タグ:ウガンダ ( 2 ) タグの人気記事

 

3つの宗教が生み出すウガンダ発「平和の味」

8月13日13時50分配信 COURRiER Japon + hitomedia

コーヒー豆はウガンダの主要な輸出品。だが、その大半は家族経営の小さな農園で生産されており、農家が手にする収益は、最終的な販売価格のほんの一部でしかない。

99年に国際的にコーヒー豆が生産過剰になり、価格が暴落した際、ウガンダ東部のムバレ県で、ユダヤ人コミュニティのリーダー、J・J・ケキが、事態の打開に向けて動いた。彼は、ユダヤ人やキリスト教徒、イスラム教徒が暮らすこの地域のコーヒー豆生産者の家を一軒一軒訪ね歩いて、協同組合の設立を呼びかけたのだ。

その結果、04年に3つの異なる宗教の信者たちが協力して、ウガンダ初のコーヒー生産者組合「ミレンベ・カウォメラ」(美味なる平和、の意)が誕生した。組合に加盟しているのは578家族。そのロゴには3つの宗教を象徴して、十字架と三日月、そしてダビデの星が描かれており、コーヒーは現在、フェアトレード商品として北米に出荷されている。

この組合のコーヒー畑は、エルゴン山のふもとに広がっている。そこには約2万5000人の住民がおり、25のモスクと22の教会、そして2つのシナゴーグ(ユダヤ人教会)がある。

「対立は無意味だ」

組合には、まだ精製機が8台しかないが、見通しは明るく、将来的には年間34トンの出荷を目指している。

組合の副理事長、カバラ・ステファン(68)はキリスト教徒だが、自分の子供たちが異なる信仰の隣人と結婚しても、全く問題はないという。「皆、同じ神によって創造された同じ人間。対立は無意味だ」と彼は語る。

組合の創設者、J・J・ケキは、ウガンダ初のグラミー賞候補になったミュージシャンでもある。彼はこう話す。

「私たちは、お互いを引き裂くものではなく、結びつけるものを大切にしているんだ。私たちのコーヒーを飲んだ人は、甘い平和の味で満たされるだろう」

エル・パイス(スペイン)より。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-13 13:50 | アフリカ  

アミン元大統領の息子、集団暴行に関与で禁固刑 英国

2007.08.04
Web posted at: 13:58 JST
- CNN/AP

ロンドン――英検察当局は3日、アフリカ中部ウガンダのイディ・アミン元大統領の息子、ファイサル・ワンギタ被告(25)が男性1人が死亡した集団暴行に関与したとして禁固5年の判決を受けたことを明らかにした。1979年に反政府勢力の蜂起で失脚したアミン元大統領は、反体制派の大量粛清など残忍な独裁政治で知られる。

英検察によると、同被告は2006年1月、ロンドン北部の路上でソマリアの十代少年を襲撃、殺害したギャング団40人に加わっていた。犯行の模様は監視カメラに収められていた。被告は道路に横たわった被害者を蹴(け)りつけていたという。

事件では13人が有罪判決を受けている。ワンギタ被告は集団暴行の謀議などの罪に問われた。被告は公式書類でウガンダ生まれとなっているが、警察の取り調べにサウジアラビアで生まれたと主張している。

元大統領はウガンダの軍参謀総長時代の1971年、当時のオボテ大統領の外遊中にクーデターを起こし大統領に就任。強権政治に傾斜し、約30万人の反体制派がアミン政権下で虐殺され、遺体がナイル川に流されたとも伝えられている。79年、反アミン派のウガンダ民族解放戦線によって失脚し、リビア、イラク経由でサウジに亡命、2003年8月に同国で病死している。

公式な妻7人をもち、子供は40人とされている。ワンギタ被告の母親の詳細は不明。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-04 13:58 | ヨーロッパ