タグ:小泉チルドレン ( 93 ) タグの人気記事

 

かんぽの宿売却問題は大疑獄事件の一端である

2009年3月3日14時26分 nikkei BPnet
経済アナリスト 森永 卓郎氏

 かんぽの宿売却が大きな問題になっている。1月6日に鳩山邦夫総務大臣が、70施設をオリックス不動産に一括売却する案件に対してストップをかけた。

 オリックスグループといえば、そのトップである宮内義彦氏は総合規制改革会議議長を務めており、小泉内閣の民営化推進路線のまさに旗振り役だった。そうしたグループ企業に準国有財産を売却することには「疑念がある」というのが鳩山総務相の主張である。

 これに対して、マスメディアは当初、鳩山総務相に批判的だった。「公正な入札を通じてオリックス不動産が取得したのだから、そこに一大臣の疑念だけで横やりを入れるのはおかしい」というのがその批判の趣旨だった。

 しかし、その後、次々と疑念が噴出するにしたがって、マスメディアの論調が変わってくる。売却問題にまつわる事実関係が徐々に明らかになり、そのインチキぶりが白日のもとにさらされつつある。

 わたしはこの問題を、ロッキード事件やリクルート事件と同じような、非常に大規模な疑獄事件の一端であると考えている。かんぽの宿問題は徹底的に事実究明すべきである。だが、国会議員もメディアの報道も「麻生降ろし」「中川大臣辞任」に目を奪われてしまっているのは気がかりだ。

More
[PR]

by deracine69 | 2009-03-03 15:42  

旧郵政ずさん入札…実態ない会社・不参加業者に「売却」

3月3日14時46分配信 読売新聞

 旧日本郵政公社が一括売却した施設が相次ぎ転売されていた問題を巡り、入札で他社と争った企業の代表者が入札に参加したことさえ知らなかったり、活動実態のない会社が落札グループに含まれたりしていたことがわかった。

 落札業者は「不動産の一括売却ではよくあること」というが、公的資産の売却としては不透明さがつきまとう。日本郵政の売却リストに、実際の売却先とは異なる企業が記入されるなど、少なくとも39か所に誤りがあることも判明。資産管理の在り方そのものが問われている。

 「名義貸しだけなので、入札についてはわからない」

 不動産投資を目的とする有限会社「駿河ホールディングス」(東京都港区)の取締役だった男性は、読売新聞の取材にそう答えた。

 同社は2007年2月、旧公社の178施設が一括売却された一般競争入札に参加。入札調書によると、マンション販売会社「コスモスイニシア」(千代田区)が率いる企業グループとの争いとなったが、2回目の入札で辞退している。

 登記簿や関係者によると、駿河社は04年10月に設立され、昨年5月に解散。入札当時の代表だった男性は、都内の投資会社に依頼されて取締役に就任しただけで、郵政物件の入札には一切かかわっていないという。投資会社は、駿河社の不動産管理を行っていることは認めたが、出資関係など詳細は「答えられない」という。

 鳥取県岩美町と鹿児島県指宿市の「かんぽの宿」をそれぞれ評価額1万円で購入し、転売していた不動産会社「レッドスロープ」(中央区)も、不動産投資を目的にする会社だ。

 登記簿などによると、同社は、06年2月に186件の一括売却が行われた入札の半月前に設立。現在の所在地となっている東京・銀座のビル入り口には表札が掲げられているが、会社は無人で鍵がかかったまま。同じビルに入居するIT関連会社の会社員(34)は、「出入りする社員も見たことがないし、明かりがついている様子もなかった」と話す。

 レッド社の社長は、親会社の不動産会社「リーテック」(千代田区)の役員も兼ねる。同社も、05年と07年の一括売却で計36件の郵政物件を購入しているが、担当者は「実態がないと言われるが、不動産業界ではよくあること。なぜ子会社を設立し、入札に参加したかは答えられない」としている。

 一方、04年から昨年にかけて売却した計634物件の売却先や売却額(評価額)などが記載された日本郵政の売却リストは、民主党の要求に基づき作成された。

 06年2月の一括売却のうち37件の売却先は、いずれもリーテックと記されているが、同社はそもそもこの時の入札に参加していない。実際は、リー社が出資した二つの子会社(いずれも中央区)が単独や、別の企業と共同で購入していた。日本郵政の担当者が登記簿を確認しなかった初歩的なミスが原因とみられる。別の2施設の売却金額にも誤りが見つかった。

 旧富士銀行出身で明大の高木勝教授の話「入札に実態がない会社を参加させた時点で、公的財産の処分に欠かせない透明性が失われた。一覧表の間違いも、資産管理がでたらめと批判されて当然。ずさんな印象を国民に与えてしまった」(谷合俊史、阿部真司)
[PR]

by deracine69 | 2009-03-03 14:46 | 政治  

人間社会はそんなに単純でない=竹中氏の理論を一蹴-与謝野財務相

2月24日12時0分配信 時事通信

 与謝野馨財務相は24日午前の衆院財務金融委員会で、竹中平蔵元総務相が小泉政権時代、市場競争の末に富が一部に集中しても、そのおこぼれを貧困層も享受できるとする「トリクルダウン効果」を主張していたことについて、「人間の社会はそんな簡単なモデルで律せられない」と一蹴(いっしゅう)した。階猛氏(民主)への答弁。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-24 12:00 | 政治  

