タグ:中川秀直 ( 18 ) タグの人気記事

 

早川忠孝政務官は中川秀“唯一”の子分

2009/2/15 10:00 日刊ゲンダイ

 政務官辞意を表明しながら、わずか4時間で発言を撤回した早川忠孝・法務政務官(63)。政界再編や民主党との連携までブチ上げながら、舌の根も乾かないうちに「退任の環境が整っていない」と撤回だから締まらない。一体、どういう男なのか。

「私は改憲論者」「北方領土の日の朝日の報道はおかしい」――。過激な発言から“ウルトラ右翼”とも呼ばれる早川議員。長崎県佐世保市出身で、都立の名門、西高から東大法学部に進学。在学中に司法試験に合格した“受験エリート”だ。卒業後に自治省に入るが、4年ほどで辞めて弁護士に。東京弁護士会で筆頭副会長を務めたこともある。

 国会議員を目指したのは96年の総選挙。埼玉4区の自民党公認で出馬したが、新進党(当時)の上田清司・現埼玉県知事にボロ負け。03年の総選挙でようやく比例復活で初当選を果たした。

「早川議員は、数少ない中川秀直の子分です。町村派の派閥総会で中川秀直の“降格”が決まった時も、声を上げて抵抗していた。もともと、選挙に弱い早川議員は、『有権者にアピールできる』と政務官職に飛びついたが、ジリ貧内閣で効果ナシ。しかも、親分の中川秀直まで失脚寸前で党内の立場もおぼつかなくなった。政務官を続けていたら選挙運動ができないと焦り、辞意を口走ったようです」(国会関係者)

「1日4時間も座っている政務官はツライ」とボヤいていた早川議員。中川秀直は「党内に同調者は100人いる」なんて豪語していたが、同志がこんな男ばかりじゃどうしようもない。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-15 10:00 | 政治  

解散先送りなら政権行き詰まり=中川秀直元幹事長

10月27日15時32分配信 時事通信

 自民党の中川秀直元幹事長は27日午後、茨城県日立市で講演し、衆院解散・総選挙について「(先送りすれば)民主党が再び審議拒否や引き延ばしを繰り返し、国会が荒れる。麻生太郎首相も安倍晋三元首相や福田康夫前首相と同じ目に遭う」と述べ、早期解散に踏み切らないと首相の政権運営が行き詰まるとの見方を示した。

 中川氏は「(先送りしたら)何のために福田さんが引き(退陣し)、総裁選をやったのか分からなくなる」と強調。さらに「2009年度予算は(来年9月までの)衆院議員の任期を越える。年末の予算編成前に国民の信を得るのが王道だ」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 15:32 | 政治  

中川元幹事長孤立で新党準備加速…反麻生の動き活発化

町村派より小泉チルドレンの応援に奔走
2008年10月21日 16時59分 夕刊フジ

 小池百合子元防衛相を自民党総裁選に担ぎ出し、撃沈した中川秀直元幹事長が不気味な動きをみせている。所属する町村派の活動よりも構造改革路線の継続を求める「小泉チルドレン」の応援に奔走しているのだ。それだけに、永田町では「孤立した中川氏が、総選挙後に新党を立ち上げるための準備をしているのではないか」(ベテラン議員)との憶測も出始めている。

 町村派は現在、総裁選で麻生太郎首相を推した最高顧問の森喜朗元首相と町村信孝前官房長官が主導権を握り、小池氏を支持して敗れた中川氏は「孤立感を深めている」(閣僚経験者)とされる。

 中川氏は総裁選に小池氏を担ぎ出した時も派閥の会合で、「それぞれの動きが仮にあっても終わればノーサイドだ」と発言、森氏の口癖である「ノーサイドの精神」を尊重する態度を示していた。さらに総裁選後の9月23日には町村氏と会談し、派内の分裂状態を修復し結束していくことも確認していた。

 ところが、こうした言動とは裏腹に、中川氏は今月に入り、「反麻生の動きを活発化させている」(中堅)というのだ。

 米国発の金融危機を受け、政府・与党が検討している追加経済対策の財源について、「将来の増税につながる赤字国債発行ではないやり方で政府が前面に立つべきだ。構造改革路線を否定したり、旧来型の財政出動に乗り出すことはあってはならない」と述べ、赤字国債発行も辞さない積極財政派の麻生首相に真っ向勝負を挑んだ。

