タグ:安倍政権 ( 87 ) タグの人気記事

 

<参院選>関係者 思い複雑…拉致問題、教育再生

7月30日12時40分配信 毎日新聞

 安倍首相が意欲を見せる拉致被害者対策と教育の再生。関係者は今回の自民党大敗を複雑な思いで見つめている。

 北朝鮮による拉致被害者家族会代表の横田滋さん(74)は、30日午前1時半ごろまで自宅で開票状況を見守った。「年金問題や閣僚の失言、説明責任不足に注目が集まり、拉致問題への関心は全般的に低かった。教育や外交の問題をもっと取り上げてほしかった」と残念そうに語った。

 滋さんは、支援してきた中山恭子首相補佐官が自民比例で当選したことを「最も拉致問題解決を訴えていただけに、良かった」と評価。首相が続投を意思表示したことには「悪口を言う北朝鮮側の期待通りにはならなかった。今後も基本姿勢は変わらないと思う」と期待を語った。

 飯塚繁雄副代表(69)も「拉致問題解決を訴える候補はほとんどおらず、問題が蚊帳の外だった印象だ。自民党が敗れても政権や衆院の勢力が変わるわけではなく、引き続き前向きに取り組んでもらえると思う」と話した。

 安倍首相の肝いりで設置された教育再生会議。渡辺美樹委員(ワタミ社長)は「教育再生への取り組みではなく、年金や閣僚の発言で(国民の)不信感を生んだ」と選挙結果を分析した上で、「首相には頑張ってもらって、(再生会議が12月に取りまとめる)3次報告まで行ってもらいたい。ただし、3次報告の内容を現実(の施策)に落とし込む作業は困難になると思う」との見通しを示した。

 一方、野依良治座長(理化学研究所理事長)は「政治的なことを考えて議論しているわけではない。日本の教育がどうあるべきかを考えており、粛々と議論を進めていく」と今後への影響を否定。門川大作委員(京都市教育長)も「教育条件の整備は与野党に大きな対立はないと思っているので、(今後の)不安はない」と話した。【工藤哲、高山純二】
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 12:40 | 政治  

選挙区58・64%、比例選58・63%…参院選投票率

7月30日12時2分配信 読売新聞

 今回の参院選の投票率(読売新聞社調べ)は、選挙区選が58・64%、比例選は58・63%となった。

 2004年の前回参院選を、選挙区選で2・07ポイント、比例選で2・09ポイント、それぞれ上回った。

 年金記録漏れ問題や閣僚らの不祥事への国民の反発が投票率を押し上げ、民主党に有利に働いたと見られる。

 与党が過半数を大きく割り込む結果が伝えられた29日深夜以降、与党内からは「事前予想より投票率が高かったことが響いた」(自民党幹部)などと、投票率の影響を指摘する声が相次いだ。

 公明党幹部は「厳しい結果だ。投票率が思ったより伸びた」と述べ、投票率の上昇が敗北の一因となったとの認識を示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 12:02 | 政治  

【有名候補にも明暗】義家弘介、開票8時間後に当選

ZAKZAK 2007/07/30

ヤンキーから国会議員に成り上がった義家弘介氏=30日午前4時24分
 立候補後の第一声で「教育新時代を告げるニワトリになる」と、摩訶(まか)不思議な宣言をした自民党比例区の義家弘介氏(36)。東京・麹町の事務所に万歳三唱が響いたのは、開票から8時間以上がたった、「コケコッコー」が聞こえてきそうな明け方のことだった。

 29日午後8時すぎから約80人の報道陣が歓喜の瞬間を伝えようとつめかけたが、翌30日午前2時を過ぎるとテレビ局の中継スタッフらが撤収。焦りと疲労感が募る中、同4時すぎにNHKが当確と伝えると、歓声よりも「よかったー」という安堵の声が広がった。

 付近のホテルで家族と待機していた義家氏は当選を電話で知ると、「身が引き締まった」として6月の教育再生会議以来となるネクタイを締めて同4時21分に登場。親交のあるバンド、横浜銀蠅の嵐氏とともに目がサングラス型の特注だるまに目入れした。嵐氏は「ファミレスで8時間待ち、冷や冷やして胃が痛くなった」と苦笑した。

