タグ:北京 ( 36 ) タグの人気記事

 

外国人襲撃と強盗傷害が連続して発生―北京市

2008年10月31日08時25分 Record China

2008年10月29日、北京市で外国人を狙った襲撃事件および強盗傷害事件が発生し、2人が重軽症を負った。事件については現在捜査中だが、北京市公安局では犯人は同一人物との疑いを強めている。「新京報」が伝えた。

1件目は29日午後12時頃、北京市朝陽区の豊聯広場付近で発生。1人の外国人が豊聯広場の北門駐車場方面に向って歩いていたところ突然襲われ、大声で助けを求めた。警備員が駆けつけたときには、あたり一面は血の海で被害者は倒れており、犯人の姿はすでになかった。被害者は40歳ぐらいの米国人で、背中や脚などに傷を負ったが幸い軽症だったという。

2件目は午後2時30分頃、北京駅付近の東街恒基センター西側1階の吉野家の店内で発生した。外国人の跡をつける様な形で入店してきた中国人らしき男が、外国人がテーブルに着いて食事をしようとしたところ、突然正面から襲い、布製のバッグを奪った。言い争いになった後、犯人はナイフで外国人を数回刺し、バッグを持って逃走した。被害者はロシア人で、手や腹部など4か所に傷を負う重症。

被害者の妻は「北京に来てまだ間もない。夫は銀行でお金を下ろした後、昼食に来て襲われた。バッグにはパソコンや財布などが入っていた」と話している。目撃者は「犯人は身長170cmくらい、短髪で濃い色のコートを着ていた」と証言している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-31 08:25 | アジア・大洋州  

北京でデング熱患者 蚊に刺されることで感染、まれに死亡することも

2008.8.22 13:27 産経新聞

 中国紙、京華時報(電子版)によると、北京市衛生局が22日までに、五輪開催中の北京市に住む男性(30)が蚊が媒介する感染症、デング熱に感染したことを確認した。

 男性は今月9日に発症し、16日にデング熱と診断された。

 デング熱はウイルスを持つ蚊に刺されることで感染。高熱などの症状が現れ、通常は1週間程度で回復する。まれに出血を伴う重症となり、死亡することもある。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-22 13:27 | アジア・大洋州  

デモ申請したら「労働矯正」1年 北京、許可はゼロ

2008年8月20日20時2分 朝日新聞

 【北京=坂尻信義】北京市の女性2人が当局にデモを申請したところ、1年間の「労働矯正」を命じられた。北京五輪期間中、「公認デモ実施地」3カ所が指定されたが、デモが許されないうえ、申請することが弾圧の端緒となるケースもあると国際人権団体は批判している。

 米国の人権団体「中国人権」によると、強制立ち退きに抵抗していた呉殿元さん(79)と王秀英さん(77)が8月5日以降5回、デモを申請したが、市政府が受理を拒否。5日の申請時に約10時間拘束され、17日に「公共の場所の秩序を乱した」として軽微な違法行為に対する拘束をともなう行政処罰、労働矯正1年間を命じられた。

 「公認デモ実施地」については、公安局が18日に国営新華社通信を通じ、77件の申請を受け付けたが、1件も許可していないと発表。当局に不満を持つ人々をおびき出す手段になっている、と批判する声が上がっている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-20 20:02 | アジア・大洋州  

10年ぶりに空気が澄んだ北京市、閉幕後も規制継続へ

8月20日14時33分配信 ロイター

 [北京 19日 ロイター] 五輪開催に合わせた規制で今月、過去10年で最も澄んだ空気を享受している北京市は、今後も厳格な規制を導入しスモッグが再発しないようにする方針。北京市環境保護局の杜少中副局長が19日、ロイターに明らかにした。

 過去18日間、中国の指標に基づいた北京の大気環境は「優れている」か「極めて良好」となっている。

 同副局長は「北京は住みやすい市に生まれ変わる」とコメント。24日の五輪閉幕後、当局者が北京の「成功例」を検証し、新たな施策を発表すると述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-20 14:33 | アジア・大洋州  

北京でテロか、トラック爆発 人権団体伝える

2008/08/20 14:05 日本経済新聞

 【北京=多部田俊輔】香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターは19日、北京市の検問所で17日午後にトラックが爆発し、20人が負傷して病院に運ばれたと伝えた。同センターはテロの可能性もあるとしている。

 現場は北京市中心部から車で約一時間の東部郊外、通州区の検問所。警官が安全検査をする直前にトラックが突然、爆発して炎上。後ろのバスなどに乗っていた乗客がけがをした。トラックの運転手や検問所の警官が死傷したかどうかは不明という。


