タグ:シンガポール ( 21 ) タグの人気記事

 

デング熱患者、シンガポールで季節外れの増加

2008/12/30 (22:00) newsclip.be

 【シンガポール】シンガポール国家環境局は29日、通常7月ごろに患者数がピークを迎えるデング熱患者が今年は年末にかけて増加しているとして、注意を呼びかけた。聯合早報(電子版)が伝えた。

 27日現在でデング熱は190件の発症例が報告されており、ブンレイ地区に患者が集中している。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-30 22:00 | アジア・大洋州  

コン・リーさんに非難噴出=ネット世論、国籍変更に「売国奴」-中国

11月13日16時38分配信 時事通信

 【香港13日時事】映画「紅いコーリャン」「さらば、わが愛―覇王別姫」などで国際的に有名な中国出身の女優コン・リーさんが同国の国籍を離脱し、シンガポール国籍を取得したことに対し、中国のインターネット上で非難が噴出している。

 13日付の香港各紙によると、コンさんが中国を代表する文化人として、かつて国政諮問機関である人民政治協商会議(政協)の委員まで務めたことから、多くのネットユーザーが「売国奴」「裏切り者」と批判。コンさんの映画に対するボイコット論も出ている。

 一方で、「芸術に国境はない」「シンガポール人と結婚したのだから、(国籍離脱は)当然だ」といった意見もある。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-13 16:38 | アジア・大洋州  

女優コン・リーさんに国籍 シンガポール

2008/11/10 22:12 共同通信

 【シンガポール10日共同】映画「SAYURI」「紅いコーリャン」などに出演した中国出身の女優、コン・リーさんが8日、シンガポール国籍を取得した。10日付の同国各紙が報じた。

 コン・リーさんは1996年にシンガポール人実業家と結婚。今年、シンガポール市民権(国籍)を申請していた。

 シンガポールは才能のある外国人の市民権、永住権取得を推進している。


女優コン・リーさん 中国籍からシンガポール国籍へ
2008年11月11日 朝日新聞

 「紅いコーリャン」などで知られる中国出身の女優、鞏俐(コン・リー)さん(42)がシンガポール国籍を取得した。10日付の地元紙が報じた。

 鞏さんは96年、香港在住のシンガポール人企業経営者と結婚。中国では政府への助言機関の全国政治協商会議(政協)の委員を務めていた。両国とも二重国籍を認めておらず、シンガポール国籍取得に伴い、中国国籍を失う。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-10 22:12 | アジア・大洋州  

シンガポール航空、A380の東京便に12.5万人搭乗、搭乗率は平均90%

2008/10/29 トラベルビジョン

 シンガポール航空(SQ)は10月25日、世界に先駆けてエアバスA380型機を運航してから1周年を迎えた。現在、6機のA380型機を受領しており、シンガポール/シドニー線で1日1便、シンガポール/ロンドン線で1日2便、シンガポール/東京線で1日1便を運航。就航以来の総旅客数は70万人以上で、搭乗率は約90%を達成している。

 このうち、東京便は5月20日の初就航から約5ヶ月で12万5000名以上が利用。搭乗率は平均で約90%という。東京就航の発表時、弱含みで推移する旅行市場について「A380型機が需要喚起の一役にもなれば」との期待が語られたが、これまでの実績について「市場全体が縮小するなか、この便は需要を維持している。A380型機に対する関心は高く、飛行機に乗ってみたいというニーズが大きい」(SQ広報部)と評価。特に座席数が60席のビジネスクラスの人気が高く、クチコミで評判が広がり、ほぼ満席状態だという。また、座席数が増えることで、大量販売の影響による運賃の下落も懸念されていたが、現在のところ需要が強く変化はないという。

 なお、SQでは今後、さらに13機のA380型機を受領する予定だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-29 12:00 | 経済・企業  

シンガ−昆明鉄道事業、国内敷設部分は順調

2008/10/24 08:13 マレーシアナビ!

