タグ:中国学生学者聯誼会 ( 12 ) タグの人気記事

 

中国人大学院生を酒瓶で撲殺容疑 23歳男性逮捕

2008年05月18日16時06分 朝日新聞

 大阪市東成区東中本1丁目のマンション一室で3月、この部屋に住む中国籍の和歌山大大学院生、石小寧さん(26)が頭から血を流した状態で死亡しているのが発見される事件があり、大阪府警は18日、兵庫県尼崎市の自称自営業、大須賀隆容疑者(23)を殺人容疑で逮捕した。「殺すつもりはなかった」と供述しているという。

 捜査1課の調べでは、大須賀容疑者は3月8日午前3時ごろ、大阪市中央区島之内1丁目の飲食店内でシャンパンの瓶で石さんの頭を殴って殺害した疑い。

 府警や石さんの知人によると、石さんは3月7日午後10時ごろに同市鶴見区にあるアルバイト先の輸入雑貨販売会社を出た後、連絡がつかなくなった。同月19日夕方、大学側からの連絡で安否確認にきた東成署員らが自室で死亡している石さんを発見。司法解剖の結果、頭の左側を鈍器で殴られたような形跡があることがわかった。

 府警は、室内に少量の血痕しか残されていないことや物色の跡がないことなどから、石さんは室外で事件に巻き込まれたとみて調べていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-18 16:06 | 社会  

聖火リレー 赤い旗一色…「異常」 中国人留学生に苦言

5月8日8時14分配信 産経新聞

 泉信也国家公安委員長は自身のホームページに掲載した7日付のコラムで、長野市などで行われた北京五輪聖火リレーに、多数の中国人留学生が沿道で中国国旗を振りかざした行為に苦言を呈した。

 「おおらかな愛国心」という題名で「(留学生の)心情を理解できないわけではないが、目の当たりにした光景は異常であったと言わざるを得ない」と提起した。その上で「もし『赤い旗』に混じって『オリンピックの旗』『日の丸』が見え隠れすれば、あの場の雰囲気はずいぶんやわらぎ、集まった人々ももっと素直に聖火を歓迎できたと思う」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-08 08:14 | 社会  

<聖火リレー>暴力事件の中国人留学生に逮捕状出ず―韓国

5月5日11時34分配信 Record China

2008年5月2日、4月27日にソウルで行われた北京五輪聖火リレーで暴行事件を起こした中国人留学生(20歳)に対し逮捕状の発布が請求されていた件で、ソウル東部地裁は「逃亡の恐れがない」としてこれを棄却した。環球ネットが伝えた。

韓国聯合ニュースによると、この中国人留学生は先月27日、ソウルで行われた北京五輪聖火リレーの際、他の中国人留学生とともにオリンピック公園付近で韓国人(49歳)に暴行を加え市民にブロックを投げ付けた疑いで、逮捕状の発布が請求されていた。

ソウル東部地裁は2日、6時間にも及ぶ審査を行った結果、「逃亡や証拠隠滅の恐れがない」として最終的にこの請求を棄却した。留学生は全面的に容疑を認めているという。(翻訳・編集/NN)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-05 11:34 | アジア・大洋州  

「聖火応援隊」やっぱり動員 中国当局が旅費負担

2008年04月29日06時24分 朝日新聞

 【北京=峯村健司】北京五輪の聖火リレーへの妨害を防ぐため、各地の中国大使館側が旅費を負担するなどして、現地の中国人留学生らを大量動員していたことが関係者の話でわかった。「人間の壁」による妨害対策を指示するなど、対処マニュアルも作成。各地で赤い中国国旗を振っていた「聖火応援隊」は、やはり当局主導だった。

 長野市を走った26日の聖火リレーでは、約5千人の中国人留学生らが日本各地から集まった。東京から参加した複数の留学生によると、前日から夜行バスで向かい、1人2千円の交通費を負担したが、残りの費用は、すべて大使館側が負担してくれたという。

 配られたマニュアルでは、(1)聖火が引き継がれる地点にそれぞれ20人ずつ集まって「人間の壁」をつくり妨害者の進入を防ぐ(2)自分たち以外の大人数の団体を見つけたら責任者に報告する(3)不審な物を発見したらすぐに新聞紙や服で包んで排除する、などと書かれている。

