タグ:団塊世代 ( 11 ) タグの人気記事

 

「自殺大国」日本…団塊世代リタイア後に増加 20年度版白書

10月31日10時14分配信 産経新聞

 政府は31日午前の閣議で、平成20年版「自殺対策白書」を決定した。19年の自殺者数は前年比938人増の33093人で過去2番目の多さとなった。いわゆる熟年離婚したり、団塊世代で退職したりした壮年以上の男性自殺者が増加したことが一因とみられている。年間の自殺者数は10年連続で3万人で推移しており、政府は同日、自殺予防への重点施策を盛り込んだ「自殺対策加速化プラン」を策定した。

 白書によると、19年の男女別の自殺者の内訳は男性23478人(前年比665人増)、女性9615人(273人増)。原因や動機は「健康問題」(14684人、63.3%)が最多で、「経済・生活問題」(7318人、31.5%)、「家庭問題」(3751人、16.2%)が続いている。

 年齢層でみると、男性は55~64歳、女性は75歳以上が最も多い。職業別では「無職」が57.4%と半数以上を占め、次いで「被雇用者・勤め人」(27.7%)、「自営業・家族従事者」(9.9%)、「学生・生徒など」(2.6%)-となっている。

 場所は「自宅」(54.7%)、曜日は「月曜日」が最多で、時間帯では、男性が早朝の午前5~6時台、女性は昼下がりの午後2~4時台に頻発している。人口10万人あたりの自殺者数を示す「自殺死亡率」は23.7で世界8位だった。主要7カ国(G7)では男女ともに日本がトップで、「自殺大国」日本の実態が改めて浮き彫りになった。

 19年で顕著だった自殺の傾向について内閣府は「団塊の世代の自殺者が増えている。退職や熟年離婚などで配偶者や友人、職を失う『喪失体験』が自殺の原因の一つではないか」と分析している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-31 18:15 | 社会  

<富士山>バイオトイレのし尿あふれる恐れ 登山者想定超え

8月2日11時5分配信 毎日新聞

 富士山の山梨県側の登山道に環境省が今年の山開き(7月1日)から本格稼働させたバイオトイレで、し尿があふれる懸念が出ている。世界遺産登録を目指す取り組みなどで注目が集まり、今シーズンの登山者が設置当初の想定人数を大幅に上回った。世界遺産登録に、ごみの不法投棄など環境問題がネックとなってきた富士山で、環境に配慮したトイレがピンチに陥っている。

 同県富士吉田市によると、7月中の登山者数は延べ約9万9000人。前年同期比で約3万5000人増えた。3連休初日となった7月19日には約1万1000人が訪れ、統計を取り始めた1981年以来、27年ぶりに1万人を超えた。

 問題のトイレは吉田口登山道7合目にある。登山者の大幅増に伴い、一日の想定利用者1000人を大幅に上回る状況が続いており、環境省は「想定処理能力の限界を超えている」という。例年、大勢の登山客が訪れるお盆休みが近付いてきたため、管理している市も「毎日(し尿があふれないか)ハラハラしている」と警戒を強めている。

 吉田口登山道の公衆トイレは5合目から山頂まで全部で4カ所ある。このため環境省は他のトイレを分散して使うよう呼び掛ける看板を6合目や山小屋に設置して登山者に協力を呼び掛けている。【田上昇】

 ▽バイオトイレ くみ取り式や水洗式などに代わる新しいタイプのトイレ。おがくずや土などを入れた処理層にし尿を通し、微生物で水と有機物に分解する。富士山7合目では、処理層にスギチップを利用。分解後の有機物は気体として放出され、水分は水洗用の水に循環利用している。97年の設置以前は、し尿を焼却処理していた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-02 11:05 | 社会  

「空き家情報バンク」を整備 移住交流促進協

2008年05月30日 愛媛新聞

 行政や民間35団体で組織するえひめ移住交流促進協議会(会長・西沢孝一県企画情報部長)の2008年度総会が30日、県庁であった。田舎の不動産物件情報をインターネット上に集約し、移住希望者へ一元的に提供する全県的な「空き家情報バンク」の整備方針を正式決定した。

 西沢会長は「団塊世代の大量退職が始まり、各県で取り組みが加速している。経験や知識を有する人の移住は人口減少防止だけでなく、地域活性化につながり、他県に負けない取り組みを継続したい」と述べた。

