タグ:安徽 ( 5 ) タグの人気記事

 

懲りない中国「疫病隠し」の姑息

安徽省で発生した「手足口病」。
報道管制下、アリバイづくりに当局は終始。四川も同じ轍。

FACTAonline 2008年8月号

死者6万9千人、行方不明1万8千人、被災者4624万人(7月10日現在)を数える大災害となった中国の四川大地震。あの凄まじい破壊と生き埋めの遺体の多さから想定されるのは、疫病の大々的な発生である。地震が発生した5月12日以来、連日の大雨に加え、30度を超す猛暑が続いたのだ。疫病が蔓延する条件はそろっている。なのに、中国のマスコミから被災地域の疫病情報はほとんど伝わってこない。

人気の高いポータルサイト「新浪網」を開いてみればいい。よく使われる震災関連のニュース・キーワード(新聞関鍵詞)の項目で「義援金」「廃墟」「学校倒壊」などの言葉はすぐ目に付くが、「疫病」は影も形もない。検索エンジンの「百度」で震災や疫病のキーワードを検索してみると、専門家の談話ばかりで、記事はひとつもないのだ。

下手をすれば暴動すら起きかねないだけに、疫病情報は中国では「知らしむべからず」が原則らしい。それでも例外はあって、上海発行の人気夕刊紙「東方早報」が6月6日に掲載した記事がその例だ。もっとも大地震の打撃を受けた「北川県では蚊が一匹もいない」という見出しで、同紙カメラマン趙昀が書いた現地ルポだった。中世欧州で猛威をふるった黒死病を思わせる記述がある。

「この死んだ都市を半日ほど歩いた。最初の恐ろしさが徐々に消え、異臭と消毒水の匂いに慣れてきた。防疫チームの撒いた消毒剤はあまりにも多かったためか、ここには蝿も蚊もいないのだ」

たったこれだけでも、水も漏らさぬ報道管制を奇跡のように潜り抜けてきたのかもしれない。

「まったく心配は要らない」

実は四川大地震前の3月にも、長江流域の内陸省である安徽省阜阳市から広がった疫病があった。EV71ウイルス――俗に「手足口病」。本来、命を奪うほどの病ではないが、お座なりな警報と情報秘匿で多数の犠牲者を出してしまったのである。

3月28日、阜陽市人民医院の重症病棟によく似た病状を示す2人の幼児がほぼ同時に入ってきた。呼吸困難で、痰の色が薄いピンク。普通の肺炎にはない症状だ。2人とも病状が急速に悪化し、しばらくして死亡が確認された。

担当医の劉暁琳は困惑した。疑念が頭をもたげる。もしかすると、これは手足口病ではないか――。翌日、劉医師は病院に報告し、阜陽市衛生庁が全市の児童専門医を呼んで症状を調べ、31日に安徽省の専門家にも阜陽市に来てもらった。

ここで診断結果を出したらいいのに、病原がEV71という結論は、ほぼ1カ月後の4月23日まで待たなければならなかった。阜陽市政府が常にマスコミに強調するのは、迅速に上部機関に報告したということ。報告さえすれば、あとは国の責任だからだ。しかし死亡した児童から採取した標本が国家疫病防止センターウイルス研究所に届けられたのは4月18日。この遅れに市は触れたがらない。3月31日に阜陽市を訪れた安徽省の専門家に、なぜ国への標本提出を言い出さなかったのか――。今となっては藪の中である。

4月1日正午、阜陽市の張玉英は、孫の沙香茹ちゃんが高熱を発しているのに気づいた。解熱の注射と点滴をしてもらったが、午後2時ごろ、手と足に米粒のような発疹が出た。午前2時に沙ちゃんが起きてトイレに行く。夜明け前の4時ごろ、また高熱が出て救急車で人民病院に運ばれ、5時ごろに薄いピンク色の泡が口から溢れた。呼吸も速まり、8時には呼吸が停止したという。

唐突な孫の死。張は納得できない。カルテを見せてもらったが、病名が書かれていなかった。病院側は「手は尽くした。似たような症状ですでに5人の児童が死亡している。沙ちゃんは6番目だが、異例ではない」と答えた。省の専門家も出張してきたが、病因を特定できなかった。

