タグ:タイ ( 281 ) タグの人気記事

 

タクシン派デモ1万人、首相府包囲 タイ・バンコク

2009年2月24日22時9分 朝日新聞

バンコクで24日、議会解散などを求めて首相府に向けて行進するタクシン元首相の支持者たち=AP
 【バンコク=山本大輔】タイのタクシン元首相を支持する「反独裁民主同盟」は24日、アピシット政権退陣などを求めてバンコクで大規模デモを実施し、警察によると約1万人が首相府を包囲した。ステージも設置しており、少なくても数日間は包囲を続けるとしている。

 政府は警察・軍など約7千人を動員したが阻止できず、首相府内に兵士らを配置して警戒にあたっている。アピシット首相は、この日の閣議を中部ホアヒンに移して行ったが、「明日は首相府で職務する」と話した。ホアヒンでは27日から東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議が予定されており、ここでも「同盟」の一部が反政府行動を検討しているとの情報もある。

 「同盟」は、昨年に首都の2空港を占拠した反元首相派「民主主義市民連合(PAD)」指導者の訴追や、PADアドバイザーだったカシット外相の罷免、早期の解散・総選挙を求めている。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-24 22:09 | アジア・大洋州  

羽田~バンコク便就航へ-日本・タイ航空協議が合意

2009年2月4日12時35分 羽田経済新聞

 国土交通省は2月2日、日本とタイの航空協議の合意により、タイの航空会社による羽田~バンコク間の1日1便の運航を可能にすると発表した。

 運航は2010年10月に予定されている羽田第4滑走路の供用開始後の深夜早朝時間帯(22時~翌7時)で、日本企業についても同様の権益を確保した。両国の航空会社による2空港を結ぶ新路線が実現する。

 同合意では成田空港の週1便の増便も認めた。これによりタイの航空会社は同空港の第2滑走路北伸工事が完了する2010年3月以降に、旅客便を週合計22便まで成田路線に運航させることができる。

 2008年冬期スケジュールでは、日本とタイの間には両国の航空会社6社が旅客便を週合計90便運航する。年間輸送実績は235万人(2007年度)。

 羽田空港の新滑走路供用開始後の新国際線発着枠に向けた航空交渉はすでにマレーシア・韓国・シンガポール・フランス・イギリスと合意しており、同空港から各国の都市への直行便の運航が可能になっている。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-04 12:35 | アジア・大洋州  

出口に客殺到で悲劇に、タイのナイトクラブ火災

2009.1.1 16:52 産経新聞

多数の犠牲者が出たバンコクの高級ナイトクラブ火災(AP) 悲鳴を上げ、1つの出口に殺到する客たち-。バンコク有数の著名ナイトクラブ「サンティカ」で1日未明に発生した火災は、新年を祝いに約1000人の外国人やタイ人が集まったパーティーを暗転させた。

 日本人の友人と新年を祝っていたタイ人女性は「バンドが演奏するステージの方から火の手が上がり、急いで出口から外に出た。気が付いたらけがをしていた」と声を震わせた。別の女性によると、花火のような爆発音が聞こえた後、火災が発生したという。

 背中と足に大やけどを負った和田桂一さんを市内の病院で見舞った日本人男性(47)によると、和田さんは男性に筆談で「友達と一緒に逃げようとしたが、はぐれた。後はよく覚えていない」と説明したという。 消防関係者によると、客が分かる出入り口が一つしかなかったことなどが被害を大きくした。(共同)


チュラー病院、パブ火災による邦人男性の死亡を確認
2009年1月1日14時25分 タイの地元新聞を読む

 1日昼過ぎのタイPBSのニュースによると、チュラーロンコン大学病院は同日0:00過ぎに発生したパブ"サーンティカー"の火災により日本人男性のケイイチ・ワダさん(タイ語発音から推測)の死亡を確認した。

 同報道によると、火災により同日昼までに89人の死亡、200人以上の負傷が確認されており、死亡者の内30人は依然身元が判明していないという。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-01 16:52 | アジア・大洋州  

ポチャマン元夫人、タイに帰国 タクシン氏の意向伝える?

