タグ:国会 ( 52 ) タグの人気記事

 

ガソリン暫定税、失効は不可避…野党が修正協議を拒否

3月25日3時1分配信 読売新聞

 ガソリン税の暫定税率を維持する租税特別措置法改正案など税制関連法案の今年度内成立を巡り、河野衆院議長は24日、与野党の幹事長を呼び、協議を呼び掛けたが、民主党は難色を示した。

 民主党は与党修正案に基づく協議を断る考えを与党に伝え、ガソリン税の暫定税率撤廃が修正協議の前提だとの姿勢を崩していない。ガソリン税の暫定税率が3月末でいったん失効することは避け難い情勢となった。

 民主党の直嶋政調会長は24日、自民党の谷垣、公明党の斉藤両政調会長に「与党提案は税制関連法案成立が前提」として、協議に応じない考えを伝えた。河野議長は24日、与野党の幹事長を国会内に呼び、事態打開を求めたが、民主党の鳩山幹事長は難色を示した。与野党は25日に国会対策委員長が話し合いを続ける。自民党は租特法改正案の趣旨説明のために26日の参院本会議を求めたが、民主党は拒否。26日に本会議がなければ同改正案を月内の定例日に関係委員会で審議できない。

 一方、民主、社民、国民新党の野党3党の国対委員長は24日、ガソリン税以外の7項目の租税特別措置を切り離して延長する民主党の対案の成立を要請したが、与党は拒否した。

 また、野党3党は、民主党の対案の参院可決をもって政府案の否決と見なして衆院で政府案を再可決しないよう求めた。与党は民主党対案の可決の場合、衆院で政府案を再可決する構えで、民主党幹部は「対案を月内に参院で採決する訳にはいかなくなった」と語った。3月末までに政府案も民主党の対案も参院で採決される見通しが立っておらず、暫定税率が失効する可能性が高い。
[PR]

by deracine69 | 2008-03-25 03:01 | 政治  

【衆院予算委】 福田首相の答弁回数、安倍前首相から激減

10月9日23時24分配信 産経新聞

 本格的な国会答弁デビューとなった9日の福田康夫首相だが、衆院予算委員会での答弁数は全体の3分の1しかなく“福田隠し”ともとれる地味なデビューともなった。

 首相の答弁数の少なさは、ほぼ1年前にデビューした安倍晋三前首相と比較すると明白だ。安倍前首相は、就任後の初の予算委答弁となった昨年10月5日の衆院予算委で64回答弁。他の閣僚らは計34回だった。

 ところが福田首相の場合は自身の答弁が32回で、他の閣僚らが64回となり、安倍前首相とほぼそっくり逆転した。新旧首相とも初日の質疑時間は約7時間で、7人の質問者のうち6人が与党議員という条件はほぼ同じだった。

 5年半ぶりの新しい首相として華々しく登場した安倍前首相と違い、福田内閣は派閥領袖級を取り込んだ布陣で臨んだ。それだけに、「首相の新鮮味が与党内でも薄いことの証明だ」(自民党中堅)との指摘もあるが、当の首相は長丁場を終えると、満面の笑みで国会を後にした。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-09 23:24 | 政治  

<森元首相>福田政権と対決姿勢強める民主党けん制

10月6日20時9分配信 毎日新聞

 自民党の森喜朗元首相は6日、参院で野党が過半数を握る「逆転国会」となったことを踏まえ「衆参でねじれができた。お互いに突っ張って抵抗し合っていたら国民のためにならない。民主党も半分責任があるという自覚を持ってほしい」と述べ、福田政権との対決姿勢を強める民主党をけん制した。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-06 20:09 | 政治  

首相 集団的自衛権見直しに消極的 参院代表質問終了、路線継続言及せず

10/06 07:38 北海道新聞

 参院本会議は五日、各党の代表質問を続行。福田康夫首相は、安倍晋三前首相が前向きだった集団的自衛権に関する政府解釈見直し路線の継続に消極的な姿勢を示した。

 首相は、安倍前首相が設置した、集団的自衛権の個別事例を研究する政府の「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」について、「結論を予断することなく議論してきた」としながらも「今後の扱いはこれまでの議論の経緯を踏まえて検討する」と述べた。

 また、元陸上自衛隊イラク先遣隊長の佐藤正久参院議員が派遣当時、攻撃を受けた他国部隊への「駆けつけ警護」を行う考えだったと発言したことについても「現行法上認められていない」と明言。容認に傾いていた懇談会の議論を事実上否定した。いずれも社民党の福島瑞穂党首への答弁。

 離婚後三百日以内に生まれた子を一律に前夫の子と推定する民法規定について、首相は「基本的に維持されるべきものだ」として法改正に消極的な考えを表明した。

 増田寛也総務相は、自民党の椎名一保氏が夕張市の財政再建計画について「厳しいとの声がある」と指摘したのに対し、「再建が計画に基づき、確実かつ早期に進められるよう必要な支援を行う」と述べた。

 国会は衆参両院での三日間の代表質問を終え、九日から論戦の舞台を衆院予算委員会に移す。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-06 07:38 | 政治  

民主・長妻氏、異例の詳細質問 35分で70項目

2007年10月04日00時12分 朝日新聞

 年金記録問題を掘り起こして参院選大勝の立役者となった民主党の長妻昭政調会長代理が3日、衆院代表質問に立った。年金問題や「税金の無駄遣い」について35分間で70項目を超す異例の詳細質問を福田首相に浴びせた。日ごろの「データ主義」に徹したものだが、与党からは「相手は首相なのに非常識だ」といった批判の声が相次いだ。

