タグ:チベット ( 178 ) タグの人気記事

 

オアシスの中国公演中止に チベット支援巡り当局決定

2009年3月4日10時54分 朝日新聞

 【ロンドン=土佐茂生】英国の人気ロックバンド「オアシス」が4月に予定していた北京と上海での中国公演が中止になった。英メディアによると、メンバーが過去にチベット支援コンサートに参加していたことを理由に、中国当局が中止を命じたという。

 オアシスは2日に声明を出し、「ひどく失望した。当局が決定を考え直し、中国ファンのために演奏できるようにしてほしい」と求めた。

 英タイムズ紙によると、オアシスは2月28日に中国の主催者から、中国政府が公演許可を取り消したとの連絡を受けた。1997年にニューヨークで開かれたチベット支援コンサートに同バンドのギタリスト、ノエル・ギャラガー氏が参加していたため、中国当局から「ふさわしくない」と認定された。中国当局は主催者に、チケットの販売中止と購入者への代金払い戻しを命じているという。
[PR]

by deracine69 | 2009-03-04 10:54 | アジア・大洋州  

ダライ・ラマ「中国指導部に失望」 対話路線めぐり

2008年10月26日20時21分 朝日新聞

 【ニューデリー=小暮哲夫】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は25日、チベット亡命政府のあるインド北部ダラムサラで、中国との対話路線について「中国指導部に失望した」と語った。そのうえで、11月にダラムサラで開く亡命チベット人の代表を集めた緊急会議に、対話路線を続けるかどうかの議論をゆだねる考えを示した。

 同日にあった亡命チベット人の学校での式典の祝辞の中で述べた。側近のテンジン・タクラ氏が朝日新聞記者に明らかにした。

 チベット人の自治獲得を目指した対話路線についてダライ・ラマは「中国側から前向きな反応がない。私の責任の限りで、互いに受け入れ可能な解決策を見つけようと努めてきたが、現在の中国指導部には失望した」と語った。

 ダライ・ラマは9月、各地から数百人の亡命チベット人を集めた緊急会議を開くことを呼びかけた。会議は11月17~22日に開かれる。会議についてダライ・ラマは「チベット問題はダライ・ラマ個人でなくチベット人全体の問題。効果的な他の選択肢を探ってほしい。結論はすぐに出ないだろう。これが始まりになる」と述べた。

 発言についてタクラ氏は「対話路線を放棄したわけではない」と説明した。ダライ・ラマ特使と中国との次回対話は10月末にも北京で開かれる予定だ。

 緊急会議にはダライ・ラマと路線を異にし、独立を求めるチベット青年会議も参加。対話路線以外にどんな道があるのか、難しい議論が予想される。

 ダライ・ラマは88年、独立でなく「高度な自治」を求める姿勢を表明。02年からダライ・ラマ特使と中国との間で対話が続いていた。だが、目立った成果がなく、中国国内でチベット人への締め付けが強まるなか、今年3月にチベット騒乱が発生。7月の対話でダライ・ラマ側は「中国側の真摯(しんし)な姿勢がなければ、対話継続に意味はない」とし、亡命チベット人の間でも対話継続に疑問の声が出ていた。

 ダライ・ラマが将来の路線の議論をゆだねた背景には、73歳の自身が亡くなった後も運動が弱体化しないようにとの考えもあるとみられる。今年3月には、01年に亡命政府の首席大臣の直接選挙を導入したことに触れ、「自分は半分引退した身。完全な引退を探っている」と語っていた。

 ダライ・ラマは福岡県仏教連合会の招きで31日、日本を訪問する。東京や北九州市で講演し、11月7日まで日本に滞在する。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 20:21 | アジア・大洋州  

釈放された米国人抗議者、中国拘留所の実体験語る

08/08/28 00:17 大紀元時報

 【大紀元日本8月28日】五輪開催期間中に、北京でチベット弾圧を抗議したため逮捕・拘禁された米国人8人は8月24日釈放されて米国に帰国し、監禁中の実体験を語った。

 この8人は身柄拘束10日間を処せられたが、米国政府の尽力により5日目の24日に釈放された。ラジオ自由アジア (RFA)は、抗議者らの証言を報じた。

 マイケル・レスさんによると、中国の警官が一行を尾行し、しかもマイケルさんの仲間同士の電話の通話内容まで把握していた。レストランで食事を取ることまでも、当局に通報する者がいるという。逮捕された当日には夜通しの取調べを受け、24時間睡眠が取れなかった。後に拘留所に移送された。全員が単独の取調べ、監禁を受けた。10日間の身柄拘束を言い渡されたのも、いかなる法的審理を受けてない上、罪状もわからないという。

