タグ:塩崎恭久 ( 14 ) タグの人気記事

 

安倍、石原、塩崎氏らが会合

2009/02/25-01:15 時事通信

 自民党の安倍晋三元首相や石原伸晃幹事長代理、塩崎恭久元官房長官、根本匠元首相補佐官による「NAIS(ナイス)の会」は24日夜、都内のホテルで会合を開き、追加の景気対策を取りまとめる必要があるとの認識で一致した。

 塩崎氏は会合後、「このぐらい悪くなっている経済を何もせずに乗り切ることはできない。今後いろいろ考えないといけない」と記者団に語った。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-25 01:15 | 政治  

民主、女性アナ擁立へ 愛媛1区

9月12日7時51分配信 産経新聞

 次期衆院選の愛媛1区(松山市)で、「自民現職の塩崎恭久元官房長官(57)に勝てる候補の擁立」を急いでいた民主党は、松山市在住の民放の女性アナウンサー(48)に白羽の矢を立て、出馬要請に向けて小沢一郎代表が15日に同市を訪れ、党公認候補として出馬を正式に要請することが11日、分かった。

 女性アナウンサーが要請を受けるかどうかは不透明だが、同党関係者によると「手応えがあっての小沢代表の訪問だ」としている。同社関係者は「本人の判断次第」としているが、女性は同社の看板アナウンサーで県内では知名度も高く、出馬すれば塩崎元官房長官への有力な対抗馬となる。

 同選挙区では塩崎元官房長官のほか、共産新人で党県常任委員の田中克彦氏(41)の2人が立候補を予定。民主党は現職に勝てる候補として、昨年来、松山市長の中村時広氏(48)に秋波を送っていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-12 07:51 | 政治  

<日本年金機構>自民部会が了承見送り

7月8日12時23分配信 毎日新聞

 自民党は8日午前、厚生労働部会などの合同会議を開き、政府が11日の閣議決定を予定している「日本年金機構」(社会保険庁の後継組織)の基本方針の了承を見送り、懲戒処分歴のある社保庁職員を新機構の正規職員に採用する余地を残している点の修正を求めることを決めた。

 基本方針は懲戒処分歴のある職員867人について、機構発足時(10年1月)の正規採用は認めていない。ただ有期雇用は認め、第三者機関の審査を経て正規職員に移行する道も残している。この点に関し部会では「処分歴のある職員は一人たりとも採用すべきでない」などの指摘が相次いだ。

 当初、政府は自民党の部会を通さず、4日に基本方針を閣議決定する意向だったが、塩崎恭久元官房長官の忠告で8日に部会を設定。「ガス抜き」をもくろんだところ、裏目に出た。04年に発覚した、職員による政治家らの年金記録のぞき見などに対する自民党議員の不満が噴き出した格好だ。【堀井恵里子】
[PR]

by deracine69 | 2008-07-08 12:23 | 政治  

<塩崎元官房長官>代表務める党支部、寄付金24万円返還

10月2日21時3分配信 毎日新聞

 塩崎恭久元官房長官が代表を務める自民党愛媛県第1選挙区支部が、農水省が補助金を出している企業から計24万円の寄付を受けていたことが分かった。塩崎事務所は「政治資金規正法に触れる可能性もある」として全額返還した。

 政治資金収支報告書によると、JA全農えひめグループの「えひめ飲料」(松山市)が04年11月と06年6月に12万円ずつ寄付。同月、同社の求めで全額返還し、先月19日に同報告書を訂正した。