12月6日20時17分配信 産経新聞

 【バンコク=菅沢崇】タイのタクシン元首相派のソムチャイ政権が崩壊し、連立与党6党が次期首相の候補者選定を急ぐ中、先に元首相と離婚したポチャマン氏が5日、滞在先の香港から帰国した。元夫人は帰国理由を「近く行われる母親の手術のため」としているが、新政権樹立を前に、元首相の意向をタクシン派政党に伝え、結束を確認する狙いもあるとみられる。

 ポチャマン氏は今年7月、親族への株譲渡をめぐる脱税などで禁固3年の有罪判決を受けて現在控訴中。10月には国外亡命中のタクシン氏も国有地購入をめぐる職権乱用で、有罪判決を受けた。元首相は資産約760億バーツ(約2000億円)も没収される可能性があり、元夫人は11月、自らの資産保全のため元首相と“書類上”離婚したとみられている。

 帰国した元夫人は、控訴中のためいったん身柄を拘束される可能性もあるが、その場合でもすぐに保釈される見通しだ。

 タイでは2日、憲法裁判所によって「国民の力党」など与党3党に解党命令が下されて政権が崩壊した。だが、国民の力党の8割強の議員がすでに受け皿政党の「タイ貢献党」への移籍を終えるなど、旧与党6党は再び従来の枠組みによる新政権樹立に動いている。

 13日には、元首相支持者らがバンコクで大規模集会を予定しており、国外亡命中の首相は、集会の席上、国際電話で政界復帰を宣言し、反撃ののろしをあげる見通しだ。一方、唯一の野党民主党は5日、タイ貢献党を除く5党に対し、民主党との連立を呼びかけた。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-06 20:17 | アジア・大洋州  

<タイ>国王「訓話」せず 誕生日儀式を病気欠席

12月4日21時12分配信 毎日新聞

 【バンコク藤田悟】タイのプミポン国王の81歳の誕生日を祝う仏教儀式が4日、バンコクの王宮で行われた。国王は毎年、誕生日前夜のこの儀式で国民向けに訓話を行うのを恒例としているが、姿を見せずシリントン王女が代理出席した。

 王女は「国王は今朝からのどの調子が悪く、大事を取って休養してもらっている」と説明し、重病ではないと述べた。国王は2日の国軍パレードには出席していた。

 2日の憲法裁判決でソムチャイ政権が崩壊したが、タクシン元首相派の与党勢力と反政府勢力の間で対立が続き、国民に多大な影響力を持つ国王がどのような「訓話」をするのか注目されていた。

 欠席は、対立が続く中で発言をすることで、言葉が都合よく解釈され、政治利用されることを懸念したとの見方もある。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-04 21:12 | アジア・大洋州  

「一時休戦」に残る火種=タクシン氏側近らが首相候補、反発必至-タイ

12月3日16時38分配信 時事通信

 【バンコク3日時事】タイの反タクシン元首相派の市民団体「民主主義市民連合」が3日、ソムチャイ政権の崩壊を理由に、半年ぶりに反政府活動を中止した。旧与党側は同政権を支えた6党の枠組みを維持した新政権の樹立を目指しており、新首相候補には、タクシン氏側近らの名前が挙がっている。タクシン派の政権が誕生した場合、市民連合の反発が予想され、地元紙は「一時の休戦」(バンコク・ポスト紙)と報じるなど、混乱の再燃を懸念する声が出ている。

 市民連合幹部のソンティ氏は2日、「ソムチャイ政権の退陣と憲法改正阻止の目標を達成した」とし、活動を中止する理由を説明。一方で「(タクシン氏の)かいらい政権の誕生や憲法改正の動きがあった場合、活動を再開する」と警告した。

 新首相は8日の臨時国会で選出される。憲法裁判所から解党を命じられた旧国民の力党の間では、タクシン氏の側近らが新首相候補として取りざたされている。

 タクシン派の市民団体「反独裁民主同盟」は、「市民連合が国会を包囲して首相指名阻止に取り組む恐れがある」と、早くも警戒を強めている。

 タクシン氏直系の新政権が誕生した場合、同氏の復権に向け憲法改正に取り組む可能性が高く、市民連合を刺激するのは必至。混乱の火種は残ったままだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-03 16:38 | アジア・大洋州  

タイ反政府勢力が空港撤収開始、完全復旧まで2週間

12月3日12時37分配信 読売新聞

 【バンコク=田原徳容】タイの首都バンコク郊外のスワンナプーム国際空港を占拠していた反政府勢力「市民民主化同盟(PAD)」は3日朝、ソムチャイ内閣の総辞職を受けて撤収を開始、9日間にわたった空港封鎖は終結した。

 2日夜には航空貨物輸送が再開。空港当局によると、一部の国際線旅客機も4日深夜から運航を始めるが、完全復旧まで約2週間かかるとみており、当面は軍用空港を利用した代替輸送が続く見通しだ。

 PADは、バンコクのドンムアン空港からも撤収を開始した。有力指導者のチャムロン元バンコク知事は3日朝、スワンナプーム空港で「我々は政権打倒を実現した」と語り、支持者らと握手を交わした。PAD幹部は完全撤収後、警察に出頭するという。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-03 12:37 | アジア・大洋州  

