タグ:ジャーナリスト ( 6 ) タグの人気記事

 

<川田龍平さん>ジャーナリストの堤未果さんと結婚

3月3日20時53分配信 毎日新聞

f0013182_2140185.jpg 薬害HIV訴訟の元原告で参議院議員の川田龍平さん(32)が3日、ジャーナリストの堤未果(みか)さんと結婚したと発表した。川田さんは「彼女は最大の理解者であり大きな支え。未熟な2人ですが、一生懸命頑張りたい」とのコメントを発表した。堤 未果(つつみ みか) 職業: 著作家・ジャーナリスト  国/地域: 東京都渋谷区 東京生まれ。ニューヨーク州立大学国際関係論学科学士号取得。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号取得。国連、アムネスティインターナショナルニューヨーク支局局員を経て、米国野村證券に勤務中に9・11に遭遇。現在は帰国してNY-東京間を行き来しながら執筆、講演活動を行っている。国際政治環境研究所理事。著書に「空飛ぶチキン~私のポジティブ留学宣言~」(創創社出版)「グラウンド・ゼロがくれた希望」(ポプラ社) 2006年に出版した「報道が教えてくれないアメリカ弱者革命~なぜあの国にまだ希望があるのか~」(海鳴社)で、日本ジャーナリスト会議黒田清新人賞受賞。「貧困大国アメリカ(岩波親書)」が近々に刊行。朝日ニュースター「ニュースの深層」サブキャスター、「デモクラシーナウ!」解説者。

[PR]

by deracine69 | 2008-03-03 20:53 | 政治  

撮影中の長井さん、至近距離から狙い撃ちか

9月28日15時51分配信 読売新聞

 【バンコク=田原徳容】ミャンマー軍事政権の反政府デモ鎮圧の様子を撮影中に流れ弾を受けて死亡したとされるニュースプロダクション「APF通信社」(東京都港区)の契約記者、長井健司さん(50)が治安部隊に狙いを定めて銃撃された可能性が高いことが28日、明らかになった。

 在ヤンゴンの本紙通信員が事件現場にいた人から聞いた話などによると、27日午後、長井さんは、治安部隊と市民らがにらみ合う状態を直近からビデオカメラで撮影していたといい、治安部隊側に気づかれていたとみられる。長井さんは胸を貫通する銃弾を受け即死しており、至近距離から意図的に銃撃された可能性が高い。軍政は武力行使の場面を撮影されることに神経をとがらせており、デモ弾圧では、治安部隊や警察が、カメラやビデオを所持した市民らに銃を向ける場面が多数目撃されていた。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-09-28 15:51 | アジア・大洋州  

本紙通報員を連行 ミャンマー軍政

2007年9月28日 15時03分 中日新聞・東京新聞

 【バンコク=平田浩二】ミャンマー軍事政権は28日未明、ヤンゴンで中日新聞(東京新聞)の通報員をしているミャンマー人男性を自宅から連行した。

 現地からの情報によると、治安当局者6人が同日午前零時50分ごろ、自宅を訪れ、理由を説明せず「事情を聞きたい」とだけ言い連行した。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-09-28 15:03 | アジア・大洋州  

長井さんの遺体、冷凍保存を要請 日本搬送も検討

9月28日13時36分配信 産経新聞

 【バンコク=藤本欣也】ミャンマーの反政府デモを取材していた邦人カメラマン、長井健司さん(50)が射殺された最大都市ヤンゴンでは28日、治安部隊が主な仏塔や僧院などに展開し厳戒態勢がさらに強化された。同日も僧侶らによる反政府デモが予想される中、ガンバリ国連特使の入国を受け入れたという軍事政権側がデモ隊への対応を軟化させるのか、武力鎮圧を継続するのか、予断を許さない状況が続いている。

 長井さんは当初、流れ弾に当たったとみられていたが、フジテレビが入手した映像によると、治安部隊の兵士が至近距離から長井さんとみられる男性に発砲していることがわかった。

 在ミャンマー日本大使館では、軍事政権に対し長井さんの遺体の冷凍保存を要請するとともに、長井さんの死亡の経緯を引き続き調べている。遺体の日本への搬送については、関係者が同国入りしてから話し合う。軍政当局は27日夜、ヤンゴン総合病院で長井さんの遺体を司法解剖したという。

 ミャンマー国営テレビは27日夜、「日本人1人を含む9人が死亡、11人が負傷した」と報道。ミャンマー国営紙「ミャンマーの新しい灯」は28日、長井さんが「観光ビザで入国したにもかかわらず、抗議活動の取材中に死亡した。ビデオカメラと携帯電話を所持していた」と伝えたという。

 AP通信によると、27日のヤンゴンでの反政府デモには7万人以上の僧侶や住民が参加し、「われわれに自由を与えよ」などのスローガンを叫びながら行進。治安部隊は少なくとも市内4カ所で発砲を繰り返したといい、実際の死傷者数は当局の発表を上回るものとなっているのは確実だ。

