タグ:コンゴ ( 6 ) タグの人気記事

 

コンゴ 「アフリカ大戦」再燃に目を

2008年11月14日 朝日新聞 私の視点
国際協力機構客員専門員(平和構築) 米川正子

 泥沼の内戦が続くアフリカ中部のコンゴ民主共和国(旧ザイール)。過去10年に戦闘や病気、飢餓などで犠牲になった人は約540万人とも言われ、第2次世界大戦以降、最悪の数字だ。

 ルワンダ、ウガンダ、アンゴラなどの近隣国のほか、リビアや南アフリカなど17カ国以上の国が、紛争当事者を直接、間接に支援し、「アフリカ大戦」と呼ばれた時期もある。最近、戦火が再び激化し、月に4万5千人が命を落としている。

 私は戦闘地域である東部の拠点都市ゴマで、今年7月までの約1年半、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の現地事務所長を務めた。国内避難民85万人、ルワンダ難民1万人の保護と支援が任務だった。

 だが、現地には小型武器が大量流入し、あちこちで戦闘が起きていた。国内避難民が住むキャンプの安全確保は困難を極めた。

 ゴマから離れた町の刑務所で15歳くらいの少年に会った。「牛の世話をしたら100㌦あげる」とだまされて反政府勢力に取り込まれ、少年兵にされたという。逃げ出して山中をさまよった末、コンゴ当局に逮捕されたのだ。内戦から逃げ回って学校に行く機会もなかったため、自分の出身地すらわからない。読み書きもできなかった。

 難民キャンプで育ち、仕事がなくて反政府勢力の勧誘に乗る若者も多い。女の子はキャンプから薪拾いに行ってレイプや誘拐の被害者になる。「女性や少女にとって世界で最悪の場」(国際刑事裁判所)である。

 一般住民をおきざりにしているのは、政府軍も反政府勢力も同様だ。双方に人権保護と難民、避難民の安全な帰還に協力するよう呼びかけたが、相互の不信感は埋めがたかった。国連平和維持部隊にも十分な強制力がなく、成果はなかなか上がらない。

 紛争の背景には、この国に豊富な天然資源を巡る国内勢力の対立がある。金やダイヤモンド、天然ガス、石油などがあり、かつては日本の企業や商社もかなり入っていた。携帯電話、ノートパソコン、ゲーム機などに欠かせない希少金属タンタルを含む鉱石コルタンは、世界の埋蔵量の8割がこの地域にあると言われる。資源を不法に安く確保するには、紛争状態の方が好都合と考える周辺国や先進国企業が、少なくない。そこに、民族対立や、外国勢力の介入が複雑に絡み合っている。

 この紛争は私たちの生活と無縁ではない。「人間の安全保障」を外交の基軸にする日本政府なら、対話や調停を通じた政治的解決をしてほしい。また、コンゴ人が平和な社会を取り戻せるよう、人材育成に力点を置いた支援に取り組めないだろうか。たとえば、「柔道」を通して相手を敵視せずに尊敬を持って接することを教える、といった日本ならではなの支援の形もあるのではないか。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-14 06:00 | アフリカ  

コンゴ民主共和国 反政府勢力、ゴマまで十数キロに迫る

10月30日21時42分配信 毎日新聞

f0013182_295884.jpg 【ヨハネスブルク高尾具成】アフリカ中部コンゴ民主共和国(旧ザイール)東部で、政府軍と反政府勢力の戦闘が激化。反政府勢力は29日、東部の中心都市ゴマまで十数キロの地点まで迫り、政府軍はゴマを放棄し撤退した。ゴマには約6000人の平和維持活動部隊「国連コンゴ監視団」(MONUC)が駐留しており、反政府勢力が突入した場合、国連部隊と激しい戦闘となる恐れもある。