 札付きの不良としてて故郷を追われ、転入先の高校で「教育に救われて」からちょうど20年。衝突を繰り返した父は、今年1月に亡くなった。

 「4キロやせた」という苦戦を乗り越えた“ヤンキーセンセイ”は、「この逆風の中でも教育再生のため、自分に投票してくれた一人一人にお礼をいいたい」と教育問題への意欲を語った。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 12:00 | 政治  

<参院選>自民党の大敗に驚き…東南アジア各国

7月30日11時20分配信 毎日新聞

 【マニラ藤田悟】タイの英字紙バンコク・ポスト(電子版)は29日夜、「安倍連立政権が過半数守れず」、シンガポールのストレーツ・タイムズ(同)は「日本の首相、大敗するも続投」と速報した。

 東南アジア各国は、安倍政権が「小泉政権時代に険悪だった日中関係を改善に向かわせたことを歓迎」(タイ外務省高官)し、外交姿勢に一定の評価を与えていただけに、自民党の大敗を驚きをもって受け止めている。ただ、各国はいずれも日本と良好な関係を維持し大きな政治課題はない。対日関係に直接の影響はないと判断しているとみられる。

 日中韓を含む将来の東アジア共同体構想を視野に入れた地域協力を主導する東南アジア諸国連合(ASEAN)は、日中関係改善が地域の協調に最も重要だととらえており、今後の政権の動向を注視していく姿勢だ。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 11:20 | アジア・大洋州  

<参院選>高い関心示すも「失速」への同情なし…韓国

7月30日11時13分配信 毎日新聞

 【ソウル中島哲夫】ソウルの主要紙の大部分は、1面と国際面など複数のページで「安倍自民党 歴史的惨敗」「首相辞任拒否」などと報じ、高い関心を示した。

 自民党の敗因として各紙は年金問題、閣僚の自殺や問題発言など不利な条件が重なったことを紹介。有力紙・朝鮮日報は特に「格差」問題を指摘し、小泉改革の部分的副作用が出ているのに改革の継続を叫んだ戦略も失敗だったと分析した。

 また、小沢一郎・民主党代表の巧妙な選挙戦略と政界リーダーとしての「復活」に注目する記事も各紙で目立った。

 韓国世論は安倍首相の改憲志向や、いわゆる従軍慰安婦に関する発言に反発しており、参院選敗北による「失速」への同情は目立たない。北朝鮮に対する強硬政策を嫌う傾向も相当あり、政府寄りのハンギョレ新聞は分析記事で、今後の日朝交渉などを通じた政策変更に期待を示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 11:13 | アジア・大洋州  

自民大敗 韓国、対北政策変化に関心「強硬政策の手直し不可避」

7月30日10時46分配信 産経新聞

 【ソウル=黒田勝弘】韓国は参院選での自民党の敗北について、年金問題や閣僚スキャンダル、格差問題など内政上の相次ぐ悪材が原因としながらも今後、安倍政権の弱体化によって対北朝鮮政策に変化が生じるのでないかと観測している。

 韓国マスコミは30日、一斉に「自民党惨敗」を大きく伝え、安倍政権の行方や政界再編成、政権政権交代の可能性などに強い関心を寄せるとともに「対北強硬政策の手直し不可避」(ハンギョレ新聞)「改憲構想後退」(東亜日報)「保守・右翼傾向を進めてきた自民党の変化が注目される」(韓国日報)などと展望している。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 10:46 | アジア・大洋州  

安倍政権の弱体化に関心=自民党惨敗の参院選で中国各紙

2007/07/30-10:14 時事通信

 【北京30日時事】30日付の中国共産党機関紙・人民日報は、安倍晋三首相率いる自民党が惨敗した参院選の結果について「安倍政権が推進する政策能力が弱まり、政界が対立・動揺する確率も増大する」との見方を示し、選挙結果を受けて安倍政権がどこまで弱体化するかに関心を抱く論評を掲載した。

 同紙は、自民党惨敗の背景には(1)年金問題(2)閣僚の相次ぐ失言と「政治とカネ」の問題-があったと指摘。「これらの問題に対する安倍首相の緊迫感に欠く処理方法が国民の与党への不信任を招いた」と分析した。 

 さらに「安倍首相が辞職するかどうかが世論の注目した焦点」としたが、「選挙敗北が引き起こす党内紛争を緩和するため、自民党は大幅な内閣改造や党幹部の刷新で党内求心力の増強を求めるだろう」と解説した。

