タグ:地震 ( 134 ) タグの人気記事

 

浅間山が小規模噴火=噴煙2000メートル、関東南部にも灰-警戒継続・気象庁

2009/02/02-12:21 時事通信

 気象庁は2日、群馬・長野県境の浅間山(2568メートル)で同日午前1時51分ごろに小規模な噴火が発生し、同8時ごろまで火山灰の噴出が続いたと発表した。噴煙は火口から高度約2000メートルに達した後、南東方向に流れ、関東地方南部でも灰が降った。大きな噴石は火口の北側約1キロまで飛散した。

 同庁は1日に噴火警戒レベルを5段階で3の入山規制に引き上げており、引き続き警戒を呼び掛けている。

 浅間山の小規模噴火は昨年8月以来、約半年ぶり。灰が降ったのは長野県軽井沢町、群馬県富岡市、埼玉県熊谷市、東京都千代田区、横浜市、千葉県君津市など。千代田区で浅間山の降灰が確認されたのは、2004年9月17日以来。

 気象庁は機動調査班2人がヘリコプターで浅間山上空の調査を行った。噴火以降、山頂火口直下が震源とみられる火山性地震の回数は減少し、マグマの上昇を示すとみられる傾斜計の変化は鈍化した。噴煙は火口の縁から高度約100メートルで推移している。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-02 12:21 | 社会  

鹿児島・桜島も噴火=入山規制に警戒強化-気象庁

2月2日10時44分配信 時事通信

 気象庁は2日午前、鹿児島・桜島の噴火警戒レベルを5段階で2の火口周辺規制から3の入山規制に引き上げたと発表した。対象は鹿児島市。桜島の昭和火口では1日から2日午前8時までに爆発的噴火が8回発生し、大きな噴石が5合目まで飛んだ。今後も噴火活動が活発化する恐れがあるという。

 昭和火口と南岳山頂火口から約2キロの範囲では、大きな噴石が弾道を描いて飛散したり、火砕流が起きたりする恐れがある。風下側では降灰と小さな噴石に注意が必要。雨が降ると、泥流や土石流が発生する可能性がある。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-02 10:44 | 社会  

インドネシア付近でM7・5の地震…津波の恐れも

1月4日5時51分配信 読売新聞

 4日午前4時44分頃、インドネシア付近を震源とする地震があった。

 気象庁によると、震源の深さは約30キロ、地震の規模はマグニチュード7・5と推定される。震源付近で津波が発生する可能性がある。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-04 05:51 | アジア・大洋州  

雌阿寒岳で小さな噴火か=噴煙流れる-北海道

11月18日17時15分配信 時事通信

 気象庁は18日、北海道東部の雌阿寒岳(1499メートル)で、ごく小規模な噴火が起きたもようだと発表した。雌阿寒岳の噴火は2006年3月21日以来。同庁は火口付近では噴石に警戒するよう呼び掛けた。

 同庁によると、13時30分現在、白い噴煙が100~200メートルの高さで東に流れている。今後も、ごく小さな噴火が繰り返し発生し、火口から約500メートルの範囲内に噴石が飛散の恐れがあるという。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-18 17:15 | 社会  

関東大震災級の地震、13世紀末にも? 津波の痕跡発見

2008年11月18日3時2分 朝日新聞

f0013182_9293799.jpg 神奈川県・三浦半島で13世紀末の大地震によるとみられる津波の痕跡を、東京大などのチームが見つけた。江戸中期の元禄地震のひとつ前の関東大震災級地震とみられる。これまで200~300年とされてきた大震災級地震の発生周期とは隔たりが大きく、防災対策などにも影響しそうだ。24日から茨城県つくば市である日本地震学会で発表する。

 東京大、高知大、産業技術総合研究所のチームは三浦半島の小網代湾で、深さ約3メートルまでの海底の泥を採取して調べた。すると、津波で運ばれたとみられる貝や木片、岩石などが混ざった層が3層みつかった。

