タグ:太田房江 ( 18 ) タグの人気記事

 

橋下知事、元議員ら14人を提訴 政調費 総額3500万円返還求め

10月31日16時25分配信 産経新聞

 大阪府議会の政務調査費のうち平成16、17年度の約3億4000万円が外部監査で目的外支出と認定された問題で、橋下徹知事は31日、府の全額返還に応じていない元職を含む議員14人を相手取り、計3500万円の返還を求める訴訟を、大阪地裁に起こした。府によると、地方自治体が政調費の返還訴訟を起こすのは珍しいという。

 提訴されたのは、現職10人、元職4人。当時の所属会派別では、自民4人▽共産9人▽社民1人。1人あたりの請求額は約500万~15万円で、いずれも政務を行う際の調査費などに使用したとしている。

 府監査委員は昨年6月、16、17年度の政調費支出のうち約3億4000万円を目的外支出と認定。昨年9月、太田房江前知事は返還を求めた。応じた議員もいたが、14人は「議員活動に必要」として返還しなかった。

 このため、橋下知事は提訴することを決め、9月定例議会に関連議案を提出。府議会も同意した。

 橋下知事は「今までの経緯などから議員にも言い分があると思う。行政の長が判断すると府民に分かりにくいので、司法の判断にまかせたい」と話している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-31 16:25 | 政治  

退職金8千万円せしめた太田前府知事の「鉄面皮」

2008年8月2日17時0分 FACTAonline

猛スピードで大阪府の財政再建に取り組む橋下徹大阪府知事。在阪民放テレビ各局は弱者切り捨てにつながるとして、「橋下知事の『大阪維新』はいかがなものか」と連日放映しているが、対案を示さずに批判するばかり。気楽なものである。しかも、この手の番組のコメンテーターに前知事の太田房江氏を起用するのだから呆れる。自らの無為無策を棚に上げ、橋下府政を論評する鉄面皮には開いた口がふさがらない。職員の賃金カットを含めた人件費削減を検討している橋下知事は、2期を務め計8352万円の退職金を受け取った太田氏に「満額受領は納得できない」と一部の寄付を求めているが、太田氏は黙殺している。

かつて改革派知事として鳴らした田中康夫・前長野県知事(新党日本代表)も同じ穴のムジナだ。「長野県の公共事業費を削減した」と自己宣伝するが、その結果、地元経済は疲弊し、いまだ田中時代の傷が癒えない。長野県政担当記者の間では、引っ掻き回すだけの田中県政を取材した古参記者を「戦中派」、田中時代を知らない記者を「戦後派」と呼ぶそうだ。田中氏は地域経済を訳知り顔で語るが、己の「戦争責任」には頬被りだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-01 12:00 | 政治  

<解散>政治資金9千万は寄付 太田・前大阪府知事後援会

5月17日13時0分配信 毎日新聞

 大阪府の太田房江・前知事の後援会「21世紀大阪がんばろう会」が今月21日に解散することになった。支持者から集めた政治資金9000万円は全額を府などに寄付する。

 同会によると、寄付の内訳は、八軒家浜(大阪市)の緑化整備として府に4000万円▽関空2期島の桜並木の植樹に2000万円▽関西経済連合会に2000万円▽国連女性開発基金に1000万円。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-17 13:00 | 行政・公務員  

橋下知事と政治とカネ バラエティー番組は「ギャラもらう」に賛否両論

4月30日14時47分配信 産経新聞

 大阪府の橋下徹知事のテレビ出演をめぐり、50代女性からメールが届いた。これまで知事はニュース番組などを公務とし『SMAP×SMAP』などのバラエティー番組を非公務と区分、非公務分の出演料を個人収入としたいと明らかにしているが《すべて公務にすべきだ》という意見だ。

 《知事は自分の懐具合に関することはむきになり子供のようです。府民に我慢するように言うなら、自分も知事としての収入の範囲内で生活してみては。自分だけ副収入を得るのはいかがなものでしょうか》

