タグ:安倍首相辞任 ( 182 ) タグの人気記事

 

野党に譲って民意を問え 編集委員・星浩

2008年9月2日3時1分 朝日新聞

 1年前の安倍首相の辞任表明のリプレーを見ているかのようだ。安倍氏は自民党の若手を代表し、福田首相はベテラン・穏健派に推されたという違いはあったが、2人とも国政の難しい課題を抱えながら、あっさりと政権を放り投げてしまった。

 安倍氏は参院選で吹き荒れた年金問題や格差拡大への批判になすすべがなかった。福田氏は内閣を改造し、総合経済対策を決めた直後だが、政権浮揚とはほど遠かった。人材、政策を含め、この党の政権担当能力が衰弱していることを露呈した退陣劇である。

 次の総選挙での政権交代を狙う小沢民主党が、遮二無二福田政権への攻勢を強めているとはいえ、半世紀以上の政権運営の経験を持ち、しぶとさが身上のはずだったこの党としては、いかにもひ弱で無様な幕切れではないか。

 福田氏は記者会見で、民主党の攻勢が退陣の原因と語ったが、それは、福田氏自身も自民党も、政治の難局を切り開く地力に欠けていることを示しただけのことだ。

 福田氏は、辞任にあたって「国民のため」と強調していたが、自民党がいま、国民のためになすべきことは、自民党内の政権たらい回しではない。民主党に政権を譲り選挙管理内閣によって、衆院の解散・総選挙で民意を問うことである。国民の手に「大政奉還」して、新しい政治を築き上げる時だ。

 自民党が誕生する前の保守政治の歴史には、時の政権が行き詰まったら「憲政の常道」として、野党第1党に後を委ねる慣行が成立していた時期もある。

 国内では、年金、医療など社会保障の不備が明らかとなり、最近は物価高が追い打ちをかける。国外では北朝鮮の核問題が解けないままだ。ロシア・グルジア紛争など「新冷戦」の足音が聞こえる。日本の政治が足踏みしている余裕はない。小泉首相以来の「改革路線」をどう総括するのか、外交・安全保障の難題にどう取り組むのか。争点は山ほどある。政治は、真の再生に向けて動き出すべきである。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-02 03:01 | 政治  

首相退陣表明:「安倍氏とは違う」気色ばみ反論

2008年9月2日 0時33分 毎日新聞

 「安倍(晋三)前総理のケースとは違う。安部前総理は健康の問題があった。私は特別な問題はない」

 福田康夫首相は退陣を表明した1日夜の緊急記者会見で、2代続けて首相が政権を投げ出すことへの見解を問われ、反論した。

 しかし、政権維持のための内閣改造を試みてから約1カ月後。閣僚の不祥事が発覚し、辞任に追い込まれたのも安倍氏と見事に相似形をなした。

 会見の冒頭、首相は「政治資金、年金記録、C型肝炎、防衛省の不祥事など次から次へと積年の問題が顕在化して、その処理に忙殺された」とボヤキから入る。「民主党が重要案件の対応に応じず、審議引き延ばしや審議拒否を行った。何を決めるにも時間がかかった」とも。

 道路特定財源の一般財源化などを挙げつつ「目立たなかったかもしれないが、これまで誰も手を付けなかった国民目線での改革に着手した」と政権の成果は強調。一方で「重要案件については何とかしたいと意欲を持っていたが、いろいろな政治の状況がある。臨時国会が少しでも順調にいくようにと考え、私自身でやるよりも他の方にやっていただいた方が……」と嘆いた。

 退陣に伴う政治の停滞などに対するおわびも一切なく、淡々と事実経過を説明。記者団からは「会見は人ごとのように見える」との質問が出たが、最後には「私は自分自身を客観的に見ることができる」と少しだけ気色ばんだ。【尾中香尚里】
[PR]

by deracine69 | 2008-09-02 00:33 | 政治  

<変わりびな>突然辞任や年金着服…そのまんま宮崎も

11月22日10時41分配信 毎日新聞

f0013182_14251251.jpg 東京・上野の人形メーカー「真多呂(またろ)人形」は22日、今年のニュースや世相を男女一対のひな人形で表した、恒例の「変わりびな」を発表した。

