タグ:インド ( 45 ) タグの人気記事

 

インド同時テロ、「5000人殺害が目標だった」と当局者

11月30日13時0分配信 CNN.co.jp

ムンバイ(CNN) インド西部の商業都市ムンバイで起きた同時テロについて、マハラシュトラ州の当局者は29日の記者会見で、これまでの捜査結果に基き、犯行グループが5000人の殺害を計画していたと述べた。

市内9カ所の現場では少なくとも183人の死亡が確認され、AP通信は死者数を195人と伝えた。捜査当局は犯行グループの一部が逃走し、ムンバイ市内に潜伏しているか調べを進めている。

当局者はまた、拘束された犯人の1人がパキスタン人だったと述べ、事件とパキスタンのつながりを指摘。パキスタンのザルダリ大統領は、捜査に全面協力する方針を表明し、事件に関与したテロリストが実際にパキスタン人であった場合は「最も厳しい措置を取る」と明言した。同国のクレシ外相も同様の姿勢を表明し、犯行グループがパキスタン人である証拠をインド側が入手している場合は提示するべきだとコメントした。

CNN-IBNによると、捜査官らはムンバイ沖で漂流していた船舶から、複数の携帯電話と、ナビゲーション機器1台を発見。通信記録によると、携帯電話の通話先はパキスタンだった。船舶は乗っ取られており、船長は船内から遺体で発見され、乗組員4人は行方不明。

ブッシュ米大統領は事件の犠牲者に哀悼の意を表明するとともに、インドが多民族民主主義国家としてこの試練に耐えるだろうと述べ、テロとの戦いでインド政府と国民を支持する意向を示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-30 13:00 | アジア・大洋州  

ムンバイ同時テロで101人死亡200人超負傷 高級ホテルで立て籠もり

11月27日13時17分配信 産経新聞

 【シンガポール=宮野弘之】インド西部の中心都市ムンバイ中心部で26日夜、ライフルや手投げ弾を持った武装集団が駅や高級ホテルなど十数カ所を一斉に襲撃する同時テロが発生し、ロイター通信によると、銃撃や爆発でこれまでに日本人ら外国人6人を含む101人が死亡した。負傷者は200人から350人に上っている。死亡した日本人は1人で、三井丸紅液化ガス関東支店課長、津田尚志さん(38)。同社東北支店長の結束達也さん(44)もかすり傷を負ったが、命に別条はない。犯行グループは、特に英米人を標的に襲撃したとみられる。

 PTI通信などによると、武装集団は、タージマハルホテルやオベロイホテルで外国人を含む人質をとって立てこもった。タージマハルホテルでは数人~45人が捕らえられているもよう。インドの治安部隊がホテルを包囲し、時折激しい銃撃戦が展開される中、同ホテルでは火災が発生し、被害者はさらに増える可能性もある。現場周辺には27日朝、外出禁止令が出された。

 犯行について、「デカン・ムジャヒディン」を名乗る組織が各メディアに犯行声明を電子メールで送った。イスラム過激派とみられるが、これまで同組織の名前は知られておらず、背後関係などは不明だ。

 タージマハルホテルから逃れた宿泊客は英BBC放送に対し、「犯人は米国と英国のパスポートを持っている客を探していた」と話した。犯人らはジーンズとTシャツを着た若者だった。

 最初の襲撃は26日午後10時半すぎ、ムンバイの主要駅であるチャトラパティ・シバジ駅構内に、AK-47ライフルなどを持った数人の男が乗降客に向かって無差別に発砲、さらに手投げ弾を爆発させ、少なくとも10人が死亡した。高級ホテルのトライデントホテルも襲撃を受け、病院やタクシーでも爆発があった。

 また、地元テレビによると、犯行グループは計26人で、このうち4人が警察に射殺され、9人が拘束された。犯行前、インド政府に対し、「イスラム教徒が不当に扱われている」などとする電子メールを送りつけていた。

 ムンバイはインド有数の金融・商業都市で、海外からのビジネス客も多い。人質の中には欧州議会のメンバーも含まれているとみられる。ムンバイでは2006年7月、列車7本の客車内で同時爆弾テロが発生し、約200人が死亡した。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-27 13:17 | アジア・大洋州  