 さらに周囲には「地方行脚をしながらわれわれの主張を続ける」とも語り、「反麻生」のスタンスを鮮明化。片山さつき氏の公開討論会や、佐藤ゆかり氏の街頭演説に相次いで顔を出した。チルドレンを代表する両衆院議員に近づくことで、一定の勢力を保持したいとの思惑があるようだ。

 一方、チルドレン側にしても、「小泉純一郎元首相が引退表明し、中川氏を後ろ盾にするしかない」(1年生議員)というのが実情で中川氏を通じて小泉氏の応援を得られるかもしれないとの計算も働いている。

 こうした動きが功を奏したのか、「総選挙後に中川さんが新党を作れば、ぜひとも合流したい」とラブコールを送る自民党以外の衆院議員も出てきた。

 そんな中川氏の思惑について、永田町事情通はこう解説する。

 「中川氏は町村派に残っても、森氏や安倍晋三元首相に反旗を翻したこともあり、跡目争いで敗れる可能性が高い。かといって、派を飛び出してもインパクトはない。そのため、新党を模索しているのだろう。自民、民主両党が過半数に届かなければ、中川新党がキャスチングボートを握れるからね」

 「ただ、党内から同調者がどれほど出るかは選挙を経ないと分からない。それだけに、今のうちにチルドレンや上げ潮派の面々と連携を密にしておこうとしているのではないか」

 中川氏は自身のHPで17日、「『やはり解散を避けては通れぬ』は正論である。(中略)私は、堂々と自民党国会議員として衆院選を戦う覚悟だ」と決意を表明した。

 これには「ことさら選挙前に『自民党議員』であることを強調してみせているが、逆に選挙後の離党の可能性が高いのでは」(自民党中堅)との声も。

 党内で足場を失いつつある中川氏だが、果たして、どんな反撃に出るのか。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-21 16:59 | 政治  

中川秀氏「新特措法で解散も」

8月20日8時0分配信 産経新聞

 自民党の中川秀直元幹事長は19日午後、神奈川県箱根町のホテルで開かれた町村派の研修会で、海上自衛隊によるインド洋での補給活動を1年間延長する新テロ対策特別措置法改正案について「秋の臨時国会の最大の焦点だ。民主党が法案成立に抵抗するのなら、日本が国際貢献をする国家でいくか、テロに屈服する国家でいくかを福田康夫首相の手で堂々と民意に問わなければいけない」と語り、衆院解散・総選挙も視野に、成立を期すべきだとの考えを示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-20 08:00 | 政治  

中川秀氏・麻生氏 路線闘争ますます過熱

8月7日8時2分配信 産経新聞

 自民党の麻生太郎幹事長が平成23年度にプライマリーバランス(PB、基礎的財政収支)を黒字化する政府目標の先送りを提案したことを受けて、経済成長重視の「上げ潮派」のリーダーである中川秀直元幹事長がさっそくかみついた。新閣僚に与謝野馨経済財政担当相ら「財政規律派」が多数登用されたこともあり、自民党内の路線闘争はますます過熱しそうだ。

 中川氏は6日、自らのホームページに「首相の明確な経済財政路線に反対する人が党執行部にいるとは信じられない」と記し、名指しこそ避けながらも麻生氏を厳しく批判。PB目標の先送りを「政策論議の域ではなく『路線転換、即政局』を意味する」と断じた。その上で、福田康夫首相がPB目標堅持の姿勢を明言したことを強調。「首相の言うことが正しい。首相と党執行部の合意形成を注視したい」と麻生氏らに警告した。

 これに対し、麻生氏は6日、福井市内で講演し、「今度の内閣改造により、政調会長に保利耕輔氏、経済財政担当相に与謝野氏ら経済や景気を理解できる方が就任した」とほめちぎり、上げ潮派の「知恵袋」である竹中平蔵元総務相を「私とは全く意見が違う」と批判した。その上で「財政の収支均衡は必ずやらなければならないが、いつやるかは別の話だ。経済のパイを大きくしてその中から借金を返済するのが正しい」と語り、積極財政の有効性を重ねて強調した。


