タグ:小沢一郎 ( 69 ) タグの人気記事

 

<民主>小沢氏3選へ決起集会?…鳩山氏別荘に幹部勢ぞろい

8月17日21時4分配信 毎日新聞

 民主党の鳩山由紀夫幹事長を中心とする「政権交代を実現する会」の合宿研修会が17日、長野県軽井沢町で始まった。9月の党代表選の構図は定まらないが、小沢一郎代表の3選支持を公言する菅直人代表代行、山岡賢次国対委員長、直嶋正行政調会長ら党執行部が勢ぞろいした。鳩山氏は自身の別荘で開かれた懇親会であいさつし、「代表選については言わないが、『あうんの呼吸』で頑張りましょう」と笑いを誘った。小沢氏3選を当然視する党内の雰囲気を印象づけた。

 合宿には小沢氏支持の若手グループ「一新会」メンバーを含む国会議員約60人のほか、代表選の投票資格を持つ元職・新人の公認内定者約40人も出席した。

 6月の国会閉会後に開催された党内各グループの合宿参加者は、前原誠司副代表が所属する「凌雲(りょううん)会」が約25人、野田佳彦広報委員長が中心の「花斉(かせい)会」が約30人で、鳩山グループが最も多い人数を集めた。

 「一新会」は当初、「代表選前の合宿は憶測を招く」として例年夏に行う合宿を秋に延期。しかし、鳩山氏が一新会メンバーに、鳩山氏自身のグループの研修会への参加を呼び掛けた。このため、この日の合宿は「小沢陣営」の決起集会的要素も帯びる形となった。小沢氏自身は「(マスコミが注目するので)自分は行かない方がいいだろう」と鳩山氏の誘いを断ったという。

 代表選の対抗馬を巡っては、前原氏が不出馬を明言し、岡田克也副代表と仙谷由人元政調会長も立候補に後ろ向きで、可能性が残るのは野田氏と枝野幸男元政調会長の2人にほぼ絞られた。党内では「内閣改造を受けて早期の解散・総選挙の可能性が高まった」との見方から、小沢氏の無投票3選を望む空気が強まっている。【野口武則】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-17 21:04 | 政治  

<小沢民主代表>政権獲得すれば裁判員制度見直しの意向

8月16日2時30分配信 毎日新聞

 民主党の小沢一郎代表は15日、来年5月から実施される裁判員制度について、「日本の風土になじまない」との判断から、民主党が政権を獲得すれば、制度のあり方そのものを見直すべきだとの意向を固めた。共産、社民両党は実施延期を求めており、民主党は当面、秋の臨時国会で延期を軸に野党共闘を進めるが、「見直し」に廃止の可能性も含めるとなれば、民主党内の反発も予想される。

 同制度は刑事裁判に一般の人が参加するものだが、数日間仕事を休む必要があることや、守秘義務などの負担が重い。小沢氏は13日に鳩山由紀夫幹事長と会談した際、抜本的に見直す必要性を示唆し、「政権を取ってから(対応を)考える」と述べたという。

 今年初めの最高裁の意識調査では、同制度について「義務なら参加せざるを得ない」44.8%、「義務でも参加したくない」37・6%と、消極的な国民意識が明らかになっている。党内では「国民が不安なら先延ばしを考えないといけないかもしれない」(幹部)との意見が出ていた。

 次期衆院選のマニフェストへの盛り込みも検討される見通しだが、制度の根拠となる裁判員法は、04年に民主党も含む全会一致で成立した。党内には「制度を前提に党の司法政策を組み立てている。それをやり直すとなったら無責任と取られかねない」(若手議員)との懸念があり、党内の意見調整に手間取る可能性もある。

 共産、社民両党も制度自体には今も賛成しており、「実施のための環境が整っていない」として延期を求める立場。制度自体に懐疑的な小沢氏とは温度差があり、野党共闘実現にもハードルがありそうだ。【野口武則】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-16 02:30 | 政治  