4月に入り阜陽市で疫病の噂が広がりだした。「子供SARS(重症急性呼吸器症候群)」「子供がかかる鳥インフルエンザ」「手足口病」などと囁かれたのだ。地元安徽省のマスコミは沈黙していたが、広東省など民間メディアが発達した地域の記者たちは、風説を耳にして取材に来た。「子供の命を奪う怪しい病気」という話もインターネットに流れている。

安徽省の地元新聞はこの風説に反論する。4月15日、阜陽市の全紙に「市病院の子供専門医が最近の呼吸関係の病気に関して記者の取材に答える」という記事が一斉に掲載された。専門医の名も記者の署名もない奇妙な記事である。

「確かに数例の呼吸疾患による子供の死亡があったが、重症肺炎であり、患者家族間の伝染はなく、それ以外の新たな患者も現れていないので、まったく心配は要らない」

だが、巷の噂は消えない。病死した児童の数は日毎に増えていく。とうとう新華社通信が「阜陽市では、手足口病ウイルスに感染した18人の児童が死亡した」と全土に報道した。4月27日のことだ。

安徽省衛生庁のウェブサイトは何食わぬ顔で「疫病が発生してから党委員会と政府は重大事と受け止め、衛生部(日本の厚生労働省)と省衛生庁は、迅速に専門家グループを阜陽市に派遣し、病の究明、児童の救急に全力を挙げている」と書くだけだった。実はこれ、防疫の呼びかけというより警報だった。

この衛生庁サイトはしかし、どれだけ読まれていたのか。本誌記者も含めて6月7日現在、アクセス数はたった2037回。警報なら地元紙全紙に載せればいいのに、ほとんど誰も見ないサイトに載せてアリバイづくりをしたかに見える。

阜陽市は「氷山の一角」

4月28日、広州市の「南方都市報」は「街に子供の数はまばらで、一部の市民は幼児を農村か他の市にいる友人の家に疎開させている。教育局の許可を待たずに一部の幼稚園は休みに入っている」と書いている。抗菌剤と消毒剤は値上がりし、やがて手に入らなくなった。

安徽省衛生庁スポークスマンの馮立中は弁明する。「我々は手足口病をたいへん重大視しており、上部機関に報告すると同時に、病因の究明に努めた。今から振り返ると、確かに結果が出るまで時間がかかったが、我々にとっては最速だった」

「情報秘匿なんかまったくない」と断言する馮は、専門医の名も筆者名もない4月15日の奇妙な記事については多くを語りたがらなかった。彼は「疫病の発生については、やはり我々はまず党系の新聞に公表しなければならない」と隣省江蘇省の人気大衆紙「現代快報」に答えている。おそらく衛生庁のサイトと同じく、党の機関紙があまり読まれていないことを知っていたのだろう。

「これ以上、阜陽市の醜聞を外に出したくないとばかり考えているのだろう」と「南方週末」編集委員の林楚芳は言った。鳥インフル、毒ミルク、汚職官僚への死刑判決……と阜陽はスキャンダル続きなのだ。

北京にある協和医科大学公共衛生学院の学長で疫病専門家の黄建始は「SARS対応の教訓を十分消化しないうちに、EV71がきた。疫病情報を秘密にすることは愚かだが、まだやっている」と批判、阜陽市を「氷山の一角」と見ている。

四川大地震でも、乏しい疫病情報がその説を証明する。(敬称略)
[PR]

by deracine69 | 2008-07-30 23:59 | アジア・大洋州  

<手足口病>効果のない薬品を投与?医療詐欺が横行―安徽省

5月12日9時21分配信 Record China

2008年5月、手足口病が流行している安徽省では一部医療機関で予防効果があると称して免疫グロブリンまたは肺炎ワクチンを投与する詐欺的行為が横行している。10日、安徽省疾病予防制御センターはただちに投与をやめるよう緊急通達を布告した。新華社が伝えた。

