タグ:基地区米兵 ( 13 ) タグの人気記事

 

原子力空母の上等水兵、路上で男性殴り逮捕…横須賀

1月2日9時17分配信 読売新聞

 神奈川県警横須賀署は1日、原子力空母ジョージ・ワシントン乗組員の米海軍上等水兵アブドゥール・カリム・バリー容疑者(26)を暴行容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、バリー容疑者は1日午後11時25分頃、横須賀市若松町の市道で、前を歩いていた同市の飲食店従業員男性(37)の左ほおを、追い抜きざまに1回殴った疑い。

 調べに対し、バリー容疑者は「(男性が)両手で自分の胸を押してきたので押し返しただけだ」と容疑を否認しているが、男性は「胸を押したりしていない」と話しているという。バリー容疑者は友人宅で酒を飲んだ後だったという。

 ジョージ・ワシントンは、昨年9月に米海軍横須賀基地に配備された。同署によると、乗組員が日本で逮捕されたのは初めてという。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-02 09:17 | 社会  

風呂場から侵入「アイラブユー」=女性が通報、米兵逮捕-神奈川

2008/11/10-23:34 時事通信

 神奈川県綾瀬市で、フィリピン人女性が住む2階建て住宅に侵入したとして、大和署は10日、住居侵入容疑で、米軍厚木基地所属の3等海曹サイモンズ・セカンド・パトリック・ジョイ容疑者(21)を逮捕した。容疑を認めているという。

 調べによると、同容疑者は10日午前9時25分ごろ、フィリピン人女性(23)宅の一階風呂場の窓から侵入した疑い。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-10 23:34 | 社会  

<沖縄不時着>燃料切れが原因? 米軍、機体差し押さえ拒否

10月26日2時31分配信 毎日新聞

 沖縄県名護市のサトウキビ畑に米空軍嘉手納基地の男性空軍兵4人が乗った軽飛行機(セスナ172)が不時着、炎上した事故で、沖縄県警の事情聴取に対し、乗員の1人が「風が強くて思ったより燃料を消費した」と話していることが分かった。事故機は事故直前「燃料がない。パワーが落ちた」と無線交信しており、県警は燃料切れで不時着したとみて、航空危険行為処罰法違反容疑で調べている。

 県警などによると、事故機には嘉手納基地の愛好家らでつくる「嘉手納エアロクラブ」の4人が乗り、24日午後に嘉手納基地を離陸。同4時24分に奄美空港(奄美大島)に着陸し、44分後の同5時8分に離陸。同6時半ごろに不時着した。

 嘉手納基地報道部は「事故機は奄美で燃料補給した」と発表しているが、同クラブ機に通常、燃料を補給している奄美空港唯一の給油会社は「24日は給油しなかった」と話している。このため県警は事故機の給油状況についても確認する。

 セスナ172の航続距離は約1100キロ。奄美-沖縄間は約300キロで、燃料が満タンなら未給油で往復できる。

 一方、県警は同法違反容疑で検証令状を取り、25日午後、現場検証をした。日米地位協定の実施に伴う刑事特別法は、米軍財産についての差し押さえや検証に米軍の同意が必要と定めており、県警は米軍と合同で検証。県警は米軍に事故機の差し押さえも要請したが、米軍が拒否。同日夕、米軍が機体の解体を始め、終了次第、米軍が機体を嘉手納基地に搬送する見通し。

 事故を受け、沖縄県の上原昭・知事公室長は25日、嘉手納基地第18航空団司令官のウィリアムズ准将らに「事故原因の究明と公表、再発防止と安全管理を徹底するよう求める」と電話で伝えた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 02:31 | 社会  

米兵事件資料の非公開 取り消し求め提訴へ

2008年8月21日20時20分 朝日新聞

 国立国会図書館(東京都千代田区)が米兵事件の処理に関する資料を法務省の要請で閲覧できないようにした問題で、ジャーナリストの斎藤貴男さんが21日、都内で記者会見を開き、国に対し、非公開処分の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こす考えを明らかにした。