インドで同時テロ、死者101人…銃撃で邦人2人死傷

11月27日5時13分配信 読売新聞

 【ニューデリー=永田和男】インド西部の商都ムンバイで26日夜(日本時間27日未明)、高級ホテルや病院、鉄道駅など計10か所前後がほぼ同時に、銃撃や爆弾によるテロ攻撃を受け、ロイター通信によると、27日午前までに計101人が死亡、280人以上が負傷した。

 日本政府関係者によると、日本人男性2人が銃撃に巻き込まれ、うち1人が死亡した。三井丸紅液化ガス(本社・東京)企画室によると、死亡したのは、同社関東支店課長の津田尚志(ひさし)さん(38)。市内のトライデントホテルで、脇腹や脚などを銃撃された。同行していた東北支店長の結束(けっそく)達也さん(44)もかすり傷を負ったという。

 インドのPTI通信によると、最初の襲撃は市南部のレストランで午後9時半(日本時間27日午前1時)ごろ発生し、続いてホテルや病院などが襲われた。犯行グループは、自動小銃「AK-47」や手投げ弾を持っているのが目撃されている。

 犯行グループは「タージマハール」「トライデント」の両ホテルや市内の病院で人質を取り、立てこもっている。目撃者が地元テレビに語ったところによると、犯行グループは、ホテルで米国や英国の旅券を持った宿泊客を探していたという。欧米人が人質になっている模様だ。インド軍部隊が突入作戦を試みたが、ムンバイの象徴的建物の一つとされるタージマハールホテルでは、少なくとも6回の爆発が起こり、上層階が炎上した。マハラシュトラ州の首相は、ロイター通信に対し、両ホテルでは「(犯行グループを)まだ、制圧できていない」と語った。

 PTIによると、「デカン・ムジャヒディン(聖戦士)」を名乗る、これまで無名の組織が犯行声明を出しており、イスラム過激派の犯行の可能性もあるが、目的など詳細は不明。米CNNは、警察当局が犯行グループの9人を射殺し、9人を拘束したと伝えた。

 インド国内各都市ではここ数年、爆弾テロが頻発しており、ムンバイでも2006年7月、列車爆破テロで200人近くが死亡している。また東部から南部にかけて農村部では、左派過激派「共産党毛沢東主義派」による村落襲撃事件も頻発し、社会不安が広がっているが、銃撃を伴う大規模テロが大都市で起きるのは極めて異例だ。

 一方、三井丸紅液化ガスによると、死亡した津田さんは、結束さんと取引先の計7人でインド視察旅行中だった。同社には27日未明、「津田さんが日本時間の午前1時過ぎ、宿泊先のムンバイ市内のホテルのロビーで銃撃された」との連絡が入ったという。一行は、26日にムンバイに到着。インドのガスのプラントの情報を集めたり、経済成長を視察したりするためにムンバイやデリーなどを回る予定だった。12月2日に帰国予定だったという。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-27 05:13 | アジア・大洋州  

世界の人口67億人超 22年にはインドが世界一?

2008年11月12日23時3分 朝日新聞

f0013182_1261674.jpg 国連人口基金(UNFPA)は12日、08年世界人口白書を発表した。世界人口は67億4970万人で、昨年よりも1億3380万人、5年前に比べると4億4820万人増えている。

 人口が最も多い国は中国で13億3630万人、インドが11億8620万人で続く。5年前と比べ、それぞれ3210万人、1億2070万人の増加だ。05~10年の年平均増加率は中国が0.6%、インドが1.5%となっている。このままのペースで両国の人口が増加し続けるとして単純に計算すると、22年にはインドが中国を追い抜いて世界1位になるとみられる。

 地域別の05~10年の年平均増加率は、アフリカが2.3%と高く、中南米は1.2%、アジアは1.1%だった。欧州は0%と横ばい。世界の人口の増加は今後も止まらず、50年には91億9130万人に達すると、白書は予測している。

 一方、日本の人口は1億2790万人で、5年前と比べてほぼ変わっていないが、50年には1億250万人と減少を見込んでいる。米国や英国、フランスなど多くの先進国では、人口は増加する見込みだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-12 23:03 | 社会  

韓国、タイ、インド… アジア通貨危機再来するのか

9月12日11時25分配信 J-CASTニュース

 韓国やタイ、インドなどアジアの新興国通貨が対ドルで大幅に下落している。原油など資源・穀物高によるインフレや貿易赤字の拡大を嫌い、海外投資家の資金引き揚げ懸念が広がったためだ。各国の当局は市場介入で自国通貨の買い支えに必死だが、下落基調に歯止めはかかっていない。

