タグ:国連 ( 11 ) タグの人気記事

 

<国連安保理>日本、非常任理事国に 単独最多10回目

10月18日0時55分配信 毎日新聞

 【ニューヨーク小倉孝保】国連安全保障理事会の非常任理事国5カ国の改選投票が17日、国連総会で行われた。アジアの改選枠1カ国では、日本がイランを破り、05~06年以来の安保理入りを決めた。日本の安保理入りは10回目で、9回で並んでいたブラジルを抜き単独最多となった。

 日本は当選に必要な投票総数の3分の2以上に当たる158票を獲得。イランは32票だった。任期は来年1月から2年間。総会(加盟192カ国)出席国が無記名で投票を行った。

 イランは55~56年以来の安保理入りを目指していた。核開発問題で安保理の制裁を受けていることから欧米諸国が反対し、票が伸びなかった。

 国連では来年3月以降、安保理拡大に向け政府間交渉が本格化する。日本は非常任理事国として外交手腕を発揮し、常任理事国入りにつなげたい考えだ。

 非常任理事国の改選枠への立候補は地域別に受け付けられ、アフリカ枠(1カ国)にはウガンダ、中南米枠(同)にはメキシコがそれぞれ当選。西欧・その他枠(2カ国)にはトルコとオーストリアが選出された。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-18 00:55 | 社会  

幸田シャーミンさんの手記は「事実無根」 文芸春秋を提訴

9月18日16時49分配信 産経新聞

 月刊誌「文芸春秋」の記事で名誉を傷付けられたとして、国連広報局の直属機関「国連広報センター」(東京)の野村彰男元所長が18日、発行元の文芸春秋を相手取り、1100万円の損害賠償と同誌への謝罪広告の掲載を求める訴えを東京地裁に起こした。

 問題となったのは、同センターの前所長、幸田シャーミンさん(52)が同誌7月号に発表した手記。手記では、センター内で組織ぐるみの嫌がらせがあり、野村元所長も加担していたなどとしている。

 これに対し、野村元所長側は「幸田さんに嫌がらせをした事実はない」と主張している。

 問題をめぐっては、国連の赤阪清隆広報局長が、記事を受けて、「問題は幸田さんによる嫌がらせから始まっている」などと発言。幸田さんはこの発言を「事実に反する」として、赤阪広報局長に1000万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしている。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-18 16:49 | 社会  

<スーダン>大統領逮捕状発行なら国連職員に重大な結果も

8月19日11時24分配信 毎日新聞

 【ニューヨーク小倉孝保】スーダン和平問題を担当する国連のアシュラフ・ガジ特使は18日、スーダン政府から「国際刑事裁判所(ICC)がバシル・スーダン大統領に逮捕状を発行した場合、同国で活動する国連職員に重大な結果を招く可能性がある」と警告されたことを明らかにした。安全保障理事会で報告した。

 ICC検察官は7月14日、ダルフール紛争を巡り「人道に対する罪」などでバシル大統領の逮捕状を請求した。ガジ特使は、スーダン政府が逮捕状請求を「非合法的で政治的な行為だ」と主張していることを紹介したうえ、「国連はスーダンの治安関係者と協力を深めるなど必要な準備を進めている」と述べた。

 国連は現在、スーダンの南・北部の平和維持のため国連スーダン派遣団(UNMIS、約1万人)を派遣。さらに、ダルフールの平和維持のため国連・アフリカ連合(AU)合同部隊(UNAMID)を創設し、最終的に約2万6000人規模にする計画だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-19 11:24 | アフリカ  

幸田シャーミンさん、国連広報局長を提訴 嫌がらせ問題で「名誉に傷」

2008.8.12 16:51 産経新聞

 記者会見で事実と違うことを言われ、名誉を傷つけられたとして、国連広報局の直属機関「国連広報センター」(東京)の所長を辞任した幸田シャーミンさん(52)が12日、国連の赤阪清隆広報局長に1000万円の慰謝料を求める訴えを東京地裁に起こした。

