タグ:サイエンス ( 35 ) タグの人気記事

 

アルツハイマーには漢方!…阪大の研究で効果分かる

3月3日22時47分配信 読売新聞

 幻覚や妄想などアルツハイマー病の周辺症状にも処方される漢方薬「抑肝散(よくかんさん)」に、症状の原因と考えられる脳の神経細胞死を抑える効果があることが、大阪大の遠山正彌教授、松崎伸介助教らの研究でわかった。

 漢方薬の効能の仕組みに迫る成果として注目される。

 松崎助教らが着目したのは、細胞内のたんぱく質の形を整える小胞体にある遺伝子で、遺伝性のアルツハイマー病患者に変異が多いプレセニリン1(PS1)。PS1が変異した小胞体は、神経伝達に重要なカルシウムの濃度変化に対応できず機能が低下、不完全なたんぱく質が蓄積して細胞死が起きる。

 実験では、PS1を変異させた実験用の神経細胞を使い、小胞体内のカルシウム濃度を変化させる薬剤を投与。約60%が死滅したが、抑肝散を加えると死滅率は約25%に減った。

 抑肝散は子供の夜泣きや疳(かん)の虫などを抑えるために使われてきた漢方薬。遠山教授は「患者の多くを占める老年性アルツハイマー病も小胞体の機能低下が関係しており、今回の結果と同様の仕組みで周辺症状を抑えている可能性が高い」と話している。
[PR]

by deracine69 | 2009-03-03 22:47 | 社会  

HIV、急速に免疫逃避=国際チームの感染者調査-ワクチン開発の戦略見直し必要

2009/02/26-10:50 時事通信

 エイズウイルス(HIV)がヒトの免疫システムから逃れるため、急速に変異していることが分かった。熊本大や国立国際医療センター、英オックスフォード大などの国際研究チームが、日本や英国、カナダ、南アフリカなど世界各地の感染者計約2800人を調査した成果を26日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 熊本大エイズ学研究センターの滝口雅文教授は「ワクチン開発がうまくいかない理由の一つが、過去のウイルスで研究しているためだと分かった。免疫逃避ウイルスの出現を念頭に置き、開発戦略を立て直さないといけない」と話している。ワクチンが開発されても、インフルエンザの場合と同様に、変異への対応に追われる可能性が高いという。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-26 10:50 | 社会  

過去の巨大津波跡を発見=タイ南部で産総研など掘削調査-インド洋で繰り返し発生

10月30日3時7分配信 時事通信

 2004年12月のインドネシア・スマトラ島沖地震で巨大津波の被害を受けたタイ南部沿岸で、同国のチュラロンコン大や日本の産業技術総合研究所、米国とオーストラリアの地質調査所などの研究チームが過去約2500年分の地層の掘削調査を行ったところ、04年より前に巨大津波が3回押し寄せた跡が見つかった。30日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 近い時期では700~550年前ごろの可能性があることが判明。インドネシアと米国、スイスの研究チームもスマトラ島北部で掘削調査を行い、700~600年前ごろの巨大津波跡を発見したと同時発表しており、インド洋沿岸では数百年以上の間隔で巨大津波が発生していたことが分かった。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-30 03:07 | アジア・大洋州  

鮭が白身魚だったなんて!じゃあなんで赤いんですか?

2008年10月26日11時00分 R25.jp

北海道では“秋味”と呼ばれるなど、秋の味覚を代表する鮭。まさに今が旬の魚ですが、その鮭が白身魚だったってご存じですか?

「そう、鮭は白身魚です」と答えていただいたのは東京海洋大学の矢澤一良教授。

「白身魚と赤身魚の違いは筋肉の種類の違いです。白身魚の白い筋肉は速筋と呼ばれ瞬発力が高く、一方、赤身魚の赤い筋肉は遅筋といって持久力が高いんです」

鮭の切り身が赤いので赤身魚だとばかり。

「産卵後の鮭の死骸は真っ白です。ではなぜ生きている間は赤いのか? これにはアスタキサンチンという赤い色素が関係しています。鮭は海を回遊している時、オキアミなどの動物性プランクトンを食べています。そのオキアミは藻を食べる。この藻の中に赤いのがいるんです」

なるほど、食物連鎖か。でもそのオキアミや藻は、ほかの生き物も食べていません?

「だからカニやエビの殻、鯛や深海魚の表面なんかも赤いですよ。でも鮭だけは筋肉組織にアスタキサンチンを取り込むんです」

な、なぜ鮭だけが?

