タグ:山本一太 ( 21 ) タグの人気記事

 

国民不在の総裁選 棚橋泰文と山本一太“大ゲンカ”

2008年09月13日10時00分 ゲンダイネット

 推薦人20人が集まらず、案の定、総裁選に出馬できなかった山本一太(50)と棚橋泰文(45)。最初から売名行為が目的だったのは明らかだが、さすがに党内からも批判が噴出している。しかもこの2人、“子供のケンカ”を繰り広げていた。

 山本一太は、「僕は推薦人が1人増えるごとに会見をやります。推薦人になってくれたら、テレビに映りますよ」と口説いていたらしいが、結局、推薦人は6人止まり。盟友のはずの世耕弘成にも逃げられ、同じ派閥の西村康稔にはドタキャンされる始末。やっぱり仲間からも人望がなかった。

 その山本一太が望みを託していたのが、棚橋泰文との一本化だった。棚橋陣営から連携を持ちかけたこともあり、連日、会談。しかし、棚橋が絶対に降りないというので決裂。この場で大喧嘩になったらしい。

 山本一太は自分のブログで、名指しこそしていないが、どうみても棚橋と読める人物をボロクソに書いている。

〈何でもかんでも「オレがオレが!」と言い、目的のためには平気で「嘘」をつく。こんな政治家が「リーダーの器」であるはずがない。というより、「卑劣な人間」は決してリーダーになれない〉

 名指ししていないとはいえ、ここまで書くのは尋常じゃない。

 いったい、なにがあったのか。

「どちらが降りる、降りないで大モメになったようです。らちがあかないと判断した一太が、棚橋に対して『2人とも降りて渡辺喜美を担ごう』と提案したが、それも拒否された。一太陣営が棚橋の推薦人を調べると、最後まで棚橋についていくのは3人しかいなかった。それで『たった3人しかいないくせになんだ』となったようです」(自民党事情通)

 どっちもどっち。まさに国民不在の茶番劇を象徴するような話だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-13 10:00 | 政治  

山本一太氏 総裁選立候補を断念

2008年09月09日 スポニチ

 【自民党総裁選】出馬に意欲を示していた山本一太前外務副大臣(50)と棚橋泰文元科学技術担当相(45)の候補者一本化協議は不調に終わり、山本氏は8日夜、記者団に立候補を断念する考えを明らかにした。棚橋氏の出馬も極めて困難な情勢だ。

 石原伸晃元政調会長(51)はこの日、同じ東京都選出の小池、与謝野両氏と党都連の会合に出席。「国民の努力と政治のズレを戻さないといけないという思いで立候補を決意した」とあいさつ。きょう9日に立候補を正式表明する方向だ。

 すでに出馬を表明した石破茂前防衛相(51)は、麻生派以外の各派閥事務所などを回って支持を要請。ラジオ番組にも出演し「自民党が小沢民主党代表と、こう戦うというのを思い切りぶつけ合って、自民党の総合力を国民に見てもらう」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-09 23:59 | 政治  

山本一太氏を支援へ/自民総裁選で河野太郎氏

9月5日21時30分配信 カナロコ

 自民党総裁選への出馬を模索していた河野太郎氏(衆院神奈川15区)は五日、出馬を断念し、出馬の意向を示した山本一太参院議員の支援に回ることを明らかにした。

 同日午前、自民党若手中堅議員の政策勉強会「プロジェクトJ」の有志が党本部で会見を開き、山本氏が「総裁選に出馬を目指したい」と表明した。河野氏は「まずやりたい政策を打ち出して、それに賛同する方に集まってほしい」と山本氏支援を呼び掛けた。亀井善太郎氏(16区)も同席した。

 河野氏は三日の党両院議員総会で、総裁選の方法の変更を訴えたものの認められず、総会も打ち切られて不満を募らせていた。その後、出馬を視野に、水面下で動いてきたが、推薦人集めは難航していたみられる。メンバーの一員であるプロジェクトJでも候補者擁立への議論を重ねており、山本氏の擁立に方針転換した。

 会見後、河野氏は「プロジェクトJで擁立を目指すなら、リーダー格でやってきた山本氏を立てるのがいい」と断念した理由を話した。告示日まで推薦人集めに全力を尽くすとしている。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-05 21:30 | 政治  