 橋下知事はテレビ出演料だけでなく、講演料も個人収入とし、政治資金にしたいと考えているというが、太田房江前知事が、中小企業経営者の団体から多額の講演料を受け取ったことで「政治とカネ」の問題を指摘された経緯がある。

 知事も、自身の主張の正当性については計りかねている様子で記者会見でも「出演料はいくらが妥当か。政治資金としてもよいのか。意見をいただきたい」と問いかけていた。

 女性のメールでは橋下知事に警護のための警察官「SP」がついていることにふれ《個人的な収入を得るための活動をするのであれば、そこに公務員であるSPをつれているのは、税金の無駄遣いにはなるのでは》としていた。

 もちろん、橋下知事にも言い分がある。知事は自身の政治団体はつくっておらず、政治活動資金は現在、個人所得で賄っている。例えば、ほかの政治家から選挙の際に事務所に張る『為書(ためがき)』を要請された際にかかる費用は1本約10万円。会見では「モーニングコートを買うのに随分とお金がかかった」とも話している。

 知事によると、就任前の講演料は1回約150万円程度。公務の合間を縫っての講演活動でも、同額の講演料であれば、相当の収入になり、政治活動資金の助けにはなりそうだ。ただ「政治とカネ」の問題だけに収入の不透明さが指摘されれば、命取りにもなりかねない。慎重な対応が必要になりそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 14:47 | 行政・公務員  

太田前知事の退職金8352万円、返納はあり? なし?

4月17日14時19分配信 産経新聞

 大阪府庁の出先機関で働いている一般職員の方からメールをいただいた。橋下徹知事が就任の際の訓示で職員らに「破産会社の従業員との認識を」と述べたことをこう記している。

 《破産会社ならまず経営陣の責任が問われます。橋下知事は、責任者だった太田房江前知事や当時の議員たちの責任を問うべきでは。破産会社ならもらえるはずのない退職金を受け取った前知事と橋下知事が握手するシーンに違和感を覚えたのは私だけではないと思います》

 この職員は、橋下改革が注目されていることについて「画期的」と評価する半面、《薬害問題と同様、過去の反省と総括も欠かせません。筋を通すという意味で、不作為にせよ事態を悪化させたということで前知事や当時の議員たちに退職金の全額返還を「お願い」してはどうでしょうか》と提案する。

 実は、太田前知事自身も前任の横山ノック元知事に退職金の返納を要求している。ノック氏が裁判で有罪になったからだ。ノック氏はすでに亡くなっているが、生存中に完済できなかったため、現在も遺族が分割で返済しているという。

 直接、犯罪にかかわらなかったケースでも、大阪市の関淳一前市長は、財政悪化などの責任をとってトップとしての道義的責任から退職金を返上、職員のヤミ年金問題などをめぐっては、前任の市長からも返還を求めている。

 府によると、太田前知事の退職金は2期あわせて8352万円にのぼり、満額受領しているという。

 橋下知事はすでに自身の退職金半減を決めているほか、府職員には「破産会社の従業員だ」と通告し、府民には「我慢してほしい」と訴えている。太田前知事に遠慮する必要はないはずなのだが。 (河)
[PR]

by deracine69 | 2008-04-17 14:20 | 行政・公務員  

行列ができなかった太田府政 5日任期満了

2月4日22時42分配信 産経新聞

 2期8年にわたり大阪府知事を務めた太田房江知事(56)は5日に任期満了を迎える。「政治とカネ」の問題で3選出馬を断念したが、平成12年の初当選時には、全国初の女性知事として、大きな期待を集めた。関空第2滑走路オープンや世界最大規模のシャープ新工場…。経済政策を中心に「おおむね合格点」と評価する声が多いが、「府政改革は中途半端」とされ、何より、リーダーシップを発揮できなかったとの批判の声が聞かれた。

