タグ:マラソン ( 15 ) タグの人気記事

 

高橋尚子が現役引退=トップレベルに戻らず-女子マラソン

2008/10/28-12:17 時事通信

 女子マラソンのシドニー五輪金メダリスト、高橋尚子(36)=ファイテン=が現役を引退することが28日、決まった。マネジメント会社が発表した。同日午後、高橋が東京都内で記者会見して表明する。高橋は11月の東京国際女子、来年1月の大阪国際女子、同3月の名古屋国際女子への連続出場を目指し、5月から米コロラド州ボルダーを拠点に練習していたが、トップランナーとして走れるだけの調整ができず、引退を決意したようだ。

 高橋は3月に行われた北京五輪最終代表選考会の名古屋国際に出場。だが、序盤に失速して27位と惨敗し、レース後、右ひざの手術を受けていたことを明かした。ただ、現役は続けると明言し、後日、国内女子3大マラソン連続出場に挑む意向を示した。関係者によると、米国では登山レースやハーフマラソンなど実戦練習を兼ねて4レースに参加。しかし、トップレベルに持っていくまでには至らず、競技生活に限界を感じたとみられる。

 高橋は2000年シドニー五輪で、陸上の日本女子選手初の金メダルを獲得。国民栄誉賞も受賞した。翌年のベルリン・マラソンでは女子で史上初めて2時間20分の壁を破る2時間19分46秒の世界最高(当時)をマーク。その後のアテネ五輪、北京五輪は代表になれなかった。マラソンは11戦で6連勝を含む7勝。


高橋尚子引退・談話
2008/10/28-10:41 時事通信

◇よく頑張った

 父親の高橋良明氏 長い間、とてもよく頑張った。いずれはこういう日が来ると思っていた。人生を80年とすると、尚子の人生は半分もたっていない。これからのことは、じっくりと考え、ゆっくりと人生を歩んでいってほしい。

◇巨星だった

 日本陸連・沢木啓祐専務理事 高橋が現在の日本マラソン界が隆盛を極める原動力になったのは、まぎれもない事実。偉大な足跡を残した巨星だった。今後もスポーツ文化を構築していくため、彼女でなければなし得ないことがある。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 12:17 | スポーツ  

<ケニア人走者>「走るチャンスを」国外退去の窮地 名古屋

10月27日2時0分配信 毎日新聞

 故障のため所属実業団を解雇され、名古屋市の会社で働きながらレース復帰を目指していたケニア出身の男性ランナー2人が今月、名古屋入国管理局に収容された。26日に岐阜県で行われたハーフマラソン大会にエントリーしていたが、走れなかった。名古屋入国管理局は在留資格がないと判断している模様で、最終決定されれば、2人は国外退去となり、日本での競技生活の道を絶たれる。

 2人はサイモン・マイナ・ムニさん(30)とジョセフ・モワウラ・カマウさん(20)。

 支援する尾張旭ランニングクラブ会長の渡辺隆秀さん(50)によると、サイモンさんは97年、ジョセフさんは03年に来日し、アマチュアスポーツ選手としての在留資格が認められた。それぞれ愛知県と新潟県の実業団に所属、名古屋ハーフマラソン優勝(サイモンさん)、京都ハーフマラソン入賞(ジョセフさん)などの好成績を収めてきた。

 しかし、昨年2人とも足を故障して実業団を解雇され、名古屋市港区の自動車部品会社に再就職。2人を支援するため、会社は陸上部を作って日本陸上競技連盟に登録し、2人はアマ選手としての在留資格延長手続きを済ませ、今秋からのレース復帰を目指して愛知県内で練習に励んでいたという。

 こうした中で2人は今月6日、名古屋入管に収容された。入管は収容理由を明らかにしていないが、支援者らによると(1)約1年間レースから遠ざかっている(2)現在の所属先が陸上界で無名(3)会社での勤務時間が長い--などから、在留資格に該当しない単純労働者とみなされた可能性が強いという。

 一緒にトレーニングもしていた渡辺さんは「けがも治って練習を積んできたし、手続きを踏んでいると思っていたので在留資格がないというのは納得できない。2人にレースを走るチャンスを与えてほしい」と話している。【大矢伸一】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 02:00 | スポーツ  

<五輪陸上>世界との差を痛感 女子マラソン13位の中村

8月17日17時46分配信 毎日新聞

f0013182_18183362.jpg 初マラソン優勝の勢いと若さを買われて代表入りした中村。しかし13位に終わり、入賞した00年シドニー大会の山口衛里(7位)、04年アテネの坂本直子(5位)と、同じ所属先の先輩たちに続けなかった。「勝負所の手前で力不足が出てしまい、勝負にからめなかった」と世界との差を痛感した。