 軍事政権は僧侶と住民を分断するため、ヤンゴン市内のシュエダゴン・パゴダ(仏塔)やスーレ・パゴダのほか、主な僧院に治安部隊を展開し封鎖を強化。27日夜以降、大規模デモや衝突は起きていないもようだ。

 ヤンゴンでは18日から連日、燃料費の大幅値上げに抗議する僧侶らの大規模デモが続いている。軍政側は25日、ヤンゴンと第2の都市、マンダレーに夜間外出禁止令を発令する一方、ヤンゴン市内の僧院を急襲し、僧侶数百人を拘束するなど弾圧を強化。それでも反政府デモを継続する僧侶や住民に対し、治安部隊が26日、無差別発砲するなど武力鎮圧に乗り出し、これまでに100人以上が死傷する惨事となっている。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-28 13:36 | アジア・大洋州  

<ミャンマー>長井健司さん、銃弾に倒れてもカメラ離さず

9月28日2時6分配信 毎日新聞

 銃弾に倒れてもなお、右手に持ったカメラを離さなかった。映像ジャーナリストの長井健司さん(50)は緊張が続くミャンマーの最前線に立ち、取材活動を続けていた。デモ鎮圧のため治安部隊が無差別発砲し、多数の死傷者が出たミャンマーの最大都市ヤンゴン。軍事政権は強硬措置を打ち出し、ついに市民に銃口を向けた。長井さんはその現実を世界に発信しようとしていた。

 長井さんはAPF通信社(東京都港区)の契約記者兼カメラマンで、イラク戦争やパレスチナ、中国と北朝鮮の国境地帯など、危険な地域での取材経験が豊富だった。

 27日夜、同社の事務所には多くの報道陣が詰めかけた。対応した山路徹社長(46)によると、午後11時過ぎ、外務省からメールで遺体の顔写真3枚が届き、長井さんと確認した。愛媛県今治市に住む長井さんの父親に伝えると、言葉はなく無言だったという。

 山路社長は目を赤くしながら、「長井さんは怒りを持って現場に入り取材する人だった。非常に残念だ」と声を詰まらせた。「誰も行かない所に誰かが行かなければならない」が長井さんの口癖だったといい、「実情を伝える人間が1人減ったという思いだが、我々はやるべきことを続けたい」と話した。

 長井さんは当初タイ・バンコクで別の取材をしていた。ミャンマーでデモが起きたため「取材したい」と願い出て、25日から現地入り。山路社長が長井さんと最後に会話を交わしたのは、27日昼過ぎで、電話で「現地はまだ比較的平穏だが、これからデモが始まるかもしれない」と話していたという。

 ロイター通信が27日配信した写真には、デモ隊と軍の衝突の場面で倒れている男性が写っていた。長井さんの現地リポートを紹介してきた日本テレビは、同日夜の番組で「男性は長井さんとみられる」と報じた。男性はあおむけで苦しそうに顔をゆがめ、腹部に血がにじんでいる。しかし、右手にはビデオカメラが握られていた。

 長井さんは26日、日本テレビの番組で「昨日(25日)の夜にヤンゴン入りした。夜は平穏だったが、今日の朝いきなり僧侶のデモがあり、銃を装備した軍が道路を封鎖した。そこに突然、群衆がわーっと来て、挑発するように通り過ぎた。軍の威嚇射撃で現場がパニック状態になった。明日(27日)は何かが起こりそうな不安がある」と現地の状況を語っていた。

 ミャンマーで何度も取材してきたカメラマン、三留理男さんは「デモ隊に交じって取材するカメラマンは目立つ。一般的に流れ弾に当たって死亡する確率は低い。軍から狙い撃たれた可能性もある」と推測。その上で「残念な結果だが、武装した軍が非武装の市民に銃口を向ける事態は危険を冒してでも報道する価値がある」と話した。

 イラク取材中に銃撃され死亡したジャーナリストの橋田信介さんの妻幸子さんは「ミャンマーでは77年から00年ごろまで夫と30回近く取材をした。ミャンマー人は普段はおとなしいが、突然激しくなることがあり、現地ではフィルム没収などのリスクがつきまとう。現地で長井さんに適切な協力者がいたかどうかが気がかりだ」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-28 02:06 | アジア・大洋州  

シンガポール紙記者拘束=趙元総書記の語録集入手?-中国

 【シンガポール30日時事】シンガポールの有力英字紙ストレーツ・タイムズの香港駐在記者が中国当局に拘束されていたことが30日明らかになった。今年1月死去した中国の趙紫陽元共産党総書記に絡む国家機密漏えいの容疑をかけられているとみられる。シンガポール外務省も拘束の事実を確認した。
 記者の妻が香港のメディアなどに語ったところによると、記者は4月22日、広州で関係筋から趙氏に関する文書を受け取った後、拘束されたという。
 ロイター通信によると、この文書は趙氏が軟禁されていた15年の間、同氏の側近が秘密裏に書き取った趙氏の語録集。趙氏の家族によれば、これが明るみに出れば、胡錦濤政権の正当性が揺るぎかねないという。 
(時事通信) - 5月31日3時0分更新
[PR]

by deracine69 | 2005-05-31 03:00 | アジア・大洋州