タグ:テロ ( 74 ) タグの人気記事

 

インド同時テロ、「5000人殺害が目標だった」と当局者

11月30日13時0分配信 CNN.co.jp

ムンバイ(CNN) インド西部の商業都市ムンバイで起きた同時テロについて、マハラシュトラ州の当局者は29日の記者会見で、これまでの捜査結果に基き、犯行グループが5000人の殺害を計画していたと述べた。

市内9カ所の現場では少なくとも183人の死亡が確認され、AP通信は死者数を195人と伝えた。捜査当局は犯行グループの一部が逃走し、ムンバイ市内に潜伏しているか調べを進めている。

当局者はまた、拘束された犯人の1人がパキスタン人だったと述べ、事件とパキスタンのつながりを指摘。パキスタンのザルダリ大統領は、捜査に全面協力する方針を表明し、事件に関与したテロリストが実際にパキスタン人であった場合は「最も厳しい措置を取る」と明言した。同国のクレシ外相も同様の姿勢を表明し、犯行グループがパキスタン人である証拠をインド側が入手している場合は提示するべきだとコメントした。

CNN-IBNによると、捜査官らはムンバイ沖で漂流していた船舶から、複数の携帯電話と、ナビゲーション機器1台を発見。通信記録によると、携帯電話の通話先はパキスタンだった。船舶は乗っ取られており、船長は船内から遺体で発見され、乗組員4人は行方不明。

ブッシュ米大統領は事件の犠牲者に哀悼の意を表明するとともに、インドが多民族民主主義国家としてこの試練に耐えるだろうと述べ、テロとの戦いでインド政府と国民を支持する意向を示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-30 13:00 | アジア・大洋州  

NYでもテロの恐れ 米国土安全保障省

11月27日16時4分配信 産経新聞

 【ニューヨーク=長戸雅子】国際テロ組織アルカーイダがニューヨーク市と周辺の交通機関を標的としたテロ攻撃を行う可能性があると米国土安全保障省が警告したことを受け、ニューヨーク市警は26日、市内のターミナル駅などにふだんより多くの警官を配置するなど警戒措置を強化した。

 同市警のケリー長官は「具体的な攻撃情報はない」としながらも、米国が27日から感謝祭の連休に入ることで人が行き来し、集まるような場面では「常に警戒をしなければならない」と強調、安全確保のための人員配置を行ったと述べた。

 同省は「アルカーイダがニューヨーク市とその周辺の交通機関を標的にすることを9月下旬に話し合っていた可能性があるとの情報を入手した」と発表したが、「情報の裏付けは取れていない」ことも明かした。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-27 16:04 | 北米・中南米  

テロへの危機感 常に必要

2008年11月20日 朝日新聞
佐々淳行 元内閣安全保障室長

 1971年の暮れ、当時私の上司だった土田国保警視庁警務部長(元警視総監)の自宅に小包爆弾が届き、夫人が死亡するという事件があった。そのとき土田さんは記者会見で「私は犯人に言う。君らはひきょうだ」と言ったが、今回はそれとまったく同じことを感じる。ひきょうきわまりない犯罪だ。

 ただ、土田事件にははっきりとしたイデオロギー的な背景があり、事件のスジが読めた。それに比べると、今回の事件はスジが読めない。

 標的になった元次官が2人とも年金畑で、社会保険庁長官経験者であることから、年金問題への怒り、いわば「公憤」が誤った方向に爆発したという推測もできる。だが、一般人が、元次官2人の経歴や住所などの個人情報を知っていたのも不自然だ。個人的な恨み、私恨による犯行という可能性も捨てきれないのではないか。

 同期はどうあれ、このような事件の再発を防ぐにためにはどうすればいいのか。最も重要なのは、言うまでもなく犯人の早期逮捕だ。検挙に勝る防犯はない、

 また、今回の事件で危険なのは、犯行に影響されて模倣犯が出現することだ。犯人を一種のヒーローとして祭り上げるような風潮を許してはならない。その点でマスコミの責任も重大だ。

 同時に各省庁の幹部やOB、政治家は、もっと自分の身を守るという意識を持つべきだろう。今の警察の人員では、あらゆる危険に対応するのはとうてい不可能だし、いつまでも警備を続けるわけにはいかない。政治家や官僚はリスクを背負っていることを自覚し、訪問者には慎重に対処したり、警備会社を使ったりして、「自主警備」をすべきだ。「自助、公助、互助」が危機管理の鉄則。警察という公助や、隣人などの互助も大切だが、まず自助なくしては犯罪は防げない。

 現代社会では、残念なことにテロや暴力犯罪の危険なことにテロや暴力犯罪の危険をなくすことはできない。ここ30年ほどの間、オウム真理教事件や9・11同時多発テロなどはあったにせよ、普通の日本人にとってテロは別世界の出来事で、危機感が失われてしまったのではないか。いつ起こっても不思議はないという緊張感を持ち続けることが、今回のような事件の再発を防ぐ唯一の方法だろう。