北京でトラック爆発、20人負傷=テロの可能性も-香港団体
2008/08/19-16:22 時事通信

 【北京19日時事】中国人権民主化運動情報センター(本部・香港)は19日、北京市郊外の通州区の検問所で17日午後にトラックが爆発し、20人が負傷したと発表した。地元警察は爆発の有無についてコメントを拒んでいるという。

 爆発は、公安当局による安全検査の際、突然起きた。当局者の負傷者数やトラック運転手の安否は不明。同センターは、爆弾テロの可能性を指摘している。


北京の検問所でトラック爆発…香港の人権団体伝える
2008年8月19日13時32分 読売新聞

 【香港=吉田健一】中国事情に詳しい香港の人権団体・中国人権民主化運動ニュースセンターは19日、中国北京市東部の通州区の公安検問所で17日午後、トラックが爆発し、20人が救急車で病院に運ばれたと伝えた。

 死者の有無は不明。原因は明らかでないが、同センターは爆弾テロの可能性を排除できないとしている。

 同センターによると、トラックが検問所を通過しようとした際、突然爆発、炎上したという。

 一方、18日付の中国紙・新京報は、検問の順番待ちをしていたトラックから突然出火し、4人が軽傷を負ったと報じ、食い違いを見せている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-20 14:05 | アジア・大洋州  

五輪期間中のデモ申請者に労働教育処分、北京市

2008.8.20 12:27 産経新聞

 北京市政府は20日までに、北京五輪期間中にデモ申請をした北京市民2人に1年間の労働教育を命じた。中国の人権改善を訴えている非政府組織(NGO)「チャイニーズ・ヒューマン・ライツ・ディフェンダーズ(CHRD)」が明らかにした。申請者に対する処分が明らかになるのは初めて。

 労働教育を命じられたのは2001年から地元政府による住宅の強制立ち退きに抵抗していた呉殿元さん(79)と王秀英さん(77)。2人と呉さんの息子らは今月5日から5回デモ申請しようとしたが、このうち4回は当局が“拒否”。「秩序をかく乱した」として労働教育処分の決定を下し、この決定を理由に5回目の申請を拒否した。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-20 12:27 | アジア・大洋州  

警察襲撃被告の母「失踪」 当局、真相各紙狙い拘束?

2008年8月20日 読売新聞

 北京五輪のメーン会場“鳥の巣”にほど近い北京市恵忠里小区で、7月から消息を絶ち、家族から捜索願いが出されている女性(53)がいる。同月1日、不当捜査への報復で上海市閘北区公安分局を襲撃し、包丁で警官6人を殺害、5人に負傷させ起訴された楊桂被告(28)の母親だ。五輪期間のため事件の審理も捜索もストップ。北京の弁護士16人が「何者かに拘束されている可能性がある」と司法当局に調査を求めている。

 母子2人が暮らしていた恵忠里小区の自宅周辺では、ボランティアの治安要員が目を光らせ、住民に声をかけても「知らない」としか返事がない。一方、上海で7月末に予定されていた公判は五輪後に延期。凶悪事件は見せしめのためのスピード審理が通例だが、「五輪を控え、警察批判の再燃を恐れた上層部の意向」(上海市政府関係者)だ。

 楊桂被告が昨年10月に上海を旅行中、借りた自転車の窃盗容疑で同局に不当拘束された補償問題のこじれが事件の発端。拘束中、暴行を受けた可能性が濃厚だが、市当局は記者会見で「身分証の提示を拒否した」と責任を楊被告に 転嫁した。

 真相をよく知るはずの母親は“失踪中”でありながら、事件現場となった閘北区政府の顧問弁護士が「母親の同意を得た」として被告の弁護人を受任。動機が警察権の不当行使にかかわるため、当局が露骨な情報管理に乗り出した疑いが浮上し、楊被告の父親から委任を受けた北京の弁護士16人が「公正、透明な審理に疑問がある」と訴えている。(北京で 加藤隆則)


“上海襲警案”又生枝節 楊佳律師涉嫌綁架楊佳母親
2008年07月23日 17:12 財經網

  【《財經網》專稿/記者 朱弢 陳中小路】“上海襲警案”又生枝節。7月23日,北京憶通律師事務所律師李勁松在該律所網站發表文章稱,他已向北京、上海兩地有關部門寄出實名舉報函。舉報函說,楊佳的母親王靜(化名)已與家人失去聯繫20多天,極有可能被綁架;而楊佳的律師謝有明可能是綁架王靜的犯罪嫌疑人之一。

  此前,上海名江律師事務所律師謝有明已被聘為楊佳的兩名辯護律師之一。楊佳被捕當天,謝有明即介入此案,並向楊佳提供法律幫助。不久後,謝有明同時擔任上海閘北區政府法律顧問的身份被媒體披露,從而引發他是否有資格擔任楊佳辯護律師的爭議。