<民主代表選>携帯サポーター検討 サイトで「人気投票」

8月15日2時30分配信 毎日新聞

 民主党が9月の党代表選で、党員・サポーター以外の一般有権者に携帯電話のサイトで「人気投票」してもらう「モバイル・サポーター制度」を検討している。候補者の得票には反映させないが、投票日直前に結果を公表し、代表選を盛り上げるとともに、「サポーター予備軍」を育成する狙いがある。

 モバイル・サポーターは会費が不要で、携帯電話で党が新設する専用サイトに接続し、候補者1人に投票できる仕組み。人気投票は党規約で禁じられているため、候補者全員の了承が実施の前提だ。導入検討の背景には、代表選の盛り上がりが党勢拡大につながってきたという実績と、「代表選を機に党勢拡大を図りたい」(若手)との思惑がある。

 党員・サポーターは2年に1度の代表選への投票権があり、代表選のあるなしが増減に直結してきた。制度が始まった02年度は鳩山由紀夫氏ら4人が立候補する代表選があり、10万1214人の党員・サポーターを集めた。ところが翌03年度には8万6080人に後退。最終的に無投票になった06年度も24万4482人と拡大したが、翌07年度は20万1489人に減った。今年度は5月末の締め切りまでに過去最高の26万9124人に達した。

 党内ではすでに「小沢氏3選支持」が大勢。対抗馬が現れない場合は実施を見送る方向で、企画した党国民運動委員会では「志の高い立候補者」の出現を心待ちにしている。【小山由宇】
[PR]

by deracine69 | 2008-08-15 02:30 | 政治  

代表選不出馬を表明=「コーディネーターに徹する」-民主・前原氏

8月6日15時16分配信 時事通信

 民主党の前原誠司副代表は6日午後、都内の日本記者クラブで記者会見し、小沢一郎代表の任期切れに伴う9月の党代表選について「わたしは今回、コーディネーターの1人としての役割に徹したい」と述べ、出馬しない考えを表明した。

 前原氏は会見で「代表選を通じて、民主党をしっかりアピールしていくことが大事だ。代表選は必ず行われると確信している」と語り、小沢氏の無投票3選は好ましくないとの考えを強調した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-06 15:16 | 政治  

あえて47選挙区で候補決めない民主・小沢代表の高等戦術

2008/8/3 10:00 日刊ゲンダイ

 来年7月の都議選に全力投球したい公明党の意向で、年内解散、来年1月総選挙のスケジュールが急浮上してきた。民主党執行部は28日、「選挙準備を前倒しする」ことで一致したというが、まだ全国の47もの選挙区で公認が決まっていない。政権を取りにいくというのに大丈夫か? と思ったら、コレ、実は小沢一郎代表の“高等戦術”だというのだ。

「公認が決まらないのではなく、小沢さんは、あえて決めないんですよ」(小沢代表に近い永田町関係者)

 小沢代表は、「選挙は地域活動だ」と常々言っている。票は足で回って稼ぐというなら、少しでも早く公認を決めて、地元に張り付かせるはずだ。それをやらないのはなぜか。

「世論調査をすると、民主の候補が決まっていない選挙区ですら、自民にダブルスコアで勝っている。つまり、カネを一銭も使わず優位な戦いができているわけです。一方で自民候補は、対戦相手の名前が浮上しては消えで一喜一憂。なんとか挽回しようと地元回りを増やし、ポスターを張ってカネを使いまくっている。こうして自民の候補を“兵糧攻め”にしていく戦術なのです」(前出の永田町関係者)

 いざ選挙活動を始めると、事務所の維持費や車のガソリン代、ポスター代と金がかかる。1回の選挙でその額1億円ともいわれる。

「既に半分の5000万円を使ってしまった自民党候補もいて、『早く解散してくれないと持たない』と、党本部に泣きが入っている」(自民党関係者)

