タグ:佐々淳行 ( 4 ) タグの人気記事

 

テロへの危機感 常に必要

2008年11月20日 朝日新聞
佐々淳行 元内閣安全保障室長

 1971年の暮れ、当時私の上司だった土田国保警視庁警務部長(元警視総監)の自宅に小包爆弾が届き、夫人が死亡するという事件があった。そのとき土田さんは記者会見で「私は犯人に言う。君らはひきょうだ」と言ったが、今回はそれとまったく同じことを感じる。ひきょうきわまりない犯罪だ。

 ただ、土田事件にははっきりとしたイデオロギー的な背景があり、事件のスジが読めた。それに比べると、今回の事件はスジが読めない。

 標的になった元次官が2人とも年金畑で、社会保険庁長官経験者であることから、年金問題への怒り、いわば「公憤」が誤った方向に爆発したという推測もできる。だが、一般人が、元次官2人の経歴や住所などの個人情報を知っていたのも不自然だ。個人的な恨み、私恨による犯行という可能性も捨てきれないのではないか。

 同期はどうあれ、このような事件の再発を防ぐにためにはどうすればいいのか。最も重要なのは、言うまでもなく犯人の早期逮捕だ。検挙に勝る防犯はない、

 また、今回の事件で危険なのは、犯行に影響されて模倣犯が出現することだ。犯人を一種のヒーローとして祭り上げるような風潮を許してはならない。その点でマスコミの責任も重大だ。

 同時に各省庁の幹部やOB、政治家は、もっと自分の身を守るという意識を持つべきだろう。今の警察の人員では、あらゆる危険に対応するのはとうてい不可能だし、いつまでも警備を続けるわけにはいかない。政治家や官僚はリスクを背負っていることを自覚し、訪問者には慎重に対処したり、警備会社を使ったりして、「自主警備」をすべきだ。「自助、公助、互助」が危機管理の鉄則。警察という公助や、隣人などの互助も大切だが、まず自助なくしては犯罪は防げない。

 現代社会では、残念なことにテロや暴力犯罪の危険なことにテロや暴力犯罪の危険をなくすことはできない。ここ30年ほどの間、オウム真理教事件や9・11同時多発テロなどはあったにせよ、普通の日本人にとってテロは別世界の出来事で、危機感が失われてしまったのではないか。いつ起こっても不思議はないという緊張感を持ち続けることが、今回のような事件の再発を防ぐ唯一の方法だろう。


 30年生まれ。警察庁警備局警備課長、三重県警本部長、防衛施設庁長官などを歴任。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-20 06:00 | 社会  

佐々淳行 日教組よ、まず「自己批判」せよ

10/21 07:54 産経新聞

≪政治信念貫いた中山氏≫

 中山成彬前国土交通大臣が、日教組(日本教職員組合)が日本の教育に及ぼした害悪を批判し、舌禍事件として騒がれた。確かにTPOが悪い。唐突で、麻生新内閣にはマイナスだった。だが中山氏は政治信念を貫いて日教組批判を撤回せず大臣を辞め、堂々と自らの責任をとった。その出処進退は九州男子らしく見事である。

 中山氏の日教組批判は、表現はちょっと粗いものの、国民の大多数が日教組に対して内心で抱く気持ちを代弁したものだ。もちろん、文部科学省(旧文部省)も悪いが、日教組は教育現場で半世紀にわたり、子供の教育よりイデオロギー闘争を優先させ、初等・中等公立学校教育を今日のような荒廃に陥れた。明らかな日教組の弊害である。

 反体制的な自虐史観、日の丸・君が代反対、全国学力テスト反対、デモ・座り込みなどの校外での政治活動優先…と、いちいち、中山氏が指摘した通りではないか。

 日教組関係者は、道徳教育は反対ではないという。しかし彼らが半世紀にわたり、道徳教育の導入に時には集団暴力で、時には陰湿な抵抗運動で反対し続け、児童・生徒たちの公共心やモラル、愛国心の低下をもたらしたこと、これまた歴史的事実である。日教組が文科省との協調に路線転換したのは1995年。だが、公共心、愛国心、道徳教育を謳(うた)った一昨年の教育基本法改正を「改悪」といっているではないか。

≪教育講習を暴力で妨害≫

 岡本泰良書記長はじめ日教組は中山氏を批判する前に、まず自ら犯した半世紀の過ちを反省し、謝罪すべきである。黙っていれば、言いたい放題。筆者は歴史の生き証人として、中山氏が言わなかった2つの事例をあえて証言し、日教組の反省と総括、自己批判を強く求める。

