タグ:イギリス ( 78 ) タグの人気記事

 

「英国経済は終わり」論争 ブラウン首相まで反論

2009年1月25日3時1分 朝日新聞

 【ロンドン=尾形聡彦】「英国は終わった。持っていた英通貨ポンドはすべて売ってしまった」。米国人の著名投資家ジム・ロジャーズ氏が最近こう発言したことに、ブラウン英首相までが反論し、英で議論になっている。

 ロジャーズ氏は、投資家ジョージ・ソロス氏とファンドを立ち上げた後、独立。最近は、原油価格の上昇や米投資銀行の抱える問題を、早くから指摘していたことで知られる。ロジャーズ氏は、英経済について「もう終わりだ。北海油田の原油は今後なくなっていき、金融街シティーもめちゃくちゃだ。英国は売るものが何もない。もう英国には投資しない」と発言した。

 これに対し、ブラウン首相は23日、「金もうけしようとしている投機家の言葉を気にしながら我々が政策運営をしていると思ったら、それは大きな、大きな間違いだ」と不快感をあらわにした。英金融大手「ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド」(RBS)の著名エコノミストも「(議論は)厳密さを欠いている」と公開書簡を出した。

 英国では、RBSが19日に最大280億ポンド(約3.4兆円)に上る損失を08年通期で計上する見通しを発表。英政府が、巨額の追加金融救済策を打ち出すなど混乱が続く。英ポンドも急落。23日には1ポンド=118円台をつけ史上最安値を更新した。

 ロジャーズ氏は昨年秋の朝日新聞のインタビューでも「今後数年でドルの価値は大きく失われる」と述べるなど、もともと歯にきぬ着せぬモノ言いで知られる。その発言に過剰とも言える反応をしているのは、誇りを傷つけられた怒りと同時に、先行きへの不安感の裏返しともいえそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-25 03:01 | ヨーロッパ  

ポンド下落、経済解決策の一部=いずれユーロ売りに振れる-英紙論説

2008/11/18-01:32 時事通信

 【ロンドン17日時事】英紙タイムズのアナトール・カレツキー論説委員(編集局次長)は17日付の論説コラム蘭で、現在のポンド下落は英国の経済問題解決策の一部とみなすべきだと強調。市場はいずれユーロ売り・ポンド買いに振れる可能性が十分あるとの見方を示した。

 同委員は先週末、野党保守党のオズボーン下院議員(影の財務相)がブラウン首相の借金財政リスクとそれに伴う「ポンド投げ売り(資金逃避)」の恐れを警告したことについて論じたもので、「政府借り入れは、ある通貨に関する投資判断でたった一つの考慮要因であるにすぎない。しかもそれは、日本政府の膨大な債務にもかかわらず円が強いことによって如実に示されているように、極めて小さな要因だ」と指摘。「現在のポンド下落は、英国の金融上の独立あるいは長期的な財政浪費に対する処罰だとして懸念されるどころか、英国の経済問題解決策の一部とみなすべきだ」と論じている。

 同記事の要旨は次の通り。

 1、英国では先週末、保守党のオズボーン影の財務相のいわゆる「ポンドに対するラン(投げ売り、資金逃避)」の恐れが突然取りざたされた。しかし、ブラックウェンズデー(1992年の欧州為替相場メカニズム=ERM=離脱)以降、ポンドの「弱さ」ないし「強さ」を英国経済をみる尺度と考えるほど愚かな英国の政治家もエコノミストもほとんどいない。

 1、また最近は、少数残存している欧州単一通貨ユーロ導入論者らが、英国はユーロを導入すべきだったと論じている。彼らは、導入していない現状では、影のユーロ参加国のように自国通貨ポンドを安定させるよう努め、ユーロ圏の金融・財政政策からあまりに逸脱しないよう努力すべきだと考えている。

 1、このユーロ導入派の代表格がウィレム・ビュイタ-教授だ。イングランド銀行(英中央銀行=BOE)金融政策委員会(MPC)の委員だったこともある。同教授によれば、先週のポンド下落は「3重の危機」、つまり通貨と銀行システムと政府財政ソルベンシー(支払い能力)の3つに対する信頼喪失の予兆である。それは英国をアイスランド型の崩壊に直面させるもので、ユーロ圏への参加を頑強に拒否していることへの代価を支払っているのだ、という。

 1、ビュイター教授の分析はオズボーン氏の発言よりも精緻であるのは言うまでもない。だが、それは同じような基本的な議論を土台にしている。すなわち、(1)英国はアイスランドと同様に「小さな国」で、ドルとかユーロといった「準備通貨」を利用する特権を持っていない(2)英国の銀行部門はアイスランドと同様に極めて大きいため、政府の銀行保証は英国の長期的な財政ソルベンシーを危機に陥れる-という議論である。