小池百合子氏「首相ぶれずに」 小泉チルドレン地元で

2009年2月23日22時44分 朝日新聞

 小池百合子元防衛相は23日、山梨県昭和町内で、自民党衆院議員の小野次郎氏(山梨3区)の開いた時局講演会に出席、「小泉(純一郎元)総理はぶれなかった」と述べ、最近の麻生太郎首相の政治姿勢を「ぶれないメッセージを伝えてもらいたい」と批判した。

 小池氏は、麻生首相について「今、政局が厳しい中で、リーダーとしてぶれることなく、自民党の総裁として引っ張っていただきたい」などと話した。

 一方、小野氏は、定額給付金を含む第2次補正予算の関連法案について、小泉氏が再議決に欠席する意向を示したことに触れ、「3分の2の数の力で押し切るのは望ましくない」「(給付金の)具体的な配り方は市町村に任せればいい」と述べた。自らの対応に関しては、「自民党という船から下りようと思っているわけではない」「自分の行動については最後まで慎重に判断する」と明言を避けた。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-23 22:44 | 政治  

「小泉氏処分するな。何するかわからない」 山崎氏警告

2009年2月21日12時29分 朝日新聞

 小泉元首相が定額給付金を配るための第2次補正予算関連法案の衆院再議決に欠席すると表明した問題で、長年の盟友である自民党の山崎拓元幹事長は21日、「欠席が小泉氏だけなら、処分しないほうがいい」と述べ、不問に付すべきだとの考えを示した。福岡市内で記者団に語った。

 山崎氏は、党執行部が処分を検討していることについて「あらかじめ(不問にすると)言うと追随者が出るので、今の対応でいい」としつつ、「小泉氏は何をするかわからない。万が一離党すると、自民党は壊滅的打撃を受ける」と指摘。小泉氏が離党に踏み切れば、有権者の自民党離れが加速しかねないとの見通しを示した。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-21 12:29 | 政治  

<小泉元首相>「1院制移行で議員半減を」麻生首相に助言

1月5日23時8分配信 毎日新聞

 小泉純一郎元首相は5日、国会内で麻生太郎首相と出会った際、衆参両院を1院制に移行し、議員定数を半減することを次期衆院選で党のマニフェストに盛り込むよう助言した。

 同席者によると、小泉氏は「選挙で攻める材料を作らないといけない。10年後に実現すればいい」と指摘し、衆院選でまず方針を掲げるよう要請。「民主党に先を越されたら、こっちがやられる。自民党内にも反対がいた方がいい」と述べ、抵抗勢力を切り捨てた05年の「郵政選挙」を念頭に、麻生首相の決断を促した。

 麻生首相は「おれは以前から定数削減を言っている」と応じたが、小泉氏は「これからやらないとだめだ」と念を押したという。

 1院制を実現するには憲法改正が必要なうえ、参院側の反発も予想され、現時点では困難とみられる。【山田夢留】
[PR]

by deracine69 | 2009-01-05 23:08 | 政治  

近江八幡市立総合医療センター PFI病院経営難 甘い試算、契約解除も

10月31日16時25分配信 産経新聞

 自治体の財政負担を減らすため民間資本を活用して公共施設を建設、運営する「PFI方式」を病院では全国に先駆けて導入した滋賀県の近江八幡市立総合医療センター(槙系院長)が経営難に陥り、同市はPFIの解除を含めた契約見直しについて年内にも方向性を示す方針を固めた。内閣府によると、PFIを導入したり、導入を決定したりしている自治体病院は全国で12施設あるが、解除されれば同センターが初の撤退となる。

 医療センターは、旧市民病院を移転する形で、施設整備費約145億円で平成18年10月に開院。ゼネコン大手の大林組を代表とする特定目的会社(SPC)「PFI近江八幡」が建設、運営し、30年後に市に無償で譲渡する契約だった。

 医療センターによると、当初計画では、新築効果を期待して医業収益を年間100億円と見込んだ。しかし入院患者が伸びず18年度は75億円、19年度は84億円にとどまり、実質赤字は8億5000万円に膨らんだ。

 経営再建のため市が設置した検討委員会は当初計画を「経営上の試算は丼勘定」と指摘。槙院長も今年3月の論文で「医師数が確保されていない中では机上の数字。甘い計画のツケが押しつけられた」と発表した。

 検討委では、このままでは市財政を圧迫し、23年度に市が財政再生団体に転落する恐れもあるとの見方も出ている。

 市は再建策として、SPCに支払う建設費の金利総額99億円をなくすため、病院施設をSPCから一括で買い取ることを協議。SPCに委託している清掃や給食業務を、市が業者に直接委託し、PFIそのものを解除することも視野に入れている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-31 16:25 | 社会  