 参院選については、北京の大衆紙である北京青年報や新京報が1面に見出しを掲げたほか、写真付きで選挙結果を大きく報じるなど関心を示した。(了)
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 10:14 | アジア・大洋州  

首相居座り「民意無視」 九州・有権者の声

7月30日10時8分配信 西日本新聞

 安倍政権に対する初の本格審判となった29日の参院選で、有権者は事実上、不信任の判断を下した。にもかかわらず、安倍首相は続投を表明した。年金問題、政治とカネ、閣僚の相次ぐ不祥事から広がった政権与党への不信感。主役交代を求めた有権者の思いはやり場のない怒りになった。

 福岡市中央区天神で、仕事帰りのバスを待っていた同市南区の会社員柴田晃さん(63)は首相の続投表明を聞き、しばらく沈黙。「今回の結果は安倍内閣への完全な不信任。辞めないのであれば、何を民意と考えているのか分からない」と、あらためて首相の辞任を求めた。佐賀市の主婦中原玲子さん(51)も「数の力に任せ暴走する安倍政権に国民は歯止めをかけた。過去の首相と同じように潔く辞めてけじめをつけるべきだ」。

 福岡県大牟田市の自営業城戸利子さん(55)は「ここまで大敗すると内閣改造で乗り切られるか疑問。民意はもっと厳しい」と語り、有権者の怒りを読み違えていないかと指摘した。

 首相が直視しようとしない有権者の意思。福岡市南区の男性会社員(26)は「閣僚の不祥事が発覚しても任命責任を取らず、ごまかしてばかりの政権。まったく信頼できない」と安倍政権に愛想が尽きた様子。福岡県春日市の自営業島永興勇さん(63)は「だれが首相になっても同じ。とにかく今の政治家は質が悪すぎる」とあきらめた。

■与党にお仕置き 二大政党育てる 不祥事多すぎ

 西日本新聞は投票を終えた100人から1票に込めた思いを聞いた。その結果、3年前の参院選で自民候補に入れた人の3人に1人が自民以外の候補に投票したと回答。保守王国と呼ばれた九州での有権者の自民離れを印象づけた。

 3年前に選挙区で自民候補に投票した58人中、今回、20人が野党や無所属の候補を選んだという。その理由として、「年金問題」を挙げる声がやはり多かった。

 選挙区、比例ともに自民から民主に変えた福岡市中央区の主婦(46)は「年金問題は許せない。与党にお仕置きしたい」。大分県玖珠町の会社員女性(57)は「年金問題に加えて雇用や収入格差も広がり、与党には期待できない」と言い切った。


 年金問題とともに批判が強かったのが、相次ぐ閣僚の問題発言や政治とカネをめぐる問題。任命権者である安倍首相の指導力や政治手腕への疑問視につながった。

 熊本県菊陽町の自営業女性(55)は「事務所費の領収書問題のずさんさは商売をする者として許せない」と憤り、長崎県諫早市の主婦(53)も「閣僚の不祥事への怒り」を1票に込めた。

 「今の政治を変えてほしい」と訴える福岡県久留米市の主婦(33)は「小泉さんと違い、安倍さんは何も変えていない」と指弾。北九州市小倉南区の無職男性(59)は「自民は閣僚のカネに関する問題が多すぎる」と苦言を呈した。

 衆院で圧倒的多数を得た与党が、重要法案を次々に強行採決で可決した政治手法に対する不満も根強い。

 大分県日田市の自営業男性(47)は、衆院で圧倒的多数をもつ与党を念頭に置いて「二大政党を育てたい」と言い、福岡市東区の女性(67)は「参院が(衆院の)言いなりでは危ない」と指摘。大分県佐伯市の会社員男性(57)は「生活を大切にする政治が実現するか、政権を交代させてみたい」と語った。

 地方で票の掘り起こしに力を入れた民主の小沢一郎代表が、小型ジェット機をチャーターして遊説に訪れた鹿児島県奄美市で農業を営む男性(66)は「地域格差が深刻になる一方で、今の政治を変えなくてはいけないと思った」と、自民から民主に乗り換えた理由を説明した。

 今回、自民を選んだ人の中にも「野党には任せられないから」という消極的選択があった。

 宮崎県延岡市の主婦(49)は「任せたい政党や候補がほかにいないから自民に投票した。民主はまだ頼りない…」と悩ましげだった。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 10:08 | 政治  