 1、わたしはこの議論は誤りとみており、政府や現在の中銀のMPC委員もそう考えていると思う。ビュイター教授の議論に対する反論材料は少なくないが、主要な材料は現代のペーパーマネーと変動相場制の世界で「準備通貨」というものは存在しない、ということだ。様々な通貨が取引され、他の資産と同じ方法で価値退蔵手段として使われるということにすぎない。

 1、投資家はドルであれ、ユーロであれ、円であれ、他の通貨を買わないでポンドなどの通貨を売ることはできない。これらの代替通貨の魅力は一連の要因、とりわけ当該国の資産利回り、インフレ見通し、所有権保護の度合、そして税・法制度に左右される。政府借り入れは、ある通貨に関する投資判断でたった一つの考慮要因であるにすぎない。しかもそれは、日本政府の膨大な債務にもかかわらず円が強いことによって如実に示されているように、極めて小さな要因である。

 1、つまるところ、現在のポンド下落は、英国の金融上の独立あるいは長期的な財政浪費に対する「処罰」として懸念されるどころか、英国の経済問題解決策の一部とみなすべきだということだ。BOEのキング総裁が先週の記者会見で明らかにしたように、英国は経済活動を復活させ、デフレを回避する必要があるばかりか、消費支出と住宅活動への依存を軽減するため経済を再構築する必要がある。外国資本流入に対する依存度を軽減することも有効だろう。

 1、これらの必要事項が意味するのは、英国の貿易構造を大きくシフトすることだ。すなわち、輸出が輸入を上回るか、あるいは残された貿易赤字が英国の不動産、企業、その他の資産に投資する外国人からの資本流入とマッチする状態にまで持っていくことだ。

 1、外国貿易と資本流入のこうしたシフトを達成する教科書的な方法は、金利を大胆に引き下げる(それは、急激だが一時的な通貨減価につながる)と同時に、消費需要を絞ることだ。これは、財務省によるポンドの安定ないし管理という古臭い政策が一気に放棄されたあとの90年代の英国で、非常に有効に働いた方法とまさに同一である。

 1、英国の金融政策の積極果敢な活用は、2つの明白な結論と、あまり明白でない1つの結論につながる。すなわち第1の明白な結論は、ポンドの「崩落」は中銀のMPCによる利下げ続行を妨げない、ということである。MPCの委員の大半はポンド下落を、金利低下などによる歓迎すべき副作用としてみている。第2の明白な結論は、現在の通貨ポンドの弱さは、英国のユーロ参加論議が再開されるどころか、独立した金融政策と変動相場制を堅持する決定が正しかったことを示すものとして受け止められるということだ。

 1、それほど明白でないのは、MPCが欧州中央銀行(ECB)よりもずっと先んじて金融緩和に動き、政府が減税によって景気を刺激する中で、ポンドが対ユーロで下落し続けるかどうかという点だ。ユーロ圏諸国は現在、深いリセッション(景気後退)にあり、ポンド相場は1995年に力強い景気回復のきっかけとなった安値に落ち込んでいる。それをみれば、市場の地合いはユーロ売り・ポンド買いに振れる可能性が十分ある。ユーロ圏の政策決定者たちが政策行動であまりに遅く、あまりにわずかしか動かないのに対し、英国でブラウン首相とMPCが経済回復の土台づくりを着々と行っている、と投資家たちが判断するにつれ、そうなる可能性があるだろう。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-18 01:32 | ヨーロッパ  

英、タクシン元首相のビザ取り消し

11月8日23時22分配信 産経新聞

 タイ外務省報道官は8日、英国政府がタクシン元首相夫妻に発給した入国査証(ビザ)を取り消したことを確認した。これによりタクシン首相は活動の拠点としていた英国に戻れないことになり、政治活動に影響が出そうだ。

 国外逃亡したタクシン夫妻は英国で生活していたが、現在は英国を離れており、フランス通信(AFP)によると、フィリピンに滞在しているとみられる。

 タクシン氏は先に夫人の土地取引に絡む汚職で有罪判決を受けている。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-08 23:22 | アジア・大洋州  

市橋容疑者は自殺?=女性講師殺害事件-英紙

2008/10/24-01:50 時事通信

 【ロンドン23日時事】千葉県市川市のマンションで昨年3月に英国人英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が殺害された事件で、英紙タイムズ(電子版)は23日、警察が市橋達也容疑者(29)=死体遺棄容疑で指名手配=が自殺したとほぼ断定したと報じた


