タグ:オバマ政権 ( 18 ) タグの人気記事

 

日米首脳会談:共同会見空振り、米メディアも反応冷ややか

2009年2月25日15時36分 毎日新聞

 【ワシントン及川正也、川上克己】オバマ米大統領と麻生太郎首相との24日の首脳会談は予定を約20分超過して約1時間20分に及び、「世界経済危機などで突っ込んだ意見交換」(ギブス大統領報道官)の場となった。だが共同記者会見や昼食会は行われず、日米関係の親密さや重要性を世界に発信するにはアピール不足だった。

 会談の冒頭、オバマ大統領は日本を「偉大なパートナー」と持ち上げ、初の賓客に日本を招いた意義を強調した。だがCNNテレビが「1時間の会談のために1万1000キロの長旅」と皮肉るなど、米メディアの反応は冷ややか。関心は同夜のオバマ大統領の初の議会演説に注がれ、首脳会談はかき消された。

 外務省関係者によると、日本側は会談後に両首脳による共同記者会見を打診。麻生首相の政権浮揚につながるとの思惑などからだが、空振りに終わった。大統領との昼食会も議会演説を控えた「繁忙なスケジュール」(米側)に押され、かなわなかった。

 07年4月に大統領別荘に招かれた安倍晋三元首相の訪米では共同記者会見と昼食会が開催された。07年11月に福田康夫前首相がホワイトハウスを訪問した際は、質疑なしの共同声明発表だったが、昼食会は用意された。

 共同会見に代わって会談の冒頭部分が日米メディアに公開された。しかし麻生首相の英語が聞き取りにくかったのか、ホワイトハウスが公式に発表した発言録で「聴取不可」とされた個所もあった。

 首脳会談終了後には、カメラ記者に対応する時間が設けられた。しかし両首脳とも一言も発しないまま。カメラの前でオバマ大統領は麻生首相と肩を組むと、首相に小声で何事かささやいただけで、執務室を後にした。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-25 15:36 | 政治  

<オバマ大統領>米国再生に国民の団結を強調 議会演説で

2月25日11時25分配信 毎日新聞

 【ワシントン小松健一】オバマ米大統領は24日午後9時(日本時間25日午前11時)、連邦議会の上下両院合同会議で就任後初の議会向け演説を行った。大統領は経済危機に直面している米国の再生に向け、「持続的な繁栄の新しい礎を築くため、今こそ大胆かつ賢明に行動すべき時だ」と強調。理念や価値観の違いを乗り越えた国民の団結を呼びかけた。また、7870億ドルの景気対策法を巡り野党・共和党との対立が鮮明になったことを受け、「米国民は我々が共通の基盤を築くことを期待している」と超党派の協力を改めて要請した。

 今年1月に就任したオバマ大統領にとって今回の議会演説は、政治、外交、経済などの基本政策方針を説明する一般教書演説に代わるものだが、経済危機への取り組みが中心テーマとなった。

 オバマ大統領は、市場の健全性を犠牲にして短期的利益を優先させてきた米経済が今の危機を招いたとの認識を示し、「最後の審判の日が来た。我々は将来に責任を取らなければならない」と指摘。従来の議論にとらわれない発想が必要との考えを訴えた。

 大統領はその上で、雇用創出を行い、エネルギーや医療、教育への投資で競争力を再生させることが「新たな米国の世紀」をもたらす上で必要と指摘。景気対策法などの経済政策がこうした視点に立っていることを強調した。

 また、オバマ政権の経済政策を巡り政府の役割が過大になるとの批判が出て、国家観の対立も生まれている点について、オバマ大統領は「政府には繁栄の礎を築く役割はない、との見解は受け入れられない」と述べた。

 ◆オバマ米大統領の議会演説骨子◆

・未来に対する責任を果たし、永続的繁栄の基礎を築く

・エネルギーや医療、教育分野への投資を拡大する

・石油への依存、高額の医療費、巨額債務などに対処する

・1期目で財政赤字を半減し、今後10年間で2兆ドルの歳出を削減する

・随意契約でのイラク関連の軍事費支出を撤廃し、防衛予算を改革する
[PR]

by deracine69 | 2009-02-25 11:25 | 北米・中南米  

「重層的同盟」構築確認=米大統領「日本は偉大なパートナー」-麻生首相と初会談

2月25日1時36分配信 時事通信

 【ワシントン24日時事】麻生太郎首相は24日午前(日本時間25日未明)、ホワイトハウスでオバマ米大統領と初めて会談した。両首脳は2国間にとどまらず、地球規模、地域的な課題にも協力する「重層的同盟関係」の構築を確認。世界的な経済危機に日米両国が協調して対処することで一致した。テロ撲滅に向けた対アフガニスタン支援や北朝鮮をめぐる問題でも緊密に連携していくことで合意したとみられる。