【プトラジャヤ】 東南アジア諸国連合(ASEAN)7カ国を貫いて中国南部へ抜ける、シンガポール−昆明鉄道(SKRL)敷設プロジェクトのための「第10回特別事業会合」が22日開催され、オン・ティーキアット運輸相は、マレーシア国内での敷設事業は順調に行われていると報告を行った。

同相は、マレーシアでの敷設工事は順調に建設中で、イポー一パダン・べサル間複線工事は2013年に、セレンバン一ゲマス間は2012年に完成予定だと語った。全体で見ると、まだ鉄道が敷設されていない区間は550キロメートルあるが、各国での新規敷設工事・既存線改良工事の実施可能性調査は既に終了しており、着実に進行していると語った。

さらに同相は、建設材料の値上がりや世界経済の減速により、建設期間の延長が懸念されており、これを踏まえた上での事業完成目標時期の設定は必要だと語った。今回、事業完成目標時期の設定は行われなかったという。マレーシアは来年、SKRL事業への投資促進プロモーションの主催国として投資促進に尽力する予定だ。

SKRL事業は1994年より開始。完成すれば▽シンガポール▽マレーシア▽タイ▽ミャンマー▽ラオス▽カンボジア▽ベトナム一一を経て中国南部の昆明までを結ぶ、全長5,382キロメートルの鉄道となる。インドシナ地域とASEAN地域の輸送効率化を図り、経済発展に貢献させるのが目的。アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)が資金援助を行っており、韓国国際協力機構(KOICA)が顧問を担当している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-24 08:13 | アジア・大洋州  

ニューウォーター (にゅーうぉーたー)

-国際関係 -2008年10月22日

シンガポールが自国で水を供給するために下水を利用して作っている水。シンガポールは東京23区より少し大きい程度の面積であるが、1965年に独立して以来、飲料水の確保に頭を悩ませていて、隣国のマレーシアからパイプラインで輸入を行っている。独立当時の水の自給率は10~20%程度だったが、現在は60%程度にまで上がっている。しかし、シンガポール当局はそれをできるだけ100%に近くしたいとしている。水を輸入する限り生命線を握られているのとかわりないと考えているのである。そのために巨大な湾を堰で締め切り、貯水池に変える計画が始動している。熱帯地方のシンガポールでは雨期に大量のスコールが降る。年間の平均降水量は日本の約1700ミリリットルを超える2700ミリリットルであり、それがそのまま海に流れ出すのはもったいないということから貯水池造成を進めている。また台所やトイレからの排水を下水処理し、再利用する取り組みも2002年から始められ、「ニューウォーター」と名付けられている。利用者の心理的抵抗を考慮して、上水には直接混入せず、工業用水に利用するとともに貯水池などに戻す。

[ 新語探検 著者:亀井肇 / 提供:JapanKnowledge ]
[PR]

by deracine69 | 2008-10-22 23:59 | アジア・大洋州  

乗用車の並行輸入業者、消費者強化の保証計画に参加

2008年08月14日 14:14 アジアエックス

平行輸入業者はシンガポール消費者協会(CASE)が実施する認証計画「ケーストラスト」への参加を決めた。CASEの審査を受け、業務慣行が信頼できると判断された場合、ケーストラストのロゴをショールームに掲示できる制度で、業界イメージの一新が狙い。

ケーストラストに加入しているのは、人材あっせん業者、リフォーム業者、旅行代理店。平行輸入業者は、タイムシェア(休暇用賃貸住宅の共同利用)、美容院、不動産代理店同様、最も消費者の苦情が多いビジネスで、上期にCASEに持ち込まれた自動車販売をめぐる苦情61件のうち、52件は平行輸入業者が関係していた。