 ジョン・オトボさんは抗議する当初の状況を説明した。「我々は道端でチベットの旗を広げた。すると、すぐに数十人の私服警官がやってきて私たちを取り囲み、乱暴に逮捕した。中国当局はチベット人にもそのようなやり方を講じているのであろう」。

 マイケル・レスさんは今回の監禁中の最もつらい出来事を明かした。それによると、監禁施設に連行された当初、自分の居場所を告げられなかったので強い恐怖を覚えていた。そこに監禁されていた一人の法輪功学習者の善良な振る舞いが彼を深く感動させ、後に(心を落ち着かせようと)座禅を教わった。この若者は2年の強制労働収容を処せられたため、警察に連れて行かれた際、マイケルさんは涙を流したという。

 マイケルさんは、「短い間だが、彼から多くのことを教わった。私はもっと知りたかった。彼との絆すら感じた。そのときに警察が彼を連れ出した。同じ牢獄にいた人は皆彼との別れを惜しんでいた」と語り、法輪功を放棄しないために強制労働収容所に送られ、虐待と拷問を受けることに、理解し難い気持ちを示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-28 00:17 | アジア・大洋州  

チベット発砲報道を亡命政府否定、仏紙もサイトに訂正文

8月22日22時23分配信 読売新聞

 【ニューデリー=永田和男】インド北部ダラムサラに本拠を置くチベット亡命政府のトゥプテン・サンペル報道官は22日、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が「中国軍が18日、チベット系住民に発砲した」と語ったとの仏紙ル・モンドの報道について、「ダライ・ラマ(の発言)が誤って引用された」と読売新聞に述べ、報道内容を否定した。

 サンペル氏は「今週になって、チベット系住民に対するいかなる発砲も確認されていない」と語った。

 亡命政府のウェブサイトで22日発表された説明によると、ル・モンドの記者が中国軍部隊がデモ隊に発砲したとの情報があると述べたのに対し、ダライ・ラマは「我々も(そのような話を)聞いたが、確認するすべがない。だから私には分からない」と話し、死傷者数などについても言及しなかったとしている。

 【パリ=林路郎】仏紙ル・モンドは、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が同紙のインタビューで、「中国チベット自治区で18日、軍が住民に発砲し、140人が死亡した可能性がある」と発言したとする記事について21日、「発言はダライ・ラマ側近のものだった」とする訂正文を同紙サイト上に掲載した。

 訂正文では、記者が側近から聞いた「死者140人」との情報について、ダライ・ラマ本人に質問したところ、ダライ・ラマは、数字は確認が必要だと答えたとしている。記事を執筆したのは、宗教を専門とするアンリ・タンク記者(62)で、専門書などの著作も多いという。

 一方、ダライ・ラマは22日、南仏エロー県で仏教寺院の落成式に出席し、サルコジ大統領のカーラ夫人らと面会した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-22 22:23 | アジア・大洋州  

「140人殺害」の仏紙報道、ダライ・ラマ事務所が否定

2008.8.22 08:14 産経新聞

 フランスのルモンド紙がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世のインタビュー記事で、中国のチベット民族が住む「カム」地方で起きたとされる中国軍による発砲事件の死者数について、ダライ・ラマの事務所は21日、ダライ・ラマが「140人と述べた」とする記述を否定した。フランス公共ラジオが伝えた。

 フランス訪問中のダライ・ラマは22日、フランス南部エロー県の仏教寺院でサルコジ大統領夫人のカーラ・ブルーニさんや、クシュネル外相、ヤド外務・人権担当相と会談。サルコジ氏は中国とのさらなる関係悪化を避けるため、ダライ・ラマと会談しないことを決め、中国の圧力に屈したとして野党から非難された。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-22 08:14 | アジア・大洋州  

五輪開催中に中国がチベット弾圧か

8月21日23:22 TBS News

 フランスを訪問中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が21日、ルモンド紙のインタビューに対し、「今月18日に中国軍がチベット人の群衆に発砲し、およそ140人が死亡した可能性がある」と語りました。

 21日発売のルモンド紙の中でダライ・ラマ14世は、「今月18日にチベット東部のカム地方で中国軍がチベットの群衆に発砲した。数字は確認する必要があるが、おそらく140人のチベット人が殺害された」と述べ、オリンピックの開催中も、中国政府がチベットへの弾圧を増大させているとして強く非難しました。

