タグ:動物 ( 81 ) タグの人気記事

 

土佐犬に襲われ小3男児重傷、飼い主逮捕…大阪・松原

鍵かけ忘れて外出、重過失容疑で
2008年10月28日 読売新聞

f0013182_346639.jpg 27日午後4時55分頃、大阪府松原市立部1の路上で、近くの小学3年の男児(9)と、配達中の郵便局員の男性(23)が、土佐犬に相次いで襲われた。男児は顔や首など5か所以上をかまれ、あごを骨折するなど重傷を負い、男性も右ひじをかまれ軽傷。府警松原署の調べに、近くに住む飼い主の会社員瀬良明豊容疑者(23)が「オリの鍵をかけ忘れた」と供述、同署は28日未明、重過失傷害容疑で逮捕した。

 発表によると、土佐犬は雄の3歳で、体長1・5メートル。瀬良容疑者は闘犬大会に出場させるため自宅で6頭を飼育していた。1頭ずつオリに入れていたが、この犬のオリの鍵だけをかけ忘れて外出した。2人が襲われた約15分後に、戻ってきた瀬良容疑者が現場付近で捕獲し、オリに入れた。

 付近の住民らの話では、男児は友達4、5人で遊んでいて襲われた。近所の男性が犬を棒でたたいて助け、シャッターを下ろした自宅車庫の中に子どもたちを避難させた、という。

 2、3週間前にもオリから逃げ出した土佐犬が付近をうろついていたといい、近所の別の男性は「いつかこんなことが起きると心配していた」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 00:00 | 社会  

イヌを食用飼育か、将軍澳の山中

2008年10月23日、11:38 アジアちゃんねる

民間の動物愛護団体、動物生命糾察隊(アニマル・ライフガード)の調べで、将軍澳地区の山中で、何者かによりイヌが食用に飼育されていた可能性が高いことがわかった。香港ではイヌとネコの食肉処理が法的に禁止されており、同団体は証拠物件を整理し当局に通報する。20日付明報が伝えた。

付近住民から寄せられた情報をもとに、同団体で疑いのある民家を特定。ボランティア20人が調査し◇イヌ7匹◇イヌの捕獲器◇イヌの骨とみられる動物の白骨――などを発見した。骨の本数などから同団体では既に20匹以上が処理されたとみている。

調査の根拠となった情報では、犯人は怪しい50歳前後の中年男性、との点で一致している。香港では、愛がん動物を食肉に転用した場合、最高刑は罰金 5万HKドル(約65万円)。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 11:38 | アジア・大洋州  

<イヌブルセラ症>レンタル犬会社の18頭集団感染

10月15日2時33分配信 毎日新聞

 小・中型犬を有料で貸し出すレンタル犬サービス会社「ジャネット」(東京都品川区)の所有する18頭が、人や家畜にも感染する「イヌブルセラ症」に集団感染したことが分かった。人への感染は現在のところ、確認されていないという。

 ジャネットの説明によると、五反田(品川区)と浦安(千葉県浦安市)の両店で所有する計59頭のうち、2日に18頭が陽性、3頭が陰性、38頭が再検査を要する疑陽性と判明したという。9月に交配した1頭が、ブルセラ症の典型的症状である流産をしたため、全頭検査をしていた。

 この結果を受け、同社は両店を閉鎖し、3日に保健所や都動物愛護相談センターに報告した。感染犬の尿や汚物に触ると感染することがあるが、通常の生活では人への感染はまれだという。

 同社はドッグカフェや犬が走り回る広場なども運営しており、会員約1600人にはメールで感染を連絡。荒木学社長は「感染ルートは分からない。感染を広めないためにも、両店に出入りした人や犬は検査をしてほしい」と話した。

 浦安店を利用していた看護師の女性(36)は「飼い犬を検査しているが、感染した犬といつも遊ばせていたので怖い」と不安を口にした。【長野宏美】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-15 02:33 | 社会  

足摺岬沖の潜水艦はクジラ? 防衛省、結論迷宮入り

2008年9月21日 07時51分 共同通信

 高知県・足摺岬沖で国籍不明の潜水艦が領海侵犯したとされる問題で、防衛省・自衛隊はクジラを潜水艦と見誤った公算が大きいとの見方を固めた。ただクジラと断定できる「証拠」もなく、結論は迷宮入りになりそうだ。防衛省は、中国などの潜水艦に関する情報を収集、米軍にも協力を要請した。その結果、この海域に潜水艦がいた可能性はほとんどなく、クジラのヒレなどを誤認したのではないかとの判断に傾いた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-21 07:51 | 行政・公務員  