自民総裁選、乱立模様に 石破、棚橋、山本の各氏も出馬意向

9月5日13時7分配信 産経新聞

 福田康夫首相の後継総裁を決める自民党総裁選(10日告示、22日投開票)は5日午前、石破茂前防衛相を擁立する動きが所属する津島派の若手議員などから強まった。石破氏は同日、記者団に「一緒にやろうとしている人が20人いれば私は逃げない」などと語った。石破氏に加え棚橋泰文元科学技術担当相、山本一太外務副大臣も同日の会合などで相次いで出馬意向を表明しており、総裁選は乱立模様となりつつある。

 麻生太郎幹事長は同日午前の記者会見で「ここで立ち止まることは許されない。私に課せられた使命は大きなものだ。国内の景気回復、国民の不安一掃を総裁選で訴えていく」と改めて出馬の意向を表明した。これに先立つ臨時役員会で麻生氏は幹事長を辞任、権限を細田博之幹事長代理に委嘱した。

 すでに「日本の底力」と題した政権公約づくりを進めており、経済活性化のための重点政策を3年間集中して実施することなどを掲げる方針。先に政府・与党がまとめた総合経済対策の着実な実施を目指し、所得税・住民税の定額減税や規制緩和推進などを盛り込む。麻生氏は8日の出馬会見で公表する考えだ。

 一方、小池百合子元防衛相は5日午前、東京・羽田空港で「総裁選は分厚い、幅広い論戦になるのではないか」と語った。また、すでにメドをつけている推薦人について「いろいろ切り崩しなどにあっている」と述べた。

 石原伸晃元政調会長は東京・杉並区の自宅前で、「総裁選に立候補したいという話をしてきたが、(所属する山崎派会長の)山崎拓元副総裁の判断を聞き、私の思いを改めて伝えたい」と語った。石原氏はこの後、国会近くで青木幹雄前参院議員会長と会談した。石原氏が所属する山崎派は同日の臨時総会で、自主投票を決めた。与謝野馨経済財政担当相は都内で記者団に「今全体の政策を準備している。まもなくまとまる」と表明。閣議後の会見では「私の考えを全面的に出し、政策実現へ努力したい」と述べた。

 一方、山本氏は党本部で記者会見し、中堅・若手議員による勉強会「プロジェクト日本復活」を中心に推薦人が確保できれば、議員定数削減などを公約に自ら出馬する意向を表明した。山本氏は同日午前、外務副大臣を辞任した。棚橋氏も同日午前の自民党若手らによる「改革加速議連」の会合で「若い世代代表として戦えるように力を貸してほしい」と出馬への支持を訴えた。
[PR]

by deracine69 | 2008-09-05 13:07 | 政治  

アフガン拉致事件 外務省やっぱり役立たず

2008/8/31 10:00 日刊ゲンダイ

 アフガニスタンでの日本人ボランティア拉致事件は最悪の結末を迎えた。改めて浮き彫りになったのは、相も変わらず何もできない外務省の無能ぶりだ。

「ペシャワール会」スタッフの伊藤和也さん(31)は足や頭を銃撃されて亡くなっていた。犯人が逃げる際に撃たれたとみられていて、「乱射に近い状態だった」(同会の中村哲代表)という。

 この間、日本の外務省は錯綜する情報に惑わされ、アフガン政府から伝えられた「解放」の一報をうのみにする大失態まで演じた。日本人の安否という重要情報について、収集する力も分析する力もないのだ。一体、何のための組織なのか。

 国際政治経済学者の浜田和幸氏が言う。

「外務省が持っているのは米国やアフガン政府が発信する情報だけです。現地の職員は大使館があるカブールから一歩も出ず、独自の情報網も構築していない。だから、確度の低い情報にも振り回されるのです。現地の人と一緒に汗を流す日本人ボランティアの評価は高い。日本という国は親近感も持たれています。それなのに大使館員は、本気でNGOを支援してこなかった。正確でキメが細かい情報を集めたり、リスクを分析しながら連携することを怠ってきたわけです」

 現地が現地なら、日本の緊急対策本部も緊張感ゼロだ。

 これほど重大な案件に直面しながら、本部長になった外務副大臣の山本一太は2日間で、ブログを12度(!)も更新。〈「ここが政治家としての出番だ」みたいな気持ちは一切ない〉と弁明しながらも、〈本部長として初めての記者発表をやった〉〈2度目の記者会見に臨んだ〉と精いっぱいアピールしていた。しかも、遺体が伊藤さんと確認された後は、〈男性の遺体が「伊藤和也さん」であると断定された。(ガックリ!)〉だと。この軽さは何なのか。

「解放」でぬか喜びさせておいて「誤報」で突き落とした揚げ句に「ガックリ」とは、ふざけるにもほどがある。

 山本のブログのタイトルは「副大臣でも直滑降」。そのままどこかに滑って行ってもらいたい。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-31 10:00 | 行政・公務員  