 反政府勢力は、ツチ系指導者ヌクンダ将軍が率いる「人民防衛国民会議」(CNDP)軍。ヌクンダ将軍は29日、「住民の被害を防ぐ」として停戦を宣言したが、30日にはAFP通信に対し「国連部隊は私を阻止できない」と、ゴマ突入を強行する構えを強調。「国連側が撃ってくれば反撃する」と語った。

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、ゴマには29日、戦闘があった周辺地域から約4万5000人の避難民が流入。しかしCNDPの突入を恐れ、ゴマから脱出を図る動きもある。ゴマ当局者は「市民はパニック状態だ」と述べた。

 MONUCは過去最大規模の国連による平和維持活動で、インド、パキスタン、バングラデシュ、南アフリカ軍などで構成。ドス代表は、「ゴマ防衛に向けあらゆる手段を講じるが、非常に緊張した情勢」と危機感を示し、潘基文(バンギムン)・国連事務総長は、「人道的な大惨事に至る可能性がある」と警告した。

 民主共和国東部はレアメタル(希少金属)など鉱物資源が豊富で、紛争は資源利権が絡んでいる。政府は07年、50億ドルの借款の見返りに、中国に希少金属の採掘権を与えた。AP通信によるとヌクンダ将軍はこれに強い不満を抱き、政府に説明を求めているという。

 一方、隣国ルワンダのツチ系、フツ系の対立も関連している。民主共和国政府は29日、CNDPと同じツチ系が政権を担うルワンダの部隊が、共和国政府軍に対して越境攻撃を仕掛けたと主張し、アンゴラに支援を要請。紛争は周辺国へ拡大する様相をみせている。

 ◇人民防衛国民会議

 06年7月、反政府勢力「コンゴ民主連合」(RCD)元幹部のヌクンダ将軍が結成。兵力は約5000人とされる。今年1月、政府と和平協定に署名したが、ヌクンダ将軍は欠席した。将軍には戦争犯罪を主導した疑いで、国際刑事裁判所から逮捕状が出ている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-30 21:42 | アフリカ  

コンゴで旅客機が墜落、70人以上が死亡

4月15日23時19分配信 読売新聞

 【ヨハネスブルク=角谷志保美】アフリカ中部・コンゴ民主共和国で15日、民間航空会社エワ・ボラ航空の旅客機が同国東部の中核都市ゴマの空港を離陸直後に墜落、炎上し、ロイター通信によると乗客乗員70人以上が死亡した。

 墜落現場は住宅密集地で、死者数は更に増える恐れがある。

 報道によると、旅客機は首都キンシャサに向かう予定で、操縦士ら少なくとも6人が救出されたという。また、在キンシャサ日本大使館によると、乗客に日本人が含まれているという情報はない。

 コンゴ民主共和国は飛行機の墜落事故が多発し、07年10月にもキンシャサで貨物機が人口密集地に墜落し、50人以上が死亡した。欧州連合(EU)は領空内でのコンゴ機の飛行を禁止している。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-15 23:19 | アフリカ  

離陸直後の貨物機が住宅街に墜落、25人が死亡…コンゴ

10月4日23時19分配信 読売新聞

 【ヨハネスブルク=角谷志保美】アフリカ中部・コンゴ民主共和国(旧ザイール)の首都キンシャサで4日朝、コンゴの「アフリカ・ワン」航空が運航するロシア製アントノフ26型貨物機が市内のヌジリ空港を離陸直後、近くの人口密集地帯に墜落し、爆発炎上した。

 国連コンゴ支援団の報道官によると、貨物機には27人が乗っており、技師ら2人が救出されたが、25人が死亡した。現場では住宅約10軒が炎上。多数の死傷者が出ていると見られる。

 内戦が2002年まで続いたコンゴでは、整備が行き届かない老朽化した航空機が多く、墜落事故が頻発する。首都では1996年にもロシア製の貨物機が離陸直後に空港付近の市場に墜落し、300人以上が死亡する事故があった。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 23:19 | アフリカ  