 25キロ過ぎだった。足が思うように動かなくなり、徐々に2位集団の後方へとズルズル下がった。28キロ手前で2位集団の選手のペースが上がると、対応できない。「呼吸は上がってなかったけど、ちょっとずつ離れちゃって……」。30キロ付近では集団から完全に離れ、8位入賞にも手が届かなかった。

 2回目のマラソンで世界と渡り合える経験はもちろん、体力も足りなかった。武富コーチ(天満屋監督)から「リラックスして先頭についていくことが大切。余力があれば、最後の5キロや3キロで勝負しろ」と指示されていたが、その前に体力を消耗して粘りきれなかった。

 2位集団には銀メダルを獲得したヌデレバらがいて精神的な重圧も受けていた。武富コーチは「位置取りもよくない。きつくても集団の前で粘っていなければ。集団のメンバーを見て怖さが出たのではないか」と指摘した。

 世界との差を肌で感じた。それをロンドン大会までの4年間でどこまで縮められるか。「4年後というよりも、1年ずつ力をつけて成長していきたい」。22歳は力を込めていった。【田中義郎】


野口欠場、女子マラソン惨敗=負の連鎖再び?
8月17日17時48分配信 時事通信

 【北京17日時事】日本勢の活躍が期待された北京五輪女子マラソンは、結果的に惨敗に終わった。史上初の連覇を狙っていたエースの野口みずき(シスメックス)は、けがでスタートラインに立てず、ベテランの土佐礼子(三井住友海上)も右足痛のアクシデントで途中棄権。22歳の中村友梨香(天満屋)は消極的な一面も見せて13位と入賞争いにも絡めなかった。

 この結果、1992年バルセロナ五輪銀の有森裕子から続いてきた日本勢の五輪メダル獲得は4大会連続で途切れた。2000年シドニー五輪の高橋尚子からの日本勢五輪3連覇も夢と消えた。

 野口、土佐陣営とも故障には細心の注意を払ってきた。けがは不運としか言いようがない。だが、日本陸連の河野匡マラソン部長は「日本の強さを落ち込ませないようにしなければ。流れを止める対策を立てないといけない」と危機感を抱く。

 野口欠場の衝撃的ニュースが他の日本選手に影響を及ぼしたか、定かではない。三井住友海上の鈴木秀夫総監督は「それはない。他チームの選手は普段から意識しない」と否定。中村も自身の経験と力の不足が敗因だった。だが、昨夏の世界選手権大阪大会で日本勢が相次いで惨敗した「負の連鎖」は記憶に新しい。有望種目にのし掛かってきた重苦しい雰囲気を、振り払えるか。(了)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-17 17:46 | スポーツ  

波紋大きい野口の欠場=どうなる女子マラソン

2008/08/14-21:30 時事通信

 女子マラソン2連覇を狙った野口みずき(シスメックス)欠場のニュースは、世界中のランナーに衝撃をもたらした。17日朝にスタートするレースは野口を中心に展開すると予想されていただけに、プランの修正、変更を迫られる選手も多い。

 シドニー五輪銀メダルで34歳のシモン(ルーマニア)は、14日に北京入りすると「野口さんの欠場は悲しい。マラソンの競技年齢は上がっている。次のチャンスをつかんでほしい」。直前の故障には「どの選手も故障にびくびくしながらやっているから、みな怖くなったはず。ランナーは体をより強くしていく必要がある」と話した。2005年世界選手権銅メダルのトメスク(ルーマニア)は「わたしも昨年の世界選手権を1カ月前のけがで欠場した。野口さんの気持ちはすごく分かる」とマラソンの難しさを改めて感じていた。

 レースはどうなるのか。各選手とも野口の仕掛けどころを探り、作戦を練っていただろう。当日の北京が比較的涼しければ、アテネ五輪で25キロ付近からのロングスパートを成功させた野口は早めに前に出ていたはず。これを合図にレースが動くとみられていた。

 アテネで野口のスパートについていけなかった土佐礼子(三井住友海上)は、今回こそ仕掛けに対応し、射程圏内で追う展開を想定していた。一緒に走りたかったかと問われると、「そうですね。金メダリストなので」と短い言葉を返した。中村友梨香(天満屋)を率いる武冨豊監督は関西空港をたつ前に、「レース展開は大幅に変わる」と指摘。女王不在の波紋は大きく、レースの行方は混沌(こんとん)としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-14 21:30 | スポーツ  

