タグ:ノルウェー ( 15 ) タグの人気記事

 

ノルウェー、買春禁止法を施行 海外での買春も対象

2009年01月01日 19:35 AFPBB News

 【1月1日 AFP】ノルウェーで1日、買春を犯罪行為とする法律が施行された。この法律は国外で買春行為を行ったノルウェー人にも適用される。

 近年、ノルウェーでは街角に立つ女性の姿が目立って増えており、売春婦保護団体の調べでは、人口約460万人のノルウェー国内の売春婦は約3000人に上るという。

 買春を禁止する新法はスウェーデンの類似の法律を参考にしたもので、街頭に立つ女性を一掃するとともに、売春婦の身の安全を図ることを目的としている。

 買春行為におよんだ場合、収入に応じた罰金か最高6月の禁固刑、またはその両方が科せられる。しかし、悪質な場合、特に未成年を相手に買春行為を行った場合は、最高3年の禁固刑になる可能性もある。

 売春行為はこの法律の対象にならないが、ノルウェーではすでに、売春のあっせんや人身売買は違法とされている。(c)AFP
[PR]

by deracine69 | 2009-01-01 19:35 | ヨーロッパ  

「新冷戦」なのか: 露の繁栄 長く続かぬ

ノルウェー防衛省政務次官 エスペン・バット・エイデ氏
2008年10月7日 読売新聞

 グルジア紛争は、ロシアと欧州との間で高まる緊張関係、天然ガスなどの資源輸送の主要路がある黒海地域での影響力確保など、複雑な要素が絡み、解決は容易ではない。

 冷戦は、資本主義、共産主義の両陣営の対立構図で、勝ち負けの問題だった。今、米国は世界のナンバーワンだが、2番目はロシアではない。ソ連時代と比べて縮小した軍事費を見ても、ロシアは米国のライバルではない。グルジア侵攻でモスクワの株式市場が混乱したように、相互依存は進んでいる。今の緊張を「新冷戦」と呼ぶのは間違いだ。

 ロシアが(原油価格の高騰で)手にした富を、新産業の育成や人材開発に積極的に投じていないことに驚く。資源頼みの経済成長であるなら、繁栄は長く続かないだろう。台頭する中国の行方の方が、世界に与える影響が大きい。

 ロシアがグルジアの将来を左右するような事態を許してはならないが、ロシアが抱く安全保障上の懸念に理解を示すことも必要だ。ノルウェーは(埋蔵資源の宝庫とされる北極圏のバレンツ海で)排他的経済水域の画定を巡り、ロシアと30年来の紛争となっているが、合同の経済プロジェクトなどで問題を解決できないかと考えている。

 ロシアをはじき出さず、多国間の枠組みで対話を続けていくことが重要だ。
(聞き手 国際部 中西賢司)


外務省政務次官、ノルウェー国際問題研究所国際政治部長などを歴任。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-07 06:00 | ヨーロッパ  

ノルウェーの捕鯨を守る人々と、厳しい現実

2008年09月04日 09:19 AFPBB News

 【9月4日 AFP】北極圏にあるロフォーテン諸島(Lofoten Islands)は、ノルウェー有数の捕鯨基地だ。この国でも捕鯨への国際的な風当たりは強く、鯨肉の消費量は落ち込んでいるとの指摘もあるが、漁船員らは捕鯨の灯火を絶やすまいと奮闘している。

 ノルウェーは、国際捕鯨委員会(IWC)が1986年に商業捕鯨モラトリアム(一時停止)を採択してから7年後に商業捕鯨を再開したが、割当量に達したシーズンは1回のみだ。今シーズンの捕獲数は1052頭の割当量の半分にしか到達していない。

 漁船員らは、捕獲数が少ない原因を燃料費高騰や悪天候などのためとしているが、国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)の見方は違う。「鯨肉の市場はないに等しいからだ」と、同団体ノルウェー支部のTruls Gulowsen氏は言う。同団体は、しばらく前から、捕鯨船につきまとうという戦略をやめている。「放っておいても、市場原理が働いて、捕鯨産業は成り立たなくなるだろう」とGulowsen氏。

 このところ、国内の食料品店で鯨肉を見つけることは難しくなっているが、同諸島の小さな村、スボルベル(Svolvaer)のレストランにはクジラのフライやカルパッチョといったメニューが並ぶ。

 12年前に機械工をやめて漁船員になったという男性は、「問題は、捕鯨に抗議する人の多くが、何に対して抗議しているのかを理解していないことだ。クジラには実に多くの種類があることさえ知らない」と話す。

 ノルウェーとアイスランドは、商業捕鯨の割当量を捕獲しても充分なだけの個体数が存在するとして、モラトリアムを無視して商業捕鯨を実施している。

 その一方で、北大西洋に10万頭以上いるとされるミンククジラは、依然としてワシントン条約(CITES)の絶滅危惧種に指定されている。「(環境保護団体による)ロビー活動のたまものですよ」と、ノルウェー捕鯨者協会のBjoern Hugo Bendiksen会長はため息をつく。