「たまたまです(笑)。鮭は川をさかのぼるためにずっと泳ぎ続けますよね。運動すると体内で活性酸素が増え、筋肉組織を破壊し疲労を感じます。この活性酸素を消去して筋肉損傷から守るのが、おなじみビタミンCやE、ベータカロテンなどの抗酸化成分です。そのなかでも最も強力なのがアスタキサンチンなんですよ。おそらく安全な産卵場を求め、ほかの魚も川を遡上しようとしたのでしょう。でも上流にたどり着けたのは、たまたまアスタキサンチンを筋肉に取り込めた鮭だけだったというわけです」

鮭よりむしろアスタキサンチンがすごい。

「この成分は人間にも有効です。眼精疲労改善の臨床データがあるほか、最近話題の富士フイルムの基礎化粧品『アスタリフト』も、アスタキサンチンのもつ紫外線からの防御機能を利用したものです」

虚弱なぼくも鮭みたくアスタキサンチンを筋肉に取り込めないかしらね。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 11:00 | 社会  

長期体罰の子、脳が萎縮 熊本大准教授が共同研究

2008年10月24日17時14分 朝日新聞

 子どものころ長期にわたり強い体罰を受けた人は、受けていない人より脳の前頭葉の一部が最大で約19%縮んでいるという研究結果を、熊本大大学院医学薬学研究部の友田明美准教授(小児発達社会学)が米ハーバード大医学部との共同研究でまとめた。体罰と脳の萎縮(いしゅく)の因果関係を実証した研究として、体罰のあり方に一石を投じることになりそうだ。

 友田准教授は筑波大(茨城県つくば市)で開かれている「都市化社会と脳の健全育成」を主題としたシンポジウムで25日、研究結果を発表する。11月に米ワシントンでも学会発表の予定。

 研究は米国で、4~15歳のころに平手打ちされたり、むちで尻をたたかれたりするなどの体罰を年12回以上、3年以上にわたって受けた米国人の男女23人を対象に実施。磁気共鳴断層撮影装置(MRI)で脳の断面図を解析したところ、体罰を受けず育った同年代の22人に比べ、感情や意欲の動きにかかわる前頭前野内側部が平均19.1%、集中力や注意力にかかわる前帯状回が16.9%、認知機能にかかわる前頭前野背外側部が14.5%小さかった。

 小児期に過度の体罰を受けると行為障害や抑うつなどの精神症状を引き起こすことは知られているが、脳への影響は解明されていなかった。今回の研究で脳の萎縮がみられた人については、体罰でストレス下に置かれた脳が、前頭葉の発達を止めたと考えられるという。

 友田准教授は「研究結果は虐待の早期発見に生かせるのではないか」と話している。

■虐待発見に役立つ

 子どもの虐待に詳しい才村純・関西学院大学人間福祉学部教授(児童福祉・母子保健)の話 虐待が子どもに与える影響を客観的な証拠で示した画期的な研究だ。子どもが虐待の事実を言い出せず、親も隠したり認識がなかったりして見落とされる事例は多い。脳との因果関係を裏付けることができるなら、隠れた虐待の発見に役立つだろう。研究成果が今後、教育や福祉の分野で普遍化されていくことを期待する。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-24 17:14 | 社会  

早食いの人は太りやすい可能性=研究

10月22日12時19分配信 ロイター

 [ロンドン 22日 ロイター] 満腹になるまで早食いをする人は、そうでない人に比べ3倍、太り過ぎになりやすいとの研究結果を、大阪大の磯博康氏らの研究チームが22日、専門誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに発表した。

 同研究では、30―69歳の日本人ボランティア3000人以上に食生活について質問。男性の約半数、女性では半数をやや上回る人が満腹になるまで食べると答え、男性の約45%、女性の36%が早食いだと答えた。満腹まで食べ、かつ早食いだと答えた人は、満腹になるまで食べないし早食いでもないと答えた人に比べ、太っている確率が3倍高かったという。

 ファストフードの利用や規則的な食習慣の欠如も問題を悪化させる一因になり得るとしている。この研究は、食事の内容や量だけでなく食べ方が肥満の増加につながる可能性を浮き彫りにした。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-22 12:29 | 社会  

大麻は酒・タバコより害が少ない!? 大麻規制の見直しを、イギリスの研究財団が提起

2008年10月08日15時43分 PJ

 【PJ 2008年10月08日】- イギリスの研究財団であるBeckley Foundationが10月2日、大麻規制を見直すべきだとの報告書(Global Cannabis Commission Report)を発表した。報告書の要点は次の三点。

 1)薬学的観点からみて大麻が人体に与える害は、アルコールやタバコと比較して軽度である。

 2)大麻規制は、使用者の減少をもたらすものではない。むしろ、逮捕者の増加をもたらすことで、社会的な悪影響を増加させてしまう。

 3)現在、国際条約によって大麻規制が各国に求められているが、この条約を見直す必要がある。

 イギリスでは、2004年より大麻の個人使用は事実上適法となったが、ブラウン政権は大麻喫煙を再び摘発対象にするとの方針を発表している。だが、Beckley Foundationやイギリス政府が調査を委託するドラッグ諮問委員会(ACMD)は、相次いで大麻の有害性の低さを報告し、刑罰の再導入に異議を唱えてきた。

 就任当初から、決断力の低さを問題視されてきたブラウン首相は、青少年の教育や、ドラッグ問題への「強い」姿勢をアピールすることで、支持率の巻き返しをはかろうとしているとみられる。

