タグ:天安門事件 ( 11 ) タグの人気記事

 

李鵬前総理、危篤状態=北京

08/09/03 13:14 大紀元時報

 【大紀元日本9月3日】李鵬前中国共産党(中共)首相の健康状態が悪化し、危篤状態に陥っているため、中共中央宣伝部(中宣部)はすでに訃報の作成に取り掛かっているという。

 海外中国語情報サイト「博訊」によると、北京五輪開幕式に出席しなかった李鵬前首相は、8月31日に開かれた華国峰追悼会に、再度、曾慶紅と共に欠席したことから、海外メディアが注目し始めたという。情報筋によると、李鵬は今年年初に脳卒中に罹ってから、健康状況が一向に良くならず、北京301医院指導者病室にて治療を受け続けてきた。最近になって、さらに顔面麻痺、失禁等の症状が現れたという。

 ドイツのテレビ局記者によると、来年は「六四天安門事件」が20周年にあたる年でもあり、李鵬の病状が民衆の記憶を蘇らせ、敏感な事件を起こさせないように、中央宣伝部は早くも李鵬の訃報作成に着手したという。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-03 13:14 | 政治  

中国 民主活動家16年ぶり釈放

2008.8.27 15:09 産経新聞

 米ニューヨークに本部を置く人権団体「中国人権」によると、中国で非合法政党を結成したなどとして反革命宣伝扇動罪で懲役20年の実刑判決を受け、投獄されていた民主活動家で元北京語言大講師の胡石根氏が26日、逮捕から16年ぶりに釈放された。

 胡氏は1991年から92年にかけて民主化を要求する地下組織「中華進歩同盟」などを結成。92年5月、天安門事件の3周年に向けて政治の民主化や事件の犠牲者への追悼を呼び掛ける運動を準備中に逮捕。94年に懲役20年の実刑判決を受けた。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-08-27 15:09 | アジア・大洋州  

香港入管が民主活動家の入境拒否、五輪前で警戒か

8月2日10時41分配信 読売新聞

 【香港=吉田健一】2日付の香港紙・明報などによると、天安門事件後に亡命した中国人で組織する民主化要求グループ「民主中国陣線」(本部・パリ)の費良勇主席ら2人が1日、在住先のドイツから空路で香港入りしようとしたところ、香港国際空港で入管当局に入境を拒否された。

 費主席の香港訪問は8回目だが、入境を拒否されたのは今回が初めて。

 北京五輪馬術競技が香港で開催されるのを前に、香港当局が警戒を強めているためとみられる。

 費主席は日本に向かう乗り継ぎのため香港で1泊することにしていたが、民主化要求のデモや集会に参加する予定はなかった。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-02 10:41 | アジア・大洋州  

「五輪を機に民主化を」=天安門事件の運動家、豪で会見

2008/07/28-16:07 時事通信

 【シドニー28日時事】1989年の天安門事件で指導的役割を果たしていた中国の民主化運動家、陳子明氏(56)が28日、旅行先のオーストラリア・シドニーで記者会見し、「1988年のソウル五輪のように北京五輪を機に国内の民主化が進んでほしい」と語った。

 陳氏は90年に逮捕、投獄された後、2006年まで自宅で軟禁状態に置かれた。現在も当局の監視下にあるが、中国政府が北京五輪を前に民主化を対外的にアピールするため、今回、陳氏に初めて渡航許可を与えたという。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-28 16:07 | アジア・大洋州  

<中国>天安門事件写真、当局が回収命令 地元紙掲載

7月26日2時33分配信 毎日新聞

 【北京・浦松丈二】民主化を求める学生らを中国軍が鎮圧した天安門事件(89年)の現場写真が北京の地元紙「新京報」に掲載され、中国当局から回収を命じられていたことが分かった。同紙関係者が25日明らかにした。

 問題になった写真は同紙24日付朝刊に掲載されたAP通信元カメラマン、劉香成氏のインタビュー記事に添えられていた。紙面では「負傷者」としか説明されていないが、同氏が事件現場で撮影し、世界に配信されて事件の衝撃を伝えた。