 30年生まれ。警察庁警備局警備課長、三重県警本部長、防衛施設庁長官などを歴任。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-20 06:00 | 社会  

巧妙なようで稚拙な犯行

2008年11月20日 朝日新聞
佐木隆三 作家

 二つの襲撃事件が同一犯による連続性の高いものであることは間違いないだろう。だが、個人的な犯行なのか組織的な背景があるのかは、まだわからない。犯行声明でも出ればもう少しはっきりするのだが。

 現在わかっていることは少ないが、そこから考えられるのは、次のようなことだ。

 なぜ厚生省の元事務次官が襲われたのか。近年の国内のテロ事件を振り返ると、1995年の国松孝次警察庁長官銃撃事件や2003年の田中均外務審議官(肩書きはいずれも当時)の自宅に発火物が仕掛けられた事件など、高級官僚が狙われたケースは少なくない。

 今回の事件の背景として、「消えた年金」や「消された年金」など年金問題にからんで厚生労働省や社会保険庁そして官僚全体に対する世の中の強い批判があるのではないか。犯人の側の思いを想像すると、年金問題に対する告発や、望ましくない役人すなわち「悪代官」をこらしめる、というゆがんだ思いがあるのではないか。巧妙にやり遂げたと思っているのだろう。

 目撃情報のように、犯人が30歳前後の男なら、76歳の元次官が現役の官僚だったころは10代ということになる。接点はあったのだろうか。厚生官僚を「こらしめる」のなら、なぜOBを狙ったのか。中央省庁の幹部の自宅住所は公表されていないが、かつては人名録などに掲載されていた。犯人は、もし厚労省関係者ではないなら、古い刊行物から住所を知ったのではないか。逆に言えば、10年以上前に要職についていた人物だから狙われたのであり、自宅で襲われたことも説明がつく。

 今回の容疑者は銃や手製爆弾ではなく刃物を使用している。かつての日本のテロは凶器に刃物を使い、「一人一殺」を唱えていた。その意味では古典的な手口かなとも思う。こうしたやり方は一般的には右翼系に多いが、今回の事件が組織的でないとすると、思い込みが激しい個人による犯行ではないか。

 気の毒なことに、元次官だけではなくその奥さんまで刺され、亡くなったり重傷を負ったりしている。彼女たちは本来的にはターゲットにないはずだ。年金問題について何らかの思いを果たすつもりなら、夫人の殺傷は大義名分に合わない。巧妙なようでいて、実際は稚拙な犯行と言うべきだ。世の中を騒がせたかったからなのか。犯行の背景に大きなものがあるという性質ではないように思う。


 37年生まれ。著書に「復讐するは我にあり」「オウム裁判を読む」など。現在、北九州市立文学館館長。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-20 06:00 | 社会  

厚労省よ、閉じこもるな

2008年11月20日 朝日新聞
木島等 元長崎市長

 今回の殺傷事件の動機や背景はまだ不明だが、このところ日本で起きたテロとは少し形態が違うように思える。

 長崎市長だった1990年に「(昭和)天皇の戦争責任はあると思う」と発言した私が右翼団体の男に撃たれた事件や、小泉元首相の靖国神社参拝を批判した自民党の加藤紘一・元幹事長の実家が放火された事件をはじめ、これまでのテロは個人を狙う動機がだれの目にも割とわかりやすいことが多く、それは「言論の封殺」と位置づけることができた。

国民生活担う官庁

 それに比べて今回の事件は、厚生行政のトップにかつて上りつめた人の自宅が連続して狙われて、「なぜこの人が」という目的がはっきりと見えにくい。怨恨とは考えにくく、中央省庁という権力に何らかの不満を持つ者が、そのはけ口として組織の元幹部と家族を狙ったものであれば、ものすごく残忍なやり方だ。新しい形のテロというものが起きてしまった可能性があり、強い衝撃を受けている。

 テロの形態がどうであれ、最近、このような事件がたびたび起きるのは、01年いアメリカで起きた同時多発テロと無縁ではないと思う。テロには武力で対抗するという政策をアメリカが選択し、日本政府はそれに無批判で同調してしまった。こうした政治の動きが、対話よりも暴力、暴力ではないしても何らかの圧力でもって相手を黙らせようとする人を少しずつ増しているようなきがする。

 テロに対する世論の反応が小さくなっている感じもする。たびたび起きているので、国民も強く意識しなくなってしまったのだろうか。日本全体が暴力に対して鈍感になってきているのだとしたら、これほど怖い風潮はない。

