タグ:宮内義彦 ( 9 ) タグの人気記事

 

かんぽの宿売却問題は大疑獄事件の一端である

2009年3月3日14時26分 nikkei BPnet
経済アナリスト 森永 卓郎氏

 かんぽの宿売却が大きな問題になっている。1月6日に鳩山邦夫総務大臣が、70施設をオリックス不動産に一括売却する案件に対してストップをかけた。

 オリックスグループといえば、そのトップである宮内義彦氏は総合規制改革会議議長を務めており、小泉内閣の民営化推進路線のまさに旗振り役だった。そうしたグループ企業に準国有財産を売却することには「疑念がある」というのが鳩山総務相の主張である。

 これに対して、マスメディアは当初、鳩山総務相に批判的だった。「公正な入札を通じてオリックス不動産が取得したのだから、そこに一大臣の疑念だけで横やりを入れるのはおかしい」というのがその批判の趣旨だった。

 しかし、その後、次々と疑念が噴出するにしたがって、マスメディアの論調が変わってくる。売却問題にまつわる事実関係が徐々に明らかになり、そのインチキぶりが白日のもとにさらされつつある。

 わたしはこの問題を、ロッキード事件やリクルート事件と同じような、非常に大規模な疑獄事件の一端であると考えている。かんぽの宿問題は徹底的に事実究明すべきである。だが、国会議員もメディアの報道も「麻生降ろし」「中川大臣辞任」に目を奪われてしまっているのは気がかりだ。

More
[PR]

by deracine69 | 2009-03-03 15:42  

“モナ効果”?ささやかれる「ラブホ銘柄」

2008/8/4 10:00 日刊ゲンダイ

 モナ効果は五反田のラブホだけじゃなかった。兜町でもラブホ銘柄が話題なのだ。

「大きな声では言えませんが、上場企業が孫会社などの関係会社を使ってホテル経営をしているとか、創業者が個人的にホテル経営に乗り出しているなどの囁きが広がっています。ラブホ経営が事実かどうかは別として、“ラブホ銘柄”が盛り上がっているのは確かです」(証券マン)

 ラブホは不景気とはほぼ無縁らしい。建設や不動産は倒産ラッシュ。一般企業も原油高騰などでコスト高を強いられヒーヒー言っているのに、「ラブホは廃業や売却はあっても倒産はあまり聞きません。堅実な商売だし、不況に強い産業です。モナ効果で客足の伸びも期待できますからね」(調査会社の関係者)。

 兜町でラブホ関連銘柄として社名が飛び交っているのは、映画館やホテル経営の「東京テアトル」、同じく映画館などを手掛ける「武蔵野興業」、それに「オリックス」「光通信」など。

 手堅い銘柄として買い材料にはなるかもしれない。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-04 10:00 | 経済・企業  

<オリックス>フェニックス、中国企業に「1円売却」

4月26日11時58分配信 毎日新聞

 オリックスグループが、100%子会社でスキーウエア大手「フェニックス」(東京都品川区)の株式の大半を中国のスポーツアパレル企業「中国動向」(北京)に1円で売却することが分かった。中国動向が25日に香港証券取引所に情報開示した。フェニックスはスキーウエアの「フェニックス」のほか、イタリアのスポーツウエア「Kappa(カッパ)」ブランドを展開している。中国動向は両ブランドを活用し、北京五輪の開催でスポーツ関連市場の拡大が見込まれる中国でもアパレル事業を広げたい考えだ。

 フェニックスはスキー部門の販売不振や取引先スポーツ用品店の倒産などで業績が悪化。04年に産業再生機構が支援を決定し、オリックスがスポンサーとなり経営再建を目指したが、国内のスキー人気が低迷する中、オリックスは自力での再建は難しいと判断したとみられる。

 オリックスと中国動向は25日、株式の売却で合意。中国動向はフェニックスの債権も1円で買い取り、株式と合わせた買収価格は2円となる。【田畑悦郎】
[PR]

by deracine69 | 2008-04-26 11:58 | 経済・企業  

タイ消費者金融のキャピタルOK、オリックスへの売却決まる

2007/11/22 (00:18) newsclip.be

 【タイ】シンガポール政府の投資会社テマセク傘下のタイの事業持ち株会社シンは21日、消費者金融子会社キャピタルOKの株式99.99%をオリックスとタイの投資顧問会社ACAPアドバイザリーに約10億バーツで売却すると発表した。同日売買契約に調印し、12月半ばまでに取引を終える。

 オリックスはキャピタルOK株の49%、ACAPは50.99%を取得する。ACAPは取得費用をオリックスなどへの第3者割当増資で調達し、オリックスから20%の出資を受ける。
[PR]

by deracine69 | 2007-11-22 00:18 | 経済・企業  

オリックス、タイで不良債権権ビジネス

2007/11/13 (20:15) newsclip.be

 【タイ】オリックスは12日、タイの金融サービス会社ACAPアドバイザリーに20%出資し、タイの不良債権ビジネスに進出すると発表した。タイの不良債権比率は9月末で8%、貸倒引当金控除後でも4.4%に上り、今後有望と判断した。出資額は1億7500万バーツ以上。

