タグ:保健 ( 18 ) タグの人気記事

 

たばこ「味の秘密」公開 JT、添加物350種類を開示

2009年1月2日1時2分 朝日新聞

 日本たばこ産業(JT)とフィリップモリスが、日本国内で販売しているたばこの材料・添加物リストを公開した。欧州販売分は以前から公表されていたが、国内販売分は「味作りの重要なノウハウだ」として従来は企業秘密になっていた。食などの分野で原料の由来への関心が急激に高まっており、たばこも、そうした社会の流れに沿った格好だ。

 JTによると、ホームページに「添加物情報」のコーナー(http://www.jti.co.jp/JTI/ingredient/index.html)を新設し、延べ350種類の物質のリストを開示した。「お客様のニーズがあるものと考え、準備を進めていた」という。

 リストによれば、葉タバコに添加されている物質は全部で217種類。香料(フレーバー)としてカラメル、ゼラニウム油、ハチミツなど。保湿剤、香料として果糖、ショ糖、コーンシロップなど。フィルター、巻紙などの材料品に使用されている物質はセルロースなど延べ133種類。

 国内2位のフィリップモリスは、海外販売分の添加物リストに追加する形で、日本販売分のリストを公表。

 国内3位のブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは現時点では公表していない。「その国ごとに規制が異なり、日本国内ではそこまでは求められていない」としている。

 食の世界では近年、原材料、原産地、それらの表示への消費者の関心が高まっている。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-02 01:02 | 経済・企業  

早食いの人は太りやすい可能性=研究

10月22日12時19分配信 ロイター

 [ロンドン 22日 ロイター] 満腹になるまで早食いをする人は、そうでない人に比べ3倍、太り過ぎになりやすいとの研究結果を、大阪大の磯博康氏らの研究チームが22日、専門誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに発表した。

 同研究では、30―69歳の日本人ボランティア3000人以上に食生活について質問。男性の約半数、女性では半数をやや上回る人が満腹になるまで食べると答え、男性の約45%、女性の36%が早食いだと答えた。満腹まで食べ、かつ早食いだと答えた人は、満腹になるまで食べないし早食いでもないと答えた人に比べ、太っている確率が3倍高かったという。

 ファストフードの利用や規則的な食習慣の欠如も問題を悪化させる一因になり得るとしている。この研究は、食事の内容や量だけでなく食べ方が肥満の増加につながる可能性を浮き彫りにした。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-22 12:29 | 社会  

MP3プレーヤーで聴力障害の恐れも=EU報告

10月14日16時36分配信 ロイター

 [ブリュッセル 13日 ロイター] 欧州連合(EU)の研究者たちは13日、若者が5年間にわたって週に5時間以上、大音量でMP3プレーヤーを聴き続けた場合、欧州全体で数百万人が恒久的な聴覚障害になる恐れがあると警告した。

 EUの行政機関である欧州委員会の要請で行われた同研究は、子どもやティーンエージャーは大音量から守られるべきだとして、「娯楽音」というコンセプトや大音量の携帯電話に反対する立場を取っている。

 欧州委員会の専門家によると、日常的に携帯音楽プレーヤーを使用する人は、推定5000万─1億人。このうちの5─10%に相当する最高1000万人が、高リスクに当たると指摘した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-14 16:36 | 社会  

気温乱高下、熱中症急増 寒→暖、体がついていけず

8月26日8時0分配信 産経新聞

 ■今夏、過去最高に迫る勢い

 発症条件がそろっていないのに、今夏、熱中症が増えている。通常、熱中症は「暑さ指数」が高いと増えるが、今年は平年並み。しかし、国立環境研究所の調査では、今年の熱中症患者数は過去最高の昨年に迫る勢いだ。専門家が指摘する要因が「気温差」。気温の乱高下が激しく、体がついていけなくなったという。専門家は「9月も急に暑くなる日の外出は注意して」と呼びかけている。

 国立環境研究所は平成12年から東京都、横浜市、千葉市、川崎市、名古屋市、広島市の6都市で5~9月に救急搬送された熱中症患者数を調査。19年からは18都市に拡大した。調査によると、6都市では19年は2494人と過去最高を記録し、今年はすでに1801人(8月25日時点)と過去2番目。18都市では、19年が5102人で、今年は3946人(同)にのぼる。