市民連合、空港引き渡し=反政府活動、半年ぶりに中止-タイ

12月3日11時22分配信 時事通信

 【バンコク3日時事】タイの反政府市民団体「民主主義市民連合」は3日、5月の反政府デモ再開以来、半年に及んだ反政府活動を中止した。ソムチャイ前首相の辞任を求め占拠を続けていた新バンコク国際空港(スワンナプーム空港)とドンムアン空港からは支援者が撤収。両空港を当局に引き渡した。空港職員や航空会社の社員らが運航再開の準備を進めた。

 市民連合が3カ月余りにわたって活動拠点にしていた首相府からは支援者の撤収が完了しており、4日に政府に明け渡す予定。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-03 11:22 | アジア・大洋州  

天声人語

2008年12月3日 朝日新聞 天声人語

 ラーチャプルックという優しい名の花木をご存じだろうか。熱帯アジアの原産で、樹上から垂れる黄色の花房と芳香は英名「ゴールデンシャワー」の通りだ。国花とするタイ政府のサイトには「仏教の色ともいえる輝くような黄。国王がお生まれになった月曜日の色でもあります」とある

▼その神聖な色をまとった群衆が、国を大混乱に陥れた。バンコクの反政府団体が国際空港を占拠して1週間のきのう、反政府色の強い憲法裁判所が与党に解党を命じ、首相は失職した。ついに政権崩壊である

▼外国からの旅行者20万人以上が今も足止めされている。所持金が尽きた学生、持病の薬が底をつく観光客、子どもの受験帰国を焦る在留邦人。誰の目にも黄は「迷惑の色」だったろう

▼反政府派が批判するタクシン元首相は、06年のクーデターで失脚した。ところが07年の総選挙で、農民の支持が厚いタクシン系の政党が大勝する。旧支配層が支援する反政府派は、元首相の復権を恐れて実力行使を始め、親政府派との流血もあった

▼歌で気勢を上げた彼らは市民革命と自賛するが、対外的な信用、国内経済への打撃は小さくない。「何やってんだ」が万国の言葉で飛び交ったはずだ。国民の多くも国の恥とあきれたのに、その色に恐れをなしてか警察の動きは鈍かった▼空港の黄色衆の大半が赤く染まらぬまま、撤収に向かうのは幸いだ。政治の危機には、在位62年のプミポン国王と国軍が乗り出すのがタイ流と聞く。両者がどう動くにせよ、選挙が占拠に負けては民主主義が泣こう。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-03 06:00 | アジア・大洋州  

タイバーツが約2年ぶり安値、政情不安がセンチメント冷やす

12月2日18時33分配信 ロイター

 [シンガポール 2日 ロイター] 政情不安の続くタイ。危機の深刻化は投資家センチメントを冷やしている。タイバーツは2日、対ドルでほぼ2年ぶりの安値に下落、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)プレミアムは拡大した。

 タイ憲法裁判所は2日、与党「国民の力」(PPP)党に対し、選挙で不正行為があったとして解党を命じた。憲法裁の判決は危機打開を後押しする、との見方が一部に広がり、バーツと株は小幅上昇した。

 政治の混乱は、タイでは珍しい出来事ではない。ここ数年だけでも、タクシン首相(当時)を失脚させた軍のクーデターを始め、政局が流動化する局面が何度かあった。しかし、今回の混乱は世界的に経済情勢が悪化するなかで起こった。

 国際格付け機関のスタンダード&プアーズ(S&P)とフィッチ・レーティングスは1日、タイの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更した。

 INGのアジア調査責任者、ティム・コンドン氏はリポートで「政治的混乱が長期化すれば、2009年中盤までに格下げされると予想している」と述べた。

 2007年2月以来の安値となる1ドル=35.83バーツまで売られていたバーツは、憲法裁の判決が伝わると35.62バーツに持ち直した。

 「ドルを売ってバーツを買う動きが一部に出た。情勢不安が解消すると考えたからだろう」(在バンコクのトレーダー)という。

 憲法裁はPPPと連立を組む2党に対しても解党命令を下した。

 タイのCDSプレミアムは350ベーシスポイント(bp)と、前日の320bp付近からワイド化。過去1カ月で約150bpワイド化している。

 バンコク株式市場のSET指数は0850GMT(日本時間午後5時50分)現在、約2%下落。前日も2.72%下落している。ある証券会社によると、外国人は11月末までの12週間で約13億ドル相当のタイ株を売却した。

 タイ中銀は3日に金融政策会合を開く。アナリストの間では1年4カ月ぶりに利下げするとの見方が大勢となっている。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-02 18:33 | アジア・大洋州