財政再建先送りをけん制=自民・中川氏
8月7日15時48分配信 時事通信

 自民党の中川秀直元幹事長は7日の町村派会合で、麻生太郎幹事長らがプライマリーバランス(基礎的財政収支)の2011年度黒字化の目標先送りに言及したことについて、「福田康夫首相は黒字化堅持と言っており、その方針でまとめてもらわないといけない」とけん制した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-07 08:02 | 政治  

消費税引き上げ論議、落とし所は“たばこ500円”への誘導

6月28日10時1分配信 日刊ゲンダイ

●こすい中川秀直の思惑

 福田首相がブチ上げた消費税引き上げ問題。本人は急に腰砕けになっているが、与党内では賛成派、反対派が勝手に走り始めている。

「それでいいのです。今回は、消費税の引き上げもあるぞと、国民に知らせることが与党の第一の目的ですから」(政治評論家・浅川博忠氏)

 来年4月から基礎年金の国庫負担分が2兆3000億円増える。その穴埋めのための消費税引き上げ論議ではないのか。

「違います。来年は総選挙、再来年は参院選がある。消費税の税率アップはそれ以降でしょう。それなのに消費税論議を始めたのは、別の狙いがあって、2兆3000億円の穴埋めを“たばこ値上げ”に持っていくためです。与党内では、消費税と一緒に、たばこ1000円値上げが論戦になっている。世論の大半は、消費税を引き上げられるくらいなら、たばこを値上げしろに傾いている。いきなり1000円は暴論だが、半分のたばこ500円ならちょうど基礎年金の分が埋まる。その落としどころを狙って、与党はあえて消費税引き上げを持ち出しているのです」(浅川博忠氏=前出)

 となると、クセ者は中川秀直元幹事長。「1000円たばこ」の政界火付け役だ。「消費税は不要だ、景気の上げ潮路線や埋蔵金の活用でどうにかなる」なんて格好いいことを言いながら、たばこ大増税の旗振りをしている。増税の“別口”を用意してきたわけだ。

 結局は、喫煙者のフトコロから金を搾り取って、それで基礎年金分を穴埋めして、チョン。肝心の上げ潮や埋蔵金は急にトーンダウンして棚上げの雲行きだから許せない。与謝野前官房長官などの消費税容認派や財務省と対立しているのも、役割分担の演技ということ。増税派という意味では同じ穴のナントカだ。やっぱり、この男を信用しちゃあいけない。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-28 10:01 | 政治  

自民党、「移民1000万人受け入れ」提案

2008年06月09日10時57分 朝鮮日報

 人口減少や高齢化による危機を克服するため、日本の人口の10%に当たる1000万人を海外から移民として受け入れようという画期的な提言案が与党・自民党から出されることになった。

 自民党の「外国人材交流推進議員連盟」(会長=中川秀直・元幹事長)所属議員80人は、週明けにも「日本の総人口の10%(約1000万人)を移民が占める『多民族共生国家』を今後50年間で目指す」という移民政策に関する提言案を福田康夫首相に提出する予定だという。8日、読売新聞が報道した。1000万人規模の移民は、現在永住資格を持っている一般・特別永住者87万人の12倍弱に当たる。日本は永住権制度と帰化制度を取っているが、厳しい条件を付けているため、移民を事実上認めていない国と見なされている。

 同議員連盟は、移民に対する国民の基本的な考え方を変えるため、日本を移民と共生する「移民国家」と規定した移民法を制定し、移民を管理する「移民庁」の設置を提案する方針だ。また、▲地方自治体に「外国人住民基本台帳制度」を導入し在日外国人に行政サービスを提供しやすい体制を整える▲入国後10年以上としている永住許可を7年に緩和する▲年齢や素行などさまざまな要件を課している現在の帰化制度を原則的として入国後10年経過したら日本国籍を取得できるように改める―といった内容も盛り込まれている。

 日本の人口は2005年現在で1億2769万人だが、2046年になると1億人を下回り、今から約50年後の2055年には8993万人まで減少すると予想されている。今後50年間で1000万人を海外から受け入れようという自民党の提言案は、「人口1億人」を国力維持の条件とし、これを保とうというものだ。