 国立環境研究所の小野雅司総合影響評価研究室長も「18都市の7月までの患者数は、昨年は約800人だったが、今年は2000人を突破した」と話す。

 気温、湿度、物体表面温度で構成する「暑さ指数」が上昇すると熱中症が増える傾向にあるが、今年7月の平均気温は27度と調査開始以来5番目。湿度や物体表面温度も平年並み。6月は平均気温21・3度で調査開始以来一番の低さだった。条件がそろわないのに発症するのはなぜか。気象業務支援センターの村山貢司専任主任技師は「熱中症は体が暑さに慣れていないと発症しやすい。今年は6月の気温差が激しく、7月にかけて急激に気温が上昇した」と説明。東京は、今年6月は日ごとの平均気温の差が激しく=グラフ、6月と7月の平均気温の差は6・7度で調査以来最高だった。

 東京消防庁管内で19年に通報された熱中症関連事故の発生場所で、住宅内に次いで多かったのは路上で半分近くが20~60代だった。村山さんは「エアコンの効いたオフィスから急に屋外に出たケースが多いとみられる」と気温差の危険性を指摘。有賀徹・昭和大学医学部教授は「外ではネクタイを外すなどの対策が必要だ」という。気象庁は25日に3カ月予報を発表し、9月上旬には残暑が厳しい日もあると予報。8月後半の肌寒さから一転、熱中症が発症しやすい要因になる。村山さんは「急に暑くなる日は水分や塩分を適切に補給して」と話している。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-26 08:00 | 社会  

薬局で買える大衆薬、メタボ対策で“やせ薬”に注目

8月17日10時9分配信 読売新聞

 薬局やドラッグストアなどで買える大衆薬(OTC医薬品)市場が、一時の低迷を抜け出して急回復している。

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関心が高まる中で、肥満対策薬が急成長しているのが大きな理由だ。

 小林製薬の推計では、肥満対策薬の市場規模は2007年7月~08年6月で前年同期比34%増と大きく伸びた。08年4月から始まったメタボリックシンドロームに関する特定健診をにらんで、“やせ薬”に注目が集まったためだ。

 特に人気が高いのが、新陳代謝を改善して脂肪を減らすとされる有効成分「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」を含んだ漢方薬だ。

 クラシエ薬品の「コッコアポ」シリーズの07年の販売額は前年比54%増加し、小林製薬の「ナイシトール85」も07年度の出荷額が前年度比53%増の54億円になった。ロート製薬の「和漢箋(せん)」シリーズも好調だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-17 10:09 | 経済・企業  

夏を快適に 入浴法 眠りやすい効果 冷房も抑制

7月30日10時40分配信 産経新聞

 ≪足の血行促進≫

 冬場はゆっくりとお風呂に入っても、夏場は暑いためシャワーで済ますという人は少なくないはず。しかし、東京ガス都市生活研究所の興梠(こおろき)真紀主幹研究員は「お湯につかることは、夏を元気に過ごすための重要なポイント」と指摘する。冷房による悪影響を、知らず知らずのうちに受けているのが理由だ。

 クールビズの普及に伴い、オフィスでは室内温度を高めに設定する傾向が強い。その場合、上半身は暑く感じたとしても足の指先は冷え、血行が悪くなるケースは少なくない。特に女性に目立つという。放置しておくと他の病気を引き起こす要因となりかねないだけに、入浴で身体の調子を整えるといった習慣を身につけることが必要となる。

 同社が推奨する入浴法は、みぞおちの辺りまで、ぬるめのお湯を張り、20分程度を目安につかる半身浴。「血行量が促進されてリラックスにつながる」(興梠主幹研究員)点が売り物だ。お湯の温度は夏場だと37度で十分だ。

 また、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかった場合、眠りに陥りやすくなる効果も持つ。夏場の夜は眠りが浅くなりがち。特に熱帯夜などは夜中に目が覚めて冷房を付けたりするケースも頻繁にあるが、こうした問題の改善にもつながりそうだ。子供と一緒にお風呂に入ることもお薦め。いつも以上にコミュニケーションが図れ、結果としてゆっくりと入り、リラックス効果を生み出すからだ。