寒天で捨てられた生後直後の赤ちゃん、母イヌが温め命救う

2008.08.23 19:59 CNN

f0013182_22182095.jpg寒天の中、捨てられていた赤ちゃんを自分の子犬と共に温め、救った母イヌ(CNN) 南米アルゼンチンのラプラタ市郊外で寒天の中、捨てられていた赤ちゃんを子犬を産んだ母イヌが一緒に温めているのが見つかり、赤ちゃんを無事に保護したと、地元警察が22日報告した。

住民が20日夜、赤ちゃんの泣き声がすると警察に通報、発見し保護した。

診察した医師らによると、赤ちゃんは生後数時間と見られ、気温2.7℃の屋外では、母イヌが赤ちゃんを温めていなければ死んでいた可能性があるという。

母イヌは6匹の子犬と一緒に赤ちゃんの面倒を見ていた。警察によれば、赤ちゃんが捨てられていた場所から、母イヌが約50メートルほどの距離を口でくわえるなどして運んだとみられ、子犬と一緒に守っていたという。この母イヌが野良犬なのか飼われているのかは不明。

赤ちゃんには、すり傷とひっかき傷などがあったが、命に別状はない。赤ちゃんが保護された翌日、14歳の少女が母親と名乗り出たが、赤ちゃんを捨てた詳細などについては多くを語ろうとしていないという。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-23 19:59 | 社会  

ザルな動物愛護法では“犬鍋”は取り締まれない!?

2008年8月16日16時0分 日刊サイゾー

「ポシンタン(補身湯)」という韓国料理がある。いわゆる“犬鍋”と呼ばれるもので、日本でも東京・大久保界隈などのコリアンタウンで提供されている。筆者も食したことがあるが、これがなかなかの美味である。

 しかし、ふと考えてみると、わが国には「動物愛護及び管理に関する法律」(動物愛護管理法)という動物の愛護推奨、虐待防止に関する法律がある。はたして犬鍋は、それにひっかからないのだろうか? そこで、同法を管轄する環境省に問い合わせてみると……。

「同法は、動物の虐待の防止などを定め、動物を愛護する気風を招来することなどを目的にしていますが、とくに犬食禁止というのは同法には規定がありません」(環境省動物愛護室)という回答! ということは犬、食べてもいいんですかぁ!?

 この動物愛護管理法、1973年に制定されて以来、99年と2005年に2度改正されており、一昨年の改正では動物取扱業の登録制、罰則の強化などが盛り込まれている。ただし、この法律、さまざまな問題点を指摘されていて、“ザル法”という批判の声が数多く上がっている。

「“社会通念に照らして”とか、あいまいな表現が多いのです。そのためペット関連トラブルでも、法律的に解決できないことが多い。たとえば、“みだりに”餌をあげないと動物虐待に当たるのですが、“みだりに”というのがどの程度なのか、具体的な基準が明確にない。そういう条文が少なくありません」(ペット問題に詳しい行政書士・福本健一氏)

 福本氏の指摘の通り、同法の条文に目を通してみると、“社会通念上”とか“できる限り”などの文言が、やけに目立つ。

「そういうご指摘も受けますし、警察当局から『これは虐待に当たるのか?』という問い合わせも頻繁にあります。ただしその反面、ペットの位置づけは社会背景や時代とともに変化しますから、あまりに明確な基準を定めてしまうと、対応できなくなってしまうというジレンマがあります」(環境省)

 ペットの数は年々増加の一途を辿っており、現在犬と猫を中心に約2550万匹が飼われ、昔のような番犬や放し飼いの猫という存在そのものが消えつつある。すなわち、「ペット=愛玩動物」から「家族の一員」に格上げされたのだ。

 そういった状況を受けての同法改正という流れだったはずだが、フタを開けてみれば、改正の内容を疑問視する向きもある。

「06年改正前に、売買トラブルが多いペットのインターネット販売を禁止するよう多くの動物関連団体が活動しましたが、それも盛り込まれませんでした。また所有者は“適正に保管すること”とありますが、“適正な保管”の中身が具体的に書かれていないため、リードなしで犬を散歩させても取り締まれない。そのような犬が人を噛んだりするトラブルも、いまだに絶えません」(福本氏)