 さらに、ダライ・ラマは、チベット民族居住区の中に新たに軍の野営地の建設が進められており、「野蛮な抑圧計画が長期化しつつある」と指摘しました。

 また、再開された中国政府との対話については、オリンピックまでは「胡錦濤主席が真剣な議論を約束した」が、既に「失望し、壁に突き当たっている」との見方を示しました。

 こうした状況を受け、チベット亡命政府の議会が9月に招集されるということです。

 ダライ・ラマ14世は今月11日から23日までの予定でフランスを訪問中ですが、目的は「宗教的なもの」だとして、これまで中国政府への批判をしていませんでした。

 ルモンド紙の報道について、中国外務省の報道官はJNNの取材に対し、「記事は読んだが、情報がないので確認できない」とコメントしています。


チベット民族居住地区で発砲 中国外務省「確認しようがない」
2008.8.21 23:45 産経新聞

 中国外務省当局者は21日、中国軍が北京五輪期間中の18日に、中国のチベット民族居住地域で群衆に向け発砲、多数の死者が出たとの仏紙報道について「報道を見ておらず確認のしようがない」と述べた。

 当局者は「どんな状況か分からない」として、外務省として今後、報道について確認する考えを示した。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-21 23:22 | アジア・大洋州  

中国軍がチベット群衆に発砲、死者140人の情報も─ダライ・ラマ=仏紙

8月21日21時8分配信 ロイター

 [パリ 21日 ロイター] チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が、中国軍が今月18日にチベット東部のデモ参加者たちに向けて発砲したとして、中国当局を非難した。また、チベット人140人が死亡したとの未確認情報があることも明らかにした。

 21日付の仏紙ルモンドとのインタビューでダライ・ラマが語った。

 それによると、現場はチベット東部のKhamという地区。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-08-21 21:08 | アジア・大洋州  

超豪華列車の運賃5万円超、中国チベットの青蔵鉄道

2008.8.21 19:31 産経新聞

 中国の通信社、中国新聞社(電子版)は21日、チベット自治区ラサと青海省西寧を結ぶ「青蔵鉄道」で9月から新たに運行される豪華観光列車の運賃が500ドル(約5万4000円)になると伝えた。

 豪華列車は5つ星ホテル並みの内装が施され、欧州などの富裕層をターゲットにする。現在、同区間の最も高い運賃は600-800元(約9500-1万2000円)。

 青蔵鉄道は「世界の屋根」チベット高原を貫き、最高地点は5072メートル。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-21 19:31 | アジア・大洋州  

「自由チベット」訴え拘束 北京で米芸術家ら6人

2008.8.20 08:47 産経新聞

 中国の警察当局は19日、北京市内のビルにレーザー光線で「自由なチベット」の英語メッセージを映し出そうとした米国の男性グラフィティアーティスト、ジェームス・パウダリーさんを拘束した。同様のメッセージを横断幕で訴えた別の米国人5人も拘束された。

 パウダリーさんの関係者や、チベット独立を目指す団体「自由チベット学生運動」(本部・米ニューヨーク)が明らかにした。

 パウダリーさんは19日未明、緑色の光が出る携帯型のレーザー装置を持って投射の準備をしているところを拘束された。別の5人は同日深夜、同様のメッセージを英語と中国語で訴えた横断幕を五輪会場近くで約20秒間掲げた。

 パウダリーさんは超高層ビルにレーザー光線をあてて文字などを映し出すアーティストとしてニューヨークでは有名。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-20 08:47 | アジア・大洋州  

仏外相と大統領夫人、22日にダライ・ラマと会談

2008年08月19日 17:35 AFPBB News

 【8月19日 AFP】フランスのベルナール・ クシュネル(Bernard Kouchner)外相は、カーラ・ブルーニ・サルコジ(Carla Bruni-Sarkozy)大統領夫人とともに22日、訪仏中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世と会談する。18日、外交筋がAFPに明らかにした。

 ダライ・ラマとクシュネル外相の会談は、当初20日に予定されていたが、グルジア・南オセチア自治州をめぐる情勢を受けて一旦取りやめとなっていた。日程再調整により、会談はダライ・ラマがフランス南部でチベット仏教寺院の落成式に出席するのに合わせて行われる。

 仏大統領府およびダライ・ラマ側近筋によると、暫定的に計画されていたニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)大統領との会談は、中国を刺激してチベット・中国間の対話の後退を避けたいダライ・ラマの意向を受けて撤回された。

 11日から12日間の日程で始まったダライ・ラマのフランス訪問は、再び中仏関係の緊張を招いた。

 ダライ・ラマは13日には上院で議員グループと非公開で会談したほか、16日には、前年の大統領選で敗れた社会党のセゴレーヌ・ロワイヤル(Segolene Royal)氏と会談した。(c)AFP
[PR]

by deracine69 | 2008-08-19 17:35 | ヨーロッパ