タグ:光市母子殺害事件 ( 22 ) タグの人気記事

 

単行本に弁護士名指し批判 光市母子殺害、真宗大谷派が回収

2月26日13時16分配信 産経新聞

 真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)が刊行した単行本の詩集に、山口県光市の母子殺害事件で死刑判決を受けた元少年の弁護士を名指しして非難した記述があり、機関誌「真宗」3月号に謝罪文を掲載、回収していることが26日、分かった。

 同派出版部によると、回収を呼び掛けているのは平成19年10月に刊行した「念仏詩文集枯草(こそう)独語」。宗派僧侶で詩人でもある著者が、弁護活動への認識が不十分なまま、事件で死刑判決を受けた少年の弁護士を非難した。

 同書は5000部が印刷され、約200部が販売された後、問題が発覚。現在は絶版で一般書店では扱っていないが、約50部が未回収という。同派は弁護士に謝罪したという。

 同派は「編集段階で内容を確認すべきで申し訳ない」としている。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-26 13:16 | 社会  

橋下発言で「業務に支障」、光母子殺害弁護団が勝訴

10月2日10時23分配信 読売新聞

 山口県光市の母子殺害事件で殺人などの罪に問われ、今年4月、差し戻し控訴審で死刑判決を受けた元少年(27)の弁護団の4人(広島弁護士会所属)が、テレビ番組で懲戒請求を呼びかけられたため業務に支障が出たとして、弁護士でもある橋下徹・大阪府知事を相手取り、計1200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2日、広島地裁であった。

 橋本良成裁判長は、橋下知事に計800万円の支払いを命じた。

 訴状などによると、知事当選前にタレント活動していた橋下知事は昨年5月27日、「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)で、差し戻し審で弁護団の主張が1、2審から変わったことを批判。「弁護団を許せないと思うなら、一斉に弁護士会に懲戒請求をかけてもらいたい」と視聴者に呼びかけた。

 日本弁護士連合会などによると、原告4人を含む弁護団の弁護士22人に対し、全国の10弁護士会に計8095件の懲戒請求が出されたが、いずれの弁護士会も、懲戒処分をしない決定をしている。

 橋下知事は2回の口頭弁論には出廷せず、書面で、「発言は表現の自由の範囲内で、違法性はない。懲戒請求は一般市民が自由意思で行ったことで、扇動した訳ではない」と主張していた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-02 10:23 | 司法  

ネット上で大騒ぎ!安倍前首相に公選法違反疑惑

5月16日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 安倍晋三前首相に公職選挙法違反疑惑が浮上している。

 問題になっているのは、4月27日に投開票が行われた衆議院山口2区補欠選挙での応援演説。そこで安倍は、投票日5日前に加害者の死刑判決が出た光市母子殺害事件遺族の本村洋さんが、あたかも自民党公認の山本繁太郎候補を支持しているかのような演説をしたのである。

 問題の発言は、26日の岩国市での演説で飛び出した以下のくだりだ。

「(前日行った)光市の街頭演説には、本村さんがいらっしゃいました。本村さんが私の手を握って、『頑張ってください。山本さんを応援していますよ』。こうおっしゃったんです。本村さんは、山本繁太郎に賭けたんです!」

 ところが、本村さんは週刊文春(5月15日号)にこう語っているのである。
「演説で名前を出されて本当にビックリしました。(山本候補を応援した事実は)まったくありません。自民党から応援を依頼されたこともありません」

 本村さんの主張が正しければ、安倍は虚偽演説をしたことになる。

「公職選挙法の第235条2項の『虚偽事項の公表罪』にあたります。4年以下の懲役、もしくは禁固または100万円以下の罰金です」(司法関係者)

 この話はブログなどでも取り上げられ、You tubeでは安倍の演説の別テークが流されている。安倍は火消しに躍起で、本村さんを「政治利用」したと報じた週刊文春に謝罪と訂正を求めている。

 公選法違反が焦点だけに安倍も必死なのだろうが、演説の事実は動かせない。

Link: 文春記事に抗議=安倍前首相 (2008/05/09)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-16 10:00 | 政治  

文春記事に抗議=安倍前首相

2008/05/09-19:24 時事通信

 衆院山口2区補欠選挙に関する「週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、自民党の安倍晋三前首相の事務所は9日、発行元の文芸春秋に対し、謝罪文掲載などを求める抗議文を送った。

