タグ:チリ ( 7 ) タグの人気記事

 

フジモリ氏の移送開始-チリ

9月22日22時9分配信 時事通信
f0013182_22475147.jpg
チリからペルーへの身柄引き渡しが決まったフジモリ元ペルー大統領の移送が22日、始まった。同日中にペルーに到着する見通し。写真はチリのサンティアゴ郊外で、空港に向けて警察に移送されるフジモリ氏(AFP=時事)
[PR]

by deracine69 | 2007-09-22 22:09 | 北米・中南米  

フジモリ元大統領、一両日中にペルーに送還へ

9月22日12時4分配信 読売新聞

 【サンティアゴ=中島慎一郎】フジモリ元ペルー大統領(69)の身柄引き渡しを認めたチリ最高裁は21日、フジモリ氏とペルー政府双方に決定を正式に通知した。

 フジモリ氏は一両日中にペルーに送還される見通し。

 チリ警察当局によると、フジモリ氏はサンティアゴ郊外の自宅からサンティアゴの空港に連行され、チリ北部アリカでペルー側に引き渡された後、陸路国境を越え、ペルー南部タクナからリマまで軍用機で移送される計画という。

 両国の犯罪人引き渡し協定によると、チリ側は3か月以内にフジモリ氏をペルーに引き渡さなければならない。ただし、フジモリ氏の弁護を担当したサリアスニク弁護士は21日、決定の通知から24時間以内にペルー側に引き渡せるよう準備を進めていると語った。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-22 12:04 | 政治  

チリ最高裁がフジモリ氏引き渡し決定、ペルーで裁判へ

9月21日22時23分配信 読売新聞

 【サンティアゴ=中島慎一郎】チリ最高裁の刑事法廷は21日、ペルー政府によるフジモリ元大統領(69)の身柄引き渡し要請を認める最終決定を言い渡した。

 決定に対する異議申し立ては認められず、フジモリ氏は刑事被告人として、本国ペルーで裁きを受けることが確定した。フジモリ氏は24時間以内に本国ペルーに送還される見通し。

 フジモリ氏のペルー帰国は、日本に事実上亡命した2000年11月以来約7年ぶりとなる。

 チリ最高裁が引き渡しを認めた2件の人権侵害事件について、ペルーで有罪が確定した場合、最高35年の禁固刑が科せられる。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-09-21 22:23 | 北米・中南米  

フジモリ氏、ペルー政界復帰に意欲?=引き渡し審理終了後に進退表明-側近

7月31日15時1分配信 時事通信

 【サンティアゴ31日時事】参院選に落選したフジモリ元ペルー大統領の側近であるラフォ・ペルー国会議員は30日、時事通信に対し、フジモリ氏が政界復帰を目指すとの見解を示した。同氏は落選直後の記者会見で、ペルー大統領選出馬などへの意欲について「必要なら挑戦する」と語っていた。

 同議員は「(チリ最高裁の審理が最終段階に入った)身柄引き渡しプロセスの結果が出てから、フジモリ氏自身が政治生命における次の一歩を明らかにする」とした上で、「同氏はペルーに戻ることを考えているし、国民は同氏が貧しい人たちのために働くことを期待している」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-31 15:01 | 北米・中南米  

フジモリ氏、軟禁下で選挙戦スタート

2007年07月12日 朝日新聞

 比例区に国民新党から立候補したアルベルト・フジモリ元ペルー大統領(68)は11日午後(日本時間12日朝)、チリ・サンティアゴ郊外の自宅で支援者との電話連絡やメディアへの対応に追われた。「大統領としての10年の経験をいかしたい」と抱負を語り、ペルー国会議員の長女ケイコ氏も訪れて父親を励ました。

 この日、ペルーからの引き渡し申請を却下する決定をチリ最高裁が出したことから、晴れ晴れとした表情で「私の無実が日本の皆様にもはっきり分かってもらえたと思う」と述べた。

 ただペルー側は異議申し立てをするとみられ、自宅軟禁の状態は変わっていない。本人不在のままの選挙戦について、フジモリ氏は「友人や党が私を支えてくれる」とし、「日本に送った映像のメッセージを見てもらえれば、私の考えは理解してもらえると思う」とも話した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-12 00:54 | 政治  

フジモリ元大統領あわや、肉を詰まらせ窒息状態

2月8日10時58分配信 読売新聞

 【リオデジャネイロ=中島慎一郎】7日付のペルー紙エル・コメルシオは、チリ滞在中のフジモリ元大統領が昨年11月、食事中に肉のかたまりをのどに詰まらせて窒息状態となり、警備のチリ人警官の救命措置で一命を取り留めていたと報じた。

 チリ警察関係者の話として伝えた。

 同紙によると、フジモリ氏は当時、サンティアゴ市内の高級住宅地の自宅で一人で昼食をとっていたが、突然、顔が青ざめ、話も呼吸もできない状態で外に現れ、自宅前で警備に当たっていた警官に助けを求めたという。

 警官はフジモリ氏を後ろから抱きかかえて胸部を拳で押し上げる応急措置を行った後、口に指を入れて肉を取り出し、近くの病院に運んだ。病院関係者が7日に読売新聞に明らかにしたところによれば、フジモリ氏は一晩入院した。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-08 10:58 | 北米・中南米  

<アニータさん>服役中の夫と面会 山形刑務所

2月2日12時9分配信 毎日新聞
チリの売春婦 千田は命に代えて14億の賠償を
 青森県住宅供給公社を舞台にした14億円横領事件で服役中の元同公社職員、千田郁司受刑者(49)のチリ人妻、アニータ・アルバラードさん(34)が2日午前、夫が服役する山形市の山形刑務所を訪れ、面会した。

 約1時間後、面会を終えたアニータさんは報道陣に「(千田受刑者は)寂しそうだった。離婚は絶対にない。(これから)チリに帰る」などと話し、チリのテレビ局スタッフとともにマイクロバスで刑務所を後にした。【林奈緒美】
[PR]

by deracine69 | 2007-02-02 12:09 | ひと