タグ:出版 ( 8 ) タグの人気記事

 

読売ウイークリー、12月1日発売号で休刊

2008年10月29日10時45分 朝日新聞

 読売新聞社は29日、総合週刊誌「読売ウイークリー」の休刊を発表した。12月1日発売号が最後になる。

 1943年の創刊で、65年の歴史がある。「月刊読売」として創刊、52年に週刊誌「週刊読売」、00年に「Yomiuri Weekly」となり、05年に「読売ウイークリー」と名称を変えた。

 読売新聞東京本社広報部によると、00年に約40万部を発行したことがあるが、今年は毎号10万500部の発行だった。「最近の週刊誌市場の縮小傾向や、メディアの多様化が進む中で、休刊を決めた」という。

 雑誌に詳しいライターの永江朗さんは「読者減、広告収入減、紙代を中心としたコスト増のトリプルパンチが効いている。週刊誌は10万部がボーダーライン。読者層を明確にし、大胆に変わらないと生き残れないだろう」と話す。

 小学館も29日、幼児向け月刊誌「マミイ」の休刊を発表した。来年1月31日発売の3月号で休刊する。72年の創刊で、0~2歳児が対象。日本雑誌協会の調べでは、今年4月から6月の平均発行部数は約12万3千部。同社広報室によると、少子化による読者環境の変化と、同社が発行する1~3歳児向け「ベビーブック」と読者層が重複しているのが休刊の主な理由という。

 出版界では今年、「主婦の友」「PLAYBOY日本版」「広告批評」「論座」「月刊現代」「ロードショー」など、様々なジャンルの雑誌の休刊が相次いでいる。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-29 10:45 | 社会  

フジテレビ『印税スター誕生』の横暴に出版業界が大激怒!?

2008年09月27日08時00分 日刊サイゾー

 9月中旬にフジテレビの深夜枠で放映された『印税スター誕生』という番組が物議を醸し出している。なんと、「フジテレビ vs 出版界」のトラブルが勃発していると囁かれているのだ。

 同番組は、ドラマチックな人生を送ってきた芸能人が自叙伝出版を目的に、審査員の出版関係者に直接プレゼンして、実際に本の出版契約を取り付け、印税スターになろうといった番組だ。

 番組司会は、俳優の内藤剛志が務め、特別アドバイザーとして作家の室井佑月が起用された。制作関係者が明かす。

「当日の収録では、審査員として大手出版者の編集者が10名程集められました。本を出したい芸能人として大沢あかね、はるな愛、安田大サーカスのクロちゃん、芋洗坂係長が自らの出版企画を売り込みに登場し、次々審査員を前にプレゼンを行ったんですよ」

 ところが、この収録を前に、あるトラブルがフジテレビと出版社の間で起こったのだという。

「なんと当日まで一切、説明がなかったというんですが、フジテレビの制作番組プロデューサーが、『企画が成立した場合、フジテレビはそれぞれ印税5%をもらう』と言い出したというんですよ」(某放送作家)

 しかし、これに各出版者は反発。声を荒げて怒ったり、出版界の常識を知らな過ぎる、と激怒した関係者もいたという。

「通常のタレント本の出版の場合、著者への印税は10%が一定の取り決めとなっていますからね。ところが、フジテレビが印税を5%欲しいということになると、タレント側が10%の印税を主張した場合、トータルで15%の印税支払いとなってしまい、これではコスト的に赤字。本の出版は成立しないですよ」(大手出版社幹部)

 これでは、フジテレビが出版ビジネスをなめて、暴利の印税を吹っかけたと揶揄されたとしても、致し方ない。

「フジテレビは現在広告収入も減り、番組制作費がカットされるなど、不振に喘いでいます。このため、こうした番組から派生するロイヤリティービジネスで収益を上げざるをえないのではないのでしょうか。それにしても、出版ビジネスを小バカにしているとしか思えないですよね」(某放送評論家)

 どうやら、今回の出版社とのトラブルは、フジテレビの構造不況に原因の一端が隠されていたようだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-27 08:00 | 経済・企業  

「読売ウイークリー」も廃刊の運命?

2008年9月26日9時0分 FACTAonline

総合雑誌の休刊(事実上の廃刊)が相次いでいる。朝日新聞の月刊「論座」が9月1日発売の10月号で休刊。講談社の「月刊現代」も12月1日発売の2009年1月号で休刊する。関係者によれば、読売新聞の「読売ウイークリー」も販売低迷のため廃刊が固まった模様。

毎年10億円前後の赤字を垂れ流し、社内では3月末に廃刊が検討されたが、ドン・渡邉恒雄会長の意向で「もう一年様子を見る」ことになった。しかし、春以降の広告収入の激減が響き、継続が困難になった。

週刊誌に叩かれることの多い渡邉会長は、読売グループ内に週刊誌を擁していることに一種の抑止力を期待していたようだが、背に腹は代えられなくなった。「論座」「月刊現代」の廃刊が背中を押したとの見方もある。出版界では読売が中央公論社買収後も刊行してきた「中央公論」(月刊)の廃刊も噂されているが、月刊誌は週刊誌に比べて年間赤字額が知れているため、何とか生き残れそうだ。