 政治資金規正法では、国からの補助金(試験研究などは除く)などを受けている会社は、交付決定の通知から1年間、政治活動に寄付することを禁止されている。同社は「試験研究で農水省の補助金を受けているが、グループ全体だと試験研究以外の補助金があるかもしれないので返金してもらった」としている。【藤田健志】
[PR]

by deracine69 | 2007-10-02 21:03 | 政治  

自民、突然の首相辞意に衝撃=「信じられない」「自民党の危機」

9月12日14時16分配信 時事通信

 安倍晋三首相が辞意を固めたことについて、自民党内に衝撃が走った。同党の麻生太郎幹事長は「ずいぶん前から聞いていた。『自分には議会の中で求心力がない』と言っていた」と明かした。首相から辞意を伝えられた大島理森国対委員長は党代議士会で「いかんともし難いが、首相の意思は変わらない」と述べた。

 また、塩崎恭久前官房長官は「辞任は全然聞いていない。(真意は)首相に聞かないと分からない」と驚いた表情で語った。首相側近の1人は「テロ対策特別措置法の延長問題で見通しが立たなくなったからだろう」との見方を示し、町村派幹部は「信じられない。自民党の危機だ」と指摘した。

Links:関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-09-12 14:16 | 政治  

<自民党執行部>「塩崎政調会長代理」幻に 麻生氏が難色

8月29日3時5分配信 毎日新聞

 内閣改造に伴い、新しくスタートした麻生太郎幹事長率いる自民党執行部で、改造前の「お友達内閣」の象徴である塩崎恭久前官房長官が、予定されていた党政調会長代理から外されるという番狂わせが28日起きた。麻生氏は参院選大敗を受け、地方重視の政策優先にかじを切っており、構造改革論者の塩崎氏が石原伸晃政調会長の頭を押さえて、党の政策決定の主導権を握ることを嫌ったためとされる。

 塩崎氏は安倍政権への「お友達内閣」批判の矢面に立たされ、官房長官を退任したばかり。ただ、石原氏とは98年の「金融国会」で与野党協議の取りまとめに奔走した「政策新人類」のコンビだったため、石原氏も塩崎氏を政調会長代理として処遇する考えに傾いていた。

 これに反発したのが麻生氏。麻生氏は就任時の記者会見でも「(小泉純一郎前首相に)ぶっ壊された自民党の再興が我らの使命」と強調しており、参院選惨敗からの党勢立て直しは、小泉構造改革路線で疲弊した地方を救済することと考えている。政策転換をより鮮明にする狙いがあるとともに、「お友達」のシンボルである塩崎氏を排除したい思惑があるようだ。

 塩崎氏に代わり政調会長代理への起用が決まったのは、山崎派の渡海紀三朗前党財務委員長。渡海氏は参院選後に、安倍首相に批判的な国会議員が結成した勉強会に参加していたが、渡海氏は28日「政調会長代理という立場になったのだから、続けるわけにはいかない」として同勉強会から脱会した。【大場伸也、小林多美子】
[PR]

by deracine69 | 2007-08-29 03:05 | 政治  

安倍首相 ついに塩崎長官斬り

8月6日10時0分配信 日刊ゲンダイ

●9月改造 第2次「お友達内閣」

 安倍首相が「人心を一新する」と9月改造を宣言したことで、自民党内は組閣人事一色だ。焦点は「お友達内閣」がどう変わるか。安倍首相はお友達の“象徴”塩崎恭久官房長官を閣外に追い出すことをついに決めたという。

 とにかく「お友達内閣を一掃しろ」が党内の共通認識になっている。当初、首相の盟友である塩崎官房長官だけは、経済閣僚に横滑りするとみられていたが、党内はそれを許す空気じゃない。実際、塩崎長官が閣内に残ったら“お友達色”は消えない。
「それでなくても、自民党議員の怒りは“少年官邸団”と揶揄(やゆ)される、塩崎長官に向けられています。官邸が機能しないから、参院選で大敗したとカンカンです。それだけに、たとえ経済閣僚だろうが残留させたら反発は相当です。それに、お友達のひとりを残すと『なぜアイツが残って俺が外されるんだ』と他の連中が嫉妬する。ほとんど全員、入れ替えるとみられています」(自民党関係者)

