タグ:国連安保理 ( 7 ) タグの人気記事

 

<ミャンマー>非難声明の結論先送り 国連安保理

10月6日20時56分配信 毎日新聞

 国連安全保障理事会は5日、ミャンマー情勢を協議する会合を開いた。ミャンマーを訪問したガンバリ国連事務総長特別顧問(特使・ミャンマー問題担当)の報告後、米英仏が軍事政権によるデモ弾圧を非難する議長声明のとりまとめを求めた。これに対し、中国は内政に干渉すべきではないと反対、結論は来週に先送りされた。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-06 20:56 | アジア・大洋州  

安保理、ミャンマー情勢で公式会合…特別顧問が報告

10月6日0時29分配信 読売新聞

 【ニューヨーク=佐々木良寿】国連安全保障理事会は5日午前(日本時間同日夜)、反政府デモに対する軍事政権の弾圧で多数の死傷者が出たミャンマー情勢について公式会合を開始した。

 会合では、冒頭、ミャンマーに派遣され、軍事政権トップのタン・シュエ国家平和発展評議会(SPDC)議長らと会談したイブラヒム・ガンバリ国連事務総長特別顧問が現地情勢などを報告。これを受けて、ミャンマーに対する安保理としての対応を協議する。

 潘基文事務総長や東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国のシンガポール代表も出席している。

 ミャンマー情勢を巡って安保理は、中国の強い反対で公式の声明すら出せない状態が続いてきた。今回も、中国やロシアは、「ミャンマー問題は、世界の平和と安全の脅威にはなっていない」として「安保理の問題ではない」との立場を崩しておらず、安保理としてどのような対応を打ち出せるかは不透明だ。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-06 00:29 | アジア・大洋州  

ミャンマー情勢、安保理で討議へ 欧米に中国は反発

2007年10月05日12時33分 朝日新聞

 国連安全保障理事会は4日、非公開会合を開き、5日午前10時(日本時間同日午後11時)からミャンマー(ビルマ)情勢をめぐる公式会合を開くことを決めた。ミャンマー訪問を終えたガンバリ事務総長特別顧問から報告を受けるほか、潘基文(パン・ギムン)事務総長や東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国のシンガポールも出席。欧米は制裁も含めた強い措置を求めているが、中ロは「内政干渉だ」と反発している。

 英国のサワーズ国連大使は4日の協議後、「(ガンバリ氏訪問という)プロセスだけでは不十分だ。プロセスは結果を生まなければならない」と記者団に話し、5日の協議後に安保理としての対応を検討する考えを示した。

 一方、中国の王光亜・国連大使は「ミャンマーの状況は危機だが、安保理が扱う国際的な脅威ではない。国際社会の押しつけによるいかなる解決も有益ではない」と反発した。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-05 12:33 | アジア・大洋州  

<ミャンマー>ライス米国務長官、中国に不満

9月29日13時45分配信 毎日新聞

 ミャンマーでのデモ弾圧について、ライス米国務長官は28日、ニューヨークで、「国連安保理がもっと強い行動を起こすことを期待していた」と述べ、中国の反対で制裁決議協議ができない状況に不満を示した。そのうえでライス長官はアウンサンスーチー書記長らの釈放要求を軍事政権が受け入れるべきだとの考えを強調した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-29 13:45 | アジア・大洋州  

ヒル米次官補、ミャンマー情勢で中国と協議へ

9月27日12時23分配信 読売新聞

 【北京=坂元隆】クリストファー・ヒル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は27日朝、北京で記者団に対し、ミャンマー情勢に関して、軍事政権に影響力のある中国政府と協議する方針を明らかにした。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-09-27 11:46 | 社会  

国連安保理、ミャンマーに国連特使訪問受け入れ求める

2007年 09月 27日 09:16 ロイター

 [国連/ヤンゴン 26日 ロイター] 国連安全保障理事会は26日、軍事政権に対するデモで3人が死亡したミャンマー情勢の緊迫化を受け、ミャンマーに国連特使訪問受け入れを求めた。ただ安保理は、米国や欧州連合(EU)などが行ったような、ミャンマー軍事政権を非難する公式声明は発表しなかった。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-09-27 09:16 | アジア・大洋州  

ミャンマー流血 安保理、声明拘束力のない弱い位置づけ

9月27日9時2分配信 産経新聞

 【ニューヨーク=長戸雅子】ミャンマー軍事政権が民主化を要求するデモ隊の武力鎮圧に乗り出し多数の死傷者が出たことを受け、国連安全保障理事会は26日、緊急会合を開き、今月の安保理議長国を務めるフランスのリベール国連大使が「安保理各国は状況に懸念を表明し、とくにミャンマー政府に自制を求める」との声明を読み上げた。ミャンマー情勢に懸念を示す内容となっている。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-09-27 09:02 | アジア・大洋州