 1月に就任したオバマ大統領がホワイトハウスで外国の首脳と会うのは麻生首相が最初。会談の冒頭、大統領は「日米同盟は東アジアにおける安全保障の礎石で、わたしの政権が強化したいものだ。日本は気候変動からアフガニスタンの問題に至るまで、偉大なパートナーとなってきた」と表明。首相は「われわれは世界第1位、2位の経済大国だ。日米が手を携えて協力して(世界的な課題に)取り組まなければならない」と応じた。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-25 01:36 | 政治  

オバマ氏、就任直後の支持率68% ケネディに次ぐ高さ

2009年1月25日20時36分 朝日新聞

 【ワシントン=小村田義之】米民主党のオバマ大統領の就任直後の支持率が68%にのぼり、伝説的な人気を誇った民主党のジョン・F・ケネディ元大統領が就任時に記録した72%に次ぐ高支持となったことが、24日発表のギャラップ社の世論調査で明らかになった。

 調査は、大統領就任直後の21~23日、全米の1591人を対象に電話で実施。オバマ氏の支持率は68%で、不支持率は12%にとどまった。

 ただ、同じギャラップ社の今月9~11日の調査でオバマ氏が得た支持83%、不支持12%に比べると、支持率は下がっている。理由は明らかでないが、今回の調査では「どちらとも言えない」が21%にのぼっており、当面は政権運営の行方を見極めようとする姿勢がうかがえる。

 選挙で選ばれた大統領の就任直後の支持率としては、過去最高のケネディ氏には届かなかったものの、共和党のアイゼンハワー元大統領が記録した68%と同率で2位となった。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-25 20:36 | 北米・中南米  

オバマ次期米大統領、温暖化で国際協力に積極姿勢

11月19日12時35分配信 読売新聞

 【ワシントン=貞広貴志】オバマ次期米大統領は18日、カリフォルニア州で開かれた地球温暖化に関する知事会議にビデオ・メッセージを寄せ、「私が大統領になったら交渉に積極参加し、温暖化を巡る新しい国際協力の時代を切り開く」と述べた。ポスト京都議定書の合意形成に向け、米国が主導的役割を果たす決意を表明したものだ。

 オバマ氏は、温暖化問題を「他に並ぶものがないほどの緊急課題」と位置づけ、米国内で温室効果ガスの排出量取引市場を創設するための法制化も急ぐ考えを示した。12月にポーランドで開かれる気候変動枠組み条約の第14回締約国会議(COP14)に自ら出席はしないものの、オブザーバー参加する議会メンバーから事情を聞き、来年以降の交渉に備える姿勢も示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-19 12:35 | 北米・中南米  

<オバマ次期米政権>初の黒人司法長官誕生か

11月19日11時51分配信 毎日新聞

 【ワシントン及川正也】米メディアは18日、オバマ次期米政権の司法長官に、クリントン前政権の司法副長官だったエリック・ホールダー氏(57)が有力となったと一斉に報じた。オバマ氏側近が既に上院の共和党に承認審議で協力を得られるか打診したという。就任すれば初の黒人司法長官が誕生する。

 ホールダー氏はオバマ氏の上級法律顧問で側近。副大統領候補選定作業の責任者の一人で、早くから司法長官候補の一角に挙がっていた。ワシントンで判事や検事を歴任。クリントン政権下で97~01年に司法副長官を務めた後、ブッシュ政権初期にアシュクロフト元司法長官が就任するまで長官代行を務めた。

 司法省は、ゴンザレス前長官らが主導した連邦検事正の不正解任や令状無しの盗聴問題で大揺れとなり、信頼回復の途上にある。

 クリントン前大統領は政権末期、脱税容疑で指名手配されていた富豪マーク・リッチ氏について、ホールダー氏の助言などを理由に恩赦を出した。リッチ氏が恩赦後、イラクのフセイン前政権と関係を深めたため、ホールダー氏は「軽率だった」と謝罪。同氏が司法長官に指名された場合、この問題が上院承認審議で取り上げられる可能性がある。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-19 11:51 | 北米・中南米  

ビッグ3に2兆4千億円、米民主党が車産業支援法案

11月18日12時53分配信 読売新聞

 【ワシントン=矢田俊彦】米議会の上院民主党は17日、経営危機に陥っている米3大自動車メーカー(ビッグスリー)に対して、250億ドル(2兆4000億円)の金融支援を盛り込んだ総額1003億ドルの追加景気対策法案をまとめた。