 小沢代表の狙い通りというわけだ。野党に真正面から解散要求を突きつけられても動じないだろうが、自民党内の窮状には、さすがに福田首相もプレッシャーだろう。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-03 10:00 | 政治  

臨時国会で解散に追い込む=民主・小沢氏

7月27日17時49分配信 時事通信

 民主党の小沢一郎代表は27日午後、熊本市内で記者会見し、次期臨時国会について「国民の声を大事にし、総選挙によって改めて国民の意思を問う場だ」と述べ、福田康夫首相を衆院解散に追い込む決意を改めて強調した。

 小沢氏は「国民生活を守るという基本の考え方に立って国会の論戦に臨む」と表明。臨時国会冒頭から審議に復帰するかどうかについては「わたしはどうこうする立場でない」と言及を避けた。一方、内閣改造に関しては「ほとんど関心がない」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-27 17:49 | 政治  

小沢代表「中国の暴動は国民の不満」 所得格差や中国共産党へ

7月18日22時40分配信 産経新聞

 民主党の小沢一郎代表は18日夜、埼玉県志木市内で講演し、中国・貴州省など中国各地で発生した大暴動について、「四川大地震で学校から民家からみんなつぶれているが、共産党の本部は何の被害もない。なぜそうなのか。そこに民衆の不満がものすごくある。ほんの数千万人のものすごい金持ちと、10数億人が食うや食わずという現実がある。だからいろんな暴動が起きている」と述べ、所得格差や中国共産党への不満が根本原因との見方を示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-18 22:40 | 政治  

小沢氏、民主候補に危機感

7月18日8時1分配信 産経新聞

 「次期衆院選で政権を奪取できなければ、民主党は未来永劫(えいごう)政権を取れない可能性がある」。民主党の鳩山由紀夫幹事長は17日の名古屋市での講演で、小沢一郎代表が民主党の若手議員や候補の選挙に向けた活動不足に強い危機感を示し、全力を挙げる必要性を訴えたと明らかにした。鳩山氏によると、小沢氏は16日夜の会食の席で「若い候補者は勝てなくても次の次があると思っている節がある」と懸念を表明した。また、支持者回りの重要性を訴え、鳩山氏に「ハッパを掛けてほしい」と促したという。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-18 08:01 | 政治  

民主代表選 前原氏「選挙戦が必要」

2008年7月9日21時56分 朝日新聞

 民主党の前原誠司副代表が9日、東京都内の講演で「代表選を通じて参院選で訴えたマニフェスト(政権公約)を進化させねばならない」と述べ、9月の代表選では対抗馬を立てて選挙戦にするべきだとの考えを示した。争点としては、地方分権、安全保障、財源の3点を挙げた。

 前原氏は講演で「党の考え方を否定するということではなく、我々が訴えてきたことを前向きに検証する必要がある。米国ではオバマとヒラリーがあれだけ長い間、予備選をやった。そういう国民に見えるかたちでの代表選が行われればいい」と語った。

 一方、直嶋正行政調会長は9日、長崎県五島市で記者会見し、「民主党に期待されているのは、きちんとまとまり自民党に代わる政党として準備することだ」と述べ、小沢代表の無投票3選を支持する立場から、対抗馬擁立の動きを牽制(けんせい)した。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-09 21:56 | 政治  

小沢氏の無投票3選を支持=民主・平田参院幹事長

7月8日16時20分配信 時事通信

 民主党の平田健二参院幹事長は8日午後の記者会見で、9月の党代表選について「無投票で当選が決まり、衆院選に向けて総力を挙げるのが1番いい」と述べ、小沢一郎代表の無投票3選が望ましいとの考えを強調した。

 党内の一部に代表選を複数候補者による政策論争の場にすべきだとの意見があることについては、「小沢代表の下で次の衆院選に勝利しようと一丸になって取り組んでいる時にいかがなものか」と指摘した。 
[PR]

by deracine69 | 2008-07-08 16:20 | 政治