 今年は、うつむく安倍晋三前首相夫妻を見立てた「突然辞任びな」や、主婦なども巻き込んで大ブームとなった「軍隊エクササイズびな」、相撲の朝青龍騒動を題材にした「大相撲騒動びな」のほか、不祥事続発の社会保険庁を皮肉った「年金着服びな」など6作。

 変わりびなは46年から毎年製作され、これまで▽所得倍増びな(60年)▽パンダびな(73年)▽カード破産びな(93年)など、その年のニュースや話題を石こう製のひな人形で風刺してきた。

 安倍前首相は昨年「新総裁夫婦びな」で晴れやかに登場したばかり。3代目社長の金林健史さん(45)は「突然の辞任にはびっくりした。今年はどこか不安になる政治のニュースが多かった。来年は北京五輪などで明るい年になれば」と話していた。【伊藤直孝】
[PR]

by deracine69 | 2007-11-22 10:41 | 社会  

もう幕を下ろした「美しい国づくり」推進室

10月4日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 安倍前首相のスローガンである「美しい国」を実現するため、今年3月に鳴り物入りで設置された内閣官房の「『美しい国づくり』推進室」がひっそりと看板を下ろしていた。

 この「美しい――」推進室の目的は、日本の文化、芸能、歴史、産業などから、優れたものを選び出して内外に発信すること。

 有識者会議のメンバーには座長で日本画家の平山郁夫氏、東大大学院教授の山内昌之氏、京舞の井上八千代氏、漫画家の弘兼憲史氏、東映社長の岡田裕介氏、iモード発案者の松永真理氏ら12人が迎えられていた。

 しかし、安倍が途中で政権を放り出すとその道連れとなり、4月の初会合からわずか2回の会議を行っただけで幕引きとなった。

 推進室は安倍辞任後の9月21日に、HP上に取ってつけたように、「『美しい国の粋(すい)』の最終取りまとめについて」というニュースリリースを発表。その内容は「“日本らしさ、ならでは”は、一人ひとりの内面や日常の行動にあることを再認識」など、どうでもいい考察だから呆れてしまう。

 安倍チャンの肝いりで官邸に設置された会議は「教育再生」「イノベーション」「アジア・ゲートウェイ」など70以上。単なる思い付きと人気取りのために一体いくらの税金をムダにしたのか、きちんと検証すべきだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 10:00 | 政治  

「反米」と見られ日本を孤立させた安倍晋三

日高義樹(ハドソン研究所首席研究員)
2007年10月3日 リベラルタイム

 安倍晋三首相が失脚した。内閣を改造して「重厚内閣」等と自賛していたが、しょせんは派閥代表の内閣に過ぎず、国際的にもただの化粧直しと見られていた。世界中の人々は、参議院選挙の直後から「安倍政権はレイムダック化した」という厳しい評価をしていたのである。このため世界各国の投資家たちが日本への投資を手控え始めたのだ。

「日本に投資するのは危険だ。日本経済はデフレ傾向にある。拡大は見込めない」。ニューヨークのファンド・マネージャーはこういっている。日本企業に対する投資も今年初めから減っている。こうした趨勢について全てを安倍前首相の失策のせいにするのは酷であるが、小泉純一郎政権のあと安倍政権のもとで日本は孤立し、冷遇され続けてきた。外国投資家たちは、はるか海の彼方から日本を眺めている。日本のことを詳しく知っているわけではないから、見たこともない企業に投資する時には誰でも用心深くなる。小泉政権の時に日本に投資した世界中の人々は、小泉首相とブッシュ米大統領の関係が日本を安全にすると考えて投資したのである。