 日本は高度経済成長の中で1967年に初めて人口1億人を突破、世界第2位の経済大国になった。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-09 10:57 | 政治  

ゆらぐ町村派 中川氏の政策勉強会に森氏憤慨 「派中派工作」との見方も

2008.6.5 21:28 MSN産経ニュース

 福田康夫首相を含め、4代連続で首相を輩出している自民党最大派閥の町村派(清和政策研究会)の亀裂が表面化し始めた。代表世話人の中川秀直元幹事長が派内で政策勉強会を立ち上げたことに「派中派工作ではないか」と一部が反発、最高顧問の森喜朗元首相も強い不快感を表明した。中川氏は自著「官僚国家の崩壊」(講談社)を上梓し、「ポスト福田を狙いだした」との見方が浮上している折だけに余震は当分続きそうだ。(加納宏幸)

 5日昼、都内のホテルで開かれた町村派総会で突如緊張が走った。普段はあいさつを控えていた森氏がマイクを握ったからだ。

 「福田さんはこんな辛い政治状況の中で一生懸命に国を守ろうとしている。みんなが協力し、足を引っ張るようなことは止めるべきだ。総裁候補もいろいろうわさされているが、そんな動きはわが派は一番やっちゃいけないことだ。福田さんのために何をやらないといけないか、みなさんは一番分かっているはずだ!」

 中川氏は隣で大きくうなずいてみせたが、森氏の怒気をはらんだ声が、中川氏に向けられていたことは明らかだった。

 森氏はかねて中川氏が率いる経済成長重視の上げ潮派と、与謝野馨前官房長官ら財政再建派の確執に気をもんできた。

 だが、中川氏は新著で与謝野氏らを「官僚機構とのステルス(見えない)複合体」と批判、対決姿勢をますます強めた。加えて4日には杉浦正健元法相ら派内の衆参32人を集め、都内のホテルで勉強会を開き、「上げ潮」路線で町村派の政策提言をまとめる方針を決定。これに森氏の堪忍袋も切れたようだ。

 5日夜、中川氏は都内のホテルで自らのパーティーを開いた。ここでも森氏は「中川さんは本で警鐘を乱打しているが、警鐘を鳴らすだけの立場であってはならない。バランスを取ってやることが必要だ」と牽制(けんせい)した。

 一方、中川氏は強気を崩さなかった。「日本にとっても私にとっても今後3年間は集大成の時だ。決意と覚悟を持ち身を捨てて闘う。結果で答えを出す決意だ」。総裁選への出馬表明とも受け取れる発言に会場はざわめいた。

 町村派はかつての経世会(現津島派)をほうふつさせるほど権勢を誇るが、派内事情は複雑だ。「ポスト福田」候補として小池百合子元防衛相が取りざたされる上、安倍晋三前首相は、反主流派の麻生太郎前幹事長との連携を強める。中川氏と町村信孝官房長官の確執も広がっている。派閥離脱中の小泉純一郎元首相の影響力は相変わらず強い。「派閥は政治家のオアシス」と言ってきた森氏の心労は絶えないようだ。

 他派閥の領袖も「対岸の火事」とのんきに構えていられない。町村派の「お家騒動」は政権を直撃しかねない破壊力があるからだ。パーティーに駆けつけた伊吹文明幹事長は嫌みたっぷりにこう言い放った。

 「上げ潮派とか財政再建派とか路線闘争があり、大波の中で福田首相がややフラフラさせられている印象がある。志を大切に育てていただきたい」
[PR]

by deracine69 | 2008-06-05 21:28 | 政治  

ちゃんちゃらおかしい!中川秀直の「政界再編」「新党構想」

6月5日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 自民党の中川秀直元幹事長が盛んに政界再編を吹いている。1日もテレ朝のサンデープロジェクトに出て「中川新党」までにおわせていた。中川のバックでチラつくのが小泉元首相。最近は竹中平蔵元総務相も見え隠れする。改革に騙された国民はドッチラケだ。