 さらに「体を張って妨害を食い止めてもいいが暴力を振るってはいけない」「大声を出してもいいが、相手を侮辱するような言葉は使わない」など、法律やルールを守るよう呼びかけ、現場でも注意されたという。中国のイメージが損なわれないよう配慮していることがうかがえる。

 関係者によると、パリやロンドンで聖火妨害が相次いだため、各大使館が中国人留学生や華僑を動員し、聖火を防衛することを決めたという。オーストラリアのキャンベラでは1万人以上が、アルゼンチンのブエノスアイレスでも数千人の留学生らが動員された。リレーが通過しなかったカナダやニュージーランドなど15カ所でも、現地中国人による大規模な「北京五輪支持集会」が開かれている。

 24日にあった中国外務省の定例会見で、「中国大使館が費用を負担して現地の中国人を動員しているのか」という記者からの質問に対し、姜瑜副報道局長は「そのような質問をして、どんな意味があるのか」と明言を避けた。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-29 06:24 | 社会  

<聖火リレー>逮捕された中国人留学生5人、本国へ強制送還か?―豪州

4月28日9時11分配信 Record China

2008年4月25日、中国の「京華網」はオーストラリアの首都キャンベラで行われた聖火リレーの際に、現地警察当局に逮捕された中国人留学生の氏名を公表。彼らは今後起訴され、本国に強制送還される可能性が高いと報じた。

4月24日、オーストラリア政府と警察当局は聖火リレーを守るために2000人の警察官を動員。チベット独立支持派と、中国系住民や中国人留学生の間で小競り合いや衝突が生じると、警察官らがただちにこれを阻止。なおも抵抗する人々に対して当局は聖火リレー続行中、その身柄を拘束し、聖火リレー終了後に解放したという。

だが、身柄を拘束された中国人留学生のうち正式に逮捕された数人は今後起訴され、本国に強制送還される可能性が高いとのこと。「京華網」は逮捕された中国人留学生5人のリストを公表。そのうち、3人の氏名を明らかにしている。(翻訳・編集/本郷)
[PR]

by deracine69 | 2008-04-28 09:11 | アジア・大洋州  

<聖火リレー>「観衆祝意」と報道 新華社通信

4月26日13時56分配信 毎日新聞

 【北京・浦松丈二】中国国営・新華社通信は26日午前、長野で行われた北京五輪の聖火リレーがゴールしたと速報し、観衆は祝意を示したと伝えた。一方、沿道から物が投げ入れられたり、右翼団体らと中国人が小競り合いになって逮捕者が出たことなどには触れなかった。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-26 13:56 | 社会  

歓声と怒号=妨害に立ち止まる走者-混乱の中、平和の炎進む・長野聖火リレー

4月26日10時31分配信 時事通信

 投げ込まれる発炎筒、立ち止まるランナー、乱入する男-。長野市で行われた北京五輪の聖火リレー。沿道は中国国旗とチベットの旗で埋め尽くされ、ランナーへの妨害行為も続いた。平和の祭典を象徴するイベントは「市民不在」で進んだ。

 午前8時24分、小雨がぱらつく中、県勤労者福祉センター跡地の出発式で聖火が点火された。第一走者の野球日本代表監督の星野仙一さん(61)が右手にトーチを掲げ、2列の警察官に左右を囲まれ、スタートした。

 「ゴーゴー、チャイナ」の合唱。「中国、加油(中国、頑張れ)」。大きな中国国旗を振り、声援を送る中国人の集団。「星野、頑張れ」という日本人の観客の声はかき消された。

 善光寺近くのコース沿道は、中国人留学生やチベット支援者であふれかえった。中国国旗とチベットの旗の数はほぼ同数。「フリーチベット(チベットに自由を)」「ワンチャイナ(1つの中国)」。双方が大声で叫ぶ。リレー走者が近づくと、歓声と怒号が入り交じり、歩道から車道に乗り出さんばかりに。警察官が押しとどめた。