 空き家情報は、同協議会が開設しているえひめ移住支援ポータルサイト「e移住ネット」に掲載。物件探しを容易にするため地域、価格、「海暮らし」「山暮らし」などのキーワード別に検索できる機能を設ける。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 08:00 | 社会  

<観光産業>経済波及効果、10年度に35兆8000億円

6月5日19時49分配信 毎日新聞

 国土交通省は5日、観光産業が国内経済に与える効果が、10年度に35兆8000億円になるとの推計をまとめた。外国人旅行者や団塊世代の旅行の頻度が増えると想定しており、増加率は05年度の29兆7000億円から約2割増になるという。12日に閣議決定する観光白書に盛り込む。国交省が将来の観光効果を試算するのは初めて。

 試算では、(1)外国人観光客が年間1000万人(2)団塊の世代の日帰り旅行が06年度比で1.5倍、宿泊旅行が同1.3倍(3)有給休暇取得率が05年度の47%から55%に増加――などを前提に、経済効果が05年度比で約6兆円増えるとともに、雇用誘発効果も528万人にのぼると見込んだ。

 また、青森、群馬、岡山、大分4県について、観光産業が改善した場合の個別の経済効果についても分析した。具体的には、群馬県で観光客数を04年度比で9.3%増やすことなどで119億円の効果▽岡山県で04年度比で7.0%増やすなどで効果は100億円――などと試算した。【辻本貴洋】
[PR]

by deracine69 | 2007-06-05 19:49 | 社会  

田舎暮らしを支援=「二地域居住」推進で-総合情報サイト開設へ・国交省

5月2日3時1分配信 時事通信

 国土交通省は1日、都市と地方の双方に生活の拠点を置く「二地域居住」を情報サービス面で支援する方針を固めた。田舎暮らしの基礎知識から田舎に居を構えるための手続きなど、詳細な官民情報を網羅した総合情報サイトをインターネット上に開設。平日は都会で暮らし、週末や余暇は地方ですごしたいという人のニーズに応える。

 一部地域を選んで今年度中にサイトを試験的に開設、来年度にも本格運用にこぎつけたい考え。

 「団塊の世代」の大量退職が始まり、田舎暮らしに興味を持つ人が増える一方、人口減少時代を迎え町村過疎化の加速が懸念される中、国交省は「移住よりも心理的なハードルが低い」として、二地域居住推進を通じ地方に活力を呼び込む。
[PR]

by deracine69 | 2007-05-02 03:01 | 社会  

「団塊」支援へ、簡単な研修で新資格…観光や福祉など

2月19日14時37分配信 読売新聞

 政府は、今年から定年期を迎える団塊世代の「第二の人生」を支援するため、簡単な研修を受けるだけで取得できる新たな資格制度を導入する。

 資格取得に年齢制限は設けないが、退職後に社会貢献をしたいという希望を持ちながら、機会を見つけられない人を活用するのが狙いだ。「再チャレンジ支援」策の一環として、観光、福祉、環境保護などの分野で新資格の創設・拡充を検討している。

 国土交通省は4月から、観光地の振興策などを立案する「観光地域プロデューサー(仮称)」の養成事業を始める。旅行会社のOBらを対象に1~2週間程度の研修を実施し、同省が設ける「観光地域プロデューサー人材バンク」に登録してもらう。全国の自治体や観光協会などから要請があれば、人材をあっせんする。報酬は派遣先が支払う。同省は将来は数百人規模のプロデューサーを養成したいとしている。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-19 14:37 | 社会  

<団塊の世代>自宅の火災で死亡するケース増加 背景は

2月10日14時14分配信 毎日新聞

 「団塊の世代」を中心とした55~59歳の男性が自宅の火災で死亡するケースが全国で増えている。死者は「無職」「一人暮らし」の割合が高い。明確な理由は分かっていないが、経済大国の繁栄を支えてきた世代がリストラに遭い、家族と別居せざるをえなくなった――という生活の変化が背景にあるのでは、との見方が出ている。
【金子淳】

More
[PR]

by deracine69 | 2007-02-10 14:14 | 社会  

団塊世代向け…ワイルドワンズをイメキャラに起用

ZAKZAK 2007/01/25

 阪急阪神第一ホテルグループは、団塊世代向けの宴会や宿泊パック「ハッピーリタイアメントプラン」を25日から、ホテル阪急インターナショナル(大阪市)や第一ホテル東京など東京と関西の計14ホテルで取り扱いを始めた。

