タグ:宮城 ( 13 ) タグの人気記事

 

楽天・野村監督が続投へ…最下位低迷も人気面の貢献評価

9月4日13時28分配信 読売新聞

 プロ野球・楽天の野村克也監督(73)が来季も続投する方向で検討されていることが4日、分かった。

 チームは最下位に低迷しているが、球団は育成、采配(さいはい)の手腕を評価。人気面での貢献度も高く、引き続き指揮を任せることになった。

 8月31日には、島田亨オーナー兼球団社長、米田純球団代表と野村監督の3者が会談。米田代表は「(続投は)正式には決まっていないが、監督とはこれまでも来季の話をしてきている。今回も、その一環」と話した。契約年数など詳細は固まっていないが、野村監督の意欲も衰えておらず、近く合意に達する見込み。

 野村監督は2006年から3年契約で就任。新興球団を昨季はパ・リーグ4位に引き上げた。今季は4月に一時は首位に立つほどの好スタートを切ったが、7月下旬から最下位に転落。この失速について島田オーナーは「選手層が薄いからで、そこはフロントの仕事」との認識を示している。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-04 13:28 | スポーツ  

盛岡・中心商店街にネパール雑貨店-来日10年、「主婦力」で開業

2008-09-01 仙台経済新聞

 ネパール直輸入の雑貨店「エベレスト」(TEL 019-672-6170)が9月1日、盛岡大通商店街のMoMoビル(盛岡市大通2)に開店した。

 同店は同日から中心市街地の空き店舗対策として実施される「盛岡市チャレンジショップ」のひとつとして出店したもの。ネパール人で代表の横田サンギタさんが、故郷から直接輸入したシルバーアクセサリーや衣類、置物などを販売する。

 横田さんは約10年前に結婚を機にネパールから盛岡に移住。主婦として2人の子どもを育てるかたわら、「故郷のネパールを紹介する雑貨店はできないか」(横田さん)と店の開業を計画。「家事に追われる中で、家に閉じこもりがちなことを解消したかった」(同)こともあり、今年8月にチャレンジショップへ応募。見事審査に合格し夢を実現した。横田さんに共感する友人の女性も店頭に立つ。

 チャレンジショップへの出店について、横田さんは「インターネットで販売することも考えているが、その前に実際にどんな商品が売れるのか、体験してみたかった」とマーケティングも兼ねている点を強調。ここでの体験をもとに、近い将来は自分の店を持つ計画だという。

 商品は、ブレスレットやペンダント、指輪などシルバー925のアクセサリー類(1,500円~12,000円)、ビーズブレスレット(500円~)、ネパールでパシュミナと呼ばれるストール(大=5,800円~、小=3,500円~)、ワンピース(5,000円台)など。ほとんどがネパール製でハンドメード。

 チャレンジショップは、中心商店街の空き店舗対策として盛岡まちづくり株式会社と盛岡市が3年前から実施。9月1日から2カ月間限定で、独立を目指す起業家を対象に実践の場として、さわや書店隣にあるMoMoビルの空きテナントを提供する。横田さんのほかに、衣料品や食品を販売する4店も出店。テナント出店料は2カ月間で84,000円。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-01 23:59 | 社会  

鯨肉:270トン陸揚げ 石巻新漁港に調査船入港 /宮城

8月30日11時1分配信 毎日新聞

 調査船団は母船「日新丸」(8044トン)を中心に、6月10日から今月18日までの70日間、三陸沖~道東沖の北西太平洋で捕獲調査を実施。ミンククジラ59頭、イワシクジラ100頭、ニタリクジラ50頭、マッコウクジラ2頭を捕獲した。

 第2共新丸は、イワシクジラ220トンとニタリクジラ50トンの冷凍肉を積んで石巻に直行。陸揚げした鯨肉は近くの市超低温冷蔵庫に保管。ミンククジラ肉などは日新丸が東京港の大井ふ頭に陸揚げした。【石川忠雄】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-30 11:01 | 社会  

