タグ:イラク戦争 ( 47 ) タグの人気記事

 

海自艦発「船内郵便」レアで人気 業者が隊員に依頼

2008年11月16日3時1分 朝日新聞

f0013182_901040.jpg インド洋に派遣された海上自衛隊の派遣艦艇から出された「船内郵便」が切手商やコレクターの間で大量に出回り、高値で売買されている。隊員が業者らと接触し、船内郵便局から発送したものとみられる。本来は隊員と家族らをつなぐための通信手段。日本郵政は「郵便物の要件を備えていれば引き受けを拒めない」と頭を悩ませている。

 船内郵便局は、長期航海する船舶内に設けられる日本郵政の普通郵便局。海外任務の自衛艦のほか、南極観測船などにも開局され、日本の切手やはがきを使って国内と同料金で郵送できる。

 自衛艦の場合、日本郵政が派遣艦艇に委託する形で運営。「護衛艦くらま」なら、「KURAMA SEA POST」と艦名が入った日付印を派遣部隊が押す。

 91年、湾岸戦争で仕掛けられた機雷の除去のためペルシャ湾に派遣された掃海部隊の補給艦に設けられたのが最初。その際は「活動のPR効果もある」として、一般から船内郵便局あてに往復はがきなどを送れば押印して返送していた。しかし、給油活動にあたる01年からのインド洋派遣では、テロへの警戒から艦艇の行動を秘匿するため、寄港地も明かさず一般の受け付けを断ってきた。

 この「レア感」がマニア心を一層くすぐったようで、コレクターの間で「日本の軍事郵便」として人気を集めるようになった。インド洋活動にからむ郵便物はネットオークションなどで高値で売買され、ある東京都内の切手商のホームページでは、主に02~05年の日付が入ったものが1通4千円~5千円で売りに出されている。

 業界事情に詳しい関係者によると、東京や大阪の複数の切手商が取り扱っており、「1回の派遣ごとに数百枚単位で出回っているのではないか」という。

 「商品」入手のため、業者側は様々な手を使っているようだ。つてをたどって隊員にたどり着き、あらかじめあて名を書いた封筒やはがきを出航前に預ける。さらには、アラブ首長国連邦・ドバイ、インド・ムンバイといった予想される寄港先まではるか駆けつけ、陸に上がった隊員に頼んで郵便物を託す――。こんな手段をとっているという。

 事情通は「謝礼を受け取っている隊員もいるようだ」とも言う。都内のある切手商は「場所は言えないが、2度、寄港先に出向いて押印を頼んだことがある」と認める。

 海上幕僚監部は「出港間際、隊員の家族のもとに依頼に訪れるコレクターもいて、かねて困っていた。数年前、応じないよう注意しており、その後はあまり出回っていないのでは」という。日本郵政は「好ましいことではないので、防衛省側と相談して対応を考えたい」と話す。(編集委員・谷田邦一)
[PR]

by deracine69 | 2008-11-16 03:01 | 行政・公務員  

イラク: 韓国軍、来月撤収へ

2008年11月11日 朝日新聞

 韓国国防省は10日、イラクに派遣した韓国軍を12月20日までに撤収させると発表した。韓国軍は03年4月に派遣を開始。一時は米英に次ぐ3600人を送り、治安維持のほか、医療支援やインフラ整備などにあたった。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-11 06:00 | 中東  

米国、2011年末までの米軍撤退で合意=イラク首相

8月26日12時2分配信 ロイター

 [バグダッド 25日 ロイター] イラクのマリキ首相は25日、2011年末までに同国から米軍が撤退することで米国と合意したと述べた。だが米国は、最終合意には至っていないとしている。

 首相は、部族指導者らに対し「両国間で、2011年末までにイラク国内からすべての外国部隊を撤退させることで、合意が成立した。国際部隊の駐留を含む安全保障協定で、期限を設定しないということは容認できない」と述べた。

 イラク当局者らはこれまで、来年半ばまでに米軍によるイラク都市部や村落の巡回を終了し、2011年までに戦闘部隊が撤退するよう望むと表明。しかし米国は、全軍撤退の期日指定に難色を示した。

 イラク政府は、特に今年同国主導で行ったシーア派民兵掃討作戦が成功して以来、米軍撤退の期日設定を一段と強く求めている。現在イラクに駐留している米軍は、約14万4000人。

 ライス米国務長官は、先週バグダッドを訪問した際、合意は近づいているがまだ最終段階ではないと述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-26 12:02 | 中東  

<イラク>「米軍11年末まで撤退」で合意

8月22日23時58分配信 毎日新聞

 【カイロ高橋宗男】米軍が来年1月以降にイラクに駐留するための根拠となるイラク、米国間の地位協定交渉で、イラク側交渉責任者のムハンマド・ハジ・ハンムード氏は22日、両国が「米軍戦闘部隊の2011年末までの撤退」で合意したと述べた。AFP通信が伝えた。

 同氏によると、イラク駐留米軍の戦闘部隊は来年6月末までにバグダッドなどの都市部から撤収し、イラク全土からの撤退期限は11年末と設定している。

 ただ、同氏は「状況次第で11年末より早まることも、延期されることもあり得る」と説明しており、治安回復や復興の進展が米軍撤退の条件になっている模様だ。また、イラク治安部隊の訓練要員として相当数の米兵が11年末以降もイラクに残るとみられる。

 米国のライス国務長官は21日にバグダッドでイラクのジバリ外相と共同会見。「重要な進展があった」と述べ、合意が極めて近いとの認識を示していた。

 今後、イラク側が草案に正式合意するためには、各派指導者からの合意取り付けと連邦議会の承認が必要となる。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-22 23:58 | 中東  

