タグ:ボンバルディア ( 19 ) タグの人気記事

 

“ボンバル機”なぜ製造中止にできないのか?

2009/2/17 10:00 日刊ゲンダイ

 米ニューヨーク州バファロー近郊に墜落したボンバルディア機の事故は、着氷が原因とみられる。米運輸安全委員会が13日、記者会見し、「操縦士が主翼にかなりの着氷を確認していた」ことを発表した。

 着氷はしばしば、航空機の事故につながるというが、それにしても、また、「ボンバル機か」ではないか。問題のDHC8―Q400という機体は03年の導入以降、ヒマさえあれば、トラブルを起こしている。日本だけでも不具合での行き先変更などのトラブルが06年度に30件、07年度に31件、08年度に19件。国交省の担当者がカナダのボンバル本社に出向き、改善要求を出したこともある。そのせいか、国交省は「最近はトラブルも落ち着いてきた」みたいな言い方をしていた。その矢先の墜落事故だから、ゾッとする。

 航空関係者によると、ボンバル機のトラブルは初歩的な整備ミスが原因のものも目立つという。07年に高知空港で起こった胴体着陸のトラブルは、ボルトの脱落という初歩的ミスだった。航空評論家の中村浩美氏は「命を預かるメーカーとしてはあまりにお粗末」とコメントしたものだ。

「カナダに本社を置くボンバル社はもともとスノーモービルのメーカー。80年代にカナダの航空機メーカーを買収し、いまや、ボーイング、エアバスに次ぐ規模です。Q400はプロペラ機ですが、ジェット機並みの速度なのに低燃費、低騒音で、世界中数カ国で採用されている。日本でも全日空と日本航空グループで25機を保有しています」(航空業界関係者)

 ここまでトラブルが多いと安心して乗れない。製造中止、運航中止などの大ナタが必要なのではないか。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-17 10:00 | 社会  

大阪空港でボンバル機引き返し

11月21日11時3分配信 産経新聞

 21日午前7時40分ごろ、離陸直後の大阪発出雲行き日本エアコミューター2341便ボンバルディアDHC-8-402型機で、左側主輪の格納扉が閉まっていないことを示すランプが点灯。同機は大阪空港へ引き返した。乗客乗員48人にけがはなかった。同便と折り返し便が欠航。同社によると、点検の結果、格納扉に異常はなく、計器の不具合とみられる。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-21 11:03 | 社会  

ボンバル機、米で前脚出ず胴体着陸 国交省が点検指示

2008年11月20日7時44分 朝日新聞

 カナダの航空機メーカー・ボンバルディア社製の旅客機(DHC8―300型)が、米・フィラデルフィアの空港で16日朝、着陸時に前脚が出ずに胴体着陸したことがわかり、国土交通省は19日、同型機を所有する国内の各航空会社に対し、前脚部分を緊急点検するよう指示した。

 ボンバル機をめぐっては、高知空港で07年3月、別の型(DHC8―400型)の前脚が出ずに胴体着陸する事故が発生。国交省航空・鉄道事故調査委員会(当時)が今年5月、同社の品質管理の徹底をカナダ政府に勧告したばかりだった。同社の機体の信頼性が改めて問われそうだ。

 国交省に入った情報では、前脚のタイヤは本来120度以上左右に振れない仕組みだが、米国のケースでは大きく左右に振れた状態で格納されており、タイヤなどが格納扉周辺にひっかかるなどして、前脚が正しく出なかったとみられる。無事に着陸し、けが人はなかったという。国内では全日空グループで5機、日本航空グループで5機など計14の関連機があるが、19日夜までに異常があったとの報告はない。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-20 07:44 | 社会  

ボンバル機、警報誤作動 大阪空港に引き返す

2008年9月21日19時45分 朝日新聞

 21日午後3時すぎ、大阪(伊丹)空港を離陸した仙台行きアイベックス3051便(ボンバルディアCL―600―2B19型機)で、失速警報装置が点灯した。同機は大阪空港へ引き返し約40分後に到着した。乗員乗客39人にけがはなく、乗客は他の便に乗り換えた。点検したところ、機体には異状がなかった。装置が誤作動したとみられ、アイベックスエアラインズ社が原因を調べている。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-21 19:45 | 経済・企業  

ボンバルディア機、離陸中止=エンジンから異常音-伊丹空港

8月12日20時17分配信 時事通信

 12日午後4時半ごろ、大阪空港(伊丹)発鹿児島行き日本エアコミューター2409便ボンバルディアDHC8-402型機(乗客乗員68人)が離陸滑走中、左側のエンジンから異常音が発生した。同機は離陸を中止し、駐機場に自力で移動した。けが人はなかった。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-12 20:17 | 経済・企業  