原因しっかり解明を 谷口源太郎さんの話

2008/08/12 22:06 共同通信

 スポーツジャーナリスト谷口源太郎さんの話 初めての五輪ではなく、調整の時間も十分にあった。監督をはじめチームで体調のチェックをしてきたはずなのに、どうしてこのような重大なけがをしたのか疑問が残る。野口みずき選手は今回、いろいろな場所で調整をした。それが最高だと判断したチャレンジだったと思うが、結果としては失敗と言わざるを得ない。今回を欠場しても野口選手が世界のトップランナーであることには変わりない。けがが偶発的なものなのか、疲労の蓄積などを見逃したためなのか、今後の反省材料とするためにも、原因をしっかりと解明してほしい。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-12 22:06 | スポーツ  

野口みずきが五輪欠場 女子マラソン・アテネ金メダリスト

8月12日19時22分配信 産経新聞

 北京五輪女子マラソンで史上初の連覇を狙う野口みずき(30)=シスメックス=が欠場を決めたことが12日分かった。野口側は欠場の意思を日本オリンピック委員会(JOC)側に伝えた。

 10日に記者会見した藤田信之監督によると、野口はスイスで合宿中の7月25日午後の練習後に左足付け根部分に痛みを訴えた。

 局部注射などの処置を行ったが、痛みが取れないため予定より3日早い8月4日に帰国。5日と9日にMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受けた。

 入院はしておらず、医師の所見では快方に向かっており、野口もジョギングなどの練習をしている、としていた。

 野口は「最後まであきらめずに出たいと思っている」とのコメントを発表。藤田監督は「本人の出ようとする意思は変わりない。2、3日の間に判断する」と語っていた。

 アテネ五輪では2000年シドニー五輪の高橋尚子(ファイテン、当時積水化学)に続く日本勢2連覇を達成。翌年のベルリンでは2時間19分12秒の日本記録を樹立した。その後は故障でレースを欠場することがあったが、北京五輪代表選考会を兼ねた昨年の東京国際女子で圧勝し、北京での連続金メダルが期待されていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-12 19:22 | スポーツ  

野口、ジョギングなどこなす=出場なら14日出発

2008/08/11-21:11 時事通信

 左太もも付け根を負傷し北京五輪出場が危ぶまれている女子マラソン代表の野口みずき(シスメックス)が11日、京都府内で朝のジョギングなどの練習メニューをこなした。所属先の藤田信之監督がこの日、明かした。

 同監督は、野口が五輪に出場する場合の日程について「(出発は)14日以外はあり得ない」と明言。当初の予定よりも1日遅くなるが、15日には北京で監督会議があるとして、これに合わせ直前まで様子を見る方針を示した。

 野口の回復状況などについては、「JOC(日本オリンピック委員会)に報告してからでなければ、何も言えない」としたが、超音波治療やマッサージなどで「最大限の努力をしている」という。また野口は報道陣の取材に対し過敏になっているようで、同監督は「外に出られないと(野口本人から)電話があった」などと話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-11 21:11 | スポーツ  

<五輪陸上>陸連、野口出場は2、3日で判断…体調問題

8月10日15時12分配信 毎日新聞

 北京五輪で史上初の女子マラソン2連覇を狙っていた野口みずき選手(30)が体調を崩している問題で、日本陸上競技連盟の沢木啓祐専務理事が会見を開き、「(出場については)今後2、3日の間に判断したい」と話した。また、所属するシスメックスの藤田信之監督は「出場へ向け、最大限努力していきたい」と話した。

 野口選手はスイス・サンモリッツでの高地合宿中に左太ももに違和感を覚え、当初予定から3日早めて4日に帰国。国内で通院しながらMRI(磁気共鳴画像化装置)検査など精密検査を受けていた。


野口みずき、左太もも痛める 出場に意欲「2、3日の間で判断」
8月10日14時36分配信 産経新聞

 アテネ五輪女子マラソン金メダリストで、北京五輪で史上初の連覇を目指す野口みずき(30)=シスメックス=を指導する藤田信之監督は10日、京都市内で会見し、野口の出場があやぶまれていることについて、「左太ももを痛めているが、出場に向けて最善の努力をしていく」と語った。最終的な判断は2、3日中に下される見通しだが、本人は出場に意欲を見せているという。

 野口は腰や足のつけねの違和感を訴えて合宿先のスイス・サンモリッツから予定より3日早く今月4日に帰国。同市内の病院で精密検査を複数回受けていた。現在は快方に向かっており、京都府内でジョギングなど練習を再開しているという。