 年代測定で、上から関東大震災(1923年)、元禄地震(1703年)、1160年前後~1365年前後の大地震にそれぞれ伴う津波で堆積(たいせき)したと推定できた。

 一番下の層ができた時期には鎌倉で死者数千~2万3千人とされる1293年の大地震の記録があり、その際の津波の痕跡と考えられるという。

 この結果、元禄地震とその前の大震災級地震との間隔は約400年となり、元禄地震と関東大震災の間隔の220年と大きな差がでた。

 神奈川県・相模湾一帯を震源とするマグニチュード(M)8クラスの関東大震災級の地震は、元禄地震以前はこれまで津波の痕跡が見つからず、どれが大震災級だったのか、はっきりしていなかった。

 東京大地震研究所の島崎邦彦教授は「発生間隔は想定よりも短い可能性も、長い可能性もある。関東大震災級地震の前に起こるM7級の想定に影響する可能性があり、もっと詳しく調べたい」と話す。

 国の中央防災会議は、関東大震災級の地震の恐れは今後100年以内にはほぼないとして、その前に多発するM7級の首都直下地震を想定して防災対策を進めている。地震調査委員会はこのM7級の地震が30年以内に起きる確率を70%程度と見積もっている。(黒沢大陸)
[PR]

by deracine69 | 2008-11-18 03:02 | 社会  

周防灘断層群でM7・6の可能性 30年の発生確率2-4%

2008年11月17日 17時49分 共同通信

 政府の地震調査委員会は17日、山口、大分両県沖の周防灘海底にある「周防灘断層群」について、マグニチュード(M)7・6程度の地震が起きる可能性があり、30年以内の発生確率は2-4%とする長期評価を公表した。国内の主な活断層の中では、発生確率が高いグループという。調査委によると、同断層群は、長さ約44キロの主部、約23キロの秋穂沖断層帯、約22キロの宇部南方沖断層帯からなる。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-17 17:49 | 社会  

「地震でも安全」過信は危険 東京「山の手」の地盤

2008年10月16日 読売新聞 論点

 地震の際、東京の下町と山の手とでは、被害が大きく異なると、1923年(大正12年)の関東大地震以来、一般に思われてきた。縄文時代には下町は海であり、軟弱で低湿な粘土層が改訂に30~60㍍も堆積し、ここに河川の氾濫で土砂が数㍍も積もって陸になった。それは弥生時代以降のきわめて新しい時代であり、このため、揺れに弱い。これに対して、山の手は比較的建物が倒壊しにくいと考えられてきた。

 確かに、関東大震災の時は、そうであった。ただ、当時、山の手は、まだ宅地化が進んでおらず、武蔵野の雑木林や畑が広がり、人口密度が著しく低かったことを忘れてはいけない。石神井川、神田川、目黒川などに沿う谷には、ほとんど宅地はなかったのだ。

 これらの河川の谷には、腐った植物が10㍍ほどの厚さで堆積しており、下町同様に軟弱な地盤を形成していた。しかも、今は建物や舗装に覆われてわからないが、山の手には、富士山、箱根山、榛名山や浅間山などが噴火した時の火山灰が3~8㍍も積もっている。いわゆる関東ローム層である。

 山の手と、そこに刻まれた谷との間には、ラフカディオ・ハーンの会談で有名な紀ノ国坂、道玄坂など多くの急な坂があるが、かつて坂にはこの赤土が露出していた。関東ローム層も、下町の下に埋もれている地層と同様の軟弱地盤なのである。

 山の手は、比較的平らな段丘面と、急な段丘崖から形成される。多摩川、荒川、隅田川や、江戸時代初期に人工的に流路を変えられた古利根川などの浸食で山の手が削られたところも急な坂である。これらの段丘崖には現在、ビルや住宅がへばりつくように並ぶ。