 斎藤さんは同日、国会図書館に資料の閲覧を申請したところ、拒否されたという。「国会図書館は『真理がわれらを自由にする』との理念から、かけ離れた対応をとっている。法務省が国民の知る権利をどう考えているか疑問だ」と批判した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-21 20:20 | 社会  

<米兵逮捕>成田空港で搭乗断られ、職員に暴行した疑い

5月24日0時36分配信 毎日新聞

 千葉県警成田空港署は23日、航空会社の地上職員に暴行したとして米陸軍兵デビッド・リー・カールソン容疑者(24)を暴行容疑の現行犯で逮捕した。

 調べでは、カールソン容疑者は23日午後1時40分ごろ、米国シカゴ発の全日空機で成田国際空港に到着。乗り継ぎ便の午後6時10分発バンコク行き全日空機に搭乗したが、出発直前に女性客室乗務員に抱き付くなどしたため、機長が降機を指示。迎えに来た同社成田空港支店の男性職員(33)の頭を押さえつけるなどし、首や腕の打撲など軽傷を負わせた疑い。上司の男性職員(43)が取り押さえた。

 カールソン容疑者はシカゴ-成田間でビールやウイスキーなどを大量に飲み、酔った状態だった。陸軍の身分証明書を持っていた。【倉田陶子、斎川瞳】

More
[PR]

by deracine69 | 2008-05-24 00:36 | 社会  

強制わいせつ容疑の米兵、不起訴 青森地検

2008年05月23日11時18分 朝日新聞

 青森県八戸市の路上で、無職の女性(19)に抱きつくなどして強制わいせつ容疑で逮捕された米軍三沢基地所属のジェームス・リトルジョン3世1級空兵(22)を、青森地検は22日、不起訴処分とした。不起訴の理由について、同地検は「被害者の告訴が取り下げられたため」としている。関係者によると、同空兵と被害者の間で示談が成立したという。

 また、同空兵の酒気帯び運転事件については、八戸区検が同日、同空兵を道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪で八戸簡裁に略式起訴し、同簡裁は罰金30万円の略式命令を出した。

 事件があったのは2日早朝。八戸市役所近くの路上で、同空兵が歩いていた女性に後ろから抱きついたとして、八戸署に逮捕された。また、同空兵が現場から逃走する際に酒を飲んで車を運転していたとして、13日に道交法違反容疑で送検されていた。

 この事件後には、小林真八戸市長が米軍関係者に綱紀粛正を求める文書を手渡し、三沢市も副司令官に抗議した。

 刑法では、強姦(ごうかん)や強制わいせつなどの事件について、被害者が告訴を取り下げた場合は犯罪事実の有無にかかわらず起訴できない「親告罪」と定めている。

 沖縄県で2月にあった米海兵隊員による女子中学生乱暴事件でも、強姦の容疑で逮捕された2等軍曹が中学生側の告訴取り下げによって不起訴処分になり、釈放された。(波戸健一)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-23 11:18 | 社会  

米兵暴行、見舞金肩代わり=被害女性に300万円-防衛省

2008/05/20-00:39 時事通信

 防衛省は19日、神奈川県内で2002年に起きた在日米兵によるオーストラリア人女性暴行事件で、米兵に代わって見舞金300万円を女性に支払うことを決めた。米兵には民事訴訟で支払い命令が出ていたが、既に帰国しており、米政府も支払わないことから、日本政府による救済が必要と判断した。

 女性への支払いは、日米地位協定で救済されない被害に対して見舞金を支給できるとした1964年の閣議決定に基づく。防衛省によると、この決定を適用したのは最近3年間で今回が10回目という。

 同省によると、女性は02年4月に神奈川県横須賀市で米兵から暴行を受けたと訴えた。米兵は刑事手続きでは不起訴になったが、民事訴訟では04年11月、女性の被害が認められ、東京地裁が300万円の支払い命令を米兵に出した。しかし、米兵は裁判途中に帰国し、賠償金は支払われなかった。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-20 00:39 | 行政・公務員  

