タグ:テニス ( 2 ) タグの人気記事

 

<五輪テニス>天才少年、壁厚く 錦織敗退

8月11日23時44分配信 毎日新聞

 【北京・長野宏美】「エアー圭」が北京のコートを跳ねた。男子テニスの錦織圭(にしこりけい)選手(18)は11日、シングルス1回戦でドイツのライナー・シュットラー選手(32)と対戦。日本男子のテニス史上最年少で五輪に出場した「天才少年」は、日の丸カラーのシャツで84年ぶりの初戦突破をめざしたが、惜しくも敗れた。

 2月にツアーで初優勝。一躍脚光を浴びた。飛び跳ねて打つダイナミックな姿から「エアー圭」と呼ばれる。11日はマッチポイント5本をしのいだが、最後のボールがネットにかかるとうなだれた。

 松江市生まれ。小学6年で全国大会3冠を達成した。「天才少年」と評されたが、一方で厳しい言葉をかけられると、コートで涙を流すもろさもあった。

 13歳で米国の名門アカデミーに留学し、1年目から頭角を現した。だが06年、日本で初めてツアー下部大会に出場し、プロの洗礼を受ける。「僕、ホームシックになったかも」。母恵理さん(48)にメールが届いた。渡米3年で初めての弱音。恵理さんは「プレッシャーも大きかったと思う」と思いやる。

 躍動するプレーの一方、心優しい少年だ。昨年炊飯器を買い、トレーナーの中村豊さん(36)に初めておにぎりを握った。「多弁ではないが、心遣いを忘れない」と中村さん。

 初出場の五輪でウインブルドン4強と互角に戦い、「1勝が夢だったので悔しい」と肩を落としたが、「4年後は金メダル目指して頑張る」と飛躍を誓った。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-11 23:44 | スポーツ  

コーチの一言で戦意喪失?=森上・中村組、台湾ペアに完敗-全仏テニス

2008/05/30-21:26 時事通信

 森上と中村が組んだ女子ダブルスは、台湾ペアからわずか1ポイント奪っただけの完敗に終わった。試合後、森上は「実は試合前、コーチの一人からいら立たしいことを言われ、がっかりしていた」と記者会見で暴露。戦意喪失気味だったことを明らかにした。

 相手の詹詠然、荘佳容ペアは昨年全豪、全米で準優勝した第4シードの強豪で、北京五輪に向けた「台湾の期待の星」。試合開始早々から9ゲーム連取する一方的展開となった。

 この力の差に加え、森上によると、あるコーチが、五輪出場が微妙な中村をポイント獲得に向けて来週の下部大会に出場させるため、「(全仏では)あまり勝ってほしくないんだよね」と発言したという。ひざのけがの痛みを押して出場した森上は、「一生懸命やっているのにショックだった。選手に言う言葉ではない。残念だ」。あまりにも不用意なコーチの言葉に怒りが収まらない様子で、なんとも後味の悪い敗戦となってしまった。(パリ時事)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 21:26 | スポーツ