家エルネスト・チェ・ゲバラ(Ernesto Che Guevara)の日記やノートの複写の出版を許可したと発表した。ボリビアで処刑されたチェ・ゲバラが、最後の1年である1966-67年につけた日記が含まれる。

 ボリビア政府は同日、日記などの原本を、保管していたラパス(La Paz)のボリビア中央銀行で公開した。(c)AFP
[PR]

by deracine69 | 2008-07-08 18:50 | 北米・中南米  

死去40年、ゲバラ人気衰えず キューバの英雄

10月4日11時10分配信 産経新聞

 キューバの国民的英雄、エルネスト・チェ・ゲバラが死亡してから、8日でちょうど40年となるが、ハバナの市街ではいまでも、ゲバラの肖像画が残されているなど、人気は衰えていないようだ。

 ゲバラはキューバ革命で主導的役割を果たした後の1967年、反政府ゲリラ活動を行ったボリビアで軍に処刑された。極秘のうちに埋葬された遺体は後年、頭蓋骨をはじめ全身が発見されたが、別の遺体と区別するため両手が切断されていた。8日の命日には、ボリビアのモラレス大統領も参加して記念式典が行われる予定だ。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 11:10 | 北米・中南米  

76年、アルゼンチンと秘密交渉

8月6日16時9分配信 産経新聞

 フォークランド紛争(1982年4~6月)の6年前に英国、アルゼンチン両政府が英領フォークランド諸島に、アルゼンチン軍の基地を建設する計画を極秘交渉していたことが英国立公文書館の公開文書で明らかになった。英BBC放送が伝えた。交渉が行われた76年はキャラハン労働党政権下で、当時の外相は「交渉が明るみに出ると批判にさらされるだろう」と危惧(きぐ)していた。(ロンドン 木村正人)
[PR]

by deracine69 | 2007-08-06 16:09 | ヨーロッパ  

アルゼンチン政府が「もっと豚肉食べよう」とキャンペーン

 [SAN ANDRES DE GILES(アルゼンチン) 27日 ロイター] ジューシーな牛肉のステーキが有名で、豚肉はあまり人気がないアルゼンチンで、牛肉価格の上昇でインフレ懸念が高まるなか、政府が国民にもっと豚肉を食べるよう勧めるキャンペーンを開始した。

More
[PR]

by deracine69 | 2006-04-28 13:00 | アジア・大洋州