補助金支給の会社から寄付 山本一太副大臣の党支部

2008/08/07 22:01 共同通信

f0013182_059230.jpg 自民党参院議員の山本一太外務副大臣が代表を務める党群馬県参院選挙区第3支部が2004-06年に、国土交通省所管の独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」が補助金を支給している上信電鉄グループ(群馬県高崎市)から毎年10万円ずつ計30万円の寄付を受けていたことが7日、分かった。

 政治資金規正法が寄付を禁止しているのは、国が補助金交付を1年以内に決定している会社。ただ機構には04年度以降、国交省が毎年3000億円以上の補助金を交付している。

 同支部は「公的な支援を受けている会社との認識はなかった。違法と言えなくても疑わしく思われかねないので、議員本人と相談して返還を検討したい」としている。

 国交省関東運輸局によると、上信電鉄は機構から03年度に約5000万円、04年度に約4300万円、05年度に約2100万円の交付決定を受けた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-07 22:01 | 政治  

【北朝鮮問題】推進・慎重で2議連 自民内で外交めぐり対立

2008年5月23日 中日新聞

 自民党の山崎拓前副総裁らは22日、超党派の「日朝国交正常化推進議連」を発足させた。これに対抗し、自民党の中堅・若手議員は「北朝鮮外交を慎重に進める会」を設立した。対北朝鮮外交をめぐり積極派と慎重派の対立が鮮明になった。

 「推進議連」の設立会合には与野党6党の約40人が出席。自民党からは加藤紘一元幹事長、中谷元・元防衛庁長官が参加した。

 会合では核、ミサイル、拉致問題を解決して日朝国交正常化と地域安全保障の確立を目指す方針を確認した。

 会長の山崎氏は超党派訪朝団について記者団に「問題の包括的解決につながると考えれば行く」と意欲を示した。

 「慎重に進める会」の初会合には安倍政権を支えた下村博文前官房副長官、世耕弘成、山本一太両参院議員ら6人が参加した。

 山本氏は会合後、記者団に「党内に『対話と圧力』路線を転換する動きがある。必要な圧力をなくしたら、対話は進まない」と山崎氏らをけん制した。

 自民党幹部は「手の内を北朝鮮に見せるのも、党内の対立を民主党に見せるのも良くない」と、両派の対立激化を懸念する。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-23 23:59 | 政治  

超党派の日朝議連、40人で発足=自民強硬派は「慎重に進める会」結成

2008/05/22-20:46 時事通信

 「日朝国交正常化推進議員連盟」は22日夕、衆院議員会館で設立総会を開き、与野党6党から約40人が出席した。会長に就任した自民党の山崎拓前副総裁はあいさつで「核・ミサイル・拉致すべての諸懸案がまったく進展を見ていない。何としても打開したい」と表明。会合後、記者団に「機が熟し、(諸懸案の)包括的解決につながると考えた場合に訪朝する」と述べ、超党派による訪朝に改めて意欲を示した。

 福田康夫首相は同日夕、超党派議連の発足について、首相官邸で記者団に「いろんな働き掛けを(北朝鮮に)することは悪いわけではない」と語った。

 一方、自民党の対北強硬派の下村博文前官房副長官や山本一太参院議員ら6人が同日夕、党本部に集まり「北朝鮮外交を慎重に進める会」を結成した。山本氏は「考え方の違う議連を批判するつもりはないが、早期の訪朝は軽々にやってはいけない」と述べ、超党派議連をけん制した。


対北朝鮮「北風」と「太陽」 2つの議連が同時発足
2008年05月22日21時51分 朝日新聞

 対北朝鮮外交で立場の異なる議員連盟が22日、相次いで発足した。超党派訪朝団をめざす「日朝国交正常化推進議員連盟」に対し、強硬論を唱える自民党の「北朝鮮外交を慎重に進める会」も発足。「北風と太陽」ともいえる対照的なグループがにらみ合うことになりそうだ。

 超党派議連は自民、公明、民主、共産、社民、国民新の各党議員ら約40人が出席。会長には自民党の山崎拓元幹事長が就任し、顧問には民主党の菅直人代表代行、公明党の東順治副代表、社民党の福島党首らが名を連ねた。山崎氏は「日朝平壌宣言から6年近く、拉致被害者5人と家族が帰国したが、その後は懸案が進展していない。議員外交の立場で政府を後押ししたい」と語った。