 がけ崩れや土石流の被害が顕著であった岩手・宮城内陸地震の被災地には、現在でも活動している栗駒山の火山灰が厚く積もっていた。約6500万年前以降の火山堆積物が、がけ崩れや土石流の被害を拡大させたのである。山の手は、関東ローム層をなす地層まで、栗駒山に比べ、はるかに新しい時代にできた軟弱な地層で形成されている。

 もし、山の手が地震に襲われようものなら、関東大震災時には発生しなかった被害が懸念される。大規模ながけ崩れで建物は崩れ落ちて、段丘崖の下の建物も押しつぶされるであろう。また、道路や鉄道は段丘崖で寸断し通行不能になると考えられる。

 山の手には、もうひとつ問題がある。迷路のような道路網である。阪神・淡路大震災では、木造建物の倒壊で狭い道路が通行できなくなった。東京をはじめ名古屋、大阪などの大都市では、都心の周辺を古い市街地がドーナッツ状に取り巻いている。しかも、道路幅が極めて狭く行き止まりも多くて、家屋倒壊が重なると、救急車も消防車も通れない。公的救助から孤立した地域となるのである。

 東京の山の手が地震時には安全だというのは神話に過ぎず、下町とは異なったタイプの震災に見舞われるであろう。大地震では、段丘崖の下に避難するのは最悪の選択で、なるべく離れた段丘の上に逃げるのがよい選択である。

 山の手の危険性はまだ十分に知られていない。このため、関係自治体の地域防災計画などでも考慮されてはいない。現在を正しく認識し、対策を考える必要がある。

高橋 学 立命館大学(自然災害科学・環境考古学)。著書に「平野の環境考古学」など。54歳。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-16 06:00 | 社会  

浅間山など火山活動、各地で高まる 噴火予知連、警戒呼び掛け

2008年10月8日 20時11分 共同通信

 火山噴火予知連絡会(会長・藤井敏嗣東大地震研究所教授)は8日、気象庁で定例会を開き、浅間山(群馬、長野県)や霧島山(宮崎、鹿児島県)、雌阿寒岳(北海道)での噴火や火山性地震の増加を挙げ「各地の火山で活動が高まっている」と警戒を呼び掛けた。浅間山では8月以降、火山性地震の回数や噴煙量が増加し、中旬にごく小規模な噴火が発生、噴火警戒レベルを1(静穏)から2(火口周辺警報)に引き上げた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-08 20:11 | 社会  

太平洋側で地震が相次ぐ 鹿児島、伊豆、式根島

10月5日9時34分配信 産経新聞

 5日未明、鹿児島県の大和、奄美、静岡県の網代、東京都の式根島で相次いで震度1の地震が起きた。気象庁によると、地震の起きた場所、時間、震源地、震源の深さは以下の通り。

 ▽鹿児島県の大和、奄美で、午前2時7分ごろ、震源地は奄美大島近海で、震源の深さは約40キロ。

 ▽静岡県の網代で、午前2時8分ごろ、震源は伊豆半島東方沖で、震源の深さはごく浅い。

 ▽東京都の伊豆諸島式根島で、午前3時10分ごろ、震源地は新島・神津島近海で、震源の深さは約10キロ。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-05 09:34 | 社会  

雌阿寒岳、小規模噴火の恐れ=噴石など警戒呼び掛け-気象庁

9月29日15時22分配信 時事通信

 気象庁は29日、北海道東部の雌阿寒岳(1、499メートル)でごく小さな噴火が起きる可能性があるとして、火口周辺警報を出した。火口から約500メートルの範囲で、大きな噴石に警戒が必要という。

 同庁によると、雌阿寒岳では26日から火山性地震が増加し、29日午後にも観測された。現時点で噴火はしていないが、今後ごく小さな噴火が起きる可能性もある。同庁は火口周辺での噴石飛来や、風下での降灰に注意するよう呼び掛けている。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-29 15:22 | 社会