小泉氏の次男後継指名を批判=民主・野田氏

10月25日20時46分配信 時事通信

 民主党の野田佳彦広報委員長は25日夜、千葉県船橋市で講演し、引退を表明した小泉純一郎元首相が次男を後継指名したことについて「小泉氏は3年前の郵政選挙で、国家公務員である特定郵便局長の世襲はおかしいと言ったが、国会議員は特別職の国家公務員だ。(小泉改革が)いかにインチキで、えせ改革であるかがよく分かる」と批判した。「ルパンなら3世もいいが、小泉3世、小泉4世というのでは、やはりこの国は変だ」とも語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-25 20:46 | 政治  

中川元幹事長孤立で新党準備加速…反麻生の動き活発化

町村派より小泉チルドレンの応援に奔走
2008年10月21日 16時59分 夕刊フジ

 小池百合子元防衛相を自民党総裁選に担ぎ出し、撃沈した中川秀直元幹事長が不気味な動きをみせている。所属する町村派の活動よりも構造改革路線の継続を求める「小泉チルドレン」の応援に奔走しているのだ。それだけに、永田町では「孤立した中川氏が、総選挙後に新党を立ち上げるための準備をしているのではないか」(ベテラン議員)との憶測も出始めている。

 町村派は現在、総裁選で麻生太郎首相を推した最高顧問の森喜朗元首相と町村信孝前官房長官が主導権を握り、小池氏を支持して敗れた中川氏は「孤立感を深めている」(閣僚経験者)とされる。

 中川氏は総裁選に小池氏を担ぎ出した時も派閥の会合で、「それぞれの動きが仮にあっても終わればノーサイドだ」と発言、森氏の口癖である「ノーサイドの精神」を尊重する態度を示していた。さらに総裁選後の9月23日には町村氏と会談し、派内の分裂状態を修復し結束していくことも確認していた。

 ところが、こうした言動とは裏腹に、中川氏は今月に入り、「反麻生の動きを活発化させている」(中堅)というのだ。

 米国発の金融危機を受け、政府・与党が検討している追加経済対策の財源について、「将来の増税につながる赤字国債発行ではないやり方で政府が前面に立つべきだ。構造改革路線を否定したり、旧来型の財政出動に乗り出すことはあってはならない」と述べ、赤字国債発行も辞さない積極財政派の麻生首相に真っ向勝負を挑んだ。

 さらに周囲には「地方行脚をしながらわれわれの主張を続ける」とも語り、「反麻生」のスタンスを鮮明化。片山さつき氏の公開討論会や、佐藤ゆかり氏の街頭演説に相次いで顔を出した。チルドレンを代表する両衆院議員に近づくことで、一定の勢力を保持したいとの思惑があるようだ。

 一方、チルドレン側にしても、「小泉純一郎元首相が引退表明し、中川氏を後ろ盾にするしかない」(1年生議員)というのが実情で中川氏を通じて小泉氏の応援を得られるかもしれないとの計算も働いている。

 こうした動きが功を奏したのか、「総選挙後に中川さんが新党を作れば、ぜひとも合流したい」とラブコールを送る自民党以外の衆院議員も出てきた。

 そんな中川氏の思惑について、永田町事情通はこう解説する。

 「中川氏は町村派に残っても、森氏や安倍晋三元首相に反旗を翻したこともあり、跡目争いで敗れる可能性が高い。かといって、派を飛び出してもインパクトはない。そのため、新党を模索しているのだろう。自民、民主両党が過半数に届かなければ、中川新党がキャスチングボートを握れるからね」

 「ただ、党内から同調者がどれほど出るかは選挙を経ないと分からない。それだけに、今のうちにチルドレンや上げ潮派の面々と連携を密にしておこうとしているのではないか」

 中川氏は自身のHPで17日、「『やはり解散を避けては通れぬ』は正論である。(中略)私は、堂々と自民党国会議員として衆院選を戦う覚悟だ」と決意を表明した。

 これには「ことさら選挙前に『自民党議員』であることを強調してみせているが、逆に選挙後の離党の可能性が高いのでは」(自民党中堅)との声も。

 党内で足場を失いつつある中川氏だが、果たして、どんな反撃に出るのか。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-21 16:59 | 政治  

<小泉元首相>苦言「もっと早く解散なら勝算あった」

10月17日22時50分配信 毎日新聞

 自民党の小泉純一郎元首相は17日夜、東京都内で同党当選1回の議員9人と会談した。出席者によると、小泉氏は衆院解散・総選挙の時期について、「今の経済情勢を考えると、もっと早く解散した方が勝算があった。先延ばししてもいいことはない」と述べ、臨時国会冒頭での解散に踏み切らなかった麻生太郎首相の判断に疑問を示した。

 また小泉氏は「解散時期は首相にならないとわからない判断がある」と述べる一方で、「今の麻生政権のままでは厳しい。小池百合子元防衛相が首相ならサプライズはあった」と指摘した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-17 22:50 | 政治