タグ:反戦 ( 3 ) タグの人気記事

 

ブッシュ批判発端の苦境一転 グラミー5冠D・チックス

2007年02月13日13時17分 朝日新聞

 第49回グラミー賞の授賞式が11日、ロサンゼルスであり、女性のカントリートリオ「ディクシー・チックス」が最優秀アルバム、最優秀レコード、最優秀楽曲など5部門を獲得した。

 メーンボーカルのナタリー・メインズは03年のイラク開戦直前、ロンドンのコンサートで「ブッシュ大統領が自分たちと同じテキサス出身であることが恥ずかしい」と発言、米国で激しい批判にさらされた。カントリーのラジオ局が曲の演奏を拒否、不買運動が起き、ツアーの切符は売れなくなった。

 最優秀アルバム、カントリーアルバム、カントリーパフォーマンスを受賞した「テイキング・ザ・ロング・ウェイ」は06年5月に発売、売り上げ全米1位になった。闘争宣言ととれる中の曲「ノット・レディー・トゥ・メーク・ナイス」が最優秀レコード、楽曲賞を受けた。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-13 13:17 | 北米・中南米  

反戦の日系将校裁判、仕切り直しに=来月に再開-米軍法会議

2月8日11時0分配信 時事通信

 【ワシントン7日時事】米メディアによると、イラク従軍を拒否したとしてワシントン州フォートルイスで軍法会議に掛けられた日系の米陸軍中尉アーレン・ワタダ被告(28)に対し、ヘッド裁判官(中佐)は7日、手続き上の問題から「無効審理」を宣言、軍法会議は仕切り直しになった。3月12日に再開される。

 ワタダ被告は昨年6月、イラクへの出動を拒み、従軍拒否罪や「将校として不適切な行為」の罪で起訴された。 
[PR]

by deracine69 | 2007-02-08 11:00 | 北米・中南米  

ショーン・ペン、今度はイラク派兵拒否支援集会に

ZAKZAK 2007/02/07

 イラク派兵を拒否した日系3世のエレン・ワタダ中尉に対する軍法会議がワシントン州フォートルイス陸軍基地で始まった5日、米人気俳優でアカデミー賞主演男優賞受賞の経験もあるショーン・ペンさんが基地近くの支持集会に参加した。

 地元メディアによれば、基地近くの路上では、米国各地から集まった数百人の支援者が「ワタダは無罪」、「ブッシュ(米大統領)こそ戦争の責任者で犯罪者だ」などと書かれたプラカードを掲げ、ワタダ中尉への無罪言い渡しと釈放を要求。ペンさんもこれに加わった。

 ペンさんは米俳優界でもイラク問題に関心が高いことで知られる。イラク入りした経験もあり、新聞に意見広告を出したこともある。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2007-02-07 12:00 | 北米・中南米