捜査体制縮小「一切ない」=女性講師殺害事件-国家公安委員長
2008/10/24-10:55 時事通信

 千葉県市川市で昨年3月、英国人英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が殺害された事件で、死体遺棄容疑で指名手配されている市橋達也容疑者(29)について、日本の警察当局が自殺したとほぼ断定し、捜査規模も縮小すると英紙タイムズ(電子版)が報じたことについて、佐藤勉国家公安委員長は24日の閣議後会見で、「捜査体制縮小などの話は一切ない」と否定。自殺の断定も「全く聞いていない」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-24 01:50 | 社会  

ハロッズ経営者から聴取=少女暴行に関連―英警察

2008年10月22日23時53分 時事通信社

 【ロンドン22日AFP=時事】英国の各メディアは22日、高級百貨店ハロッズを経営するモハメド・アルファイド氏≪写真≫が16歳未満の少女に対する性的暴行容疑に関連して、警察の事情聴取を受けたと報じた。

 報道によると、事件が起きたのは5月。アルファイド氏は自ら警察署に赴き、聴取を受けたという。ロンドン警視庁は、ある男性が16歳未満の少女に対する暴行容疑に関して事情聴取を受けたとだけ発表した。

 アルファイド氏は参考人として呼ばれたのか、事件に直接かかわっていたのかは不明。〔AFP=時事〕
[PR]

by deracine69 | 2008-10-22 23:53 | ヨーロッパ  

米軍中尉に「UFO」撃墜命令=攻撃直前に機影消える-英公文書

2008/10/21-07:17 時事通信

 【ロンドン20日時事】英国防省は20日、1986年から92年までの未確認飛行物体(UFO)に関する公文書を公開した。この中に英国内の基地に駐留していた米空軍中尉が「UFOらしき謎の飛行物体の撃墜命令を受けた」と証言した文書があることが分かった。

 20日付英紙タイムズによると、この中尉は現在、米フロリダ州マイアミに住むミルトン・トレスさん(77)。トレスさんは、米ソ冷戦時の57年5月20日夜、英ケント州イーストアングリア地方上空に向け、緊急発進(スクランブル)を命じられた。

 レーダーには爆撃機ほどの大型の飛行物体が映し出されていた。ソ連機と判断され、ミサイル発射を命じられたが、発射前にレーダーから突如機影が消えたという。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-21 07:17 | ヨーロッパ  

マドンナさん、映画監督のガイ・リッチーさんと離婚へ

10月16日1時0分配信 読売新聞

 【ロンドン=森千春】米国出身でロンドン在住の人気歌手マドンナさん(50)は15日、代理人を通じて、夫の英国人映画監督ガイ・リッチーさん(40)と離婚することで合意したと発表した。

 離婚の理由は明らかにされていない。

 マドンナさんは2000年、リッチーさんとの間で男児をもうけた後、英スコットランドで結婚式を行い、ロンドンに定住。リッチーさん監督の映画「スウェプト・アウェイ」(2002年)で主演した。夫妻は06年、アフリカ南東部マラウイの男児を養子にとり、話題となった。

 リッチーさんは、犯罪映画「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」(1998年)のヒットで有名となった。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-16 01:00 | ヨーロッパ  

大麻は酒・タバコより害が少ない!? 大麻規制の見直しを、イギリスの研究財団が提起

2008年10月08日15時43分 PJ

 【PJ 2008年10月08日】- イギリスの研究財団であるBeckley Foundationが10月2日、大麻規制を見直すべきだとの報告書(Global Cannabis Commission Report)を発表した。報告書の要点は次の三点。

 1)薬学的観点からみて大麻が人体に与える害は、アルコールやタバコと比較して軽度である。

 2)大麻規制は、使用者の減少をもたらすものではない。むしろ、逮捕者の増加をもたらすことで、社会的な悪影響を増加させてしまう。

 3)現在、国際条約によって大麻規制が各国に求められているが、この条約を見直す必要がある。

 イギリスでは、2004年より大麻の個人使用は事実上適法となったが、ブラウン政権は大麻喫煙を再び摘発対象にするとの方針を発表している。だが、Beckley Foundationやイギリス政府が調査を委託するドラッグ諮問委員会(ACMD)は、相次いで大麻の有害性の低さを報告し、刑罰の再導入に異議を唱えてきた。

 就任当初から、決断力の低さを問題視されてきたブラウン首相は、青少年の教育や、ドラッグ問題への「強い」姿勢をアピールすることで、支持率の巻き返しをはかろうとしているとみられる。

 ブラウン首相によると、現在流通している大麻は「致死的」な成分を持つものであり、規制の必要があるとのことだが、これに対して、キングスカレッジの研究チームは、これを否定する調査を発表しており、いわば専門家と、世論にアピールする首相が対立する恰好となった。