 ところが安倍首相とアメリカの関係は全くうまくいっていなかった。安倍政権は発足当時からブッシュ政権と良好な関係を構築することができなかった。安倍首相は首相就任後、歴代日本首相の先例を無視して、同盟国アメリカよりも先に中国を訪問した。おまけに政権の閣僚たちは後先も考えずに、アメリカを批判する発言を続けた。「安倍政権は反米だ」。麻生太郎氏がイラク戦争を批判した後、ペンタゴンやホワイトハウスでこういった声が一斉にあがった。国家の外交の最高責任者である外務大臣が、同盟国の戦っている戦争を批判したのだから当然の反応だった。「ミスター・アソウが自民党の幹事長になったということは、自民党が反米ということか」。今回、日本に来る時にワシントンから乗った全日空の飛行機の中で、顔見知りのホワイトハウスのスタッフもこういっていた。ワシントンでは安倍改造内閣の防衛大臣が、ワシントンで「ズブの素人」という評判だった女性防衛大臣以上に、外交や安全保障問題を知らないことにも驚いていた。とにかく安倍政権の評判はワシントンでは最初から最後までよくなかった。汚職政治家だらけの腐敗した政権だといわれた。むろんワシントンにも汚職政治家や汚職官僚が大勢いるが、安倍政権のように汚職政治家がそのまま居座るチャンスは全くない。民主主義国家のアメリカでは「民意」が全てに優先する。参議院選挙で敗れた安倍首相の政権は瞬時にレイムダック政権になったのだ。自衛隊の海上給油が問題になった時、ジャーナリストの友人はこういった。「安倍首相がたとえ海上給油を続けられたとしてもホワイトハウスやペンタゴンは、日本の次の首相は誰かということを考え続ける」。安倍首相はその短い任期の間に日本を孤立させ、世界第二の経済大国の存在を危うくしてしまったのである。このままの状態が続けば、日本は経済的にだけでなく政治的にも完全に孤立する。アメリカは今年中にも北朝鮮と事実上の国交樹立となるかもしれないのだ。そうなれば日本は中国、北朝鮮、韓国に包囲されることになる。しかも同盟国アメリカの大勢の人々には「日本は反米だ」と受け取られているのである。自衛隊の海上給油を続けたところで事態は何一つよくはならないのだ。誰が首相になろうと、日本を滅ぼすのはアメリカのサブプライム・ショックではなく、日本の政治の貧困であることに気がつくべきだ。

 リベラルタイム11月号「THE POWER OF U.S.A」
[PR]

by deracine69 | 2007-10-03 12:00 | 政治  

「アンチ安倍」政策に徹する福田康夫=田原総一朗(ジャーナリスト)

2007年10月3日 リベラルタイム

 福田康夫総理が誕生したが、いちばんかわいそうだったのが、前総理の安倍晋三さんで、二番目にかわいそうだったのが、麻生太郎自民党前幹事長だった。

 麻生さんの総理を目指す野心は、自民党議員の多くに察知され、麻生さんは柔道でいう空気投げをくらってしまった。自民党という政党は面白い集団だと思うが、総裁選挙に福田さんが勝ちそうだとなると、あっという間に勝ち馬に乗る。そして、いつものように大差で勝者が決まることになる。

 安倍前総裁誕生の時もそうだった。

 今回も、約半日で自民党議員の支持は福田さんに殺到した。

 自民党議員というのはイデオロギー、政策で総裁を選出するのではなく、権力に近づきたいという思いで総裁選挙に臨んでいる。いかに勝ち馬に乗りたいかがよくわかる。少しでも権力者の傍にいたい人の集団である。

 さて、福田総理はどんな政策を打ち出すか。

 徹底的に「アンチ安倍」路線を歩むと僕は考えている。テロ対策特別措置法の延長や関連の新法の成立を、福田さんは目指さないかも知れない。

 外交は様変わりをするだろう。

 一つは小池百合子氏が防衛大臣時代に訪米し、日米豪で防衛戦略を組み、中国を阻害した政策を提案したところ、ライス米国務長官は「中国を忘れていませんか」といった。 こうした方針が転換されるだろう。

 福田さんのお父さんである福田赳夫元総理は、いかに近隣各国と友好関係を築くかに心を砕いたが、そうした路線を福田さんもとるはずだ。

 その一環として、日本の北朝鮮戦略も転換されるに違いない。アメリカは北朝鮮に対して明らかに政策転換している。強硬政策から接近政策である。「テロ支援国家」解除を進めているほどだ。つまり、北朝鮮とアメリカは国交正常化に向かいつつある。