 それだけじゃない。とうとう、安倍首相が塩崎長官と距離を置き始めたという。選挙中に間違った情報ばかり上げた長官に対して、不信感を持ったらしい。

 ただ、9月改造も顔ぶれが変わるだけで、実態はほとんど変わらない可能性が高い。

「派閥領袖たちは“お友達内閣”から“重厚内閣”に変わることを期待しているようですが、ボンボンの安倍首相は周囲に仲間がいないとやっていけない男。9月改造でも、親しい議員を要所要所に抜擢するつもり。第2次お友達内閣です。その目玉として囁かれているのが、自民党を除名された平沼赳夫です。平沼赳夫とは思想信条も近く、同じ清和会にいた時は兄貴分だった。平沼も『心情的には安倍首相を支援している』と公言しています。それに復党問題が揉めた時、中川秀直が突きつけた踏み絵を踏まなかったことで『スジを通した』と国民の評判も悪くない。入閣させれば支持率アップにつながると計算しているようです」(政界関係者)

 しかし、打つ手がすべて裏目に出ている安倍首相。9月改造もとんでもないチョンボをやるのじゃないか。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-06 10:00 | 政治  

塩崎官房長官、続投をアピール? 「私はいつも150パーセント」

8月4日8時0分配信 産経新聞

 「私はいつも150%の力を出してやっている」。塩崎恭久官房長官は3日の記者会見で、これまでの自らの取り組みを問われ、“全力投球”の姿勢を強調した。

 安倍晋三首相による次の内閣改造の方針を「能力実績主義」と強調した上での発言。「能力実績なら、参院選の結果を考えると全閣僚落第ではないか」と記者団に問われると、「それはみなさんが判断すること」とかわしつつも、自身の「実績」はしっかりPR。

 自民党内から批判が出ている「お友達内閣」(山崎拓元副総裁)の代表的閣僚として、その去就が注目されている塩崎氏。間接的に続投意欲をアピール?
[PR]

by deracine69 | 2007-08-04 08:00 | 政治  

米下院決議を評価=塩崎官房長官

8月1日19時1分配信 時事通信

 塩崎恭久官房長官は1日午後の記者会見で、米下院外交委員会が日米同盟の重要性やテロとの戦いへの日本の貢献を評価する決議案を可決したことについて「先に安倍晋三首相が訪米した際に議会指導者と会談したが、議員側から日米同盟の重要性について超党派のコンセンサスがあるとの発言があった。こうした発言が今回の決議に込められていると思う」と評価した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-01 19:01 | 政治  

松岡前農相自殺で幕引き図る声も

2007年05月29日12:47 スポニチ

 自殺した松岡利勝前農相をめぐり29日午前、閣僚から幕引きを図る発言や参院選への影響を懸念する声が相次いだ。

 塩崎恭久官房長官は記者会見で「政治とカネ」の問題を指摘されてきた松岡氏の自殺の背景について「われわれ人間は人の命、身の処し方をあまり外からうんぬんする立場ではないのではないか」と述べ、政府として国民に説明する必要はないとの認識を示した。

 「政治とカネ」をめぐる今後の議論については「国民により良く説明できる仕組みを考えるのが立法府の責任」と述べ、政治資金の透明性を高める必要性を強調。光熱水費問題では「国会で説明してきたとおりだ」と述べた。

 松岡氏が所属した伊吹派会長の伊吹文明文部科学相は「言いたいことを言えない、つらいことがあったのではないか」と述べた。甘利明経済産業相は「相当タフだと思っていたが、繊細な面も相当あった」としながらも「正しい責任の取り方とは思わない」と指摘。

 若林正俊環境相は参院選への影響について「政府、自民党にとって厳しい風があるだろう」と述べ、長勢甚遠法相も「影響はないことはない」との認識を示した。

 自殺対策担当高市早苗内閣府特命相は「命は自分一人で得たものではなく、ご先祖さまがつないできたもの。歯を食いしばって生きていかなければ」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2007-05-29 12:47