 「全身全霊を傾けて努力していきたい」。今から8年前の平成12年2月6日夜、初当選を果たした太田知事は大阪市内の選挙事務所で決意を述べた。故横山ノック知事がセクハラ問題で辞職したため出直し選挙となった府知事選。「全国初の女性知事」の誕生の瞬間、支持者らは「大阪は変わる」と期待をかけた。

 女性知事としてタレント並みの報道合戦が繰り広げられる一方、通産官僚出身という経歴を生かし産業施策に力を入れた。前知事の横山ノック氏がレールを敷いた財政再建にも取り組んだ。

 産業施策では、特に企業誘致に成果をあげ、大阪湾沿岸部に次々に大企業の工場・研究施設の誘致に成功。バイオ産業の拠点「彩都」で武田薬品工業の誘致には失敗したものの、昨年7月末、堺市に世界最大規模のシャープ液晶テレビ向けパネル工場の立地が決定。2日後には念願の関空第2滑走路の運用も始まった。

 一方、財政改革では大規模開発を抑制し、府職員のボーナスカットを断行。新規採用抑制で職員数の年200~400人減を実現した。公約だった「ひったくり発生件数の半減」や「中小企業融資1兆円」も達成した。

 しかし、「改革」は中途半端に終わってしまったという声も強い。大規模開発をしないといいながら、府が開発した住宅団地・箕面森町(箕面市)に750億円の投入を決定。シャープの誘致のために、補助金を30億円から150億円まで引き上げ、その限度額の補助も約束した。また小学1、2年生の35人学級の実現で教員の人件費がふくれあがった。

 また、女性知事としては大相撲の知事賞の授受で女性が土俵入りできないことで相撲協会にかみついたが、いつの間にか話題にしなくなった。「女性の関心が低く、票にならないとみると、手を引いた」。知事周辺からはそんな声が漏れた。

 結局、「政治とカネの問題」で太田知事の3選出馬の道を絶たれた。東京の政治団体が親族宅を事務所とし、賃料を支払い、府と受注実績があった中小企業経営者らとの懇談会で多額の講師謝礼を受け取っていたことが昨年10月末から次々に表面化。過去の選挙で支援した自民、公明、民主が不支持とした。

 この一連の流れを太田氏をよく知る府幹部は「『政治とカネ』はあくまできっかけ。それに至るまでたまりにたまっていたものが、これを機に噴出した」と解説する。

 太田知事は知事室には近づかず、別棟の知事公館にこもり、職員との連絡もメモですました。府議会議員とのつきあいも必要最小限で、府行事への“ドタキャン”も続いた。登庁が遅いために、午前中の行事の出席日程は極力組まなかったという。また週末になると、頻繁に東京に出かけ、中央政界に顔を出した。心は大阪になく、国政をねらっているとの観測が絶えなかった。

 「裸の王様」。2期目の最後には職員や議員はそう口々に揶揄(やゆ)する状態だったという。
[PR]

by deracine69 | 2008-02-04 22:42 | 行政・公務員  

太田知事、3選出馬は厳しく=自公民で新候補相乗りも-大阪

12月1日21時1分配信 時事通信

 任期満了に伴う来年1月27日投開票の大阪府知事選で、自民党府連、公明党府本部が1日、3選を目指す太田房江知事を推薦しないことを決め、民主党府連も推薦しないとの府議団の方針を了承した。これにより、太田知事の出馬は極めて厳しい情勢となり、自公民3党は相乗りも視野に新たな候補の擁立に向けて動き始めた。
[PR]

by deracine69 | 2007-12-01 21:01 | 政治  

高額の講師謝礼金で大阪府知事が謝罪、退任後に府へ寄付

11月21日0時40分配信 読売新聞

 大阪府の太田房江知事(56)が、府内の中小企業経営者らでつくる任意団体「関西企業経営懇談会」の会合に11回出席して計880万円の講師謝礼金を受け取り、「府民に疑念を持たれかねず、申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と20日の定例記者会見で謝罪した。