  據《財經》記者瞭解,李勁松系北京憶通律師事務所主任,曾擔任北京“小販殺死城管案”中被告方崔英傑的辯護律師。

  李勁松對《財經》記者表示,他是在詳細分析了7月15日至7月19日期間的相關媒體報導後,得出相關結論的。

  《京華時報》的報導中稱,“上海襲警案”發生後半個月裡,楊佳的姨媽王麗(化名)與楊佳的母親王靜失去了所有聯繫。從7月2日開始,王麗多次試圖與王靜取得聯繫,都沒有結果。7月13日和14日,王麗連續兩天到北京大屯派出所打聽王靜的下落,得到的答覆是,如果多方尋找沒有結果,可以向警方報王靜走失。7月17日下午,王麗前往北京大屯派出所,報告王靜走失。隨後大屯派出所啟動了對楊佳母親王靜的尋找程序。

  7月18日,王麗又分別向北京大屯派出所和上海閘北區公安分局治安支隊詢問情況,仍未獲得有關王靜行蹤的有效信息。

  7月17日,上海市檢察院第二分院對楊佳提起公訴。

  7月19日,上海東方網發出報導稱,上海市律師協會在當天表示,楊佳已正式聘請謝有明、謝晉兩位律師擔任法院審判階段的辯護人。之前,楊佳曾書面委託母親為自己聘請律師,並表示“除我母親之外,任何人請的律師我都不認可,包括我的父親”。為此,“兩位律師專程赴京會見了楊佳母親”。報導還稱,“當楊佳見到母親親筆簽署聘請兩位律師的書面材料後,隨即簽名表示同意,還辦妥了所有委託手續。”

  李勁松根據相關報導和法律程序分析,“兩位律師專程會見楊佳母親王靜”,並與其辦理授權委託手續的時間,最早只能在7月17日,即檢察院將案件公訴到法院的當天。其時,王靜已與其家人失去聯繫長達半月之久。

  李勁松據此提出疑問:“楊佳的姨媽都不知自己的姐姐身在何處,只能用報警辦法來尋找,連北京的警方都找不到,謝有明律師是通過什麼渠道找到的呢?”

  李勁松認為,王靜“失蹤”,存在被人綁架的可能性。而根據公開的報導,謝有明的確曾和“失蹤”的王靜會面。李勁松就此認為:“謝有明律師很可能是非法拘禁綁架楊佳母親的犯罪嫌疑人之一”,或者至少也是“知情關係人”。

  李勁松表示,他已於7月21日用特快專遞將舉報函寄出,接收者分別為北京市公安局、上海市公安局、上海市閘北區檢察院、上海市閘北區法院。7月23日下午,他向《財經》記者表示,目前尚未收到任何回覆。

  “希望舉報函能提醒法院在審理楊桂案時,對其辯護律師資格進行進一步審查。”李勁松這樣解釋他進行實名舉報的初衷。

  7月23日下午,《財經》記者還致電上海名江律師事務所,試圖與謝有明取得聯繫。該所工作人員表示,謝有明律師不在律所,並且無法與謝有明本人取得聯繫。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-20 08:00 | アジア・大洋州  

北京米人夫婦殺傷事件、真犯人は別人=消息筋

08/08/15 21:03 大紀元時報

 【大紀元日本8月15日】北京市観光名所の鼓楼で8月9日に起きた米人夫婦ら3人が殺傷された事件について、当局は犯人が浙江省杭州市出身の唐永明(タン・ヨンミン)容疑者(47)で、犯行直後に飛び降り自殺したと発表しているが、動機などが疑問視されている。このほど、情報筋により、真の犯人は別人であり、また飛び降り自殺と称された人も唐永明容疑者ではなく、一人の女性陳情者であることがわかった。

 真犯人は別人、事件直後に逃げた

 消息筋によると、現在入手した証拠と調査結果から推定して、米人観光客殺傷事件は中国共産党高層の某一派が計画的に画策したことであり、殺し屋が買収されたもので、人を殺した直後に逃げたという。

 それによると、「当時警備が厳重で、公安の保安が多く、凶器を鼓楼に持ち込む者は(普通)安全検査を通れるはずがない」という。

 秘密裏に行われた調査によると、事件発生後、殺人現場付近の商店で働く女性店員が目撃した状況によると、真の殺人犯は背がとても高く、スーツ姿で、見たところ30~40歳の男性だったという。