 Beckley Foundationの報告書は、オックスフォード大学出版局から刊行される見通しだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-08 15:43 | 社会  

英国人が選んだ日本の音楽とは? 独特のソウルを発見

9月3日10時40分配信 産経新聞

 ■「ラフ・ガイド・トゥ・ザ・ミュージック・オブ・ジャパン」

 英国の音楽ジャーナリスト、ポール・フィッシャーさんが制作したオムニバスCD「ラフ・ガイド・トゥ・ザ・ミュージック・オブ・ジャパン」(リスペクトレコード)が面白い。

 「日本の音楽へのざっくりとした案内」とでも訳せるこのCDに収録されているのは、いまの日本ではやっている音楽とは一線を画したものがほとんど。フィッシャーさんにとって、日本にあふれるR&Bの影響を受けた楽曲は“クール”ではないらしい。

 「日本には『灯台もと暗し』という言葉があるでしょう。外国人だからこそ発見できる価値も多いと思います」

 フィッシャーさんは1962年、ロンドン生まれ。幼いころにキンクスとビートルズに出会い、以後プログレ、グラム、ディスコ、パンク、ニューウエーブと、一通りロックを体験したのち、18歳でワールドミュージックの魅力に取りつかれ、ついには自分でワールドミュージック専門のレコード会社を設立した。28歳のときに来日し、11年間を日本で過ごす。その間に1950年代以降のポピュラーミュージックにたっぷりと耳を傾け、日本独特のソウルが感じられる音楽に強く引かれるようになったという。

 「7年前に英国に戻ったんですが、無性に演歌が聴きたくなってね。ロンドンで聴く森進一はなかなかソウルフルでした」

 そうした経験をもとにフィッシャーさんが選んだのは雅楽、声明(しょうみょう)から都はるみ、渋さ知らズまで全18曲。選択の基準は「世界に通用する個性と創造性」という。

 「これは日本の民族音楽のCDではありません。日本のルーツに根ざしつつ、いまの時代ときちんと呼応した生きている音楽を選んだつもりです」

 自分たちの足下に、これほど多様で魅力的で力を持った音楽が存在していることに驚かされる。

 「でもね、ライセンスの関係で、重要なふたりのアーティストを収録できなかったのは残念だった」とフィッシャーさん。

 そのふたりとは、美空ひばりと細野晴臣だった。(桑原聡)

                   ◇

 【収録曲】
 (1)須賀道子「牛深ハイヤ節」
 (2)チャンチキ「やがえふ」
 (3)牧岡奈美「側家戸節」
 (4)平安隆「コザ恋歌」
 (5)オキ・ダブ・アイヌ・バンド「イースト・オブ・国後」
 (6)琉球アンダーグラウンド「Shinkaichi」
 (7)登川誠仁「安里屋ユンタ」
 (8)ソウル・フラワー・モノノケ・サミット「ああわからない」
 (9)生駒一「河内の竜」
(10)沢井忠夫「二つの変奏曲(さくらさくら)」
(11)宮内庁楽部「平調音取」
(12)天台声明と小馬崎達也&パンゲア「後唄」
(13)蓼胡津留「腹の立つときゃ」
(14)国本武春&ザ・ラストフロンティア「アパラチアン三味線」
(15)笠置シズ子「東京ブギウギ」
(16)都はるみ「夕日坂」
(17)あがた森魚「東京節」
(18)渋さ知らズ「悪漢」
[PR]

by deracine69 | 2008-09-03 10:40 | 社会  

謎の「iPhoneガール」=女性労働者の写真、ネットで話題に-中国

8月27日14時40分配信 時事通信

f0013182_1681675.jpg 【香港27日時事】米アップルの携帯電話「iPhone(アイフォーン)3G」を製造している中国人女性労働者の写真が手違いで外部に流出した後、インターネットで世界各地に広がり、「iPhoneガール」として話題になっている。

 27日付の香港各紙によると、英国のある男性がiPhone3Gを購入して起動したところ、中になぜか若い女性労働者の写真が保存されていた。

 男性は20日、写真をネットで公開。その後、この女性は中国の工場に勤務していることが分かり、ネット上で「中国で最もかわいい女性労働者」と呼ばれるようになって専門サイトが幾つも開設された。

 話題の女性は中国の電機メーカー、富士康科技集団の深セン工場(広東省)に勤務しているが、名前は公表されていない。同社は「従業員が機能チェックのため撮影した写真を消し忘れたのだろう」と説明している。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-27 14:40 | アジア・大洋州