■捕鯨は、補助的な収入源に

 ミンククジラ1頭で鯨肉1トン以上がとれるが、加工工場の買い取り価格は、1キロあたり30クローネ(約590円)にしかならない。1シーズンの収入の半分は燃料代に消え、残りが乗組員4-5人の間で分配される。

 かつては主な収入源だった捕鯨も、今やタラやニシン漁の収入を補う程度という。ノルウェーの捕鯨船30隻余りの大半で、捕鯨収入が全収入に占める割合は20-25%という状況だ。
 
 それに引き換え、ホエール・サファリは近年もうかる商売となっている。コストがかからず、抗議を受けることもほとんどない。ホエール・サファリ会社「Ocean Sounds」の社長は、「いちど、ドイツ人観光客らの目の前で、クジラに銛が打ち込まれたことがあります。彼らは恐怖で凍り付きました。わたしも、心臓発作を起こすところでしたよ」と語った。(c)AFP/Pierre-Henry Deshayes
[PR]

by deracine69 | 2008-09-04 09:19 | ヨーロッパ  

出光、ノルウェー領北部北海で試掘に成功

2008年8月18日 レスポンス

出光興産は、子会社である出光スノーレ石油開発がノルウェー現地法人出光ペトロリアムノルゲを通じて25%の権益を保有する探鉱鉱区PL373Sの「Jordbaer(ヨーバー)」構造で試掘をした結果、油の集積を発見したと発表した。

試掘に成功した構造は、すでに生産を行っているスノーレ油田の北東約40kmに位置し、水深410m、海面下約3900mの深度に広がっている。

試掘井での産出テストで油の産出を確認した。今後は埋蔵量の評価・検討を実施する計画。

PL373S鉱区は、出光が2005年度年次公開入札にて権益を取得した鉱区。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-18 23:59 | 経済・企業  

北島、世界新で連覇=日本勢、今大会2個目の金

8月11日11時54分配信 時事通信

 【北京11日時事】北京五輪第4日は11日、競泳の男子100メートル平泳ぎ決勝で北島康介(日本コカ・コーラ)が58秒91の世界新記録で2連覇を遂げた。アテネ五輪平泳ぎ2冠の北島は通算3個目の金メダル獲得。日本選手の今大会の金メダルは、10日の柔道男子66キロ級の内柴正人(旭化成)に次いで2個目。

 女子100メートル背泳ぎの中村礼子(東京SC)は全体3位で12日の決勝へ進んだ。


ハンセン、北島に敬意
8月11日15時13分配信 時事通信

 優勝候補のハンセンは予想外の4位。レース後、北島に近づいて祝福し、「世界新を出すことは簡単なように見えるが、そうではない。それをやり遂げる選手には敬意を表すべきだ」とライバルを持ち上げた。

 2005年、07年の世界選手権を連覇した実力者だが、本番に調子を合わせることができなかったようだ。前半2位で折り返したものの、後半に失速。屈辱的な結果に「これが最後ではない。再び世界記録を出すつもりだ」と復活を誓った。(北京時事)


強敵出現に北島の目の色一変、偉業達成で涙こぼれる
8月11日15時2分配信 読売新聞

 【北京=読売取材団】北京五輪は11日、競泳男子百メートル平泳ぎ決勝で、北島康介(25)(日本コカ・コーラ)が従来の世界記録を0秒22、自らの日本記録を0秒53更新する58秒91の世界新記録で優勝、この種目で史上初の五輪2連覇を達成した。

 北島は前半50メートルを3位で折り返したが、得意のターンと後半の泳ぎで逆転、アテネ五輪の百、二百メートルに続き、日本の競泳選手として最多となる3個目の金メダルを獲得した。世界記録保持者だったブレンダン・ハンセン(米)は4位に終わった。

          ◇

 新たな難関が、突然現れ、北島の目の色が変わっていた。

 過去のベストタイムで北島に劣るダーレオーエンが、予選、準決勝と続けて北島を上回った。新星が打ち出す五輪新の快泳に、連覇は難しいと思われた。

 だが、日本のエースは、決勝を前に一変した。視線は力強く厳しく。その目は、指導する平井伯昌(のりまさ)コーチに、初めて会った小学1、2年生のころの北島を思い出させた。

 水泳スクールの帰り際、出席カードにスタンプを押して渡しても、康介少年は、じっと見つめたまま視線をそらさなかった。不思議に思って尋ねると、北島は、ポツリとつぶやいた。

 「カボチャ先生」

 プールから上がった後のパーマ頭がぬれて膨らんでいたため、子供の感性そのままに口にしたのだ。いたずらっぽくキラキラと光る鋭い目が印象に残った。

 中学2年で北島が選手コースに上がってきた時、その目に再会、成長した姿を見て気付いた。「勝負師の目だ」。あどけなさは消え、その鋭さが強い意志を示していた。平井コーチは、選手の将来性を測るのに、何よりも目力を見る。世界で戦える目に、ようやく巡り合えた。今も続く二人三脚の戦いが、その時から始まった。

 アテネで頂点。その後も、北島が水泳を続けてきたのは「試合での興奮が、すごく好き」だからだ。新たなライバルの出現に、底力を発揮する天賦の才が再び開花した。闘争心をむき出しにしつつも、泳ぎは冷静に。真っ先にゴールして、まずは一冠。厳しかった目から涙がこぼれた。(吉見光次)