 ところが、日本は頑強に北朝鮮敵視政策を続けてきた。それを転換し、アメリカと同様の柔軟政策をとるだろう。 決定的な、アンチ安倍政策となる。

 また、国内政策については消費税、年金問題についても民主党の意向を受け入れるだろう。

 民主党との協調路線をとるのである。

 野党との協調路線や反安倍政策を行うことによって、窮するのは小沢一郎代表の民主党である。

 民主党は自民党に政策協調されれば、解散総選挙に追い込めなくなる。

 つまり、自民党と戦えなくなる。そうした戦略によって、福田さんはできるだけ解散総選挙を先延ばしすることになる。あわよくば二〇〇八年七月の北海道洞爺湖サミットまで引き延ばしたいという戦略である。そうなれば、民主党の状況は最悪である。

 今後の見ものは小沢対福田の政策的駆け引きだ。

 リベラルタイム11月号「this Month!」
[PR]

by deracine69 | 2007-10-03 12:00 | 政治  

安倍辞任の真相はブッシュ会談だった

9月30日10時0分配信 日刊ゲンダイ

「病気」を理由に総理の職を放り出した安倍前首相を追い込んだのは、今月8日のブッシュ会談だったことが分かった。ヘタな約束が命取りになったのだ。

 安倍・ブッシュ会談はオーストラリア・シドニーのAPEC会議中に行われたが、その直後から安倍の発言が過激になっていった。

 8日の会談直後に、「テロ特措法の延長は対外公約だ。私の責任だ」と初めて責任論を口にした。翌日、「責任」の意味を報道陣に問われた安倍は例の「職を賭して」「職責にしがみつくことはない」と、退路を断ってみせた。

 それだけにブッシュとの会談で何があったのか、大きな疑問が残ったのだが、実は交換条件を出していたという。

「ブッシュはテロ特措法の延長を要求してきた。それに対して安倍は、北朝鮮に対するアメリカのテロ支援国家指定の解除を延ばしてほしいと頼んだのです。ブッシュから“日本の拉致問題は決して忘れることはない”との言葉を引き出した安倍は気分が高揚し、“約束の交換はできた、あとはテロ特措法を是が非でも延長させるぞ”という気持ちになって、職を賭してという言葉を使ったのです」(外交事情通)

 ところが、である。10日早朝、日本に帰国し、午後には所信表明演説をしたものの、周辺から入る情報は「民主党の抵抗が強くて11月1日までにテロ特措法の延長は難しい」「小沢は一歩も譲らない」というものだった。延長が無理となれば、ブッシュとの約束を破ることになる。安倍は絶望から一気に落ち込み、12日の突然の辞任会見となったのである。

「安倍氏は拉致問題で総理になれた人。北のテロ支援国家指定が解除されると、日本の拉致問題は棚上げされ、立つ瀬がなくなる。だから、ブッシュに懇願した。しかし、自分の方が交換条件の約束を果たせない状況に追い込まれ、プッツンしてしまったのでしょう。結果としてブッシュにウソをついたことになるし、指定解除が実行されたら拉致被害者の家族とも合わせる顔がなくなりますからね。両側から万力で押し潰される心境になったはずです」(評論家・河信基氏)

 当時、「自殺情報」が流れたのも、むべなるかな。政治家は得意技でコケるといわれるが、安倍の場合、「ブッシュ」と「拉致」に潰されたわけだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-30 10:00 | 政治  

総裁・首相動静(9月25日)

9月26日1時2分配信 時事通信

◇首相動静
 午前8時現在、入院先の東京・信濃町の慶応大病院。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-09-26 01:02 | 政治  

安倍首相退陣 独走の果ての重い遺産

9月25日 北海道新聞

 けじめは必要だと考えたのだろう。安倍晋三首相が入院先の病院で最後の記者会見を行い、突然の辞任で多大な迷惑をかけたと国民にわびた。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-09-25 23:59 | 政治  

安倍首相が官邸に別れ「断腸の思い」

9月25日23時7分配信 産経新聞

 安倍内閣は25日午前の閣議で総辞職した。安倍晋三首相(53)も入院先の病院から首相官邸に入り、自ら主宰する最後の閣議で「内外に山積する課題を前に去ることは、まことに断腸の思いだ」と語り、無念さをにじませた。首相在職日数は、26日の福田康夫氏の首相親任式まで続くため、ほぼ1年にあたる366日で、現行憲法下では歴代7位の短命。祖父、岸信介元首相の1241日に及ばず、歴代3位の1980日を務め上げながら余力を残して退陣した小泉純一郎元首相と比べると、寂しい幕引きとなった。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-09-25 23:07 | 政治