 5月8日発売の同誌は、安倍氏が補選の街頭演説で、山口県光市の母子殺害事件の遺族本村洋さんに触れ「お嬢さんを無残に殺された本村さん。そのお嬢さんの遺影を持ってわたしのところにやってきた」と発言、本村さんを「政治利用」したとする記事を掲載した。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-09 19:24 | 政治  

死刑賛成派も反対派も「終身刑を」 超党派で議連発足へ

2008年05月03日03時04分 朝日新聞

 仮釈放のない「終身刑」の創設を目指して、死刑制度の存置派と廃止派の国会議員がともに、超党派の議員連盟を結成することになった。来年から始まる裁判員制度を前に、死刑判決の増加への懸念から終身刑の創設を目指す廃止側と、死刑の下に無期懲役より重い「中間刑」をつくりたい存置側が結びついた。存廃議論を切り離したことで、法案提出に向けて議論が高まる可能性が出てきた。

 新たな議員連盟は「裁判員制度の導入の中で量刑制度(死刑と無期懲役のギャップ)を考える会」(仮称)。自民党の加藤紘一衆院議員や平沢勝栄衆院議員らが働きかけた。与野党の約20人が呼びかけ人になっている。

 8日に初会合を開く予定で、いまのところ数十人が賛意を示している模様だ。制度が始まる前に実現させようと、今国会中に創設を盛り込んだ法案の提出を目指す。

 現行法では、死刑に次ぐ重い刑は無期懲役。しかし、法務省によると、平均25年程度で仮釈放されており、死刑より軽く無期懲役よりは重い刑として、終身刑の創設を求める声が少なくなかった。

 平沢議員は議連の意義について「死刑廃止論とは相いれないが、終身刑の創設の部分では一致している。平行線の存廃論議と切り離し、裁判員制度で市民が悩むことになる前に解決しなければいけない」と強調する。参加予定者の中には、山口県光市で起きた母子殺害事件の死刑判決をめぐり、「終身刑の必要性を考えるきっかけになった」と話す議員もいるという。

 裁判員裁判にあわせた終身刑の創設をめぐっては、「死刑廃止議員連盟」(会長=亀井静香・国民新党代表代行)が先月、死刑判決に関しては裁判員6人と裁判官3人の全員一致を条件とする特例法案とあわせた形で「死刑慎重化法案」をとりまとめている。(市川美亜子)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-03 03:04 | 政治  

母子殺害判決 重い課題が残された

2008年4月23日 中日新聞 社説

 「死刑か無期懲役か」ばかりに関心が集まり、基本的問題が十分論議されなかったのは残念だ。市民が裁く側になる裁判員裁判の実施を前に、刑事司法について真剣に考え理解を深めたい。

 山口県光市で一九九九年に起きた母子殺害事件の差し戻し審は予想通り死刑判決だった。厳粛に受け止めるべき判決だが、ここに至る経緯は異常だった。

 犯行当時十八歳と一カ月だった被告を一、二審が無期懲役にすると、ネットや週刊誌などで激しい攻撃が始まった。妻を暴行され、愛児とともに惨殺された夫が、極刑を強く要求し、テレビはその顔をアップで画面にとらえ、詳しく報じた。一部メディアは死刑を求める大合唱の場になった。

 無期判決を破棄した最高裁、差し戻し審で死刑にした広島高裁の裁判官が、この影響を多少なりとも受けたことは否定できまい。

 その陰で「被害者感情と刑罰の重さの関係」「死刑存廃」それに「刑事弁護の意義」という三つの重要問題が置き去りにされた。

 愛する家族を理不尽に奪われた遺族の憤りは理解できる。だが、メディアがそれを生の形で報じると社会の報復感情をあおり立てることになりやすい。被害感情を量刑に直接反映させると裁判が復讐(ふくしゅう)の場になりかねない。

 被告は中学時代に母親が自殺、実父が若い外国人女性と再婚するなどして不安定な家庭で育った。そうした成育環境が被告の心に与えた悪影響の論議は、最高裁以降かき消されてしまった。

 国際的には死刑の廃止国数が存置国数を上回り、なお増えつつある。日本では真剣な議論が行われないままこの流れに抗し、死刑判決が近年、増加している。

 裁判員裁判では、被害者感情への対応や死刑を含む量刑の判断を市民が迫られる。一人ひとりが自分の責任で意見を言えるよう、考えを深めておきたい。

 殺意を否認した弁護団に対する攻撃も異常だった。タレント弁護士がテレビで攻撃をあおるかのような発言をし、弁護士会に懲戒を求める請求が殺到した。

 どんな凶悪事件の被告にも適正に裁かれる権利がある。それを守る弁護活動が被害者感情、市民感覚と合致しなくても、封じることは許されない。

 犯罪への対応はその社会の成熟度を反映する。裁判員裁判に臨むにあたり、刑事司法をわがこととしてもっと関心を持ちたい。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-23 23:59 | 社会  