 これに対し行政側は「同法は05年改正時に、施行5年後をめどに見直しをすることが盛り込まれています。インターネット売買の問題や、社会におけるペットの位置づけも含めて、そこで改めて議論されることになります。動物と人間との共生を図るという法理念を軸により押し進めていくのではないでしょうか」(環境省)という。

 犬鍋というと、「野蛮」「かわいそう」といった意見をやたら耳にするが、そんな感情に流されるよりも、犬や猫が年間約30万匹も殺処分されているという現実を直視し、飼い主や犬・猫を愛する人間たちが動物愛護管理法をしっかり理解した上で、さらなる法整備を進めていくことのほうが先決ではないだろうか?
[PR]

by deracine69 | 2008-08-16 16:00 | 社会  

[イルカ]40頭が漂流 沖縄・水納島沖

2008年08月11日21時44分 毎日新聞

 11日午後0時55分ごろ、沖縄県多良間村(たらまそん)の水納(みんな)島沖のサンゴ礁内で、イルカ約40頭が漂っているのを漁師が見つけた。

 宮古島海上保安署の調べでは、体長約1.5~5メートルで、ほとんどのイルカは動かず、漂っている状態。一部は既に死んでいたり、頭に擦り傷があるイルカもいるという。

 同保安署撮影の写真を見た沖縄美(ちゅ)ら海水族館の飼育係によると、一部はマイルカ科のコビレゴンドウ。国内で年に1、2回群れで浅瀬に入る例があるが、原因は分かっていないという。【三森輝久】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-11 21:44 | 社会  

毒グモが大量発生 中部空港

2008/08/09 16:56 中日新聞

 中部国際空港の高速船乗り場付近で、毒グモの「セアカゴケグモ」数十匹と卵が見つかった。空港周辺では2005年以来、数匹程度の生息が何度か確認されたが、大量に発見されたのは初めて。

 中部空港会社によると、8日午前11時ごろ、空港島東端の高速船待合施設から「周辺の側溝などにセアカゴケグモらしいクモがいる」との連絡を受け、社員が確認した。

 空港会社は同日夕から掃除機やほうきで側溝内のクモと卵を回収。乗り場までの道に、クモに触ったり捕まえたりしないよう呼び掛ける張り紙を掲示した。9日も薬品を使って除去した。

 セアカゴケグモは熱帯から亜熱帯に分布。積極的に人をかむことはないが、かまれると激痛があり、吐き気などの症状が出る。日本にはいないとされてきたが1995年以降に全国各地で見つかり、05年に特定外来生物に指定された。愛知県内では、05年に中部空港の滑走路で初めて生息を確認。今年6月には、木曽川右岸の国営木曽三川公園「東海広場」(愛西市)で大量に発見されている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-09 16:56 | 社会  

人工孵化のモモイロペリカン「カッタ」君死ぬ

7月17日12時26分配信 読売新聞

 山口県宇部市は17日、幼稚園や学校を訪れて子どもたちに親しまれた同市・常盤公園のモモイロペリカン「カッタ」君(雄)が16日午後に死んだと発表した。23歳だった。

 市によると、カッタは1985年7月、同公園でペリカンとしては日本で初めて人工孵化(ふか)で生まれた。人の手で育てられたためか、人なつっこく、88年ごろから、幼稚園や学校に飛んでくるようになり、子どもたちと触れ合う姿が話題となった。

 15日までは元気で、16日午後、来園者が公園内のペリカン島で倒れているのを見つけた。死因は調査中。

 飼育ペリカンは60歳以上生きた例があり、飼育担当者によると、カッタは人間で言えば30歳過ぎに当たるという。生涯で3羽の雌とペアを組み、7羽の子ども、2羽の孫に恵まれた。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-17 12:26 | 社会  

イワナ稚魚が大量死=25万匹以上、地震の影響か-秋田

2008/06/26-22:30 時事通信

 秋田県は26日、岩手・宮城内陸地震で震度5強を記録した同県東成瀬村で、養殖業者が飼っていたイワナの稚魚25万~30万匹が死んだと発表した。県水産漁港課は、養殖に使っていたわき水が地震後に濁り、養殖池に流入したことが原因とみている。

 現地調査を実施した同課によると、この業者はイワナの稚魚約80万匹を養殖していた。

 14日の地震後にわき水が濁り、池に泥が流れ込んだ。16日ごろには池の水は元に戻ったが、その後稚魚が大量に死に始めたという。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-26 22:30 | 社会