タンタン騒動、各国で広がる=人種差別と訴訟も

2007/08/27-05:55 時事通信

 【ブリュッセル26日時事】世界中で親しまれているベルギーの漫画「タンタンの冒険」シリーズの1作をめぐり、植民地主義的で人種差別的な表現が目立ち、動物虐待も目に余るとして、各国でボイコットや訴訟など抗議の動きが広がっている。

 問題の1作は、1930~31年に発表された第2巻「タンタンのコンゴ探検」。主人公の少年記者タンタンが愛犬を連れて当時のベルギー領コンゴ(現コンゴ民主共和国)に出掛け、さまざまな危機を切り抜けて冒険する筋立て。

 作者エルジェ(1907~83年)の視点には当時の植民地に対する偏見に満ちた見方が色濃く反映されており、現地住民を怠け者で劣った人種として描いている。また、野生動物を虐待したり殺したりする場面も多い。

 これに抗議して英国の人種差別反対を掲げる団体が今年7月、書店に販売方法の見直しを要請。米書籍販売大手ボーダーズは、米国と英国のチェーン店で同書を児童書コーナーから大人向けコーナーに移すなどの対応を取った。

 7月下旬には、南アフリカ共和国の出版社が、公用語の一つであるアフリカーンス語での出版を停止。ベルギーとスウェーデンでは販売差し止めを求める訴訟が起こされた。

 タンタン・シリーズは、米映画会社ドリームワークスによって映画化が予定され、スティーブン・スピルバーグ監督らがメガホンを執る見通しだが、今回の騒動が興行に悪影響を及ぼす可能性もある。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-27 05:55 | アフリカ  

<ゴリラ>エボラ出血熱で絶滅危機 アフリカ中西部で

 アフリカ中西部のコンゴ共和国で、エボラ出血熱のためゴリラ(ニシローランドゴリラ)が大量死したことが独マックスプランク研究所などの調査で判明、8日付の米科学誌サイエンスに発表された。感染が広がった同国のロッシ保護区西部(2700平方キロ)では、5000頭以上が最近5年間でほぼ全滅したと推定。アフリカ中西部は最大のゴリラ生息地で、同研究所は「絶滅の恐れが急激に高まっている」と指摘している。

 エボラ出血熱はエボラウイルスが原因の感染症。頭痛や筋肉痛の後に体内で大量出血し、致死率が高いことで知られる。アフリカのサハラ砂漠より南で流行している。

 研究チームは、同国とガボンの国境付近の住民にエボラが流行した01年以降、人だけでなく周辺の森でゴリラも相次いで死んだことに注目。流行地に近いロッシ保護区やその周辺でゴリラの感染や生息状況を調べた。

 その結果、同保護区西部では、エボラ流行前に1平方キロ当たり約2頭生息していたゴリラが、ほとんど観察できなくなった。また、02年10月から4カ月間に個体識別できた143頭中、130頭がエボラのため死んだとみられ、致死率は90%を超えた。

 ゴリラは森林伐採や農業などの影響で生息地を奪われ、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧(きぐ)種に登録されている。世界自然保護基金(WWF)ジャパンによると、3種類の亜種の合計で数万頭しかいないとの推計もある。ロッシ保護区は他の生息域より生息密度が数倍高い地域だった。

 同研究所のピーター・ワルシュ博士は「狩猟で追い打ちがかかると、絶滅の恐れがさらに高まる」と警告する。【田中泰義】

 ◇ゴリラの次は人類

 ▽アフリカの感染症に詳しい山本太郎・外務省多国間協力課課長補佐(医療生態学)の話 ゴリラやチンパンジーなどの霊長類が絶滅に向かうと、ウイルスは自らの生き残りをかけ、新たな宿主を求めることがある。その時、人類が新たな宿主になる可能性が高い。

(毎日新聞) - 12月8日19時40分更新
[PR]

by deracine69 | 2006-12-08 19:40 | アフリカ