 受け取った謝礼金は、公職選挙法に抵触しないよう、知事退任後、府に全額寄付するという。太田知事は2003年4月~07年9月の間、同会の会合で参加者と懇談し、1回当たり50万~100万円を受け取っていた。

 また、府は同日、同会会員が経営する13社(うち3社は退会)が5年間で計292件約32億1500万円の府発注業務を受注し、うち225件約4億1000万円が随意契約だったことを明らかにした。太田知事は会見の中で、会員企業と契約については「府と取引があることは知らなかった」と会合との関連を否定した。
[PR]

by deracine69 | 2007-11-21 00:40 | 政治  

一般職なら処分…「自分に甘い知事」と大阪府庁内でも批判

11月20日1時58分配信 産経新聞

 太田知事の「政治とカネ」をめぐる問題で、府職員から「自分に甘いのでは」などと批判が相次いでいる。知事は中小企業経営者らとの懇談会で講師謝礼として計883万円を受け取るなどしたが、一般職員が同様の行為をした場合、府の指針に基づき処分されかねない。太田知事は特別職のため、指針の適用にはあたらないことも問題点としてあげられている。

 職員約4500人が加盟する府職労によると、同労組にはこれまで、職員らからメールや電話などで数十件の批判の声が寄せられた。なかには、「職員にはコンプライアンス(法令遵守)と言っているが、職員に対して言っていることと自分がやっていることの差はどうなのか」「(昨年から今年にかけての)裏金問題などで職員には厳しい処分をしていながら、自分のときは問題ないではすまされない」などという意見もあったという。

 府の綱紀保持基本指針では、一般職員が利害関係者から講演報酬を得たり、接待を受けるなどの行為を禁止している。平成15年3月には府が設立認可の権限を持つ財団法人から費用を負担してもらい、同法人の海外視察旅行に同行していた職員が戒告処分を受けた。

 しかし、太田知事は特別職のため同指針は適用されず、「特別職は指針の趣旨を踏まえて、それぞれの行為を判断してもらうしかない」(府人事室)。また、コンプライアンスの推進についても「特別職は高い意識を持っているというのが前提。対象になっていない」(府法務課)という。

 府職労は太田知事に「政治とカネ」をめぐる問題について説明を求めることも検討している。
[PR]

by deracine69 | 2007-11-20 01:58 | 政治  

太田大阪府知事、29日にも正式に出馬表明へ

11月10日6時8分配信 産経新聞

 来年1月10日に告示、同27日に投開票される大阪府知事選で、太田房江知事(56)は29日にも3選に向けて正式に立候補表明することが9日、わかった。記者会見で明らかにする。これまで支援団体の会合などで3期目に意欲を示す発言を繰り返してきたが、直接出馬には言及していなかった。前回は9月8日に出馬表明しており、3カ月近く遅れることになる。

 出馬表明が遅れているのは、大阪市長選で民主党が独自候補を擁立したことが大きい。前回平成16年の知事選では太田知事を自民、民主、公明などが推薦し、前年11月に行われた同市長選でもこの3党は足並みをそろえた。しかし、今回の市長選は自民、公明が推薦する現職と民主推薦の新人が争っているため、表明を早めれば、3党すべての推薦は得られにくい状況。このため、市長選の投開票(18日)後の22日にも知事の選挙母体の「21世紀大阪がんばろう会」が会合を開き、29日を軸に表明の日程を決める。

 ただ、太田知事の東京の政治団体が、甥(おい)や母のマンションを事務所にしていたほか、中小企業経営者らとの懇談会で計883万円の講師謝礼を得ていた問題が発覚。各党は厳しい反応をしており、自民党内には候補擁立の動きもある。

 知事選ではすでに弁護士の梅田章二氏(57)が共産推薦の無所属での出馬を表明している。
[PR]

by deracine69 | 2007-11-10 06:08 | 社会