 オリックスは10月に、タイの消費者金融会社キャピタルOKをACAPと共同買収すると発表しており、ACAPへの出資で、消費者金融事業のコントロール強化も図る。

 ACAPはサービサー(債権回収)、企業再生アドバイザーなどが中心で、2005年12月にタイ証券取引所二部市場(MAI)に上場した。日本アジア投資が7%出資し、取締役12人のうち2人が日本人。今年上半期は総収入1億8400万バーツ、最終赤字9500万バーツだった。

 キャピタルOKはシンガポール政府系のタイの事業持ち株会社シンの傘下企業で、オリックスとACAPは計10億バーツを投じ同社を買収する予定。タイの外資出資規制により、出資比率はオリックス49%、ACAP51%になる見通しだ。ACAPはオリックスなどへの割当増資で買収資金を調達する。 
[PR]

by deracine69 | 2007-11-13 20:15 | 経済・企業  

オリックス、タイの消費者金融買収

2007/10/ 4 (22:58) newsclip.be

 【タイ】タイの事業持ち株会社シンは4日、消費者金融子会社キャピタルOKをオリックスなどに約10億バーツで売却する方針を明らかにした。11月末までに売却交渉をまとめる。キャピタルOKへの出資比率は、タイの投資顧問会社ACAPアドバイザリー50.99%、オリックス49%になる見通しだ。

 日本の消費者金融ではアコムが1996年にタイ法人を設立し、「イージーバイ」という営業ブランドで消費者ローンとハイヤパーチェス(個品割賦)事業を展開中。プロミスも2005年10月にタイ1号店を開店した。

 キャピタルOKはシンガポール金融最大手DBSとシンの合弁で2003年末に設立された。DBSの筆頭株主であるシンガポール政府系投資会社テマセクが06年にシンを買収したことにともない、同年、シンのほぼ100%出資子会社となった。

 営業面では、シン傘下のタイ携帯電話キャリア最大手アドバンスド・インフォ・サービス(AIS)などとの連携で市場開拓を図ったが苦戦が続き、2007年7―9月期も3.7億バーツの赤字を見込んでいる。

 シンはタイのタクシン前首相が創業した企業グループの持ち株会社。携帯電話(AIS)からスタートし、通信衛星(シン・サテライト)、テレビ局(ITV)、格安航空(タイ・エアアジア)といった事業を展開したが、テマセクによる買収と昨年9月のクーデターでタクシン氏が失脚したことにともない、ITVは国有化された。また、通信事業に経営資源を集中する方針から、今年に入り、タイ・エアアジアの全株を売却、撤退した。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-04 22:58 | 経済・企業  

オリックス、マレーシアで社債69億円発行

2007年10月02日18時22分 朝日新聞

 オリックスのマレーシア現地法人は3日、2億リンギ(約69億円)の社債を現地で発行する。東南アジア諸国連合と日中韓(ASEAN+3)が進めるアジア債券市場育成に向けた取り組みの一環で、国際協力銀行が再保証を付けて支援する。

 現地法人は調達した資金で、地元企業向けにリースする乗用車などを購入して事業を拡大する。日系企業が政府系金融機関の保証付きで、マレーシアで現地通貨建て債券を発行するのは、同社が昨年1月に発行(1億5000万リンギ)したのに次いで2回目。

 アジア債券市場の育成は、欧米に流れることが多い投資資金をアジア域内で循環させることが狙い。日本は、先導役として日系企業の社債に保証を付けて発行を促しており、タイやインドネシアでの取り組みが先行している。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-02 18:22 | 経済・企業  

ついに司直のメスが入った「オリックスの利権ビジネス」

9月21日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 小泉・竹中の規制緩和路線でボロ儲けしたオリックスに司直のメスが入ろうとしている。

 民間資金を利用したPFI方式の病院として注目を集めた「高知医療センター」の施設工事を巡る贈収賄事件だ。今月16日に高知県警に逮捕されたのは、オリックス・リアルエステートの元従業員、松田卓穂(68)と矢倉詔喬(64)。前院長で業界の有名人、瀬戸山元一(63=16日に収賄で逮捕)にプラズマテレビや家具など約250万円相当のワイロを贈り、病院施設の施工に有利な取り計らいを頼んでいた。