 今回の事件は。年金などの厚生行政が標的になったとの見方が出ている。厚生行政は、年金をはじめ病気や食べ物など、国民の生活に直接かかわる仕事をたくさん抱えている。まさに国民の生命と財産を担っている官庁である。

 しかし、その政策や対応のまずさが原因で困っている人たちがあちこちにいるのが現状である。だから、厚生行政の使命を果たしていないとして、厚労省やその幹部たちに強い憤りを覚えている人がいても、それ自体は何らおかしいことではなく、むしろ、たくさんいて当然だと言ってもいいだろう。

 長崎は被爆地であり、被爆者の救済は厚労省の大事な仕事の一つである。厳しすぎる原爆症の認定基準や、外国で暮らす被爆者が援護策を受けられない問題などをめぐって、被爆者は長年にわたって厚労省と交渉を続け、司法の場にも打開の道を求めてきた。

 お粗末な被爆者行政を前進させてきたのは、こうした民主主義の手続きにのっとった粘り強い行動があったからである。厚生行政に不満があっても、それを暴力で打開しようとするのはもってのほかであり、そうした行動から、生産的なものは何も生まれない。

 テロで生まれるものがあるとすれば、社会全体の萎縮かもしれない。だが、テロによって本当に社会が萎縮してしまうかどうかは、私たち次第である。

 私が銃撃されて重傷を負った翌朝、長崎市役所の労働組合の人たちは「こんなことがあってはならない」といった趣旨のビラを職員や市民に配った。私も「市民の話を聞くのが最大の仕事」というそれまでのスタイルを変えず、市民と接触する機会を減らすようなことはしなかった。職員も公務員としてのプライド意識を持って職務に専念してくれた。

 テロによって社会が萎縮するようなことはあってはならず、そうならないために関係者が心を一致させることが大切なのである。

頼られる存在に

 今回の事件を受けて、厚労省では警備が強化され、見えない動機に庁内は緊張に包まれている、と報道されている。今後、厚生行政にどのような影響が出てくるのかわからないが、萎縮して国民との距離が開くようなことがあってはならない。

 私たちの生活は、厚生行政がどれだけ充実するかによって大きく左右される。なんだかんだと言っても、国民にとって、厚労省は頼りにすべき存在なのである。警備の都合などを理由にして、困っている人たちとの交渉や対話をする機会を減らしたり、庁内に閉じこもって国民の声を外に聞きに行くことに消極的になったりするようなことがあってはならない。むしろ、年金問題の反省を生かして、国民の意見を吸い上げるような窓口を作るなど、開かれた対応こそが求められている。

 国民の側も、今回の事件を受けて厚労省に遠慮するのではなく、むしろ言うべきことをきちんと言い、これまで以上に話し合いを重ねることによって、理想的な政策が実現できるよう働きかけるべきである。

 「閉じる」のではなく「開く」。そうした営みを続けていくことが、テロを未然に防ぐことにもつながるのではないだろうか。今回の事件は、行政と国民に対して大きな教訓を突きつけているのだと思う。


 22年生まれ。自民党長崎県議を経て、79年から95年まで長崎市長を4期務めた。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-20 06:00 | 社会  

農薬冷凍インゲン、袋に1ミリの穴 警視庁発表

2008年10月17日15時13分 朝日新聞

 中国製冷凍インゲンを食べた東京都八王子市の女性(56)が農薬ジクロルボスによる中毒に陥った問題で、警視庁は17日、このインゲンの袋を科学捜査研究所で詳しく調べたところ、袋の端に1ミリほどの穴があったと発表した。

 捜査1課によると、商品袋の左端には空気を抜くための空気孔(幅約5ミリ)が2カ所あり、穴はそのうちの一つの空気孔の直近にあったという。同庁は穴が開いた経緯などについて詳しく調べる。

 ジクロルボスは、東京都の検査で調理前のものから6900ppm、加熱後のものからは同4100ppmの濃度が検出された。警視庁の鑑定では加熱前のものから濃度4600ppm以上が検出された。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-17 15:13 | 社会  

「テロとの戦い」でアルカイダは弱体化せず=国際世論調査

9月29日16時51分配信 ロイター

 [ロンドン 29日 ロイター] 英BBCワールドサービスが行った国際世論調査では、米国主導の「テロとの戦い」はアルカイダを弱体化させておらず、実際にはウサマ・ビンラディン容疑者のネットワークが強化されていると考えている人が多いことが分かった。

 調査は23カ国の約2万4000人を対象に実施。そのうちの22カ国で、2001年9月11日の米同時多発攻撃以降に米国が進めるアルカイダ対策は効果をあげていないと考えられていた。