 長妻氏は、安倍前首相向けに行われる予定だった9月12日の代表質問に合わせて準備していたが、直前の辞意表明でとりやめに。改めて作り直した質問は、社会保険庁職員らによる年金記録の入力ミスの件数、国土交通省OBが設立した会社と国交省との随意契約の総額など、個別の照会がずらりと並んだ。

 福田首相は「大変幅の広い、多くの質問をいただきました。大変ありがたいこと」と前置きして答弁。用意された紙を、担当閣僚に頼らず、40分間かけてひとりで読み上げた。

 党を代表して立つ代表質問は、党幹部が大きなテーマに絞って質疑を行い、各論は委員会審議に委ねることが多い。このため、自民党からは「大きな理念、政治手法をうかがうのが本会議質問の品位だ」(伊吹文明幹事長)、「いかにも委員会での質疑的な質問を本会議でやるとなれば、国会のルールを見直さないといけない」(大島理森国対委員長)といった異論が噴出した。

 これに対し、民主党の鳩山由紀夫幹事長は「官僚と政治が癒着しているのが問題だ、という思いで質問したものだ。これに対し(首相は)役人が作った答弁を繰り返した」と逆に首相を批判。長妻氏も「自民党は痛いところを突かれるから、そういうことを言うのでは」と反論した。

 長妻氏は、党の部会や国会で各省の資料を洗い出し、年金記録問題を掘り起こしてきた。今回の質問の狙いについても「全省庁に普遍的な大問題を聞いた。表に出ていない事実に絞り、対策など一つずつ約束をとりつけようと綿密に準備した」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 00:12 | 政治  

野党、御手洗氏の参考人招致要求で一致

10月2日 23:01 日本経済新聞

 民主、共産、社民、国民新の野党4党は2日、衆参両院の国会対策委員長会談を開き、日本経団連会長を務める御手洗冨士夫キヤノン会長を衆参両院予算委員会に参考人招致するよう求めることで一致した。実態は派遣労働なのに業務請負を装う「偽装請負」問題などを国政の場で追及する必要があるとの判断だ。

 沖縄戦で旧日本軍が集団自決を強制したとの記述を削除した教科書検定のやり直しを求める決議案を衆参両院に提出することも合意。与党にも共同提出を呼び掛ける。与党が同意しなくとも野党多数の参院では採択される見通しだ。

 国会同意人事に関しては、候補者の詳細な情報を共有し、一致して対応することを確認した。これに先立ち民主党の安住淳国対委員長代理は自民党の小坂憲次国対副委員長に、自民党が提案していた同意人事を事前審査する機関の設置案に同意しないと回答した。安住氏は「我々は閣外協力しているわけではない」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-02 23:01 | 政治  

伊吹幹事長、「12月15日」をわざわざ否定

2007年10月02日20時51分 朝日新聞

 自民党の伊吹文明幹事長は2日の党役員連絡会で、11月10日までの臨時国会について「会期は12月15日まで延長という話が(政府・与党内で)出ているそうだが、それは筋違いだ」と述べた。連絡会出席者が明らかにした。伊吹氏は政府・与党内で臨時国会の会期をめぐって憶測が飛び交う状況にクギを刺した形だが、党四役が具体的な日まで挙げて会期延長論に言及したのは初めて。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-02 20:51 | 政治  

代表質問時間、野党に大幅譲歩

9月28日8時1分配信 産経新聞

 衆院議院運営委員会理事会は27日、福田康夫首相の所信表明演説を10月1日に行うことを決めた。各党の代表質問は衆参両院で3~5日に行われる。野党は理事会で、「3週間も国会が空転した責任を取るべきだ」と主張。特例として野党の質問時間を1人あたり5~10分増やし、会派所属議員数から質問権がなかった国民新党にも5分間の質問を認めた。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-28 08:01 | 政治  

臨時国会、大幅延長へ…政府・与党方針

9月24日11時21分配信 読売新聞

 政府・与党は、11月10日に会期末となる臨時国会について、大幅に会期を延長する方針を固めた。

 インド洋での海上自衛隊による給油活動を継続するため、11月1日に期限が切れるテロ対策特別措置法に代わる新法案の審議時間を十分に確保するのが目的だ。

 自民党の福田康夫新総裁は23日の記者会見で「新法であれば、11月1日に成立しなくても国際社会に日本が(海自の活動を)継続する意思があると表明する意味合いがあり、理解が得られやすい」と述べた。新法案の審議入りは10月中旬以降となる公算が大きい上、野党が多数を占める参院での審議が長引く可能性がある。参院が60日以内に議決しない時は否決とみなし、衆院で再可決できる、とする憲法の規定を利用するためにも大幅な会期延長が不可欠となっていた。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-24 11:21 | 政治  

首相指名、参院は小沢氏確実…決選投票で共産など同調へ

9月20日13時47分配信 読売新聞

 民主、共産、社民、国民新の野党4党は20日午前、国会内で国会対策委員長会談を開き、25日に予定されている衆参両院での首相指名選挙について協議した。

 共産、国民新両党は、決選投票になった場合は民主党の小沢代表に投票するとの考えを伝えた。社民党も同調する方向だ。

 これにより、参院が小沢氏を首相に指名するのは確実となった。共産、国民新両党は1回目の投票ではそれぞれの党首に投票する。社民党は25日に方針を決める。ただ、憲法の規定により、衆院の議決が優先されるため、自民党の新総裁が新首相となる。

 首相指名選挙は、過半数の得票を得た候補がいない場合は決選投票を行う。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-20 13:47 | 政治