ボンバル機、またボルト欠落 秋田着陸後に発見

2008年05月30日00時26分 朝日新聞

 愛知県の中部空港から秋田空港に28日到着した全日空1839便(ボンバルディアDHC8―400型機)で、主脚のボルト1本が抜け落ちていたことがわかった。着陸後の点検で見つかり、修理のため中部への折り返し便1本が欠航した。

 昨年3月にボルト欠損が原因で胴体着陸事故を起こした機体と同型。事故の調査報告書がこの日出され、ボンバルディア社や全日空が再発防止を約束したばかりだった。

 全日空によると、なくなったのは、主脚と、格納する扉をつなぐ部品を取り付ける4本のボルトの一つ。同社は「安全性に直接影響のある部分ではないが、報告書が出た直後にお騒がせして申し訳ない。点検や整備をしっかりやりたい」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 00:26 | 経済・企業  

小さなミスも惨事招く ボンバル機胴体着陸事故最終報告書

2008.5.28 11:48 MSN産経ニュース

 全日空のボンバルディアDHC8-Q400胴体着陸事故で、航空・鉄道事故調委が公表した最終報告書は、ボンバルディア社側の初歩的な作業ミスが原因と結論付け、ボルト1本の付け忘れも大惨事を招きかねない重大なミスであることをあらためて示した。

 昨年8月、那覇空港で中華航空機が炎上した事故も、ワッシャー(座金)1枚がなかったことが原因とみられている。空の安全のためには、どんな小さな部品一つもおろそかにできないことを、報告書はメーカーや航空会社に突き付けた形だ。

 Q400は国内で計25機が運航され、主に名古屋、大阪、鹿児島などと地方空港を結ぶ。胴体着陸事故以降もトラブルは相次ぎ、利用者や地方自治体からは「機種を替えてほしい」という強い要望が出ている。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-28 11:48 | 経済・企業  

ボンバル機、出発直前に異常表示 過去にも事例

2007年11月19日12時51分 朝日新聞

 19日午前7時半ごろ、大阪(伊丹)空港を出発しようとしていた大阪発出雲行き日本エアコミューター2341便(ボンバルディアDHC8―Q400型機、乗客56人・乗員4人)で、エンジンかプロペラに不具合があるという表示が出た。機材整備のため同便と折り返しの2342便が欠航した。乗客は鉄道や後続便などに乗り換えた。

 同社によると、乗客が乗り、エンジンをスタートさせようとすると表示が出たという。過去にも異常がないのに同様の表示が出たことがあり、ボンバルディア社に改善を要望しているという。
[PR]

by deracine69 | 2007-11-19 12:51 | 社会  

胴体着陸のボンバル機 製造時にボルト付け忘れた可能性

11月11日15時57分配信 産経新聞

 高知空港で今年3月、全日空のボンバルディアDHC8-Q400型機が前輪が出ずに胴体着陸した事故で、国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会は、製造元のボンバルディア社(カナダ)が前輪格納扉のボルトを付け忘れた可能性があると見て、同社に調査官を派遣して調査を進めている。

 同事故では、前輪格納扉を開閉させるアームの支点部分のボルトが脱落していたため扉が開かなかったことが判明。ボルト脱落の原因解明が焦点になっている。

 事故調では、事故現場でボルトが見つからなかったことや、事故機にボルトが装着されていた痕跡が確認できなかったこと、全日空が機体を受け取ってから事故が起きるまで格納扉部分の整備をしていないことなどの理由から製造時のミスだった可能性があるとみて調べている。

 しかし、カナダ航空当局とボンバルディア社が製造ミスと認めていない上、格納扉部分のボルトの装着に関して製造時の詳細な記録が残されていないため、断定するには至っていない。

 事故調では引き続き、カナダ航空当局とボンバルディア社に協力を求めて事故原因の究明を進めているが、報告書には製造ミスを含め、想定される複数のケースを盛り込む可能性もあるとしている。
[PR]

by deracine69 | 2007-11-11 15:57 | 経済・企業  

離陸滑走中のボンバル機エンジン停止、右翼から燃料漏れ

9月29日13時48分配信 読売新聞

 29日午前8時45分ごろ、福岡空港発天草行き天草エアライン102便(ボンバルディアDHC8―Q100型機、乗員乗客15人)が離陸のため滑走路上を時速約100キロで滑走中、右エンジンが停止したのに機長が気付き、離陸を中止した。

 けが人などはなかった。

 同社や福岡空港事務所によると、機体を駐機場に戻し、消防車を待機させて調べたところ、右翼のエンジン付近から微量の燃料漏れが確認された。漏れのため燃料が供給されず、エンジンが止まったらしい。

 同社はこの1機で天草と福岡、熊本、松山間の3路線を運航しており、後続の便を欠航して原因を調べている。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-29 13:48 | 経済・企業