 会見に同席した沢木啓祐専務理事は「2、3日の間で判断しないといけない」と語り、藤田監督は「今はなんとかして出場させたいとしかいえない」と話した。

 野口本人は「最後まであきらめずに出たいと思っている」とのコメントを発表した。

 野口はもともと走り方から腰に負担がかかりやすく、そのためにフォームを改良。ウエートトレーニングなどで体幹部分の強化に取り組んできた。アテネ五輪前にも風邪をひいた後に腰に張りが出て周囲を不安にさせた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-10 15:12 | スポーツ  

五輪陸上 野口、欠場も検討 腰に違和感、精密検査

8月10日2時50分配信 毎日新聞

 北京五輪陸上女子マラソン代表の野口みずき(30)=シスメックス=が、スイス・サンモリッツでの高地合宿から予定を早めて今月4日に帰国した後、通院しながら精密検査を受けていたことが9日、明らかになった。専門の医師の診断を元に所属チームの藤田信之監督らが出場の可否を検討している。17日の五輪本番レースが近づいており、出場しても連覇を狙う走りができるかどうか懸念される状況になった。10日には、藤田監督と日本陸上競技連盟の沢木啓祐専務理事が記者会見を開いて説明を行う。

 関係者によると、野口はスイス合宿中に腰の違和感が強まった。9日には帰国後2度目の磁気共鳴画像化装置(MRI)検査などを受けている。レース本番まで10日間を切った段階で、連日通院検査に臨むのは極めて異例。北京入り前に予定していた北海道での合宿も取りやめた。関係者は「入院はしていないが、詳しく検査して調べているのは事実。その結果を見てからでなければ今後のことは判断できない」と話している。

 女子マラソンの日本勢は、92年バルセロナ、96年アトランタ両五輪で有森裕子が連続メダルを獲得し、00年シドニー五輪で高橋尚子が優勝。04年アテネ五輪まで4大会連続で日本選手が表彰台に立っている。


野口の腰痛問題 日本陸連が10日に会見
2008.8.9 22:47 MSN産経ニュース

 アテネ五輪女子マラソン金メダリストで今大会で女子史上初の2連覇を目指す野口みずき(30)=シスメックス=が腰に違和感を訴えている問題で、日本陸上競技連盟と藤田信之監督が10日、京都市内で記者会見し、経過や今後の見込みなどを説明する。

 腰への違和感を訴えた野口は、5日と9日にMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受けており、結果を受けて担当医らと藤田監督らが、17日のレースの出場について慎重に見極める方針。

 野口には連覇の期待が寄せられているが、黄信号がともったといえそうだ。


野口みずき選手、疲労蓄積しMRI検査…10日に記者会見
8月10日3時6分配信 読売新聞

 【北京=近藤雄二】女子マラソンで五輪史上初の連覇を狙う野口みずき選手(シスメックス)が、合宿先のスイスから予定を早めて帰国した後、疲れなどから調子が上がらず、複数回の磁気共鳴画像(MRI)検査を受けていたことが9日、明らかになった。

 野口選手は、当初、今月7日に帰国予定だったが、4日に帰国した。関係者によると、疲労の蓄積により体調が上がらず、だるさなどを訴えている模様で、京都市内などの病院で原因を調べている。野口選手は9日もMRI検査を受けており、日本陸連と所属チームは、その結果を踏まえて、10日に記者会見する。

 日本陸連の沢木啓祐専務理事は「入院はしていないが、体調が上がらないため詳しく検査をしている。現時点で欠場につながるとは考えていない」と語った。

 女子マラソンは17日に行われ、野口選手の北京入りは13日の予定。日本選手団は補欠選手を登録していないため、万が一、野口選手が欠場した場合は、土佐礼子選手(三井住友海上)と中村友梨香選手(天満屋)の2人の出場となる。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-10 02:50 | スポーツ  

野口みずきが精密検査、出場可否含め検討

8月9日 23時56分 日刊スポーツ

 北京五輪の女子マラソンで連覇を目指す野口みずき(30=シスメックス)が疲労を理由にスイス・サンモリッツでの高地合宿を短縮して帰国した後、病院で精密検査を受けていることが9日、分かった。

 日本陸上競技連盟などは10日に記者会見を開いて経過や今後の見込みなどを説明するというが、躍動感あふれる走りが持ち味の野口が不安材料を抱えていることは明らかだ。

 関係者によると、野口は9日、帰国後2度目の磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けたという。数日前の筋肉の断面と見比べ、異常がないかなどを調べるそうで、専門の医師の判断を仰いで、五輪出場の可否を含めて今後の方針を検討する。

 野口は13日に北京入りする予定でいる。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-09 23:56 | スポーツ