「同意なく性行為」米兵に懲役2年 司法取引で1年短縮

2008年05月09日12時20分 朝日新聞

 米軍岩国基地(山口県岩国市)の海兵隊員4人が広島市内で19歳の女性に集団で暴行したとされる事件で、米軍の大軍法会議(判事・チャールズ・ヘイル少佐)は9日、4人のうちの1人で事件当時19歳だった兵長(20)に対し、懲役2年と不名誉除隊を言い渡した。

 同基地によると、ほかの3人の審理で証言するなどの司法取引が行われ、実際の刑期は1年に短縮されるという。また、除隊にあたっては階級が最下級に降格され、給料や恩給も全額没収される。

 捜査側は9日の法廷で懲役10年と不名誉除隊を求刑。兵長は「判決を受け入れる。深く後悔している」と述べた。

 9日の量刑言い渡しに先立つ8日の判決では、性的暴行は認めなかったが、「女性が同意していないと知りながら性行為をした」と認定し、不法行為にあたると判断した。

 事件は昨年10月14日未明に発生。広島市中区の歓楽街のイベントで知り合った米兵4人に、約2キロ離れた駐車場に止めた車内で強姦(ごうかん)されたとして女性が広島県警に被害届を出した。県警は集団強姦容疑で書類送検したが、広島地検は嫌疑不十分で不起訴処分にした。

 事件直後に米側は岩国基地内で4人の身柄を拘束。日米地位協定は、米軍が先に容疑者を確保した場合、日本側が起訴するまで米側が身柄を拘束すると定める。だが、95年に沖縄で起きた米兵による少女暴行事件以降、殺人や強姦などの事件では起訴前の身柄引き渡しに米側が「好意的な配慮を払う」ことが日米間で合意されており、県警は当初、集団強姦容疑で逮捕状を請求し、米側に4人の身柄引き渡しを求める方針だったが、女性の証言にあいまいな点があったことなどから逮捕状請求を見送り、11月6日に同容疑で書類送検した。

 今回の事件は、同協定上、国内で起きた刑法上の犯罪と疑われ、米軍人は統一軍法が適用されることから、日米双方が裁判権を有していた。こうした場合、どちらが優先的に裁判権を行使できるかも定められており、今回は米軍人の公務中の事件、事故などに当たらないため、日本側の裁判権が優先されるケースだった。

 しかし、広島地検は同月15日に嫌疑不十分で不起訴処分にした。地検は処分の理由を明らかにしていないが、女性が1人目の米兵との性行為に同意したと認めたことなどから、公判維持が困難と判断したとみられる。

 日本側が行使しなかった裁判権は米側に移行し、米海軍犯罪捜査局(NCIS)が捜査に乗り出した。

 同局は捜査過程で、広島県警などから供述調書といった捜査資料の提供も受けている。これも、同協定が犯罪の証拠について「相互に援助しなければならない」と定めることが根拠だった。その後、4人は予備審問を経て、今年3月に性的暴行などの罪で起訴され、軍隊内の重罪を裁く大軍法会議にかけられた。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-09 12:20 | 社会  

拘束米兵、六本木外国人グループと交流…神奈川県警聴取へ

3月23日3時3分配信 読売新聞

 神奈川県横須賀市で東京都品川区、タクシー運転手高橋正昭さん(61)が刺殺された事件で、横須賀署特捜本部は23日にも、米軍に脱走の罪で身柄拘束された横須賀基地所属の1等水兵(22)について「容疑者と接点がある」として、同基地内での任意の事情聴取に応じるよう在日米海軍司令部に要請、聴取を始める。

 また、米兵はナイジェリア系米国人で、都内の民間の外国人グループと交遊関係があるとの情報があり、特捜本部は、米兵の足取りなどを知る上で鍵を握るとみて、このグループについても捜査を進める。