■背景にあるのは資源・穀物価格の高騰

 韓国ウォンは2008年9月初旬、対ドルで2004年10月以来4年ぶりの安値をつけた。4月1日時点に比べると対ドルで約15%も下落した。タイ・バーツとインド・ルピーはともに4月1日に比べて対ドルで約10%下落した。バーツは約1年ぶり、ルピーは約1年半ぶりの安値。マレーシア・リンギやフィリピン・ペソも下落している。

 背景にあるのは資源・穀物価格の高騰だ。韓国では7月の消費者物価の前年比上昇率が5.9%と10年ぶりの高水準となった。資源・穀物の輸入価格の上昇と米欧などの景気減速に伴う輸出鈍化で、貿易収支は1月から赤字に転落した。タイやインドなどもインフレに見舞われている。

 新興国の高成長を見込んで、株や不動産に投資していた海外ファンドが、インフレによる通貨価値の目減りを嫌って、資金を引き揚げる動きが始まっている。米金融不安に伴って、ファンド勢がリスク回避志向を強めていることも資金引き揚げの要因だ。

 新興国にとっては、自国通貨が下落すると輸入物価の上昇に拍車をかけ、インフレが一段と悪化して、海外資金の流出を加速するという悪循環に陥りかねない。各国の当局は危機感を募らせ、ドルを売って自国通貨を買う市場介入に乗り出している。

■韓国では「9月危機説」が流れる

 韓国は外国人が保有する国債約67億ドル(約7200億円)の償還が9月に集中するため、「9月危機説」が流れ、ウォンは8月に下げ足を速めた。これに対抗するため、当局は大量のウォン買い介入を実施したとされる。李明博政権は輸出振興のためウォン安政策をとってきたが、インフレ抑止に転換した。

 タイはサマック政権の退陣を求める市民団体と政権支持派の衝突で非常事態宣言が出されるなど、政情不安もバーツ売りを招いている。当局は介入でバーツを支えている模様。インドやフィリピンも自国通貨防衛の介入に踏み切ったと伝えられる。ただ、相次ぐ介入も十分な効果を発揮していないようだ。

 韓国やタイなどは97~98年、海外の投資資金引き揚げで自国通貨が暴落した「アジア通貨危機」に襲われた。今回は「新興国の外貨準備高は10年前よりはるかに多い。輸出も伸びは鈍化しているが、マイナスにはなっていないので、通貨危機の再燃の恐れは小さい」との見方が強い。とはいえ、インフレ収束にめどは立っておらず、当面は神経質な相場が続きそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-12 11:25 | アジア・大洋州  

インドの核を特別扱い、米が輸出規制指針の改定案提示

8月15日1時5分配信 読売新聞

 【ウィーン=石黒穣】米政府は、米印原子力協力協定発効に向け、原子力供給国グループ(NSG)輸出規制指針の改定案をまとめ、日本などNSG加盟45か国に提示した。

 核拡散防止条約(NPT)未加盟のまま核開発を続けるインドに対し、原子力技術や核燃料などの輸出を解禁するのが狙い。

 NSG加盟国には、輸出解禁にあたり、インドに拘束力のある核実験停止などの新条件を求める意見があるが、改定案はインドの特例扱いを無条件で認める内容となっている。

 改定案は、21、22の両日当地で開かれるNSG総会で協議される。現行の指針は、原子力関連品目の輸入国に対し、全核施設で国際原子力機関(IAEA)の監視を受け入れ、核兵器を開発していないことを証明する義務を明記しているが、改定案は「条文にとらわれず、加盟国は原子力品目をインドに移転できる」と、インドの特例扱いを明記。さらに将来の再改定に際し、「インドを協議へ参加させる」と規定、事実上の拒否権まで与えている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-15 01:05 | 北米・中南米  

<代理出産>元妻「同意していなかった」 インド女児問題 

8月10日3時21分配信 毎日新聞

 日本人の男性医師がインドで代理出産を依頼し生まれた女児が日本に帰国できなくなっている問題で、男性医師の元妻が毎日新聞の取材に応じ「代理出産に同意していなかった」などと話した。 元妻によると、インドで代理出産の書類に署名させられたが、読む時間を与えられないまま署名を迫られ、後で同意書と知らされた。その後、子供が医師と自分との子であるよう装う出生証明書の偽装のため再渡航を求められたが断ったという。元妻は離婚の際「代理出産は私の意思とは無関係」と男性医師に書面で誓約させたと話している。【石原聖】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-10 03:21 | 社会  