山口・光市母子殺害事件死刑判決 元少年の父親、判決後の心境語る

23日22時57分 FNN

山口・光市で起きた母子殺害事件の広島高裁のやり直し裁判で、22日に加害者の元少年に死刑の判決が言い渡されたが、元少年の父親は22日夜、判決後の心境について語った。

元少年の父親は「1審・2審で情状酌量の余地があるということで、無期懲役の判決が出たにもかかわらず、司法に対して、がっかりしたところもあるんですけれども、それを受けて、今回の判決が、1審・2審の無期懲役から死刑と簡単に変わるといういきさつ、これが非常に恐ろしい」、「相手に対して申し訳ないという気持ちはいっぱいです。だから、そういう気持ちをこれからずっと、わたしどもも背負っていくわけです。どこに行ったって、死刑の判決が出たって、これで終わったわけじゃありません」と語った。

22日の死刑判決について、遺族の本村 洋さんは、閉廷後の会見で「遺族が求めてきた死刑判決が下ったことに対しまして、本判決を下してくださった広島高裁には感謝しております。正しい判決が下されたと思っております」と語った。

裁判が続いたこの9年間について元少年の父親は「今回のことは、本当に自分でもびっくりしておりますんで、当初のころは本当に(息子を)恨んでおりました。子どもがこんなことしたばかりに、自分の人生もまっ逆さまで。やっぱりわが子ですから、どんな罪を犯す人間でもかわいいです。これは正直なところです」と語った。

そのほかにも事件後、祖母が急死、元少年の弟は家を出て連絡がまったくつかないと話した。
また、元少年の父親は「落ち着いたら息子に会いに行きます」と語った。
元少年の父親は「死刑判決で終わるんであれば、あとはまっとうに死刑が相当だったんだと思って、あえてそれを自分に受け入れるだけのことです」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-23 22:57 | 社会  

安田弁護士に逆転有罪の判決 強制執行妨害

2008年04月23日13時39分 朝日新聞

 山口県光市で起きた母子殺害事件で被告の主任弁護人を務めた弁護士の安田好弘被告(60)が、98年に強制執行妨害罪で起訴された事件の控訴審で、東京高裁(池田耕平裁判長)は23日、一審・東京地裁の無罪判決を破棄し、安田弁護士に罰金50万円(求刑懲役2年)を命じる判決を言い渡した。

 安田弁護士は、光市の事件のほか、オウム真理教の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の一審で主任弁護人を務め、死刑廃止運動でも中心メンバーとして活動してきた。松本死刑囚の一審公判中に逮捕、起訴されたことで弁護団は「違法捜査によって作り上げられた事件で、弁護士業務への不当な介入だ」と捜査当局を批判。控訴審では約2100人の弁護士が弁護団に加わり、無罪を主張していた。【関連記事
[PR]

by deracine69 | 2008-04-23 13:39 | 司法  

弁護団“解任”の今枝弁護士「残念」…光市母子殺害差し戻し審

4月23日8時0分配信 スポーツ報知

 昨年10月、光市母子殺害事件の弁護を解任された今枝仁弁護士(37)は、この日の判決を「判決理由が予測していた以上に厳しいもので正直ショックでした」とし、元少年に対し「結果的に弁護してあげられず…こみあげるものがありました」と語った。

 今枝氏は昨年、弁護方針をめぐり主任弁護人の安田氏らと対立し、辞任を表明。いったんは撤回したものの、その後、元少年から解任された。今年4月に「なぜ僕は『悪魔』と呼ばれた少年を助けようとしたのか」(扶桑社)を出版。“解任騒動”の裏側や事件の真相などに言及している。

 弁護団との決別には弁護方針の対立に加え、遺族への対応やマスコミ対策について考え方の違いがあったという。今枝氏は「社会からバッシングを受けたり、懲戒請求を受けたりすることは(弁護の)本筋から外れてしまうもの。もっと冷静に裁判を見つめることが必要だった」と振り返る。

 今回の控訴審では「ドラえもん」「ママゴト遊び」「復活の儀式」など遺族や社会を逆なでするような言葉がクローズアップされ、弁護団は強烈な批判を浴びた。「(それらの言葉は)事件の本質とは関係のない枝葉の議論だから、あえて言わないという判断も必要だった」