 中国では天安門事件から19年を経た現在も国内メディアが事件について論評することは許されていない。新京報は当局の管理が及びにくい地方紙であり、政治的に敏感な話題を扱うことで有名だった。

 同紙のホームページからは問題にされた写真と関連記事が削除されているが、回収が間に合わなかった紙面が一部の新聞スタンドで販売された。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-26 02:33 | アジア・大洋州  

天安門事件時の写真か=掲載紙を当局調査-中国

2008/07/25-21:59 時事通信

 【北京25日時事】24日付の中国紙・新京報は、香港生まれの米国人写真家で、米AP通信などの北京特派員を務めた劉香成氏のインタビュー記事とともに、劉氏が1989年に起きた天安門事件の際に撮影したとみられる写真を掲載した。中国ではいまだ政治的に微妙な問題の同事件について中国メディアが取り上げるのは異例。

 25日付の香港紙・明報は、中国当局が24日付新京報の回収とともに、調査を命じたと報じた。北京五輪を目前に控え、天安門事件の扱いに神経質になっているとみられる。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-25 21:59 | アジア・大洋州  

香港で犠牲者悼む集会 天安門事件から19年

2008/06/04 21:27 共同通信

 【香港4日共同】中国で民主化運動を武力鎮圧した1989年の天安門事件から19年の4日、中国政府に事件の再評価を求める恒例の追悼集会が香港島中心部のビクトリア公園で開かれた。

 ことしは事件の犠牲者のほか、四川大地震で亡くなった人たちの追悼も兼ねた。主催する「香港市民愛国民主運動支援連合会」のメンバーは「地震では校舎の手抜き工事が原因で多くの命が失われた。本当の意味での国民生活の向上を中国政府に求めなくてはならない」と話した。

 香港では90年から毎年、追悼集会が開かれているが、参加者数は90年の15万人が最多で、ここ数年は4万-6万人にとどまっている。

 香港大の最新の世論調査によると、事件を「政治風波(騒ぎ)」と位置付けて武力弾圧を正当化する中国政府に対し、評価見直しを求める香港市民は前年比で6ポイント減の49%だった。

天安門事件 1989年4月の胡耀邦(こ・ようほう)・元中国共産党総書記の死をきっかけに起きた学生らの民主化要求デモを、当局が武力弾圧した事件。指導部内は学生らと妥協しようとした趙紫陽(ちょう・しよう)総書記(当時)と「動乱」とした保守・長老派が対立。同派の主導で北京に戒厳令が出され、軍が戦車などで6月3日夜から4日にかけて天安門広場に突入、制圧した。死者は当局発表で319人とされたが、正確な数は不明。政府は当時の民主化運動を「政治風波(騒ぎ)」と位置付け、武力弾圧を正当化している。

[PR]

by deracine69 | 2008-06-04 21:27 | アジア・大洋州  

香港の慈善公演に400人参加=芸能人の救援活動で最大規模-四川大地震

2008/06/02-00:57 時事通信

 【香港1日時事】香港で1日、中国・四川大地震救援の慈善コンサートが開催され、中国本土、香港、台湾の歌手ら約400人が出演した。芸能人による同地震の救援活動としては最大規模となった。

 コンサートには香港の俳優ジャッキー・チェンさん、中国本土の周迅さん、台湾の周傑倫(ジェイ・チョウ)さんらが参加。当地の報道によると、2000万香港ドル(約2億8000万円)以上の義援金が集まった。


天安門事件、4日で19年 香港で約1000人デモ
2008.6.1 23:02 MSN産経ニュース
 1989年の天安門事件から4日で19年を迎えるのを前に香港市民ら約1000人が1日、中国当局が「政治風波(騒ぎ)」と位置付ける事件の再評価などを求め、香港島中心部をデモ行進した。

 デモは市民団体「香港市民愛国民主運動支援連合会」が主催し、毎年実施。今回は中国・四川大地震の犠牲者に対する哀悼も兼ねて行われ、参加者らはシュプレヒコールなどは上げずに、沈黙したまま行進した。