日本紅斑熱に仙台の男性が罹患=東北で2例目、北限拡大か

8月16日0時3分配信 時事通信

 仙台市は15日、同市宮城野区の男性(35)が、感染症の「日本紅斑熱」に罹患(りかん)したと発表した。東北地方での感染例は、昨年の青森県八戸市の50代男性に次ぎ2例目という。それまでの北限は栃木県だったため、市は感染原因となるダニの生息域が北上している可能性があるとして、注意を呼び掛けている。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-16 00:03 | 社会  

地震の前兆?温泉湯量1.5倍に 宮城・鳴子温泉

2008年7月3日9時42分 朝日新聞

 岩手・宮城内陸地震を起こした断層近くの温泉で、地震の発生前に湯量や温度が変化していたことが、旅館主らの話で分かった。「地震の予知につながる可能性がある」として、東北大学理学部地学専攻の大槻憲四郎教授が1日から調査を始めた。

 湯量が変わったのは断層の南側で震源から約30キロにある宮城県鳴子温泉の旅館「弁天閣」の源泉。地震前日の13日午前7時ごろ、通常1分間70リットルの源泉の湯量が1.5倍ほどに増えていることに、旅館主の菊地武信さんが気づいた。菊地さんは「50年間こんな変化はなかった」と話す。

 また、断層の北側で震源から約2キロにある岩手県一関市祭畤の旅館「かみくら」の源泉では、地震1カ月前の5月中旬ごろから42度だった湯温が上がり始めた。1週間前の6月初旬には47度になり、色も普段の黄白色に茶色が混じったという。

 大槻教授は1日、鳴子温泉を訪れ、聞き取り調査を始めた。温泉の変化と地震との関連について「地震の前に岩盤にひび割れができ、より深い層の熱水が源泉に流れ込んでいた可能性がある」とみている。今後、断層そばの各温泉を調査し、地震の予知の可能性や地震の発生の仕組みについて研究したいとしている。(安原裕人)
[PR]

by deracine69 | 2008-07-03 09:42 | 社会  

生後2か月の娘、海に落として殺害…母親を殺人容疑で逮捕

5月31日1時14分配信 読売新聞

 生後2か月の娘を海に落として殺害したとして、宮城県警石巻署は30日、同県石巻市門脇、無職宮守香緒里容疑者(25)を殺人容疑で逮捕した。

 発表によると、宮守容疑者は28日午前0時ごろ、同市の石巻漁港西側の防波堤から二女はるかちゃんを海中に落として殺害した疑い。「無理心中しようと思い、投げた」などと供述しているという。

 29日午後、はるかちゃんの祖母から「孫がいなくなった」と通報があり、同署が宮守容疑者から事情を聞いたところ、石巻漁港で投げ捨てたことを供述した。同署員らが30日午前、殺害現場とみられる防波堤付近ではるかちゃんの遺体が浮いているのを見つけた。

 はるかちゃんに目立った外傷はなく、水死とみられる。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-31 01:14 | 社会  

三陸沖鯨類捕獲調査:仙台湾で60頭捕獲 コウナゴ捕食を初観察

毎日新聞 2008年5月23日

 仙台湾を中心に実施していた三陸沖鯨類捕獲調査が目標の60頭のミンククジラを捕獲し18日に調査を終了したのを受け日本鯨類研究所は22日、調査結果を発表した。03年の調査開始以来これまでメロウドの幼魚のコウナゴは食べないとされてきたが、今回の調査では未成熟(6歳以下)のクジラがコウナゴを主食にしていたことが初めて観察された。

 調査は石巻市の鮎川港を基地に4月14日から5月25日までの予定だった。地元の小型捕鯨船など4隻が同港から半径約54~90キロの仙台湾を中心に計60頭のミンククジラを捕獲。解体処理してクジラの摂餌生態や胃内容物の分析調査を行ってきた。

 捕獲したのはオス23頭、メス37頭。オスの平均体長は5・67メートル、体重は2・31トン。メスは同5・91メートル、同2・65トンで、うち6頭が妊娠中だった。調査序盤と終盤は未成熟個体が多かったという。