 幸田さんは平成18年4月に同所長に就任したが、「組織ぐるみの嫌がらせがあった」として今年6月に辞任した。

 幸田さんは月刊誌「文芸春秋」7月号にセンター内で不正経理や嫌がらせがあったとする手記を発表。一方、国連側は事実関係を否定している。

 訴えによると、赤阪局長は幸田さんの辞任後に会見を開き、「問題は、幸田さんの部下への嫌がらせから始まった。内部調査で幸田さんによる嫌がらせが指摘されている」などと述べた。

 幸田さん側は「幸田さんによる嫌がらせの事実はなく、内部調査でも確認されていない」と反論。「赤阪局長の発言は事実に反しており、名誉棄損に当たる」と主張している。

 東京・霞が関の司法記者クラブで会見した幸田さんは「国連内部のさまざまな嫌がらせで、辞任に追い込まれた。赤阪局長には発言を訂正するよう手紙を送ったが、誠意ある対応がなかった」などと述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-12 16:51 | 社会  

コドリ渓谷から監視団員撤収=国連

8月10日8時36分配信 時事通信

 【ニューヨーク9日時事】国連の平和維持活動(PKO)局高官は9日の安保理非公開協議で、グルジアからの分離・独立を求めているアブハジア自治共和国のコドリ渓谷で停戦監視に当たる国連要員を撤収させたと報告した。アブハジア分離勢力の勧告を受けた決定という。

 南オセチア紛争はアブハジアに飛び火し、ロシア軍機による爆撃が始まっている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-10 08:36 | ヨーロッパ  

幸田シャーミン所長が辞任 国連広報センター

2008年6月8日11時58分 朝日新聞

 東京の国連広報センター(UNIC)の所長を務めていた幸田シャーミン氏(52)が2日付で辞任していたことが分かった。国連側は「契約更新を決めていたが、突然辞められた」としているが、幸田氏は「辞めざるを得ない状況に追い込まれた」と説明。見解が大きく食い違っている。

 幸田氏は06年4月に就任。契約の更新を重ね、今月2日に半年間の任期満了を迎えた。国連本部の赤阪清隆広報局長によると、同局は今年1月、幸田氏に再任方針を内々に伝えた上、5月下旬に通知を発送したとしている。

 これに対し幸田氏は7日、朝日新聞の取材に「1月に任期延長を伝えられた後、『契約更新は我々の権限』と言われ、あやふやになった。2日深夜まで待ったが、任期延長を知らせるメールさえ届かなかった」と話した。

 赤阪氏は「再任通知が間に合わなかったのは事実。手続きの不備を認め、慰留したが、幸田氏の決意は固かった」と述べた。さらに「潘基文(パン・ギムン)事務総長の初来日を月末に控え、当惑している」と話す。

 UNICをめぐっては、年末に翌年分の業務経費の一部を「前払い」するという不適切な会計処理が00年から05年まで続いていたとする内部監査結果の一部が、5月半ばに公表されたばかり。また07年には職員たちが幸田氏を「パワーハラスメント」で本部に告発する騒ぎもあった。

 幸田氏は「不適切な経理を追及したところ、仕事上の妨害や嫌がらせを受け、辞めざるを得ない状況に追い込まれた」と話す。広報局の上司を「ハラスメント」で告発する申立書を、国連の内部監査部などに送付したという。(伊東和貴、望月洋嗣、ニューヨーク=松下佳世)
[PR]

by deracine69 | 2008-06-08 11:58 | 社会  

ガンバリ氏が11月にミャンマー再訪へ 軍政が「保証」

2007年10月04日10時01分 朝日新聞

 国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は3日、ミャンマー(ビルマ)の情勢緊迫化に伴う現地訪問を終えたガンバリ事務総長特別顧問が、11月に再度ミャンマーを訪問するとの見通しを明らかにした。

 ガンバリ氏は2日までの訪問で、タン・シュエ国家平和発展評議会議長ら軍政指導者や、民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんらと会談。潘氏は記者団に「11月中の再訪が(軍政に)保証された」と述べた。

 今回の訪問成果について潘氏は、「国際社会の懸念ははっきりとミャンマー当局に伝えた」と語り、4日にガンバリ氏の報告を受けた後、国連安全保障理事会とも協議の上、「次の行動を取る」との考えを示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 10:01 | アジア・大洋州  