銀行の金庫から大量の偽札発見、職員が関与か-インド

2008-08-08 12:00 Web-Tab

 【ラクノー 8月5日 IANS】インド北部ウッタルプラデシュ州で4日夜、インドステイト銀行の金庫から計200万ルピー(約500万円)の偽札が発見された―インドステイト銀行はインド最大の商業銀行。

 偽札が見つかったのは、ネパールとの国境に近いウッタルプラデシュ州Domariyaganjにある支店。インド準備銀行(中央銀行)職員の立ち会いのもとに警察当局が行った強制捜査の際に発見されたという。

 銀行関係者らによると、発見されたのは1000ルピー(約2600円)紙幣の偽札20束。すべて同一の記号と番号「5 CK 756601」が印字されていたという。

 地域の全支店で流通する紙幣が保管されているこの金庫。今回の捜査では約700万ルピー(約1800万円)分の紙幣が紛失していることも判明した。

 警察当局のBrij Lal氏は「銀行職員が関与したことは明らか。秘密裏に本物の紙幣を偽札と交換していたようだ」と語る。同氏によると、「偽札を市場に流通させるため、政府系金融機関が組織的に悪用された初のケース」だという。

 Domariyaganjでは先週、大量の偽札が発見され、容疑者4人が逮捕されていた。容疑者らの供述により、インドステイト銀行の職員Sudhakar Tripathi容疑者の名前が浮上。同容疑者の自宅からは70万ルピー(約180万円)の現金が発見されている。うち5000ルピー(約1万3000円)が偽札だったという。

 警察はTripathi容疑者を逮捕、同容疑者が勤務していた同銀行支店に対する強制捜査に踏み切った。

 同支店のマネジャーであるDashrath Chirgainya氏によると、金庫には約18億4000万ルピー(約47億8400万円)が保管されており、地域一帯の支店などに紙幣を供給していたという。

 翌5日早朝まで続いたという偽札の調査。警察当局では、偽札はネパールから持ち込まれているものと見ており、国境に近い各銀行の支店を中心とした金庫の調査実施をインド準備銀行に要請している。調査の進展により、さらに多くの偽札が発見されるとの見方も出ている。(c)IANS
[PR]

by deracine69 | 2008-08-08 12:00 | アジア・大洋州  

クライスラー、タタなどと提携か 米以外での事業拡大図る

2008/07/31 08:31 共同通信

 【ニューヨーク30日共同】経営が悪化している米自動車大手クライスラーがインドの大手タタ自動車やイタリアの同業大手フィアットと、事業提携の交渉を進めている、と30日のロイター通信が報じた。関係者の話として伝えた。

 主力の北米市場での低迷が深刻化しているクライスラーは、提携を通じて米国以外の市場での事業拡大を図る。

 タタにはスポーツタイプ多目的車(SUV)の「ジープ・ラングラー」を供給し、インドやほかのアジア市場で販売する方向で協力。フィアットには北米で減産しているクライスラーの余剰生産施設を提供するほか、米国でのフィアット車の販売も支援する方針。

 2007年に投資ファンド、サーベラス傘下となったクライスラーは販売低迷で資金繰りの悪化も懸念されており、海外販売の拡大や北米生産施設の賃貸料などによる資金の確保も目指す。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-31 08:31 | 経済・企業  

インドでまた連続テロ、12人死亡=爆発15件、30人負傷-西部拠点都市

7月27日0時19分配信 時事通信

 【ニューデリー26日時事】インドのPTI通信によると、同国西部グジャラート州の拠点都市アーメダバードで26日、15件の爆発がほぼ連続して発生し、12人が死亡、30人が負傷した。警察は仕掛け爆弾による連続テロとみて調べている。

 爆発は商店街などで発生、テレビ映像には大破したバスが映し出された。インドでは25日、南部のIT(情報技術)集積都市バンガロールが連続爆弾テロに見舞われ、2人が死亡したばかり。連邦政府は26日夜までに首都ニューデリーなど全国の主要都市を厳戒態勢下に置いた。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-27 00:19 | アジア・大洋州