 判決で元少年の新供述は「不自然、不合理である」と断じられた。今枝氏は「弁護団の主張が極端なものになってしまったので、裁判所が採用できなかったのかもしれない」と分析。「結果が悪かっただけでなく、弁護活動も非難されるような判決で、非常に残念」と話した。

 今枝氏は解任されるまで、元少年とは30~40回にわたり接見を重ねてきた。その印象は「非常に未成熟で、年齢に比べたらまだまだ幼い。9年という長い期間にわたって拘束され、その間、読書ばっかりしている。言葉が文語体になるなど、成長する部分は成長して、幼い部分は幼いままというアンバランスな状況」だという。

 昨年10月以来、元少年とは接見できない状況が続くが「今は『最後まで弁護してくれよ』と言ってくれたことが思い起こされます。会えるかどうかわかりませんが、しばらくたってから会いに行ってみようと思います」とし、今後も精神的なサポートを続けていきたいとした。

 ◆「HERO」に似た経歴も…異色の経歴 

 公判中、弁護団の記者会見の席上、遺族の心情を思うあまり“号泣”した今枝氏は異色の経歴を持つ。

 1970年、山口県下関市生まれ。子どものころは虚弱体質で中学時代に引きこもりに。自殺未遂もおこしたという。高校は3回留年した末に中退。20歳で大検を取得し北九州大学に入学するもこれも中退。22歳で上智大学に入り直す。

 大学時代はホストや黒服などお水系のバイトも経験した。98年、裁判所職員として勤務しながら司法試験に合格し、東京地検検察官を経て弁護士に。01年にフジテレビ系ドラマ「HERO」がヒットした際には、木村拓哉演じる主人公の検事と似たような経歴(高校中退)を持つ検事として、テレビでインタビューを受けたこともある。

 【元少年が法廷内外で残した問題言動】 ▼「(本村さんについて)ありゃー調子付いてる」「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」「犬がある日かわいい犬と出会った。…そのまま『やっちゃった』…。これは罪でしょうか」(01年の控訴審で検察側が証拠に出した、元少年が拘置所から知人にあてた手紙。この内容に遺族は猛反発) ▼「ドラえもんの4次元ポケットは、何でもかなえてくれる。押し入れはドラえもんの寝室であり、押し入れに入れることで、ドラえもんが何とかしてくれると思った」(07年6月の差し戻し控訴審で、夕夏ちゃんの遺体を押し入れに遺棄した理由を説明) ▼「取り調べで、ひもを提示されて蝶々(ちょうちょ)結びにしたことなどを知らされた」(同控訴審で、泣きやまない夕夏ちゃんをあやそうとして首にひもで蝶々結びしたら死んだと主張) ▼「山田風太郎の『魔界転生』という小説で、精子を女性の中に入れて復活の儀式ができるという考えがあり、生き返ってほしいという思いがあった」(同控訴審で、弥生さんを死姦した理由を説明) ▼「(亡き)母に甘えるつもりで(弥生さんの)背後から抱きついた。性的なものはなく、危害を加えるつもりはなかった」(同控訴審で、殺意や乱暴目的の犯行との検察側主張を否認) ▼「弥生さんはまだ生きている。来世で(弥生さんの)夫になる可能性がある」(07年7月の控訴審で、弁護側証人として出廷した精神科医が精神鑑定した際の元少年の発言を紹介) ▼「僕をなめないでいただきたい」(同9月の控訴審で、本村さん側の意見陳述中に遺族の発言を記したメモに斜線を引いたのではないかと検察側から詰問され、感情をあらわに)
[PR]

by deracine69 | 2008-04-23 08:00 | 司法  

「真実を述べてきた…」=判決後の元少年-極めて不当と弁護団・光市母子殺害

2008/04/22-18:55 時事通信

f0013182_19522395.jpg 「自分にとっての真実を述べた」。山口県光市の母子殺害事件差し戻し控訴審で、死刑判決を受けた元少年(27)は22日午後、判決直後に接見した4人の弁護士にこう語った。弁護団が記者会見で明らかにした。

 弁護団によると、会見で伝えることがあるかと聞くと、元少年は冷静な様子で「自分の述べてきたこと、記憶があいまいな部分やない部分もあるが、すべて自分にとっての真実だ」と答えたという。

 一方、主任弁護人の安田好弘弁護士は「最高裁判決に忠実に従った極めて不当な判決。最高裁が呪縛(じゅばく)になった」と強く批判した。

 上告は弁護団21人全員の連名で、判決直後に手続きをしたという。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-22 18:55 | 司法