ミャンマー当局が国連職員を拘束

2007年10月04日09時28分 朝日新聞

 国連事務総長報道官は3日、ミャンマー(ビルマ)のヤンゴンで国連開発計画(UNDP)の女性職員(38)が夫や運転手らとともに当局に拘束されたことを明らかにした。現地採用の職員で、3日午前4時ごろ、自宅で拘束されたという。国連はミャンマーの国連代表部などを通じて、職員らの釈放を求めている。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 09:28 | アジア・大洋州  

ミャンマー弾圧「強く遺憾に思う」、国連人権理が決議採択

10月3日10時45分配信 読売新聞

 【ジュネーブ=大内佐紀】国連人権理事会は2日、ミャンマーの人権状況に関する特別会合を国連欧州本部で開き、ミャンマー軍事政権による平和的デモの武力弾圧を「強く遺憾に思う」とする決議を全会一致で採択した。

 決議は、軍政に対し、民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんをはじめとする政治犯や拘束中の反政府デモ参加者を即時解放するよう要求。また、国連人権理事会の特別報告者がミャンマーを訪れ、人権状況について調査し同理事会と国連総会に報告するよう求めた。

 欧州連合(EU)が起案した決議案は、当初、「強く非難する」としていたが、中国、ロシアなどの反対で「遺憾」を表明するにとどまった。決議に法的拘束力はない。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-03 10:45 | アジア・大洋州  

ミャンマー 国連の対応が焦点に

2007年10月03日00時11分 朝日新聞

 ミャンマー(ビルマ)を訪問した国連のガンバリ事務総長特別顧問は、2日まで4日間の滞在で、最高指導者のタン・シュエ国家平和発展評議会議長、民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんとの面会を果たした。欧米が目指す安全保障理事会決議採択などの「次の段階」(カリルザード米国連大使)に向けて、関係各国の合意ができるかどうかが、今後の焦点になる。

 ガンバリ氏にとって、議長との会談は、スー・チーさんとの面会と並ぶ最低限の「ノルマ」だった。武力弾圧を決めたのも、国際社会の要求について判断できるのも議長だけだからだ。

 しかし議長は面会に消極的だった。ガンバリ氏がネピドーに滞在した30日午前は他の幹部が応対。同氏はスー・チーさんとの面会後、予定を延長してネピドーに戻り、議長との面会を切望した。ところが1日には、ヘリコプターで北部の町ラシオに連れて行かれ、親政府集会の見学でお茶を濁されていた。

 最終的に議長は面会に応じることで国際世論に歩み寄った。だが、政治犯の釈放などの実質的な要求に大きな譲歩をした可能性は少ない。

 ガンバリ氏はニューヨークに戻り次第、安保理に関係者との会談の結果を報告する予定だ。

 軍政に対して何らかの国際的圧力が必要との見解では、程度の差はあれ、多くの国が一致している。これまで「内政不干渉」の原則に基づき、表立ったミャンマー非難を避けてきた東南アジア諸国連合(ASEAN)も、ニューヨークで開かれた外相会合の際、武力行使に対する「嫌悪感」を示し、政府に「最大限の自制」を求める強い非難声明を発表した。

 だが、難民が隣国に大量に流出する民族紛争などと違い、国内でのデモを制圧するために軍政が武力を行使した今回の事件は、安保理が扱う典型的な「国際の平和と安全に対する脅威」とは性格が異なる。

 今年1月、米英がミャンマー非難決議案を各国に提示した際は、武力行使に道を開く国連憲章第7章も、制裁への言及も盛り込まれなかったにもかかわらず、35年ぶりに中国、ロシアがそろって拒否権を行使した。

 死傷者が出た事態の深刻さを受け、欧米は今回、制裁に可能性を開く決議の採択を目指すと見られる。制裁含みの決議案交渉となれば、中ロだけでなく、前回同じく反対した南アフリカや、棄権したインドネシア、カタール、コンゴ共和国も、慎重な姿勢を示すと予想される。

 英国のピアース次席大使は2日、ガンバリ氏が5日にも安保理に報告するとの見通しを示した上で、「まだ決議について話す段階ではない。まずはガンバリ氏の報告を聞いてから次の段階を考えたい」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-03 00:11 | アジア・大洋州