タグ:シリア ( 5 ) タグの人気記事

 

米軍が侵犯、8人殺害と報道=イラクからヘリで-シリア国営通信

2008/10/27-06:49 時事通信

 【カイロ26日時事】シリア国営通信は26日、同国の対イラク国境に接したブーカマル地区に同日、米軍ヘリコプター4機が領空を侵犯して飛来し、降下してきた米兵が民間人8人を殺害したと報じた。シリア政府当局者は「この侵略行為を非難する」と述べ、外務省はシリア駐在の米、イラク両大使を呼び、抗議した。

 米国防総省やイラク駐留米軍は、この攻撃を確認していない。


シリア領内で米軍が民間ビル攻撃、子供ら8人死亡
10月27日11時21分配信 読売新聞

 【カイロ=加藤賢治】シリア国営通信は26日、米軍ヘリコプター4機が領空侵犯し、イラク国境に近いシリア東部アブカマル近郊で建設中の民間ビルを攻撃、ビル内にいた父親と子供4人ら民間人8人が死亡した、と伝えた。

 着陸したヘリ2機から米兵が降り、ビルを急襲したとの目撃者談もある。ビルは国境から約8キロ・メートル地点で、攻撃後、ヘリはイラク方向に飛び去ったという。

 米軍関係者が匿名でAP通信に語ったところでは、攻撃は米軍特殊部隊によるもので、シリアからイラクへの侵入を繰り返してきた国際テロ組織アル・カーイダ系武装勢力の外国人戦闘員の掃討を目的としていた。

 2003年のイラク戦争開戦以降、米国はイラクへのテロリスト侵入をシリアが放置していると非難してきた。米軍関係者は「我々は問題を解決しようとしている」と述べており、特殊部隊の関与が事実であれば、極めて異例のシリア越境作戦は、同国に潜伏するテロリスト拠点への攻撃だった可能性が高い。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 06:49 | 中東  

シリア施設空爆 米、イスラエルと事前協議 同意はせず

2008年04月26日10時07分 朝日新聞

 【ワシントン=梅原季哉】北朝鮮の支援を受けたシリアの秘密原子炉とみられる施設にイスラエルが実施した昨年9月の空爆について、米政府は25日、事前にイスラエルと協議していたことを初めて認めた。攻撃作戦に踏み切ることには同意はしなかったという。また北朝鮮がシリアを支援した理由については「経済目的」との見方を示した。

 中央情報局(CIA)など米政府の情報機関を統括する国家情報長官室が25日、米主要メディアを対象に前日実施した背景説明の発言録を公開した。その中で米政府高官は「政策上の選択肢をイスラエルと協議した。イスラエルが、シリアの核能力は自らの生存にかかわる脅威だと判断し、最終的に軍事行動を取った。我々は『青信号』を出さなかったし、彼らも求めなかった」と語った。

 また、米情報機関の高官は、北朝鮮が自国の核開発のためにシリアに原子炉を作ったのか、シリア側が主体だったのかについては、「我々は後者だと考える」と述べた。北朝鮮にどの程度の代価がもたらされたのかについては明言を避けた。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-26 10:07 | 中東  

北朝鮮技術者3人死亡 シリアのミサイル実験事故

10月5日21時42分配信 産経新聞

 【ワシントン=有元隆志】今年7月下旬にシリア北部の軍事施設で、短距離弾道ミサイル「スカッドC」(射程約500キロ)の燃焼実験中に爆発が起き、多数の死傷者が出たが、死者の中に北朝鮮のミサイル専門家3人も含まれていたことがわかった。中東情勢に詳しい情報筋が4日、明らかにした。3人は弾頭をミサイル本体にとりつける作業の指導、監督にあたっていたという。弾道ミサイル開発でのシリアと北朝鮮との、密接な協力関係を示すものといえる。

 爆発は7月26日、シリア北部のアレッポ郊外でおきた。シリア国営通信は、非常に爆発性の高いものが爆発し、シリア軍関係者15人が死亡、50人が負傷した、と報じた。

 一方、9月26日発行の英軍事専門誌ジェーンズ・ディフェンス・ウイークリーは、シリア国防筋の話として、爆発はびらん性のマスタードガスを搭載した短距離弾道ミサイル「スカッドC」の燃焼実験中に起きた。この事故で、数十人のイラン人技術者らが死亡し、マスタードガスや神経ガスのVX、サリンなどの化学物質が、軍事施設内に拡散したと報じていた。

 北朝鮮の技術者が化学兵器の製造にも関与していたかは不明だが、北朝鮮とシリアの軍事協力に関し、米政府は「外国の技術者が何人かシリア国内にいる。北朝鮮の人たちもいることは間違いない。われわれは注視している」(センメル国務次官補代理代行)と警戒を強めている。

 米ホワイトハウスは昨年9月、「9・11から5年、成功と挑戦」と題する報告書の中で、北朝鮮がシリアと大量破壊兵器やミサイル開発で協力していると批判。ミサイルと大量破壊兵器分野での北朝鮮との協力は「シリアの活動を強化している」と明記した。

 米国などは、北朝鮮がシリアに対してスカッドミサイルを輸出しているほか、ミサイル技術者の交換プログラムなどを行っているとみている。

 さらに最近では、北朝鮮がシリアの核開発にも協力しているとの疑惑が浮上している。北朝鮮、シリアともに核開発での協力を否定している。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-05 21:42 | 中国  

ブッシュ政権、イスラエルのシリア空爆容認か…米紙報道

9月21日18時41分配信 読売新聞

 【ワシントン=五十嵐文】21日付の米紙ワシントン・ポストは、イスラエルがシリアの核関連施設を空爆したとされる問題をめぐり、ブッシュ米政権が事前にイスラエルと情報を共有していたと報じた。

 施設では、シリアが北朝鮮の支援を得て核開発を進めていたとの情報が浮上しており、事実とすれば、北朝鮮による核拡散を懸念する米政権が、北朝鮮をけん制するためシリア空爆を容認した可能性が高い。

 同紙によると、空爆は今月6日に行われ、標的はトルコ国境に近いシリア北部の施設。また、今回の空爆との関連は不明であるものの、空爆の3日前に核関連物資を搭載しているとみられる北朝鮮籍の船舶がシリアのタルトゥース港に入港したという。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-09-21 18:41 | 中東  

シリア技術者、北朝鮮でミサイル研修=販売の代価は食糧や綿-韓国通信社

9月21日18時1分配信 時事通信

 【ソウル21日時事】韓国の聯合ニュースは21日、北朝鮮消息筋の話として、シリアのミサイル技術者が北朝鮮に長期滞在し、ミサイル製造技術などの研修を受けていると報じた。また北朝鮮はシリアにミサイルを物々交換方式で販売しており、食糧や綿花、コンピューターなどを代価として受け取っているという。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-21 18:01 | 中東