 ただ、夏場の入浴では上がった後の汗に悩まされ、ついつい、冷房を低い温度に設定して涼みがちだ。しかし、興梠主幹研究員によると「汗は色々な成分とともに体内から出るので、出るものは出した方がよい。また、急激に冷やすと肌の乾燥の要因となる」。このため自然の風や扇風機、緩めの冷房によって汗が落ち着くのを待って、バスタオルでふくことがお薦めだ。これによって省エネと二酸化炭素(CO2)の削減にもつながる。

 ≪薄荷湯で汗半分≫

 入浴を楽しみたいけど、できるだけ汗をかきたくない-。こうしたニーズに応えるのは、ミントの仲間で日本で取れる薄荷(はっか)だ。

 薄荷はメントールという成分が多く清涼感が強いことから、歯磨きやせっけんなどの香料、頭痛薬などにも使われている。漢方の薬局で購入できるが、品切れの場合はミントでも代用できるという。

 具体的な作り方は約30グラムを布袋に入れて上から約2リットルの熱湯をかけて15~20分ほど蒸らす。その汁と布袋を浴槽に入れて、よくかき混ぜる。東京ガスがまとめた小冊子「季節のお風呂十二カ月」によると、入浴後10分間の総発汗量は普通のお湯に比べ薄荷湯が約半分。しかも血行促進や保温といった効果は十分にある。(伊藤俊祐)
[PR]

by deracine69 | 2008-07-30 10:40 | 社会  

サマータイムは健康損なう 睡眠学会が反対の声明

2008年06月05日 11:11 USFL.COM

 日本睡眠学会は5日、地球温暖化対策などとして超党派の議員連盟が導入に向けた法案提出を検討中の「サマータイム制度」について、健康に悪影響を及ぼす恐れがあるとして反対する声明を発表した。

 声明は、夏季に時計の針を1時間進めるこの制度は、必ずしも省エネにつながらず、医療費の増加など経済的損失をもたらすと指摘している。

 環境省で同日、記者会見した同学会の本間研一副理事長(北海道大教授)によると、夏時間への変更後数日から2週間程度は、睡眠時間の短縮や、眠りが浅くなるなどの睡眠の質の低下、抑うつ気分や自殺増加などが起こる恐れがある。特に西日本を中心に暑さが残る時間帯に就寝時間を迎えるため、寝付けずに睡眠時間の短縮などを招く可能性が高いという。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-06-05 11:12 | 社会  

川田さん自殺の遠因 うつ状態「原因究明してはいけない」

2008.5.28 14:26 MSN産経ニュース

 自殺したフリーアナウンサー、川田亜子さん(29)はブログで「一番苦痛であります」などと、うつ状態のサインを出していたという。川田さんの悲劇を回避させる方法はなかったのか。

 精神科医のヒガノクリニック、日向野春総院長は「この状態の人には、なぜそうなったかの原因究明をしてはいけないんです」と語る。

 その理由について、日向野院長は「本人に後悔の念が生まれ、ますます先が見えなくなってストレスを与えるから」と説明。対処法として「理由を聞かず、休むことを勧め、体調を整えさせることが大事」という。

 日向野院長は「日本人は几帳面さから原因をまず追及してしまう。それが日本で自殺率を高める要因となっています」と警鐘を鳴らした。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-28 14:26 | 社会  

ビタミンB群、心疾患を抑制=ただし食事でバランスよく-厚労省研究班

2008/05/27-11:45 時事通信

 ビタミンB群を食事で多く取る人は心筋梗塞(こうそく)になりにくいことが27日までに、厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎国立がんセンター部長)の大規模疫学調査で分かった。どれか1つだけでは効果がなかった。

 研究班は1990年と95年、岩手、秋田、長野、沖縄の4地域で、40~59歳の男女約4万人の生活習慣を調査。約11年の追跡期間に、男性201人、女性50人の計251人が心筋梗塞などの虚血性心疾患になった。

 食事内容からビタミンB6、B12、葉酸の摂取量を算出してそれぞれ5群に分け、喫煙や肥満、ビタミン剤摂取などの影響を除いて発症リスクを比較。その結果、いずれも摂取量が多いとリスクが低い傾向がみられた。

 心筋梗塞に限るとより顕著で、最も少ないグループに比べ、最も多いグループは葉酸で約4割、B6、B12で約5割低かった。

 また、摂取量が多いか少ないかの組み合わせでも検討。3つすべて少ない人は、すべて多い人の2倍以上のリスクだった。1つだけ多くても他の2つが少なければ同様に高リスクで、特にB6が少ないと、B12と葉酸が多くても2倍以上だった。