 第1は、日教組が文部省の道徳教育に暴力で反対した事実である。昭和33年、全国7つのブロック別に校長・教頭を対象にした「道徳教育講習」が実施されたが、当時の小林武委員長率いる日教組は数千人を動員して実力妨害した。全国7番目、九州地区の別府道徳教育講習には、全国を転戦してきた日教組武闘派2000人が大分県職組、大分全学連と組んで、デモや反対集会を展開した。会場旅館での座り込み、校長・教頭の参加実力阻止と、別府に騒擾(そうじょう)状態をもたらした。

 当時大分県警1300人の警備部隊を指揮したのは、筆者である。

 その渦中で、W巡査部長が日教組の闘争本部に監禁される事件が起きた。筆者は部下のU警備部長らを伴い、警察官の即時解放を求めて、制服で交渉に赴いた。すると、闘争本部では、筆者らを武装解除して人質に、と騒ぎ出すしまつだ。筆者は腕時計をみながら「県警の機動隊には、30分たってわれわれが帰らなければ、突入し、全員検挙せよと命じてある。その時は二宮武夫県議(故人・のち社会党代議士)、貴方に私が手錠をかける」と告げた。間もなくW巡査部長は解放された。

≪警官の子を立たせる体罰≫

 第2は、当時警視庁警備課長だった筆者の息子が世田谷区立小学校で日教組闘士の女性教師Sから、警察官の子というだけの理由で、長時間居残り、立たされるという体罰を受けた事件だ。この教師は授業中、「お父さんが警官、自衛官の子は立ちなさい」と命じた。数人がオドオドしながら立つと、クラス全員に「この子たちのお父さんは、ベトナムで戦争し、学生を警棒でなぐっている悪い人たちです」といい、「立っていなさい」と理不尽にも放課後、夕方まで立たせていた。

 帰宅した息子からこれを聞き激怒した筆者はN校長に抗議の電話をかけた。ところが校長は「相手は日教組、争わない方がよい」と応えた。筆者が「公立小学校で親の職業による差別・いじめ教育と、罪のない子供に『立たせる』という体罰について教育委員会に提訴する」と迫ると、校長は当の教師を拙宅によこした。そして彼女は日教組を盾に、「組織をあげて警察の権力的弾圧と闘う」と息巻いた。

 筆者が「私は一個人の父兄として貴方をクビにするまで闘う」というと、女性教師は突然、床に土下座して「クビになると食べていけない。みんな日教組の指示によるもの」と、泣訴哀願したのだ。

 また、京都では警察官の子は勉強ができても成績は「オール3」だったという事実もある。

 自虐史観の日教組は、日本のアジア侵略について、やった方は忘れても、やられた方は忘れないと言っている。同様に子供たちも忘れていない。日教組は、何の罪もないのに理不尽に心を傷つけられた警察官、自衛官の子供たちに謝ってから、ものを言うべし。(さっさ あつゆき、初代内閣安全保障室長)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-21 07:54 | 政治  

「正論大賞」贈呈式…佐々淳行氏にブロンズ「飛翔」

ZAKZAK 2007/02/22

 第22回「正論大賞」(フジサンケイグループ主催)の贈呈式=写真=が21日、東京・赤坂プリンスホテルで行われ、大賞を受賞した初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏(76)に、ブロンズ彫刻「飛翔」(御正進氏制作)と副賞100万円が日枝久フジサンケイグループ代表から贈られた。

 また、第7回「正論新風賞」を受賞した筑波大学大学院教授の古田博司氏(53)に、ブロンズ彫刻「ソナチネ」(小堤良一氏制作)と副賞50万円が村上光一フジテレビ社長から贈られた。

 同ホテルには安倍晋三首相も姿を見せ、式典前の2人と握手を交わして功績をたたえた。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-22 12:00 | 社会  

正論大賞に佐々淳行氏

12月16日6時3分配信 時事通信

 第22回正論大賞(フジサンケイグループ主催)は15日、初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏(76)に決まった。賞金100万円。第7回正論新風賞には筑波大教授の古田博司氏(53)が選ばれた。同50万円。授賞式は来年2月21日、東京都千代田区の赤坂プリンスホテルで。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-16 06:03 | 社会