 参加者が手にするプラカードの中には、四川大地震で学校の校舎が倒壊し多数の死傷者が出たのは手抜き工事が原因だとして、中国当局の責任追及を訴えるものも目立った(共同)


天安門事件の再評価デモ990人参加―香港
四川大地震も追悼、人数は減少

2008/6/2 0:31 世界日報

 【香港1日深川耕治】4日で天安門事件十19周年を迎える香港では民主化団体「支連会(香港市民支援愛国民主運動連合会=司徒華主席)」が1日、香港島中心部で同事件の再評価を求めるデモを行い、主催者発表では990人(香港警察発表は500人)が参加した。

 参加者らは「一つの世界、一つの人権、一つの夢、天安門事件の再評価」と書かれた横断幕を掲げ、同事件犠牲者だけでなく、四川大地震の犠牲者も哀悼した。昨年は参加者1500人(警察発表1000人)、一昨年は1100人(警察発表600人)だったことから比べると大幅な減少。4日には恒例のキャンドル追悼集会が開かれる。北京五輪や四川大地震と関連させる内容のデモでも市民の関心は徐々に薄れ、事件の風化が懸念されている。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-02 00:57 | アジア・大洋州  

王丹氏、香港ビザ申請へ=発給拒否の可能性も

2008/05/12-17:15 時事通信

 【香港12日時事】12日付の香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、1989年の天安門事件で弾圧された民主化運動の学生指導者だった王丹氏(米国在住)は同紙に対し、学術交流のため、6月に香港行きのビザを申請することを明らかにした。

 香港政府は最近、欧米の人権活動家らを空港で追い返すなど、北京五輪を前に入境規制を強化。王氏もビザ発給を拒否される可能性があり、同氏はビザを取得できるかどうかについて「楽観はしていない」と話している。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-12 17:15 | アジア・大洋州  

天安門事件 当時のリーダー、ウーアルカイシ氏が会見

2月21日17時19分配信 毎日新聞

f0013182_18502427.jpg 【台北・庄司哲也】中国の最高実力者だった鄧小平氏が89年6月、北京で発生した民主化運動を武力弾圧した天安門事件。当時の学生リーダーの一人で、事件後に中国を脱出したウーアルカイシ氏(39)=台湾在住=は毎日新聞と会見し、鄧小平氏の中国への貢献を認める一方で、天安門事件での鄧小平氏の対応について「中国の民主化の抹殺者」と非難した。

 事件は、北京の天安門広場で、民主化を要求しデモを続けていた学生や市民を人民解放軍が武力で弾圧。中国共産党の最高指導者だった鄧小平氏は運動を「反革命暴動」と位置づけ軍の投入を指示した。

 民主化運動の背景についてウーアルカイシ氏は「鄧小平氏は『改革・開放』を唱え、経済改革を行ったが、政治改革は行われなかった。このため、政治改革を求めた。鄧小平氏が『改革・開放』を鼓舞したことにより、思想開放を求めようという動きが広がった結果だ」と説明した。

 事件は、人権抑圧として欧米諸国が批判し、中国は経済制裁を受けた。鄧小平氏は92年に中国南部を視察し「改革・開放」の加速を訴える「南巡講話」を発表し、その後の経済発展の契機となった。経済発展は鄧小平氏の功績との評価もあるが、ウーアルカイシ氏は「私たちが政府に要求した経済改革を実質的に認めたに過ぎない。外国から批判が集まったことで、学生や市民に譲歩せざるをえなくなったため」と鄧小平氏の功績を否定した。

 中国の発展を築いたとされる鄧小平氏について、ウーアルカイシ氏は「鄧小平氏が唱えた『改革』は中国の発展の核心の思想となり、客観的に言えば、中国に多大な功労がある。だが、天安門事件では仲間を殺害した犯人だ。事件がなければ、中国の最も偉大な政治指導者だっただろう」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-21 17:19 | アジア・大洋州