 研究班は、これらを満遍なく、特にB6を多く含む食品を積極的に取ることが、心筋梗塞の予防につながる可能性があるとしている。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-27 11:45 | 社会  

「早起き」で脱メタボ 夜型生活改め仕事能率アップ

5月26日8時1分配信 産経新聞

 「朝型生活は健康によい」とよく言われるが、朝型生活より夜型生活の方が同じ食事でも太りやすく、朝型はメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策にもなることが大学の研究で実証的に確かめられた。「朝型の方が仕事も勉強も能率が上がる」と指摘する著書も最近刊行され、メタボも仕事も気になる中高年は、ライフスタイルを朝型へ見直す機会にしてはどうだろうか。(柳原一哉)

 神奈川県立保健福祉大の中村丁次教授らのチームが行った実証実験では、女子学生18人を対象に「朝型」と「夜型」の食生活をしてもらった。1回500キロカロリー、計3食の同じ食事を、午前7時▽午後1時▽同7時に食べる「朝型」、午後1時▽同7時▽午前1時に食べる「夜型」の生活を1日ずつ行い、食事前から食後3時間までのエネルギー消費量をDIT(食事誘発性熱産生)で測った。

 DITは、食事をとったさいに食物の消化と吸収などの活動のために体が消費するエネルギーのことで、中村教授によると、DITの値が高いほどエネルギー消費量が多く、太りにくいという。

 調査の結果、3食分のDITの合計は、「朝型」は体重1キロ当たり平均0・905キロカロリー、「夜型」が同0・595キロカロリーとなり、朝型のほうがエネルギー消費量が多かった。体重50キロの人の場合、朝型が45・25キロカロリー消費しているのに対し、夜型は29・75キロカロリーで、明らかに少なかった。

 中村教授は「1日単位では体重への影響はわずかな差かもしれないが、年単位でみれば朝型よりも夜型生活の方が太りやすいといえる」と指摘。夜型生活が太りやすいことは経験的に知られてはいたが、データとして裏付けられたのは全国で初めてという。

 ただ、なぜ夜型のエネルギー消費が少ないかという科学的な理由はよくわかっていない。中村教授は「仮説ではあるが、夜型生活では本来寝ている時間に食事をとることになり、ホルモン、神経系のバランスが崩れ、エネルギー消費量が低下してくるのでは。本来ヒトは夜行動物ではない」と語った。

                   ◇

 「早寝早起きは三文以上の価値がある」と強調するのは、4月に『朝型人間の奥義』(講談社+α新書)を刊行した「早起き心身医学研究所」(東京都渋谷区)の税所弘所長だ。同研究所は、早起きの集団療法やカウンセリング療法などを行い、これまでに1万人以上が参加している。

 税所所長によると、もともと人間の自律神経は体内時計に制御され、日照とも関係があるという。緊張作用のある交感神経が優位の午前5時~午後9時の間に活動、リラックス作用のある副交感神経が優位の午後9時~午前5時に眠るようつくられている。体温も目覚めとともに上昇し午後2時ごろにピークを迎える。体温上昇時間帯には脳が活性化するので、仕事もはかどるそうだ。

 問題は社会の24時間化が進み、現代人は昔より確実に夜型生活にシフトしてきたことだ。「日本人の平均起床時刻は昭和35年では午前6時2分だったが、40年後の平成12年には同6時42分になった。1年に1分ずつ遅くなってきた」と税所所長。夜型生活はエネルギー消費量の低下を招くだけではなく、就寝前の飲食も増えかねず、税所所長は「メタボまっしぐらだ」と指摘する。

 ライフスタイルを早寝早起きに変えていく必要があるが、なかなか難しいというのが本音。税所所長が提唱するのは、就寝時間に関係なくいつも決まった時間に目覚まし時計をかけ、ガバッと起きる“ガバ起き”。「しばらく眠い期間もあるが、我慢すれば自然に慣れてくる。そうして早寝早起きの好循環ができあがる」とアドバイスする。

 「朝、起きづらいのは『会社に行くのが面倒』などといったマイナス思考が理由。朝早く起きて行動したくなるようなプラス思考の計画を日々持つことが、健康の秘訣(ひけつ)です」と話している。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-26 08:01 | 社会