 また、彼女によると、殺し屋の動作はとても鋭敏で、使ったあいくちは軍用の両面の刀であった。人を殺した後、周囲の人が気づいた時、彼はすで消えていた。殺人の際、殺し屋に一番近い保安は大体20歩余りの距離にいたが、保安は何も反応しなかったという。

 公安が女性の陳情者を突き落とした

 消息筋はさらに、飛び降り自殺と称された人も唐永明容疑者ではなく、一人の女性陳情者だとし、その女性が自ら飛び降りたのではなく、公安によって突き落とされて死んだのだという。

 調べによると、亡くなった女性は、河北省から陳情に来て、手元に冤罪事件の材料を持っていた。

 当局の口裏工作

 10日の「東方日報」によると、北京東城区鼓楼の周りに観光客向けの商売をする店舗はたくさんあり、事件当時営業していたが、事件のことを尋ねられると、頭を横に振ったり、見ていなかったと言ったり、特別なことはなかったとして、沈黙している。

 報道によると、北京市政府はこの事件に関するニュースリリースは必ず市政府を通してやらなければならないと命令を通達しているという。負傷者が入院しているはずの協和病院に安否を確認すると、入院していないと否認された。後に病院は封鎖され、外来者は出入り禁止となった。

 調査は継続=情報筋

 このように殺し屋と公安が結託している構図が見えるが、情報提供者は「この事件をさらに調査していくつもりだ、中国共産党の内部闘争は白熱化に近い。私達はまだ突破しなければならないところがいくつかある」という。

 情報提供者はさらに例を挙げた。8月6日、前門を通る10路線の公共バスで爆破事件が発生し、50歳代の女性が足にやけどを負った。それほど大きな傷ではないが、及ぼした影響は非常に悪かった。北京オリンピック前のもう1つの自動車爆破事件も、中共高層の腐敗、テロ勢力と関係があり、一部のものはとても凶暴残虐だという。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-15 21:03 | アジア・大洋州  

「家庭問題で厭世」が原因=米旅行者殺害で五輪組織委-中国

8月13日18時33分配信 時事通信

 【北京13日時事】北京五輪組織委員会の劉紹武・安全保障部長は13日の記者会見で、9日に北京市の観光名所「鼓楼」で米国人旅行者を殺害し、自殺した男について、「家庭の問題で世の中が嫌になった可能性があり、自分の境遇にあきらめがつかなかった」と述べ、個人的不満が外国人襲撃の原因になったとの見方を示した。

 男は浙江省杭州市出身の唐永明容疑者(47)。新華社電によると、同市の計量器工場に勤務していたが、最近は仕事がなく、「引っ越して商売を行う」と借家を引き払い、今月1日に北京へ来た。妻とは離婚しており、21歳の息子は窃盗罪で有罪判決を受けたことがあるという。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-13 18:33 | アジア・大洋州  

北京の水はメダカが守る 日本の「生物センサー」活躍

2008年8月13日6時16分 朝日新聞

 メダカを使って水質を監視する「生物センサー」を福岡市の企業が開発し、この夏、中国・北京市のダムに設置された。五輪開催に伴うテロを警戒する同市が導入した。世界中のアスリートたちが集う北京の飲み水の安全を守るため、小さな魚が目を光らせている。

 モニター画面の中で、メダカが泳いでいた。福岡市の配電盤メーカー、正興(せいこう)電機製作所が開発した「フィッシュトキシメーター」。全体は冷蔵庫ほどの大きさの機器で、中に小さな水槽が二つあり、1匹ずつ入れたメダカの様子がモニターに映し出される。

 有害物質に反応して激しく動き回るなど、メダカが特定の動きを見せた場合に警報を出す仕組み。ダムの取水口や浄水場などに取り付けられ、水質の監視に使われる。

 同社バイオモニタリング研究室の荒巻聡・主任研究員(39)らによると、同様の機器を開発したメーカーはほかにもあるが、同社の製品はメダカをカメラ2台で監視することで、動きを3次元でとらえられるのが特長という。

 00年から九州大と共同研究を開始。02年から販売を始めた。広島県の浄水場をはじめ福岡市や長崎県諫早市、秋田市、沖縄県東村などに納入し、米国や韓国、台湾でも使われているという。

 昨年10月、中国・蘇州であった展示会で北京市水務局の目にとまり、今年7月、北京市郊外のダムに設置された。日本と水質が違う中国では日本のメダカが生きられないため、メダカに似たコイ科のアカヒレを入れている。

 「自分たちの製品が海外でも評価され、安全に貢献できていることはやりがいになる。魚たちには頑張ってほしい」と荒巻さん。井上信之社長は「工場排水のチェックなどにも役立ててもらえれば」と期待している。(福島慎吾)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-13 06:16 | アジア・大洋州