イラク派遣部隊を引き揚げ=グルジア

8月9日1時22分配信 時事通信

 【モスクワ8日時事】タス通信によると、グルジアのサーカシビリ大統領は8日、南オセチア情勢緊迫を受けて、イラクに派遣しているグルジア軍部隊を9日に引き揚げると述べた。ロイター通信によれば、撤退規模は1000人。

 グルジアは昨年からイラクに約2000人の部隊を派遣していた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-09 01:22 | ヨーロッパ  

元WSJ記者と米政権が全面対決 イラク開戦前情報めぐり

8月6日18時54分配信 産経新聞

 【ワシントン=有元隆志】ブッシュ米政権は2003年3月のイラク戦争開始前に、イラク情報機関のトップからイラクに大量破壊兵器はないとの情報を得ていたにもかかわらず、戦争に突入した-。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の元記者が新著でこう主張したのに対し、ホワイトハウスや米中央情報局(CIA)の元当局者は全面否定し、波紋を広げている。

 著者はロン・サスキンド氏。CIAや英国の元当局者らの証言をもとにしている。それによると、03年初め、米英の情報機関当局者がイラクのタヒル・ジャリル・ハブッシュ情報部長官(当時)と何度か秘密会談をもった。同長官はイラクの核兵器開発計画は1991年の湾岸戦争後に終了し、生物兵器開発計画も中断したことを明らかにしたという。

 サスキンド氏はまた、ホワイトハウスがCIAに対し、イラクと国際テロ組織アルカーイダとの連携を示すCIA長官の署名入りの文書を捏造(ねつぞう)するよう指示していたとした。文書の内容は、2001年9月の米中枢同時テロの実行犯、モハメド・アタ容疑者がイラクで訓練を行ったというもので、文書の日付は同時テロ前の同年7月になっているという。

 これに対し、ホワイトハウスは「サスキンド氏は奇妙な陰謀説の世界に住むことを選んだようだ」と反発している。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-06 18:54 | 北米・中南米  

昨年の米陸軍自殺115人=90年以降最悪、4割が帰国後

5月30日12時2分配信 時事通信

 【ワシントン29日時事】米陸軍で昨年自殺した兵士は前年より約13%増の115人だったことが29日、分かった。1990年以降最悪という。米主要メディアが伝えた。

 イラクやアフガニスタンでの戦いが長期化し、兵士の心的外傷後ストレス障害(PTSD)が深刻化。米国防総省内では対策が緊急の課題となっている。

 陸軍の調査では、43%が帰国後に、24%が最初の派遣で自殺していた。自殺者には州兵と予備役も含まれている。また、935人が自殺を試みた。

Link:米帰還兵の妻殺し相次ぐ (2002年7月27日)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 12:02 | 北米・中南米  

「イラク特措法延長は困難」 自民・山崎拓氏

2008年05月25日21時32分 朝日新聞

 自民党の山崎拓外交調査会長は25日、東京都内の討論会で「イラク特別措置法の延長は難しいという話があるが、その通りだと思う」と語った。同特措法は自衛隊をイラクに派遣する根拠法で、来年7月末に期限切れを迎える。山崎氏は討論会後、記者団に多国籍軍のイラク駐留根拠となる国連決議の期限が年内に切れることを念頭に「(自衛隊の活動継続のため)イラクと地位協定を結び直す必要があるが、このこと自体が難しい。仮にできたとしても、国会情勢を考えると延長は極めて困難だ」と説明した。

 来年1月に期限が切れるインド洋で給油活動をするための補給支援特措法については、政府・与党は秋の臨時国会で延長する方針。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-25 21:32 | 政治  

<イラン>「モスク爆発は米英とつながりのあるテロ」情報相

5月9日0時43分配信 毎日新聞

 イランのモホセニエジェイ情報相は7日、イラン南部シラーズのモスク(イスラム礼拝所)で4月半ばに起きた大規模な爆発について、「米英とつながりのあるテログループの犯行」と断定、国外逃亡を企てた主犯格を含む5~6人を逮捕したと述べた。イラン学生通信が伝えた。

 爆発では14人が死亡、約200人が負傷した。【テヘラン支局】
[PR]

by deracine69 | 2008-05-09 00:43 | 中東  

日本も攻撃対象 アルカイダ幹部

2008/04/22 20:22 共同通信

 【クウェート市22日共同】国際テロ組織アルカイダは22日、同組織のナンバー2、ザワヒリ容疑者名の音声による声明をウェブサイトで公表して共同通信などの書面での質問に回答し、日本が陸上自衛隊をイラク南部サマワに派遣したことは「十字軍のための宣伝の一環」だったと批判。日本は欧米など「十字軍」の一員だと指摘し、日本も攻撃対象であることを強調した。

 アルカイダ幹部が日本メディアの質問に応じるのは極めて異例。アルカイダは昨年12月、ウェブサイトでザワヒリ容疑者あての質問を公募。共同通信は「陸自のサマワ派遣は人道復興支援が目的だが、それでも日本を(テロの)標的と見なすのか」など3項目の質問をサイトで提示した。

 声明は、陸自派遣は「いわゆる支援活動」だったが、米軍などによる「イラク侵略」に付随し、これを正当化する宣伝だと指摘。日本の平和憲法に言及し「日本が武力を放棄したなら、なぜ十字軍の旗の下で(イラクに)軍隊を派遣したのか」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-22 20:22 | 社会