 米軍によると、米兵は22日未明、同基地に「東京都内にいるので来てほしい」と電話をかけてきた。品川区・五反田で午前3時41分、米海軍犯罪捜査局(NCIS)に身柄を拘束された。基地に移送された米兵は、NCISの事情聴取に、高橋さんの殺害事件には関与を否定しているという。
[PR]

by deracine69 | 2008-03-23 03:03 | 社会  

米軍脱走兵の身柄確保 神奈川県警、任意聴取を要請へ

3月22日23時51分配信 産経新聞

 神奈川県横須賀市でタクシー運転手の高橋正昭さん(61)が車内で刺殺された事件で、現場に残されていたクレジットカードから、名義人の米海軍横須賀基地所属米兵(22)の身柄が22日、米海軍犯罪捜査局により東京都内で確保された。米兵は殺人事件への関与を否定しているが、神奈川県警は何らかの事情を知っているとみて、23日にも米側に任意聴取を要請する。容疑が強まれば、日米地位協定の合意に基づいて起訴前に身柄の引き渡しを求めるとみられ、米側の対応に注目が集まっている。

■捜査に全面協力

 米海軍犯罪捜査局は22日未明、軍法の脱走の罪で米兵の身柄を確保し、同基地内に移送して事件への関与も含め事情聴取を始めた。米海軍関係者によると、兵士はナイジェリア系で、横須賀基地を拠点とする第七艦隊のイージス巡洋艦「カウペンス」乗組員の一等兵。今月1日から基地に戻らず、捜査局が脱走兵として行方を追っていた。捜査局が直接、兵士と連絡を取り、22日午前3時40分ごろ、東京都品川区の五反田駅付近で身柄を確保したという。

 捜査局は「(米兵は)事件の容疑者とされているわけではないが、何らかの情報を持っている可能性がある」として、日本側の捜査に全面的に協力する方針。高橋さんは19日午後9時半ごろ、横須賀市汐入町の路上に止まっていたタクシーの運転席で、首を刃物で刺されてシートベルトをつけたまま死亡していた。横須賀署捜査本部は、タクシーの最後の乗客が支払いをめぐるトラブルで高橋さんを刺し、逃げた疑いが強いとみて捜査。車内を調べたところ、運転席近くから米兵名義のクレジットカードが見つかった。

■引き渡しいつ?

 米兵が高橋さんを刺殺した容疑者だった場合、日本側は米側に身柄の引き渡しを求めることになるが、日米地位協定上は日本側の起訴後に引き渡されるのが原則だが、平成7年以降、起訴前でも引き渡すよう運用改善された。18年1月には、横須賀基地の米兵が派遣社員の女性=当時(56)=を殺害し、現金を奪った強盗殺人事件で、県警が発生3日後に基地内で任意聴取。4日後に逮捕状を取り、身柄引き渡しで合意した。一方、14年に沖縄県うるま市で起きたフィリピン人女性暴行未遂事件では、米側は引き渡しを拒否している。捜査本部は今後、米兵の任意聴取を米側に要請、刺殺への関与が強まれば、殺人容疑で逮捕状を取り、外務省を通じて起訴前の身柄引き渡しを米側に求めるとみられる。引き渡しは、日米両政府が合同委員会を開き、合意する形が通例。

■“外堀”埋める

 100人態勢の捜査本部は、車内に残されていた米兵名義のクレジットカードなどの捜査を進めているが、直接容疑者に結び付く物証や情報は得られていないもようだ。「車内に残された指紋、足跡を調べるとともに、クレジットカードに汗などが付着している可能性もあるため、DNAを採取する必要がある。直接的な取り調べを前に、できることをし、“外堀”を埋めておく必要がある」。元最高検検事の土本武司さんは、捜査の方向性をこう語る。捜査本部は、米兵の任意聴取が実現した場合、事件当日の米兵の足取りやクレジットカードが車内に落ちていた理由などについて説明を求める方針。

 捜査本部のこれまでの捜査では、米兵がタクシーに乗り込んだことを裏付ける決定的な証拠は発見されていないとみられる。現場周辺の防犯カメラの解析を行うとともに、米兵名義のカードを別の人間が車内に持ち込んだ可能性も含めて捜査し、タクシー内から採取した指紋の鑑定なども慎重に進める。また、兵士は脱走後、都内のナイジェリア人グループと行動をともにしていたとの情報もあり、関連を調べる。
[PR]

by deracine69 | 2008-03-22 23:51 | 社会