 JR長野駅前では「中国、中国」と合唱する留学生らと北京五輪に反対する日本人らがにらみ合って対峙(たいじ)。警察官が間に入って制止した。別の場所では小競り合いでけがをする中国人も出た。

 騒乱状態に走者が立ち止まる場面も。長野駅前では、タレントの萩本欽一さん(66)が走行中、発炎筒が投げ込まれた。卓球女子の福原愛さん(19)に向かって男が飛び出し、取り押さえられた。

 沿道で中国の小旗を振っていた東京都内の中国人男性(35)は「オリンピックと政治は関係ない」と興奮気味に訴えた。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-26 10:31 | 社会  

聖火リレーのコース沿いで小競り合い、中国人留学生が軽傷

4月26日8時33分配信 読売新聞

f0013182_10343566.jpg 聖火リレーの沿道には、中国の旗を持った中国人留学生らが多数集まっている。

 26日午前6時55分ごろ、長野市中越の聖火リレーのコース沿いでは、中国人留学生のグループと右翼系の団体で小競り合いが発生。長野市消防局によると、中国人留学生の男性が救急車で長野市内の病院に運ばれ、額に4~5センチの切り傷の軽傷を負った。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-26 08:33 | 社会  

<聖火リレー>留学生動員「中国大使館が関与」 豪当局者

4月25日20時21分配信 毎日新聞

 【キャンベラ井田純】オーストラリアの首都キャンベラでの北京五輪聖火リレーに、1万人以上の中国系住民や留学生が集まったことについて、キャンベラのスタンホープ首都特別地域首席大臣は「中国大使館が関与していたことは明らかだ」と述べ、中国当局による組織的動員だったとの見方を明らかにした。25日付地元紙が伝えた。

 24日の聖火リレーでは、大型バスなどで1万人以上の中国系住民がキャンベラ入りし、スタート会場などに集結。チベット系のグループや人権団体に激しく抗議するなど、圧倒的多数による「北京五輪支持」デモを展開していた。

 スタンホープ氏は「中国大使は、シドニーやメルボルンの中国系団体代表と接触を重ねていることを示唆していた」と述べ、大使館の関与は「疑う余地がない」と明言。デモで使われた多数の中国国旗なども、「当局から提供されたものに違いない」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-25 20:21 | アジア・大洋州  

<聖火リレー>長野に「命がけで守る留学生」4千人が日本中から集結―中国で報道

4月25日13時15分配信 Record China

24日、26日に長野で行われる北京五輪聖火リレーには、「命がけで聖火を守る」ため、日本国内の中国人留学生約4000人が長野に集結することがわかった。写真はパリで「聖火を守るために」集まった多数の中国人留学生。

2008年4月24日、新華社系「国際先駆導報」の報道によると、今月26日に長野で行われる北京五輪聖火リレーには、「命がけで聖火を守る」ため、日本国内の中国人留学生約4000人が長野に集結することがわかった。

記事は、東京に本部を構える「全日本中国留学生友好連合会」の李光哲(リー・グワンジョー)会長が、「日本で様々な困難に遭いながらも奮闘している」様子を伝えた。それによると、李会長が4000人分のバス70台をいっぺんに借りようとして、「中国人には貸さないよう」「脅迫を受けていた」というバス会社から断られたが、「目立たないように大学ごとに数台ずつ」借りて切り抜けた。

このほか、「バスのブレーキを壊して全員死亡させる」「警察に捕まるよう仕向けてやる」などの脅迫電話を受けながらも、「それは犯罪行為だ。そんな脅しは全く相手にしない」と「見事に反撃した」逸話や、中国から送ってもらった「国旗」や「Tシャツ」が税関で止められ「26日過ぎないと渡してもらえない」事態に陥っていることも伝えられた。

だが、「こんなことで聖火を守る気持ちが失われるわけがない」と記事は訴える。李会長も、「世界中のメディアが注目する中、彼らに口実を与えるような行動を起こしてはならない」と固く誓った。そして「26日当日、長野の街には命がけで聖火を守る中国人留学生が多数集結するだろう」と結ばれた。(翻訳・編集/NN)
[PR]

by deracine69 | 2008-04-25 13:15 | 社会