 還暦となる1947年生まれの利用者に誕生日の新聞コピーや、赤いちゃんちゃんこを着ての記念撮影のサービスなどがある。別料金で47年産のワインも提供するという。申し込みは各ホテルで受け付ける。

 この世代に人気があり、グループサウンズブームの一翼を担った「加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ」をイメージキャラクターに起用した。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-25 12:00 | 社会  

<団塊コンサート>杉田二郎さんら音楽仲間結集 5月に開催

1月6日15時2分配信 毎日新聞

More
[PR]

by deracine69 | 2007-01-06 15:02 | 社会  

団塊世代 寄席の初席に足向ける お笑いが受ける理由は?

1月4日17時13分配信 毎日新聞

 「団塊の世代」が大量定年を迎える07年。「初笑い」を求めて寄席の初席に訪れた客の中には団塊世代のファンがかなり目についた。この世代を取り込もうと、落語、漫才といったお笑い業界側も動き始めている。団塊世代にお笑いが受ける理由は--。【油井雅和】

 ■「定年後考え、くよくよしても仕方ない」

 正月になると、最盛期のにぎやかさが戻ってくる浅草六区の繁華街。なかでも浅草演芸ホールは超満員だ。人気番組「笑点」でおなじみ、林家木久蔵さん(69)の一門が「いらっしゃーい」と声をからす。恒例「木久蔵ラーメン」販売の列には、団塊世代とおぼしき人たちの姿が目立った。埼玉県内に住む男性(59)は、今年秋に定年退職を迎える予定。「定年後のことを考えてくよくよしても仕方ない。初笑いで吹き飛ばしたい」と浅草にやって来た。縁起物よろしくラーメン1箱を買い求め、「木久蔵師匠、頑張って!」と威勢よくかけ声をかけた。

 木久蔵さんは「70歳を機に、改名して新たな挑戦をしたい」と、今年9月には名を長男の林家きくおさんに譲る。「笑点」のレギュラーを務め続けて40年近く。木久蔵さんは「僕より若くて元気な人を最近、寄席でずいぶん見かけます。家に引きこもらないで、寄席にどんどん足を運んでほしいですね」と、団塊世代のファンにエールを送る。  

 ■70年代の団塊ファンが戻ってきた

 若手落語家がラジオやテレビで脚光を浴びるようになったのは70年代。視聴者の中心は団塊世代だった。当時のブームをけん引した桂三枝さん(現・上方落語協会会長)は「あのころ若者だった人たちが最近、落語ファンとして戻ってきている」と話す。そうした傾向を、お笑い評論家の西条昇さんは「仕事や子育てを終えて時間に余裕ができ、『あのころ楽しんだ笑いをもう一度』と考える人が多い」と見る。

 業界関係者も団塊世代の大量定年を好機ととらえる。吉本興業は昨年秋、インターネットのホームページ「よしもと笑うシニア.com」(http://warau-senior.com/)を開設。「笑いの力で団塊世代の生活をサポートしよう」と、年配者向けに落語や吉本新喜劇の動画の無料ネット配信を始めた。年配向けの保険、旅行会社がスポンサーについた。11月からは浅草で月4日の公演も始めた。出演者は笑福亭仁鶴、三枝、中田カウス・ボタンさんら、団塊世代に親しまれた大御所たちが中心だ。竹中功・広報センター長は「オールドファンに、劇場でじっくりと笑いを見ていただきたい」と説明する。

 かつては落語がメーンコンテンツだったラジオの文化放送も、シニア読者が多い雑誌「サライ」を発行する小学館と落語事業を共同展開する。今月10日には落語情報ホームページ「落語の蔵」を開き、落語会を毎月開催する予定だ。亡き名人の高座をネット上で有料配信したり、落語CDの販売も手がける。

 こうした動きについて、西条さんは「吉田拓郎とかぐや姫のコンサートが盛況だったように、大人が楽しめる笑いは団塊世代を引きつける。この動きをショービジネスとして活用しない手はない」と話す。07年問題は確実に「お笑いブーム」の追い風になりそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-04 17:13 | 社会