 一方、下村博文衆院議員や山本一太参院議員ら6人が立ち上げた自民党議連は同日、中山恭子首相補佐官を招き、拉致問題の解決に向けて「圧力」を前面に掲げた。会合後、山本氏は「国交正常化の急速な動きには、くさびを打ち込んでいきたい」と超党派議連を牽制(けんせい)した。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-22 20:46 | 政治  

自民:「1院制創設議連」発足 党本部で初会合

毎日新聞 2008年5月16日 20時13分

 自民党の有志議員による「衆参両院を統合し、1院制の新国民議会を創設する議員連盟」が16日発足し、党本部で初会合を開いた。両院の統合による審議のスピードアップを掲げており、今秋にも考え方をまとめることを確認した。ただ、実現には憲法改正が不可欠。民主党が主導権を握る参院の存在を揺さぶる狙いとみられ、参院自民党からも警戒する声が上がっている。

 初会合には、議連の代表世話人に就いた衛藤征士郎元防衛庁長官ら衆院議員43人が出席、参院からは谷川秀善世耕弘成両氏ら5人にとどまった。顧問に森喜朗、小泉純一郎両元首相、安倍晋三前首相が就いたが、3人とも初会合には欠席した。

 衛藤氏はあいさつで、与党が次期衆院選で法案の再可決が可能となる3分の2以上の勢力を失うのは確実だと危機感を示し「2院制のあり方を検証する必要がある」と強調。衆院議員を中心に、参院に対し「『良識の府』ではなく、政局の道具になっている」などの不満が続出した。

 ただ、議連の初会合に出席した山本一太参院議員は「議連は参院廃止ではなく、両院を統合して新しい院を作るのが目的だ。誤解しないでほしい」と強調。自民党の山崎正昭参院幹事長は同日の記者会見で、「2院制は国民の負託に応えている」と議連を強くけん制した。

 一方、民主党の鳩山由紀夫幹事長は「自民党は自分の考えが通らないからといって制度を変えるのは、ご都合主義だ」と議連の動きを批判した。【山田夢留】
[PR]

by deracine69 | 2008-05-16 20:13 | 政治  

ガソリン税 自民「造反」へ引火するか

2008/4/28 J-CAST

『山口補選 自民惨敗、党内混迷に造反も!?』と題し、補欠選の敗因と政府・自民党が4月30日に予定しているガソリン暫定税率復活法案の再議決をめぐる動きを取り上げた。


番組ではまず、選挙戦を振り返り自民の敗因について言及した。際立ったのは攻めの民主党と守りの自民党の違い。

民主党が後期高齢者(長寿)医療制度、道路政策、消えた年金の3点セットで政府・与党を攻撃。対する自民は、この正面切って3点セットには触れず、もっぱら地域活性化で逃げた?こと。

また、自民党は福田首相をはじめ安倍前首相など有名議員が続々現地入りしたものの、福田首相が「少しぐらい負担してもいいじゃないのというのが今度のアレ(後期高齢者医療制度)でした…」などと釈明。一方、民主党は「草の根的に一人ひとりはいずり作戦」(選対責任者)で3点セットを訴えた。

政治ジャーナリストの田勢康弘も「年寄りをいじめているという分りやすい民主党の攻勢が功を奏したと思う。有名議員を送り込んだが、有名であればいいのか?まじめに取り組んでいないのではないか、と受け止められた」と手厳しい。

で、惨敗しても政府・自民党は4月30日のガソリン税再議決に踏み切るのか。もし再議決されれば5月1日以降、原油高騰も加わって1リットル=160円の大幅値上がりになるとの予測もある。

しかし、番組に生出演した自民の片山さつき衆議院議員は「途中で止めた水道の蛇口をもう一度流してやらないと地方の自治体から民間におカネが流れない。不人気でもこれは今回、戻さないと」と、元大蔵官僚らしい意見を。

もっとも、同じ自民党内でも山本一太・参議院議員ら若手議員がこの再議決をめぐって執行部に造反し始めている。背景は、5月12日以降に政府・自民党が予定しているもう一つの再議決。

再議決を目論んでいるのは、今後10年間、ガソリン税収入を道路整備に充てるという『道路整備特例法改正案』だ。再議決は、福田首相が先の記者会見で「09年度からガソリン暫定税率は一般財源化する」と確約したのとは矛盾する。

これに山本議員は「国民に約束したのだから、一般財源化を担保するために閣議決定などすべきだ。でないと国民は納得しない」と、反発しているのだ。

作家の吉永みち子も「来年度から一般財源化するというのも信用できない」と、後から後からボロが出て取り繕うだけが精一杯の自民党への不信感があらわ。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-28 23:59 | 政治