タグ:ボリビア ( 3 ) タグの人気記事

 

ボリビアのモラレス大統領、罷免の是非を問う国民投票で勝利宣言

8月11日12時57分配信 ロイター

 [ラパス 10日 ロイター] ボリビアのモラレス大統領は10日、正副大統領と県知事を対象に罷免の是非を問う国民投票で自身が信認されたと勝利宣言し、国営化計画を推し進める方針を示した。

 大統領は、大統領宮殿に集まった数千人の支持者に対し「ボリビア国民がきょうの投票で示したのは、変革の強化だ。われわれは、自国の天然資源を取り戻し、企業の国営化を推し進める」と表明した。

 民間テレビATBによると、調査会社イプソス・アポヨがまとめた速報値(集計率80%)では、モラレス大統領の得票率は60.7%となっている。

 信任に必要な得票は、46.3%。

 一方、民間テレビのユニテルが行った出口調査では、モラレス大統領の得票率は60.12%。

 2005年の大統領選挙では、大統領は53.7%の票を獲得していた。

 今回の信任投票では、ほかに8人の県知事も信任を問われており、非公式集計ではモラレス大統領の反対派2人を含む3人が罷免され、自治推進派4人が信任された。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-11 12:57 | 北米・中南米  

チェ・ゲバラ最後の1年の日記に出版許可

2008年07月08日 18:50 AFPBB News

 【7月8日 AFP】ボリビア政府は7日、国内に保管されていたアルゼンチン生まれの革命家エルネスト・チェ・ゲバラ(Ernesto Che Guevara)の日記やノートの複写の出版を許可したと発表した。ボリビアで処刑されたチェ・ゲバラが、最後の1年である1966-67年につけた日記が含まれる。

 ボリビア政府は同日、日記などの原本を、保管していたラパス(La Paz)のボリビア中央銀行で公開した。(c)AFP
[PR]

by deracine69 | 2008-07-08 18:50 | 北米・中南米  

死去40年、ゲバラ人気衰えず キューバの英雄

10月4日11時10分配信 産経新聞

 キューバの国民的英雄、エルネスト・チェ・ゲバラが死亡してから、8日でちょうど40年となるが、ハバナの市街ではいまでも、ゲバラの肖像画が残されているなど、人気は衰えていないようだ。

 ゲバラはキューバ革命で主導的役割を果たした後の1967年、反政府ゲリラ活動を行ったボリビアで軍に処刑された。極秘のうちに埋葬された遺体は後年、頭蓋骨をはじめ全身が発見されたが、別の遺体と区別するため両手が切断されていた。8日の命日には、ボリビアのモラレス大統領も参加して記念式典が行われる予定だ。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 11:10 | 北米・中南米