 BBCは、どちら側にも勝者がいないというのが一般的な見方だとしている。

 調査に協力した国際政策傾向プログラム(PIPA)のスティーブン・カル氏は「圧倒的な軍事力にもかかわらず、米国のアルカイダとの戦いは引き分け程度と広く受け止められており、多くの人はアルカイダが強くなったとさえ考えている」と述べた。

 今回の調査で、アルカイダが弱体化したとの考えが過半数だったのはケニアのみ。同国では、アルカイダによる犯行で1998年に米大使館爆破事件、2002年にイスラエル人経営のホテル爆破事件が起きている。

 米国では、アルカイダが弱くなったと考えている人はわずか34%。テロとの戦いが効果を上げていないとの認識は全体の26%で、アルカイダが以前よりも勢力を増したと考えている人は33%だった。

 また、テロとの戦いがアルカイダの強化につながったとの考えを持っている人は、フランス、メキシコ、イタリア、オーストラリア、英国では40%以上となっている。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-29 16:51 | 社会  

皇居周辺で爆発音 「皇居に消火器飛ばした」男を任意同行

9月18日8時10分配信 産経新聞

 18日午前2時40分ごろ、東京都千代田区隼町をパトロール中の警視庁麹町署員が「ドーン、ドーン」と数回、爆発音を聞いた。音がした方向に向かうと、内堀通りの三宅坂交差点近くの歩道にトラックが乗り上げており、近くにいた男(34)が「トラックの荷台から消火器を複数、皇居に向けて飛ばした。自分は愉快犯。騒ぎを起こしたかった」などと話したため、署に任意同行し、詳しく事情を聴いている。けが人はいない。消火器は発見されていない。

 調べでは、トラックの荷台には土嚢(どのう)が斜めに積まれ、着火用とみられるリード線が残っており、火薬のにおいがしたという。
 男は犯行声明文などを所持していなかった。同署は思想的な背景はないとみている。

 現場は皇居の桜田濠に面し、最高裁判所などが隣接している。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-18 08:10 | 社会  

スーダン機ハイジャックされる=100人超搭乗、リビアに着陸

8月27日6時52分配信 時事通信

 【カイロ26日時事】リビアからの報道によると、スーダン西部ダルフールの町ニャラから首都ハルツームに向かっていた同国の民間航空サンエアーの旅客機が26日、離陸直後にハイジャックされ、リビア南東部クフラの空港に着陸した。

 クフラの空港でリビア当局者が犯人グループと交渉中という。同機には乗客乗員100人以上が搭乗しており、着陸後も機内にとどまっている。

 ロイター通信によると、中東の衛星テレビ局アルジャジーラは27日、ハイジャック犯は10人で、ダルフールの反政府勢力スーダン解放運動(SLM)の分派だと報じた。


スーダン機乗っ取り犯投降=乗客・乗員は無事-リビア
8月28日0時38分配信 時事通信

 【カイロ27日時事】リビアからの報道によると、スーダンの航空会社サンエアの旅客機が同国西部ダルフール地方のニャラを離陸後ハイジャックされ、リビア南東部クフラに着陸した事件は27日、2人組の犯人がリビア当局との交渉の末投降し解決した。乗客乗員約100人は無事だった。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-27 06:52 | アフリカ  

五輪を狙う?…青島の軍用飛行場でテロ未遂事件

2008年08月21日21時22分 毎日新聞

 【台北・庄司哲也】香港の人権団体「中国人権民主化運動情報センター」は21日、北京五輪のセーリング会場となっている中国山東省青島市の軍用飛行場で17日にハイジャック未遂事件があったと発表した。同センターは、事件が五輪会場や選手村を狙ったテロの可能性があることも伝えている。

 同センターによると、青島市にある滄口飛行場の入り口付近で17日早朝、爆発物を持った2人の人物が、警備をしていた軍人の銃を奪おうとした。銃を奪うのに失敗した2人はそのまま逃走したが、2日後に逮捕された。

 同センターは、飛行場の航空機が五輪会場の観測飛行を行っていることから、2人が航空機を奪い、五輪会場などに突っ込もうとしていた可能性もあるとしている。


空港で拳銃強奪図る 中国青島で拘束の2人
2008.8.21 18:36 産経新聞

 香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターは21日、中国山東省青島市の公安当局に19日拘束された四川省の少数民族の男2人が青島の空港で警備要員から拳銃(けんじゅう)を奪おうとしていたと伝えた。

 同センターによると、2人は今月17日、青島の空港で警備要員から拳銃を奪おうとしたが、抵抗されたため逃走。その後公安当局に指名手配され、19日拘束された。逃走の際、空港の現場には爆発物が残されていたといい、同センターは2人がテロを計画していた可能性を指摘した。

 青島市公安局は共同通信の電話取材に「2人を19日に窃盗容疑で拘束した」と認めたが、2人がテロを計画していたかどうかについては確認を避けた。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-21 21:22 | アジア・大洋州