 ◆アテネ以上、チョー気持ちいい◆

 北島康介「応援してくれた方がたくさんいたので、本当に金メダルが取れて良かった。アテネの時以上にチョー気持ちいいです。最高ですね。記録も優勝も出来たので、本当に満足です」
[PR]

by deracine69 | 2008-08-11 11:54 | スポーツ  

世界有数の石油輸出国でもガソリン価格は欧州一、ノルウェー

2008年07月23日 04:50 AFPBB News

 【7月23日 AFP】ノルウェーの自動車やバイクのドライバーは憤慨している。同国は世界第5位の石油輸出国であるにもかかわらず、ガソリン価格が欧州で最も高いからだ。さらに最近、すでに高率のガソリン税が増税されたことから、一層火に油を注ぐかたちになっている。

 病院職員のPer-Arne Skjerpingstadさん(38)は「まったくおかしなことだ。ノルウェーは石油が豊富で、裕福な国のはずだ。どうしてこんなにガソリン代が高いんだ」と憤る。Skjerpingstadさんの愛車プジョー307(Peugeot 307)を、首都オスロ(Oslo)のガソリンスタンドで満タンにすると750クローネ(約1万5800円)かかる。

 欧州連合(EU)の統計によると、軽油はリッター14.23クローネ(約300円)、無鉛ガソリンはリッター13.84クローネ(約290円)で、ガソリン同様に欧州一の価格だ。

 さらに、ノルウェー政府は、多くの国が原油価格の高騰の影響を和らげようと頭を悩ましているなか、1日からガソリン税をリッター0.05クローネ(約1円)、軽油をリッター0.10クローネ(約2円)引き上げた。この増税は、国民の自動車使用をなるべく抑制したい、政府の対気候変動政策の一環として行われたものだという。(c)AFP
[PR]

by deracine69 | 2008-07-23 04:50 | ヨーロッパ  

中海油田服務、ノルウェーのアウィルコ・オフショアを25億ドルで買収へ

2008年 07月 7日 19:25 ロイター

 [香港 7日 ロイター] 中国海洋石油(CNOOC)傘下で中国最大のオフショア油田探査・掘削会社、中海油田服務は7日、ノルウェーの同業アウィルコ・オフショアを約25億ドルで買収することに合意した。掘削能力と海外事業の拡張が狙い。

 買収価格は1株当たり85ノルウェークローネ。これは4日のアウィルコ株終値を18.7%上回る水準。5月30日にアウィルコが、第三者が同社に関心を示したことを明らかにする前の水準と比べ、42%上回っている。

 発表を受けてアウィルコ株は7日、一時16.6%急伸し、上場来高値となる83.50ノルウェークローネをつけた。中海油田服務株は売買停止となっている。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-07 19:25 | アジア・大洋州  

日本への鯨肉輸出を再開 アイスランドとノルウェー

2008/06/04 10:36 共同通信

 【ロンドン4日共同】英BBC放送などは4日までに、商業捕鯨を再開しているアイスランドとノルウェーの北欧2カ国がこのほど、日本への鯨肉輸出を再開したと伝えた。同日までに、鯨肉の一部は既に日本へ到着したという。

 日本の輸入が事実ならば、アイスランドからは約20年ぶりとしているが、日本の水産庁は「確認ができていない」と話している。政府への輸入承認の申請がされていない、という。

 鯨肉の輸出入再開は米国やオーストラリアなど反捕鯨国からの反発を一層招き、シー・シェパードなどの環境保護団体を刺激しそうだ。

 BBCは、アイスランドが大型鯨ナガスクジラの肉約60トン、ノルウェーがミンククジラの肉約5トンを輸出したと報道。ロイター通信はアイスランドからの輸出をナガスクジラ肉約80トンとしている。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-04 10:36 | ヨーロッパ  

中国海洋石油:ノルウェー企業から深海用ドリル購入

11月16日18時8分配信 サーチナ・中国情報局

 中国海洋石油総公司(CNOOC)は15日、ノルウェーの大手総合エンジニアリングのアーカー・クバナー社と5000万米ドルで深海底掘削用ドリルを購入する契約を結んだ。CNOOCは今後3年間で深海底掘削用ドリル調達のため1億2800万米ドルを投じる計画。16日付で英字紙チャイナデーリーが伝えた。(編集担当:菅原大輔)
[PR]

by deracine69 | 2007-11-16 18:08 | アジア・大洋州  

<ミャンマー>少佐が武力行使拒否し軍離脱 亡命へ

10月4日19時17分配信 毎日新聞

 ミャンマーの反政府デモに対する武力行使命令を拒否した同国陸軍少佐が、軍を離脱して隣国タイに逃れ、ノルウェー亡命を望んでいることが分かった。タイ首相府筋が明らかにした。僧侶への暴力行為に対しては国軍内部に反発があるとの情報もあり、強硬措置を命じた軍事政権トップの求心力低下につながる可能性がある。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 19:17 | アジア・大洋州