 胃の内容物が判明したのは49頭。このうち47頭はコウナゴやメロウドを捕食しており、コウナゴのみを捕食していたのは11頭。この11頭のうち10頭が未成熟個体だった。

 調査総括の加藤秀弘東京海洋大教授は「仙台湾は北上するクジラにとって、道の駅的存在。例年は主食のメロウドを求めて湾内に回遊するが、今年はエサ不足からか成熟個体の回遊数が少ない。未成熟個体がコウナゴを捕食していたことには驚いた」と、話している。【石川忠雄】
[PR]

by deracine69 | 2008-05-23 23:59 | 社会  

楽天・三木谷浩史オーナーが退任へ

11月22日13時37分配信 読売新聞

 プロ野球・楽天の三木谷浩史オーナー(42)が、2008年1月1日付けで退任することが22日、分かった。後任は島田亨球団社長(42)が兼任する形で就任する。

 親会社・楽天の会長兼社長である三木谷氏は、オーナー退任後は球団の代表取締役会長に就任する。球団は同日午後5時から、仙台市内で記者会見を行う。

 楽天が今季は過去最高の4位となり、年間観客動員が3年目で初めて100万人を突破するなど球団経営が軌道に乗ったことが、現場を取り仕切ってきた島田球団社長へのオーナー職委譲の理由とみられる。島田氏は楽天本社では常務執行役員を務めている。

 楽天は、2004年秋にプロ野球へ新規参入。仙台市を本拠地とする「東北楽天ゴールデンイーグルス」をパ・リーグに発足させ、三木谷氏が初代の球団オーナーに就任した。
[PR]

by deracine69 | 2007-11-22 13:37 | スポーツ  

<宮城・自民党支部>安倍首相の早期退陣求め、文書提出

9月3日21時48分配信 毎日新聞

 宮城県の自民党古川支部が3日、安倍晋三首相の早期退陣を求める文書を同党県連に提出した。8月10日の総括委で山梨県連幹事長らが口頭で退陣の必要性を指摘するなどしているが、同党本部は、地方支部が文書で退陣を申し入れた例は聞いていないとしている。

 参院選の責任を指摘して退陣を求め▽都市と地方の格差是正▽農家切り捨ての施策是正▽「政治と金」や年金問題の改善――などを求める内容。県連の渡辺和喜会長代理は「県連としての退陣要求は難しいが、地方支部の声として重く受け止め、何らかの方法で首相の耳に届けたい」と話した。

 参院選で宮城選挙区(改選数2)は、トップ当選を目指した自民の愛知治郎氏が2位当選にとどまった。また県連は00年、「私が総理大臣をやったほうがマシ」と憤る主婦が当時の森喜朗首相を批判するテレビCMを制作し、党本部からストップをかけられたことがある。【藤田祐子】
[PR]

by deracine69 | 2007-09-03 21:48 | 政治  

どら焼きからブドウ球菌 …“萩の月”の「菓匠三全」が回収

9月3日21時8分配信 産経新聞

 仙台の銘菓「萩の月」で知られる製菓会社「菓匠三全」(宮城県大河原町)は3日、同社製のどら焼きから下痢や吐き気などの食中毒症状を引き起こす「黄色ブドウ球菌」が検出されたと発表、自主回収を始めた。

 同社によると、回収の対象は、8月27~30日に同社の経営する喫茶店「ずんだ茶寮」の各店舗(東京都、横浜市、仙台市など16店)で販売された「富貴どら焼」約1万8000個。8月27日に「ずんだ茶寮大丸ららぽーと横浜店」で試食販売のための検査の際、商品から同菌を検出。連絡を受けた同社が31日に工場を検査したところ、どら焼きのあんを詰め込む機械から同じ菌が検出され、製造を中止した。

 同社では今月3日までに5680個を回収したが、食中毒などの報告はいまのところないという。販売店から回収するとともに店頭で注意を呼びかけている。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-03 21:08 | 経済・企業