平行輸入業者の団体、シンガポール車両取引業者協会のネオ・ナムヘン会長は「誠実な業者とそうでない業者を区別し、業界のイメージを改善する」と語った。

認定を希望する業者は、財務体質、業務慣行についてCASEの審査を受ける。年5件以上、苦情がある業者は認定を受けられない。ネオ会長は「客とのトラブルを理由に社名や事務所を頻繁に変えるような業者は排除される」と語った。

認定を受けた業者は保険に加入する。消費者との紛争で紛争仲裁パネルから補償を命じられた場合、保険から補償を行う。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-14 14:14 | アジア・大洋州  

ネパール元皇太子、シンガポールのディスコで入店を拒否される

2008-08-08 18:00 Web-Tab

 【カトマンズ 8月5日 IANS】プレーボーイとして知られるネパールの元皇太子パラス氏(37)―王制廃止後、7月から滞在しているシンガポールでディスコへの入店を拒否されたという。ネパールのウェブサイト「My Sansar」が伝えた。

「My Sansar」は、パラス氏の情報をシンガポール在住のネパール人から入手。送られてきた写真を見る限り、一夜にして一般市民となったパラス氏だが、皇太子だったころと何ら変わらない様子だという。

「My Sansar」によると、パラス氏は先月、Tシャツにジーンズ、スニーカーというカジュアルな装いでディスコへ。髪型はポニーテール、サングラスをつけていたという。服装を理由に入店を拒否されたパラス氏はいったんあきらめて帰った後、スーツに着替えて再びディスコへ。めでたく入店できたが、酒を数杯飲んだだけで店を後にしたという。

 その後、パラス氏は店の駐車場でほかのドライバーと口論を開始。パラス氏の姿に気づいたあるネパール人が写真を撮り始めると、購入したばかりの愛車ランボルギーニに乗って急いでその場を去ったという。

 実はこの話には後日談がある。シンガポールから「My Sansar」あてに、パラス氏を擁護する内容のメッセージが送信されたというのだ。メッセージの内容は次のとおり:

「僕の名前は“yubraj(ネパール語で皇太子の意)”。数日前、パラス皇太子の記事が掲載されていたけど、あんなことはあり得ない。彼はすっかり変わったんだ。だから彼の品位を損なうような無意味な記事は載せないでほしい。分かってもらえたかな? よろしく頼むよ」。

 メッセージには別のネパール人男性3人と一緒に、地下鉄駅のゴミ箱前に立つパラス氏の写真が添付されていたという。「皇太子」を自称している点から見ても、パラス氏本人がメッセージを送信した確率がかなり高いとみられている。

「My Sansar」の記事、そしてパラス氏本人のものとみられるメッセージには、多数のコメントが寄せられているという。「パラスは一生変わらない」、「もう一般人なんだから、好きなように生活する権利がある」など、内容はさまざまのようだ。(c)IANS/Sudeshna Sarkar
[PR]

by deracine69 | 2008-08-08 18:00 | アジア・大洋州  

シンガポールにも放射能漏れ通知=米

8月8日1時38分配信 時事通信

 【シンガポール7日時事】シンガポール国防省は7日、同国に寄港したことがある米原子力潜水艦ヒューストンで2006年以降、放射能を帯びた水が漏れていたとの通知を米海軍から受けたと発表した。

 同省によると、ヒューストンは06年9月にシンガポールのチャンギ海軍基地に寄港していたが、5日間の入港中、同基地の空中・海中の放射能レベルを常時検知するシステムで、安全基準を超える放射能は検知しなかったという。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-08 01:38 | アジア・大洋州  

元皇太子が出国=王制廃止で落胆、亡命か-ネパール

7月2日14時9分配信 時事通信

 【ニューデリー2日時事】王制が廃止されたばかりのネパールのパラス元皇太子(36)が1日、シンガポールに向けて出国した。一市民となったことに落胆しており、一部の地元メディアは亡命する可能性もあると伝えている。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-02 14:09 | アジア・大洋州