 ブラウン首相によると、現在流通している大麻は「致死的」な成分を持つものであり、規制の必要があるとのことだが、これに対して、キングスカレッジの研究チームは、これを否定する調査を発表しており、いわば専門家と、世論にアピールする首相が対立する恰好となった。

 Beckley Foundationの報告書は、オックスフォード大学出版局から刊行される見通しだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-08 15:43 | 社会  

火星での降雪確認

10月2日8時7分配信 産経新聞

 【ロサンゼルス=松尾理也】米航空宇宙局(NASA)は30日までに、現在火星の北極地方で観測を行っている探査機「フェニックス」によって、火星上空での降雪が確認されたと発表した。フェニックスの観測によってこれまでに、火星の土壌での氷の存在が確認されているが、降雪が確認されたのは初めてという。

 フェニックスに搭載されたレーザー機器によって、上空約4キロにある雲から雪片が落ちてくるのが確認されたもので、雪は地表に到達する前に蒸発したという。また土壌からは新たにかつて液状の氷が存在していた可能性を示す炭酸塩も検出された。

 フェニックスは今年5月、火星への着陸に成功。当初の3カ月の観測予定を超えて現在も活動を続けている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-02 08:07 | 社会  

<中国>宇宙船「神舟7号」打ち上げ成功 3飛行士乗せ 

9月25日23時12分配信 毎日新聞

 【北京・浦松丈二】中国で3回目となる有人宇宙船「神舟7号」が25日午後9時10分(日本時間同10時10分)、内モンゴル自治区と甘粛省の境界上にある酒泉衛星発射センターから宇宙飛行士3人を乗せて発射された。数分後には地球の周回軌道に乗り、打ち上げは成功した。26日午後には、宇宙飛行士1人が中国初の船外活動を実施する予定だ。

 中国の有人宇宙船打ち上げ成功は03年10月の神舟5号、05年10月の同6号に続き連続3回目。中国は21世紀の国家発展戦略の柱に宇宙開発を位置づけており、今回の7号から宇宙ステーション建設に向けた第2段階に入る。09~12年に神舟8号、9号を無人で打ち上げてドッキング実験を積み重ね、同10号で有人のドッキングに挑戦。その後、宇宙ステーション建設を進める構想だ。

 今後、中国は米露に次ぐ「宇宙大国」として存在感を増し、北京五輪を乗り切った胡錦濤指導部への追い風になるのは間違いない。胡錦濤国家主席は25日、発射センターを訪れ、宇宙飛行士3人を前に「あなたたちが行う船外活動は、わが国宇宙技術の重要な跳躍となる。全国の人民が強固な後ろ盾となり、神聖な使命をやり遂げてくれると信じる」と激励。打ち上げ後には「神舟7号は国家的な科学研究事業だ。集中してやり遂げ、全面勝利を勝ち取ろう」と演説した。

 打ち上げのタイミングには政治的な思惑も込められていたとみられる。中国が国を挙げて取り組んだ北京五輪・パラリンピックが終わり、10月1日の国慶節(建国記念日)の大型連休前。連休明けには五輪後の国政方針を決める中国共産党の中央委員会総会が開かれる予定だ。

 打ち上げの模様は神舟5号、6号と同じように全国にテレビ中継された。7号の目玉である宇宙飛行士の船外活動の映像も地球上に届けられる予定だ。

 初の船外活動は、地球周回29周目に約30分間予定されている。カメラを搭載したサッカーボール大の小型衛星を放出し、宇宙遊泳の映像を地球に送るという。船内ではハイブリッド米や微生物による科学実験も実施する。

 神舟7号は28日にも内モンゴル自治区に帰還する計画だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-25 23:12 | アジア・大洋州  

五輪=赤いユニフォームが判定に有利に働く可能性=独研究

8月11日16時49分配信 ロイター

 [北京 11日 ロイター] 北京五輪でメダル争いをする中国人選手にとって、赤は単なるラッキーカラー以上の意味があるかもしれない。心理学者らの研究によると、競技で選手が着る赤いユニフォームは、審判の一瞬の判断力に影響し、スコアが偏向する可能性もあるという。

 中国では、縁起の良い色としてさまざまな場面で使われる赤色。タイガー・ウッズもトーナメント最終日に赤いウエアを着ることで有名だ。独ミュンスター大の研究チームは専門誌「Psychological Science」8月号に掲載した論文で、テコンドーの試合では、青を着用した選手より赤を着用した選手に審判が多くポイントを与えがちであることが分かったとしている。

 研究では、赤と青の防具を着けたテコンドーの選手がスパーリングする様子を撮影したビデオを使用。選手の防具の色をデジタル加工で逆にした以外はまったく同じ内容のビデオクリップを2本ずつ用意し、それを見た審判42人がスコアを付ける方式を採用した。

 その結果、赤の選手が平均で13ポイント上回ったほか、青の選手がデジタル加工で赤に変わると点数が増え、赤の選手は青に変わると点数が減ったという。

 研究チームは「異なった色による影響など今後も調査が必要だが、こういった色による偏向が問題になり得る競技では、ルール変更や電子機器による判定支援が必要であることが示された」と指摘する。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-11 16:49 | スポーツ