今年3月中旬以来、阜陽市を中心に安徽省では手足口病が流行している。当局の病名確定と発表が遅れたため「突然変異の鳥インフルエンザでは?」「新型SARSでは?」などと市民にはデマが広がっていた。病名が発表された現在も市民の疑心暗鬼は収まらず、「免疫グロブリンや肺炎ワクチンに予防効果がある」などのデマが広がっている。

安徽省衛生庁によると今回の手足口病の病原であるEV71ウイルスには効果的なワクチンがなく、もちろん免疫グロブリンと肺炎ワクチンも効果がない。一部医療機関ではこれらの薬品を予防効果があるとして投与する詐欺的行為が横行している。疾病予防制御センターは正しい予防方法は「手洗い、お湯を飲む、生ものを食べない、通気をよくする、衣服と布団を日干しする」などの衛生対策しかないと呼びかけている。(翻訳・編集/KT)
[PR]

by deracine69 | 2008-05-12 09:21 | アジア・大洋州  

手足口病の感染者数2万4934人に

2008年5月9日12時47分 日刊スポーツ

 新華社は9日、中国各地で流行している手足口病の感染者数が8日までに、計2万4934人に上ったと報じた。各地方当局の新たな報告を集計した結果で、死者は広東省と広西チワン族自治区でそれぞれ1人増え、計32人となった。

 これまで安徽省での大流行が伝えられてきたが、広東省でも今年になって7103人の感染が報告されているという。死者が最も多いのは22人の安徽省で、4人の広東省、各2人の海南省と広西チワン族自治区が続いている。

 新華社は8日、感染者数の急増について「状況が悪化しているためではなく、衛生省が手足口病を報告が必要な感染症に指定したため」と報じた。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-05-09 12:47 | アジア・大洋州  

【中国】安徽:地下水汚染が原因か、がん多発の村に水道敷設

7月31日20時54分配信 サーチナ・中国情報局

 安徽省蚌埠市の水務公司は7月下旬、がんなど難病の多発が問題になっている同市東部郊外地域の仇崗村などへのへの水道管の敷設作業を実施した。

 人口約2300人の同村では過去3年間、毎年10数人ががんや脳溢血で死亡。また、小学生の20%程度が喉に問題があるという。

 市環境保護局が5月初旬、国家環境保護総局などが同下旬に調査したところ、化工企業2社が排水処理設備を設置せず、1社は設備を稼動させず、いずれも汚水をそのまま流していたことなどが判明した。その他、工場排気もひどく、「匂いで頭がふらつき吐き気がする」と語る小学生もいる。

 難病多発の原因は特定されていないが、井戸水などに混入した汚染物質の可能性がある。そのため蚌埠市は東部公共供水の緊急プロジェクトに着手。26キロメートルの主管及び、仇崗、長淮、衛東、東風、南湾などの村へ延びる支管の敷設を始めた。2007年末にも、仇崗村を含む14村、3.7万人が、安心して水を飲めるようになるという。

 なお、蚌埠市は6月1日付で汚水を流していた企業3社を操業停止と会社処分を命令。6日にも同じ命令を出したが、3社とも同月中旬に操業を再開。その後、2社は18日から19日にかけて操業を停止したが、1社は20日の国家環境保護総局の検査により、ようやく操業を停止した。3社の法定代表人は身柄を拘束されたという。(CNSPHOTO)
[PR]

by deracine69 | 2007-07-31 20:54 | アジア・大洋州  

「高級布団」、中身はごみ=偽造工場を摘発-中国

7月23日19時0分配信 時事通信

 【北京23日時事】中国安徽省淮北市工商局は23日までに、同市で工業廃棄物などを悪用し、「高級布団」を偽造していた工場を摘発した。業者はこうしたごみを布団の中綿にしていたという。中国英字紙チャイナ・デーリー(電子版)が伝えた。

 偽造工場の総面積は1000平方メートル以上。工場内では、同市内のじゅうたん工場、繊維工場などから買い集めたじゅうたんの切れ端や綿のくず、繊維ごみを細かく粉砕し、利用していた。工商局は偽造された枕約1000個、掛け布団約300個を押収した。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-07-23 19:00 | 中国