「与党にも野党にも飽き足らない無党派層が6割いる。今ある政党がどうかという考え方よりもビジョンや価値観をつくり上げ、その旗の下に集まるのが正しい政治のあり方だ」

 中川が1日、テレビでぶっていた“新党構想”である。例によって、「(小泉元首相も)改革路線貫徹すべしで動いている。(政界再編は)頭の隅にある」と付け加え、いまだに小泉の威光にすがっていたが、それにしても、最近の中川は目立つ。政策本を出版し、先月31日はその出版記念パーティーで「今後3年間は政治家として集大成の時」「大乱世が来たときはわが身を投げ出す覚悟だ」などと大げさに語っていた。

 こんな中川をアシストしているのが、アノ竹中だ。

「自民党の若手国会議員が集まる勉強会に何度か竹中さんが講師で招かれるのです。2カ月ほど前から新党構想について熱弁を振るっていて、『新党を立ち上げられるのは中川さんしかいない』『改革志向の若手が中川さんを支えれば絶対に勝てる』と言っています。『財界の要望だから軍資金の心配はいらない』と語ったこともあります。もちろん、当人同士はより密な話をしているはずです」(衆院議員)

 日本の社会をぶっこわした揚げ句、参院議員バッジを放り投げた無責任男が、いまだにチョロチョロ動き回り、中川を持ち上げているのである。

 中川の狙いは政界再編で、もう一度、日の当たる場所に出ることだ。

「この調子だと次期衆院選で自民党は惨敗する。しかし、野党も過半数を得られなければ、いわゆる第3党がキャスチングボートを握る。そこで小池百合子元防衛相を党首に据えて話題を集め、中川に傾倒する猪口邦子元少子化担当相などの小泉チルドレンを引っ張って、新党をつくる。民主党の反小沢組も取り込めば、かなりの数になると見込んでいるのでしょう」(与党関係者)

 いかにも寝業師の中川が考えそうなことだが、中川、小泉、竹中といえば、この国をメチャクチャにした張本人だ。3悪人が政界再編なんて、国民からすれば、「いい加減にしろ!」である。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-05 10:00 | 政治  

小泉、麻生、中川らのフザケたゴルフコンペ

5月29日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 24日土曜日、山梨の富士ゴルフコースで行われた自民党幹部たちのゴルフコンペ。マスコミは小泉元首相と麻生前幹事長の「和解」を騒いでいるが、庶民が不況や年金、老人医療で怒っている国会会期中にゴルフとはフザケた話。しかも、とんでもない“秘密合意”まであったという。

●“麻生羽交い締め”で政局ナシ…

 小泉、麻生のほかに参加した政治家は、中川秀直元幹事長、高村外相、額賀財務相、堀内元通産相、中曽根弘文元文相、そして呼び掛け人の衛藤元防衛庁長官。それにしてもムチャクチャというか、小泉、麻生以外も敵対する面々ばかりだ。

「そもそもゴルフ場を提供した堀内は、後期高齢者医療制度のことを雑誌で『小泉改革の負の遺産』と手厳しく批判しているし、中曽根元首相の息子である弘文は郵政民営化の造反組。それが小泉とシャアシャアとゴルフです。と思えば、小泉路線を批判した麻生は、中川や衛藤とも犬猿の仲のはずなのに、ニコニコやっていた。自民党の政治家は近視眼的で、都合の悪い過去はすぐに忘れる動物といわれますが、あまりに節操がありません」(報道関係者)

 では、このコンペの目的は何だったのかが問題だが、ある合意のためだという。

「首相側近である衛藤が呼び掛け人になったことで分かるように、コンペの趣旨は“福田首相を支え続け、解散を先送りしよう”というものです。コンペ後の懇親会で小泉が“福田さんがやりたいだけやって、(解散は)それから考えればいい”とあいさつし、全員がうなずいた。8人署名の連判状も作成したそうです。サミット後の内閣総辞職に期待をかける麻生や、総裁選に色気を見せる中川も従ったということは、これで自民党内からの福田降ろしはなくなったということ。帰り際に小泉が麻生のスコア88に引っ掛けて“末広がりだね”と上機嫌だったのも、麻生を羽交い締めにしたから、政局はないというサインですよ」(官邸事情通)

 やっぱり、自民党はどうしようもない。支持率が20%を割ろうと、自分たちで政権をつくり替えるエネルギーさえ失ってしまった腑抜けの塊だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-29 10:00 | 政治