 7000億ドルの公的資金枠を持つ金融安定化法を活用してビッグスリーに低利融資を実施することが柱だ。下院民主党も同様の支援法案を検討している。民主党は今週中の採決を目指しているが、ブッシュ政権と共和党は、金融機関の経営を立て直すために設けられた金融安定化法を自動車業界に適用することに難色を示しており、審議が難航するのは必至の情勢だ。

 法案をまとめた民主党のリード上院院内総務は「製造業の屋台骨である自動車産業を守る」と述べ、雇用や米景気に与える影響が大きいビッグスリー支援の必要性を強調した。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-18 12:53 | 北米・中南米  

オバマ新政権はクリントン回帰?閣僚候補で目立つ名前

11月16日3時3分配信 読売新聞

 【ワシントン=黒瀬悦成】オバマ次期米大統領が進める、来年1月発足の新政権の陣容固めが具体化し始めた。

 しかし、オバマ氏が「ワシントン政治の変革」を掲げて大統領選を勝ち抜いたのとは裏腹に、閣僚や政権幹部の候補として名前が浮上しているのは、オバマ氏から国務長官就任の打診を受けたとされるヒラリー・クリントン上院議員を筆頭に、クリントン前民主党政権(1993~2001)の関係者が目立ち、「事実上のクリントン回帰だ」との指摘さえ出始めている。

 クリントン上院議員は14日、ニューヨーク市内で行った演説の中で、就任打診をめぐる米メディアの報道について、「オバマ陣営に聞いてほしい」として明言を避けたが、実現すれば、政権の目玉として多大な存在感を発揮するのは確実。また、夫のクリントン前大統領も民間外交などの分野で政権に参画すると見られているほか、ノーベル平和賞受賞者のゴア前副大統領も環境政策の「元締」的な役割を務める可能性が高いと目されている。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-16 03:03 | 北米・中南米  

<オバマ次期大統領>ヒラリー氏に国務長官打診 米TV

11月15日11時35分配信 毎日新聞

 【ワシントン小松健一】米CNNテレビなどは14日、民主党のオバマ次期米大統領が13日、地元シカゴで行った同党のヒラリー・クリントン上院議員との会談で、次期政権の国務長官就任の意思を打診していたと報じた。正式な要請ではないが、閣僚の選定作業が続く微妙な時期だけに、クリントン氏が受け入れ姿勢を固めれば、オバマ氏は最終的にクリントン氏を国務長官に指名する可能性が高いとみられる。

 会談の詳細は不明だが、CNNなどによると、会談ではクリントン氏が国務長官就任を要請された場合、受諾するかどうかをオバマ氏が見極めるために真剣な話し合いが行われた。さらに、政権運営の哲学についても意見交換したという。

 クリントン氏は14日、ニューヨークで演説した際、自身の閣僚入りの報道に触れて「私は推測を語りたくない。(閣僚指名では)オバマ氏の手続きを尊重している。いかなる質問も(オバマ氏の)政権移行チームに尋ねて欲しい」と述べ、否定も肯定もしなかった。

 CBSテレビ(電子版)はクリントン氏側近の話として「国務長官を受諾するだろう」との見通しを伝えた。

 国務長官にはこれまで、04年の民主党大統領候補のケリー上院議員のほか、リチャードソン・ニューメキシコ州知事、共和党の重鎮ルーガー上院議員らの名前が挙がっていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-15 11:35 | 北米・中南米  

イラク戦終結、ブッシュ氏訴追?=本物そっくり偽新聞120万部-NY

2008/11/13-07:00 時事通信

f0013182_15434377.jpg 【ニューヨーク12日時事】「イラク戦争終結、部隊帰還へ」-。米ニューヨークのマンハッタンなどで12日、こんな見出しのニューヨーク・タイムズ紙「特別版」が大量に無料配布された。といってもその正体は左派系活動家団体が制作した精巧な偽物。準備期間6カ月、発行部数120万部という大掛かりなプロパガンダだ。

 特別版は計14ページ。「活字にしたいすべてのニュース」を標語に掲げ、一面で戦争終結を「報道」。日付は来年7月4日で、リベラル志向のオバマ上院議員の大統領選勝利を踏まえ、天気予報欄に「今夜、強い左の風」と記載する念の入れよう。紙の質感や構成も本物そっくりだ。

 このほか、イラクに大量破壊兵器はないと知りながら開戦のため情報を改ざんしたとして、「ブッシュ前大統領」が国家反逆罪で起訴されたなどとする記事も掲載。社会、経済問題でも、急進左派勢力の主張実現を伝える「報道」が並んだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-13 07:00 | 北米・中南米