ただし、来年以降も現状の誌面構成が維持されるとは限らない。「読売本体から編集部員を送り込み、本来の保守路線を強めるのではないか」と囁かれている。

読売ウイークリーの次はどこか。朝日、読売と来て「次は毎日新聞の『サンデー毎日』あたりが危ない」と出版関係者は読む。同誌は10月1日付で初の女性編集長(山田道子氏)を起用し、起死回生を狙う。だが、かつて朝日の「朝日ジャーナル」が女性編集長(下村満子氏)の代で廃刊になった例もある。

男も女も買わなくなっているのが総合誌の現実であり、女性編集長の抜擢で浮上する地合いにはない。「朝日ジャーナル」と同じ運命にならないことを祈るばかりだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-26 09:00 | 社会  

毎日コミュニケーションズ子会社の成人向け4誌廃刊

7月29日13時22分配信 読売新聞

 就職活動情報などを提供している「毎日コミュニケーションズ」(東京都千代田区)が、子会社「MCプレス」が出版した成人向け雑誌に「不適切な企画が掲載されていた」などとして、類似誌3誌とともに廃刊を決めたことがわかった。

 問題の雑誌はMCプレス発行のDVD付き雑誌「DVDヤッタネ!」。

 2月21日発売の同誌4月号には女性モデルらによる就職活動をテーマにしたグラビアが掲載された。

 これについて毎日コミュニケーションズは「撮影に毎日コミュニケーションズの社内が使われており、就職活動中の学生がグラビア撮影に応じたかのようなイメージを与え不謹慎」として、MCプレスと協議の上、同誌を含む月刊、隔月刊4誌の廃刊を決めた。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-29 13:22 | 社会  

「ヤングサンデー」「Judy」を休刊=「駱駝」はリニューアル-小学館

2008/05/30-11:45 時事通信

 小学館は30日、コミック誌の商品構成を見直し、青年向けの「週刊ヤングサンデー」を7月31日発売号で、女性向けの月刊「Judy」を8月23日発売の10月号でそれぞれ休刊すると発表した。新雑誌の創刊を検討中という。

 週刊ヤングサンデーは1987年3月創刊。「海猿」「クロサギ」などの人気漫画を連載したが、部数は95年の68万部から現在20万部まで落ち込んでいた。Judyは83年創刊で、現在9万5000部。

 2005年5月創刊の隔月刊シニア情報誌「駱駝」も7月10日発売号で休刊し、11月から「プラチナサライ」の誌名でリニューアルする。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 11:45 | 経済・企業  

本の万引き、年間40億円…小学生も犯行、とがめぬ親も

4月24日15時28分配信 読売新聞

 紀伊国屋書店や三省堂書店、有隣堂など大手書店14社の万引きによる年間被害額が約40億円と試算されることが、出版社や書店などでつくる日本出版インフラセンター(東京・新宿区)の調べで分かった。

 最近は小学生による犯行や、万引きをとがめない親も目立つ。万引き被害は書店の経営に打撃を与えており、出版関係者の間では「このままでは日本の出版文化が衰退するおそれもある」との危機感が強まっている。

 同センターの調査は、今年1月から2月にかけて、大手書店14社計1161店舗を対象に行われ、14社643店舗から回答があった。本の販売に伴って発生した店側の損失額は計約55億円で、このうち、伝票の打ち間違いなど店側のミスや売れ残った本の処分による損失は約15億円。同センターは損失額の合計からミスなどによる損失を除いた約40億円が万引きによる被害と推計している。この額は年間総売り上げ2909億円の1・4%にあたる。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-24 15:28 | 社会  

<休刊>「広告批評」が来年

4月10日2時31分配信 毎日新聞

 月刊誌「広告批評」(河尻亨一編集長、マドラ出版)が、創刊30周年となる来年4月号を最後に休刊することが分かった。発売中の4月号誌上で、社主の評論家、天野祐吉さんと同誌編集兼発行人の島森路子さんが連名で明らかにした。

 「広告批評」は1979年創刊。現在の発行部数は約2万5000部。テレビCMを中心に広告業界が拡大する中、独自の大衆文化、暮らしの視点から広告を論じた。80年代以降、広告や出版などマスコミ関係者に広く影響を与えた。

 天野さんは「部数の減少や赤字による休刊ではありません。広告がマスメディア一辺倒の時代からウェブとの連携に進む中、一区切りつける時期と考えました」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-10 02:31 | 社会  

無料マンガ誌「コミック・ガンボ」1年足らずで休刊

12月11日19時27分配信 産経新聞

 国内初の無料週刊マンガ誌として話題を呼んだ「コミック・ガンボ」が、創刊からわずか1年足らずで休刊することが11日、わかった。発行元のデジマが同日発表した。最終号は第48号(12月11日号)。休刊の理由については「諸般の事情」としている。

 「コミック・ガンボ」はことし1月16日創刊。首都圏に通勤する20~40代の男性を主な対象に、街頭などで無料配布するスタイルが話題を呼び、マンガ誌にもフリーペーパー文化が根付くか注目されていた。10月には掲載作品の単行本「ガンボコミックス」の刊行開始にこぎつけたが、11月には発行部数を半減するとともに、首都圏での街頭配布を見直し、全国各地での店頭の設置配布へ重点を移す方針を発表していた。
[PR]

by deracine69 | 2007-12-11 19:27 | 社会