 瀬戸山は06年3月に辞めていて、ワイロが贈られたのは04年12月~05年1月のこと。古い話を県警が手がけた裏には、もちろん、それなりの理由がある。

「この事件はケチな贈収賄で終わるような話ではありません。瀬戸山は島根県立中央病院の院長時代、世界初の電子カルテを導入して、斬新的な病院経営で知られた有名人。目をつけた橋本大二郎知事が引っ張ってきて、高知県立病院と市民病院を統合してつくった医療センターを任せたんです。しかし、不可解なことが多すぎる事業でした。新病院はPFI方式を施設だけでなく病院運営にも取り入れた。業者選定の際、米国の会計事務所はオリックスとは違うグループを推したのに、唐突にオリックス、竹中工務店のグループが出てきて巻き返したんです。おいしい事業で、病院側はオリックス・リアルエステートなど11社が出資した特別目的会社と30年契約で、病院施設建設と給食、医療材料の調達などを任せる事業契約を結んだ。病院本体は赤字でも、11社は損をしない。運営にカネがかかっても、11社の息がかかった業者は変えられない。案の定、病院本体は赤字続きです」(司法関係者)

 そうしたら、瀬戸山が体調不良を理由に逃げるように辞任。運営会社の役員もすっかり代わってしまった。そこに司直のメスが入ったのである。

「『小泉規制改革』を利権にした男 宮内義彦」の著者の有森隆氏はこう言う。

「瀬戸山と橋本知事はどういう関係だったのか。そこにオリックス本体はどう関わるのか。実は、この事件は東京地検も調べている。担当検事が現地に入っているんです。事件化するのかと思ったら、橋本知事が次期県知事選不出馬を表明した。今後の捜査は注目です」

 ジャーナリストの森功氏によると、「捕まった松田は宮内氏と近く、取り調べでは橋本知事との関係をしつこく聞かれている」という。スネ傷の連中は震えている。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-21 10:00 | 経済・企業  

前高知医療センター院長を収賄容疑で逮捕 業者から家具

2007年09月16日 朝日新聞

 高知県立中央病院と高知市民病院を統合して民間に委託するPFI方式で05年に開院した「高知医療センター」(高知市)の施設整備をめぐり、業者からテレビや家具を受け取ったとして、高知県警は16日、前院長で現同志社大大学院教授の瀬戸山元一(もといち)容疑者(63)=京都市左京区=を収賄容疑で逮捕。PFI事業を委託している特別目的会社(SPC)の構成企業のオリックス・リアルエステート(現オリックス不動産)の元従業員2人についても贈賄容疑で逮捕した。

 瀬戸山容疑者は「すべて自分で購入したものだ」と容疑を否認、贈賄側は容疑を認めているという。

 贈賄容疑で逮捕されたのは、いずれも同社の元従業員で無職松田卓穂容疑者(68)=広島市安佐南区=、矢倉詔喬容疑者(64)=神戸市東灘区。

 SPC「高知医療ピーエフアイ」はオリックスやオリックス・リアルエステートなど11社で構成。瀬戸山容疑者は00年、同センターの設立母体の高知県・高知市病院企業団の前身、高知県・高知市病院組合の理事に院長予定者として就任。組合は02年12月、SPCと30年の事業契約を結び、約2132億円で病院建設のほか清掃や給食、診療報酬請求事務、薬や医療材料の調達などを委託。センターは05年に開院した。

 県警捜査2課の調べでは、瀬戸山容疑者は、SPCの工事監督員をしていた松田、矢倉両容疑者から04年12月下旬、プラズマテレビなど電化製品2点、05年1月下旬にソファなど家具と家電計19点、合わせて約250万円相当を、病院施設の整備に対して両容疑者に有利な取り計らいをした見返りと知りながら受け取った疑い。

 瀬戸山容疑者は京大医学部卒。82年に舞鶴市民病院(京都府舞鶴市)の院長に就任。赤字経営を立て直した。92年からは島根県立中央病院(島根県出雲市)の院長となり、世界初とされる「電子カルテシステム」を導入。高知医療センターの開設では、PFI方式を施設建設だけでなく、全国で初めて病院経営にも採り入れ注目された。06年3月に体調不良などを理由に辞職した。

 同年10月に同志社大学大学院総合政策科学研究科チェア・プロフェッサーに就任、学生への講座は担当していないが、各地で講演などを行っている。


前病院長、収賄容疑で逮捕=PFI事業めぐり業者から物品-高知医療センター捜索
2007年9月16日 時事通信

 民間資金や経営ノウハウを活用したPFI方式で建てられた高知医療センター(高知市池)の前病院長が、契約した業者から高級家具などを受け取っていたとして、高知県警捜査2課などは16日、収賄容疑で同志社大教授で前病院長の瀬戸山元一容疑者(63)=京都市左京区=を、贈賄容疑で契約企業の担当者だった無職松田卓穂容疑者(68)=広島市安佐南区=ら2人を逮捕した。また、同センターなどを家宅捜索した。

 瀬戸山容疑者は「すべて自分で購入した」と容疑を否認。2人は認めている。

 調べによると、瀬戸山容疑者は2004年12月と05年1月、同センターの本館建設などで便宜を図った謝礼として、松田容疑者らからプラズマテレビや家具、家電製品など21点、計250万円相当を受け取った疑い。

【関連】
小泉改革とPFI事業
小泉改革とオリックスの「規制緩和ビジネス」
[PR]

by deracine69 | 2007-09-16 23:59 | 社会