野党に国会主導権 与党、強行採決不可能に

2007年07月30日10時02分 朝日新聞

 参院で与野党が逆転する国会は8年ぶりで、議長も野党・民主党が握れば初めてのこととなる。先の通常国会は衆院で3分の2を握る巨大与党が主導し、対決法案を次々と成立させたが、今後は主導権が野党に移る。成立する法案は絞り込まれ、様相は一変することになりそうだ。

 自民党の二階俊博国会対策委員長は29日夜、「大変厳しい国会運営になるのは予想通りだが、それだけに与党間で十分協議して衆参の連携を取りながら、慎重な上に慎重な国会運営をしていきたい」と語った。

 自民、公明両党の幹事長や国対委員長は30日、塩崎官房長官をまじえ、選挙後の臨時国会の開催時期などを協議する。自民党国対幹部は29日夜、「臨時国会は8月7~9日あたりでやるしかない」と述べた。参院議長などを決めるだけで、本格的な秋の臨時国会は9月末以降に召集される見通しだ。

 これまで与党は、改正教育基本法など対決法案を採決強行を重ねて成立させたが、こうした手法は通用しなくなる。首相指名や予算、条約は衆参で議決が異なっても衆院の議決が優先されるが、それ以外は衆院で3分の2以上の多数で再議決しなければ成立しないからだ。自民党内からは「労働3法案のように通常国会で継続審議になった法案は、臨時国会ではやれない」(国対幹部)との声が漏れる。

 98年参院選で自民党が大敗した時は、99年秋に自自公連立政権ができるまで与野党逆転が続いた。「金融国会」と呼ばれた秋の国会では、与党は民主党などの対案を丸のみして成立させた。さらに、防衛庁の不祥事で額賀防衛庁長官の問責決議案が可決され、辞任に追い込まれた。

 野党側はこの再現を狙う。ただ、対決一辺倒だと世論の反発を受ける可能性もある。民主党は法案を参院で修正して衆院に送り返したり、参院に法案を提出・可決して衆院に送ったりすることを検討している。同党幹部は「反対したら本当に止まるから、何でも反対ではいけない。仕方ないというのは賛成していかないと、国会が回らなくなる」と語る。

 秋の国会で焦点となるのは、インド洋の米艦隊などに自衛隊が後方支援するためのテロ対策特措法の延長。11月1日に期限が切れ、延長しなければ支援は打ち切りになって対米関係に影響を与える可能性もある。これまで民主党は延長に反対してきたが、その姿勢を崩さずに政府を追い込むか、修正協議などを経て賛成に回るか、民主党の出方が問われる。

 89年にも与野党逆転となったが、この時は自民党は野党の公明、民社両党と政策によって連携し、重要法案を成立させたこともあった。今回はこのような規模の議席をもつ中間的な野党が存在せず、与党はより厳しい国会運営を迫られる。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 10:02 | 政治  

7月31日(火) 「07年参院選」

2007年7月30日 紀伊民報

 自民党の惨敗で参議院議員選挙は終わった。和歌山県選挙区では大方の予想通り、自民党前職の世耕弘成氏が当選を決めたが、今後の政権運営は波乱含みだ。

 ▽世耕氏は総理大臣補佐官を強調して有利な戦いを展開した。公約の一つとして、「ふるさと納税制度」の早期実現や、地元中小企業等の支援、活性化対策を掲げて、地方に日を当てる政策を訴えてきた。口約束にならないように願いたい。

 ▽今度の選挙では民主党の躍進が目覚ましい。参院選の結果が、すぐに政権の命運を左右するということにはならないと思うが、今までのように与党の数を頼りに、重要法案を力ずくで押し通すことは難しくなったのではないか。

 ▽安倍首相周辺は、自民敗北の要因は安倍政権の政策への批判ではないと盛んに言っているが、年金問題はもちろんのこと、閣僚の度重なる不見識な言動や、不明朗な金銭感覚に、国民が嫌気を差したことは事実だろう。この辺の反省がないと、次の国政選挙ではもっと痛い目を見ることになるかもしれない。

 ▽一方、飛躍的に勢力を伸ばした民主党も、勝負はこれからだ。今回は自民党への批判票を集めて躍進したが、今後、党の公約や主張をどのように実現していくか。国民の本当の審判は、これからの民主党のふるまいを見てから下されると思った方がよい。

 ▽これから政局はどう展開するか、注意深く見守っていきたい。(香)
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 10:00 | 政治